再就職を考えたとしても、全部が首尾よく運ぶという保証はどこにもありません。

再就職を考える場合、全部が順調にいく確証はありません。

仮に転職を考えたとしても、万事スムーズに進行するというわけではありません。もしも転職するのなら、どっちにしろ転職をしなくてはならないなら年齢が若いうちに出来るだけ早く行動に移すほうが良いでしょう。それには少なくとも20代の若いうちは良い成果があがりやすいですが、30代後半~40代に突入すると転職活動全般は、かなり厳しくなります。此の様な場合は転職を意識していても今の会社に籍を置くことも選択肢から除外しないでおきましょう。つまり、退職届を出してから転職活動するよりも、現在の会社をやめないまま、注意深く行動したほうが良い、ということです。

ほんの2,3ヶ月まえに、転職したばかりなのに、わずかしかたっていない…

ほんの3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりだというのに、慣れもしないあいだに退職を決断する人が結構よく見受けられます。何故そうかと思うとおそらくリフレッシュな気持ちで自分に合った仕事環境を手に入れたはずなのに「自分の期待していた職場とけっこうかけ離れていた」「雰囲気が受け入れられなかった」といったことで別の仕事を探すのだとか。可能ならこのような、転職先選びでの失敗を繰り返さないために、やはり、事前の情報集めを欠かせません。手を抜くことなく行うべきなのです。職場内の環境、職場内のルール、など前もって調べておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。

もしもあなたが転職を視野に入れた場合、U・J・Iター…

転職を考えたとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」において大都市から地方に移って再就職したいと思っている方も少なくありません。ネット社会の今では求人情報サイトをうまく活用すれば、郊外や地方での求人情報にも容易に得ることができますが、けれども、地方での求人情報では、都市部のような選択肢は期待できないのが一般的です。といった性質上の問題があるので、求人情報サイトを利用するのは当たり前ですが、求人サイトに加え、「地方自治体・商工会議所」といった情報サイトもよく確認しておかれることをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」といった機関が主催する転職サポートの情報も見逃さないようにしましょう。

新しい勤め先で、自身の過去のスキルを活かせられれ…

新たな勤め先で自身の過去のスキルを活かせられれば、即戦力として扱われ、割と早く仕事場での信頼を勝ち得ることができるはずです。同時に会社側としても、スキルを持つ人材は常に必要なので、時期さえ問題なければ、とんとん拍子に事が運ぶでしょう。更にこれまでの仕事と近いジャンルであれば、見通しはおおいにあります。とはいえ、なかなかの能力があるといっても大手企業の事務職、公務員(国家・地方ともに)の募集については、時代や景気に関係なく中々の難関を突破しないと就職自体が難しくなります。

『転職をしたい』とおもっている方、その意志が本当に強いものであるなら・・

『なるべく早く転職をしたい』とおもっている方、自分の意志が抑えられないくらい強いものであるなら、辞めたいということを速やかに上司に伝えましょう。しかし、相談という形で話せばもしかすると言いくるめられる可能性が高いので要注意です。また、実際に私も上司へ転職の相談をしたのですが、退職を引き伸ばされてしまい、結果的に、退職までに半年ほど掛かってしまいました。辞めたいということをはじめて直属の上司へと相談したのが年度末で、数ヶ月働くことになり、辞められたのはその年の11月です。予定では、ちょうど年度末を契機にやめようとおもったのに、希望通りには進みませんでした。会社にも人事の采配が必要なのは分かりますが、社員の意見を聞かずに、上司をはじめ、組織としてこちらの希望を無視してきたのでかなり職場に対して困ってしまいました。

転職活動をするのなら、気になった求人(職種)を見るたびに…

転職活動の際に、気になった求人(もしくは業界)があれば、しっかり「〇〇業、ブラック」とインターネットで調べておくべきです。求人票や担当してくれる転職エージェントの情報では、その業界に関するマイナス面などは教えてもらうことは不可能です。もしも、ブラック案件が多い業界であれば、インターネット検索でおおまかな実態を理解できます。そうした検索をしないまま、入社した場合、あとでしっぺ返しを食らう可能性が高いです。だいたいその求人が出ている理由が、「内容がキツイから入っても続かない」というケースがかなり多くあります。目に留まった案件・業種については、しっかりチェックし疑問点を払拭した上で、応募しましょう。

政治により状況が変化しつつある転職を取り囲む状況について・・

昨今の転職事情は、政治によって左右されつつあります。内閣総理大臣である安倍総理が主導する現政権によって、アベノミクスや「三本の矢」といった経済に関係する政策が次々と打ち出されています。内閣が打ち出した経済政策ともに日銀主導の金融政策との相乗効果によって、財界や企業間においても次の世代の変化が出つつあります。その影響を受け、民間企業では、今度は労働人口の減少による人手不足が社会的な問題として取り上げられています。最近では外国人労働者を増やしていくつもりでいるであると安倍政権は宣言しています。雇用や転職問題についてもかなり幅が広がりそうです。このような社会情勢の変化によって国内の雇用や転職をとりまく状況も大きな影響が出てくるのは間違いありません。

昔は看護婦ですが看護師というのは女性比率がたいへん高い…

以前は看護婦という名前だった看護師は資格としてやはり女性の割合がかなり高い職です。また気力や体力の大きく消耗が激しい特徴もあります。とうぜんのように職場の対人関係の問題や、結婚や出産の後にそれまでの勤務が続けられなかったりして、仕事と私生活のバランスが難しい職業です。実際、そういった問題によって転職される人が多いといいます。色々と過酷な環境であるために、看護師は、国内のどのエリアでも人材不足に変わらず継続しています。つねにどの医療機関も看護師を必要とする「売り手市場」であるという現実も、それが転職増加の要因になっているのでしょう。

女性が転職するに当たり、数年前とここ最近とでは少なからず、変化があるといいます。

女性の再就職において、現在と数年前では若干、変化があるといいます。前は面接の際に、結婚の予定や結婚後の予定についてごく当たり前に質問されることもありましたが、今ではそのような内容は、「セクハラ」にあたるとして、聞かない会社の方が多くなっています。世間に名の知れた大きな会社の場合は、この手の質問を露骨に避けるようになっています。とはいえ、会社側は、はい・いいえ、で返答するのではなく、その女性の価値観、結婚した後も働きたいのか、出産後は時短で働きたいなどを把握しておきたいとは思っています。自分の考えを知っておいてもらうためにも、自己ピーアールや志望した動機と一緒に伝えることで、会社側も考えがわかり、また、モヤモヤも解消できると思います。そういうわけで、たとえ、質問されていない箇所についても、あなたの側から積極的に話をしてみると良いでしょう。

転職活動をスムーズに行いたい場合、然るべき準備は必要です。

転職活動をスムーズに行いたい場合、それなりの準備が必要です。準備といってもたくさんあるのですが、とくに、目に見える服装は注意している人は多いでしょう。…が、今の採用面接では形式ばらない服装がOKな会社も多いので、スーツで行く必要がない場合もあります。とくに創業したての新規の会社などは、厳しいマニュアルも作られてないことが多く、私服で面接をしたほうが、良いイメージを持ってもらえます。さらに、正装でないので、堅いイメージを与えないのでフランクに会話がしやすいのもメリットといえます。また、私服であれば面接の間に、ファッションの話題で盛り上がる可能性もあります。ですから、もしかしたら担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。ということで、これから転職活動をするつもりなら、企業の「創業年数」で選択し、(ベンチャー系などの)面接の際はスーツは着ずに私服で勝負してみるのもアリかもしれません。

これまで20代前半に転職を数回経験し、現在、資格を取るべ…

これまで20代前半に転職を数回行い、現在は資格を取る目的で「派遣社員」として働いています。フルタイム勤務ではないので毎月の収入は安くなりました。ですがその分、以前より心と時間に大きな余裕が生まれました。学生時にもっと資格を取得し、仕事できたら良かったのに、と多少の後悔はあります。また、資格を活かしている人を見ると私もああなりたかったと思ったりもします。昔は、うまくいってる人と自分とを比較して、ガッカリすることが多かったのですが、しかし、結婚してから、がらりと生活自体が大きく変わり、前よりも明確な進路ができてしあわせな生活を送れるようになりました。

転職サイトに一旦登録すれば、電話・メールでしつこいほど連絡が入ります。

転職サイトに登録すれば必ず、電話やメールでの連絡が何回も来ます。初めて利用する人はかなりびっくりするケースが多々あります。「転職エージェント」は、利用者の転職をサポートすることが業務なので、大変積極的にかまえています。その中でも大手のエージェントは、転職を成功させると企業から報酬が支払われるシステムであることから、転職活動される人の都合よりも企業の都合を優先的に考えることが少なくありません。加えて、彼らは、契約数を増やしたいために、内定が取れるとすぐに、入社するよう後押ししてくることが少なくありません。防御策として自身の気持ちや意思をハッキリしておき、転職に妥協しないように注意を払っておきましょう。

一昨日転職のために人材バンクに登録をしに足を運びました。

先週新しい仕事先を探すために人材紹介会社へと登録に出向きました。登録するときのカウンセリングをするために現れた担当者がどうも新入社員みたいで、私が説明している話の3割もその社員はわかっていない感じでした。おまけに「キャリアデザインを変更した方がいいですね」とか「自分の強みについて知っておく必要があります」とか、わかったように横柄にしゃべるのですっごく不快でした。カウンセリングをする人はいくらかカウンセリングの経験がある社員にしてほしいものです。

このところ私は派遣会社に登録しています。

このところ私は派遣会社に登録して働いています。ウェブサイトで自分に向いていそうな仕事を見つけ出して応募しようとしたところ「そのお仕事はもうすでに別の人で話が進んでいます」と断られ瞬間的にウェブサイト上から仕事の情報がなくなってしまうのですが、なぜか翌日にそのページを見ると情報が閲覧可能になっています。これは結局私だとよくないのってことですよね。そうであるならば初めからカドが立たない程度ではっきりと伝えてほしいのですが、なかなかそういうことにもいかないでしょうか。あるいはまた偽の仕事なのでしょうか?

転職活動中に、面接のときに例外なく質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。

転職活動をしている際に、面接においてほぼ例外なく「志望動機」「転職理由」の2点を訊かれます。これらのうち志望動機に限っては、思っていることをそのまま伝えてもOKですが、転職理由についてストレートに話すのはよくありません。転職理由でよくある給料・待遇に対する不満、上司と相性が悪いことなど、採用担当者に悪い印象を与えるものです。とはいっても、自分が不利になることを馬鹿正直に話す人はほとんどいないと思いますが、採用担当者はそのような部分を注視しがちなので、遠回しに聞き出そうとしてきます。これに対抗して悪いイメージを与えずに答える方法としては、現職の仕事の内容から外れることには、全く触れないようにすることです。加えて、この企業に入社してこんな貢献をしたい、3年後にはこうなっていたい、「こういった希望を叶えられるのは御社だけです」、といったような話をすり替えてポジティブな印象を与えるようにしましょう。

シフトの仕事に関する話なのですが、毎週、一定の曜日に仕事できる人を募集している求…

これはシフトの業務についてです。決まった曜日に働ける人を募集している求人をけっこう目にするのですが、もしも応募しようと考えているなら休む方法やシフトの出し方については面接時にたずねておいた方が良いです。私は以前産休で休む人の代わりに正社員として働き始めたのですが、私のシフトがそこでは、「土日」固定のシフトだったのですが、新人の私以外は、他の社員は現場に出ないといった状況でした。産休に入った人が「土曜、日曜」に必ず出ることができたので、私自身も同じような人として扱われてしまいました。なので「土日」に外せない用事が入った場合、シフト変更を前もって伝える必要があり、同じ部署の先輩たちに「代わりに出勤していただけませんか?」と自分でお願いをしに行かなければいけませんでした。給料も立場もほとんど同じなのに土日を私だけに任せるのは納得できませんでした。今思うと「よく耐えたな」と。

転職の際に必ず受けることになる面接では、零細企業クラスの・・

再就職の際に必ず受けることになる面接では、中小企業クラスの場合、大体、その社内の「人事」担当が面接官になりますが、どこでもそうとは限りません。たとえば、一緒に仕事をする現場の一番偉い人、つまり部長や課長などの管理職が面接をしてくれることもあります。特に、営業職や事務職といった部署に転職する場合は、資格のみでは判断がしづらいですから、自発的に自分自身をアピールしていくことが必要であり大事なことです。担当者から「この男はしっかり主張できるし、それに良い結果を出してくれそう」と思わせ、自分という人間を記憶に残すことが大事です。