派遣社員として働いています。派遣法や労働契約法のおかげで…

派遣として就業しています。派遣法や労働契約法の関連で…

派遣として就業しています。労働契約法のからみで不本意ですが長く働いた会社での仕事を辞めなければいけません。同じ派遣の方の中には、派遣の勤務先で正規社員としての契約をつかみ取った人もいるのですがその理由としてはぶっちゃけた話仕事がどうというのではなく派遣先の上司へのあしらい方が得意な人で引き立てがあった気配。業務上の能力よりも上司のおじさん転がしスキルが肝心なんだねーと選考に漏れた別の派遣のメンバーと派遣先の職場で愚痴を言う毎日です。

実際に失業保険を給付してもらうためには、職を探していることを証明しなくてはいけません。

きちんと失業保険を給付してもらうためには、「就職活動」していることが必要なのです。そうはいっても、実際は「会社に行かなくてもいいし、自由にしばらく過ごしたい」と思うのが本音だと思います。というワケで、心から就職活動している風に見せる方法があるので以下に紹介します。月一回のハローワークスタッフとの面談は当然必要ですが、そこで、求人票のチェックは最低限必要です。実際には探す気持ちが出ないときは、求人票で職探しをしている芝居をして、ハローワークスタッフとの面談時、「自分がやっていけそうな仕事が残念ながら見つけられませんでした」と話して、次の機会を狙えば良いです。

これまで私は、「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」を優先していました。

これまでの私は、職探しをする場合は「転職サイト」より、「ハローワーク」で探していました。どうしてかというと、大手の転職サイトは構造上、都心の求人情報しか掲載していないからです。そのために、求人を探す時は、「ハローワーク」のみ使っていました。有名な転職サイトに掲載されている求人よりも企業数や、給料などの条件は若干見劣りするのですが、古くから地域密着タイプなので探しやすい魅力があります。しかし、「ハローワークは地味なイメージがある」と感じている方もいるかもしれません。思いもよらず、求めていた労働環境の求人があるかもしれないので、もし転職しようと思うのなら、お近くのハローワークに足を運んでみてください。人気の転職サイトのような多くの電話・メールに悩まされる心配もありません。

転職先にて、「年収」の高望みはしないほうが良いです。

職場を変えたいと思っているのなら、「年間報酬」の高望みはしないほうが良いでしょう。入社して1年目はほとんど「研修期間」が含まれているというのが多いものです。私の場合、尽力して新しい職を見つけることができたのに、予想と異なりそれまでの職場での年間報酬とあんまり同じということがありました。それにプラスして、業務内容はとてもキツく、かなり責任のある立場で初年度をクリアするのにひどく労力を伴いました。そのような経験をしてみると、転職1年目は、仕事を覚える年と割り切り、なるべく転職前の段階でお金をためておくべき、と思います。

もっと良い企業の社員になりたいと転職をする活動中の場合・・

新しい会社に入りたいと転職をする活動中の大半は、「ほんのちょっとでもはやく、採用通知を手にしたい」と思ってしまうものです。が、内定が欲しいあまり、自身の能力について、嘘の申告をしたり、あるいはその逆に自分を能力を安く見積もった売り込みをするのは可能な限り避けるべきです。大事なのは焦る気持ちは抑え、冷静に、そして客観的に、自分に最適の職場を見つけることに意識を向けましょう。これまでの経歴が生きるように、そして、自分のキャリアアップが期待できる職場を賢く選択してみましょう。

働いていることで心的に苦痛を感じてしまい、転職せざるを得ない状況に追い込まれたのなら・・

会社で何かあって精神的な負担が大きくなり、転職しなくてはいけない状況となったなら、そんな時は、職場の人に相談するよりも身内と話して、その後の進退を判断した方が良いです。というのは、仕事をするということは当事者であるあなたですが、家族の問題が第一でもあるからです。毎月、どれだけ高い給料を手にしたからといって、精神面がボロボロになるまで延々と働くのは好ましいはずがありません。昨今は、物質的なことよりも、働く当人が働きやすいことを大事にする生き方も徐々に増えつつあります。ですからあまり気にせず、あなた自身の家族や、自身の心のケアを忘れないようにしましょう。

転職活動の際には「履歴書」「職務経歴書」かならず求められます。

転職活動する場合、履歴書と職務経歴書が必須といえます。大半の会社が履歴書に加えて職務経歴に書かれている内容を見て面接するかどうかを決めるため、まず第一にこの2枚の書類の作成が大事といえます。単に記入することにとどまらず、内容の充実を図ることも大切です。職務経歴書は、これまで行ってきた職務の詳細と、自己アピールとなる内容を可能な限り記載しましょう。さらに、過去だけでなく、現職で挙げた実績も良いアピールとなります。例をあげれば残業時間を何時間減らしました、など分かるように書いておきましょう。作成が難しいと思ったときは、「転職エージェント」に職務経歴書を見てもらい、上手な言い回しのヒントを聞いたりしましょう。自分の価値が高まるように、活用をはかることもよい転職をするための一つの手です。

転職した際には、高い確率で以前の会社の仕事の多くの出来事は美化されます。

職を変えた際には、大体の場合、前の仕事でのほとんどは美化された記憶となります。本当は今の仕事が向いていないと感じたから、それをどうにかするために、再就職したはずにもかかわらず、時の流れとともにどういうわけか「前職のほうがマシだった」と感じるのです。極めて自然なことで、以前の職では日々の日々の仕事の手順に慣れていて、今よりもわけなく日常の業務をあっさりとできていたのも理由にあると思います。けれども「やっぱり退職なんてしなけりゃよかった」と心底思うほど、前の仕事のほうが報酬も自分に合っていた場合もあります。

転職をする場合でほぼ確実に投げかけられる質問が前に働いていた会社を辞職…

転職をする場合で決まっているかのように聞かれるのが前職を退職した原因なわけですが、この質問が出た際には話の中心を退職した会社にしない方が好ましいです。前職を辞めた理由を的にしてしまうと絶対に悪い印象を与える要素を取り込んだ話の内容になってしまいます。この点のポイントは、どうして前職を辞めたのかという事をこの職場になにがなんでも入りたいという考えがあったからという話の中身に進めるべきであり、自己アピールもかねて今自分が入りたいと思っている方の会社に内容を傾けていきましょう。転職理由でも、そのような内容ならば、悪い面ではなくプラス面を印象づける辞職の理由に聞こえます。

転職するときには、いろんな方法で情報を得ることが多いと思います・・

転職する場合は、いろんな経路で情報を収集するのが通常だと思いますが、転職系の口コミサイトは本当におすすめです。少し前に、会社に不利益となる悪い口コミが書かれたという理由から、運営サイトを相手に、損害賠償請求を起こした事例もありました。会社の都合で退社した元社員の報復としてそういった口コミが投稿された、という見方が一般的ですが、裏を返すと、ウソばかりの投稿であれば、会社側が気にする必要は無いと言う事になります。でも、実際には『クロ』で「このままではマズイと思い、早く火消ししなくては!」という話かもしれません。口コミサイトも炎上によってアクセス数が増えるメリットもあるので黙認している側面もあるのですが、悪い口コミが目立つということは、それだけ入社してからトラブルに遭遇するリスクが高い地雷企業であると考えるべきでしょう。人もそうですが、良い会社だったらトラブルは起こりませんから。

転職の際に現在勤務している会社を退社する時に失業保険に関する手続きを行う必要があります・・

転職に先立って失業保険の給付を受けるための手続きが必要ですが、もしあなたの意志で退職届を提出して会社を辞める、いわゆる「依願退職」の際には失業保険はすぐには出ず手続して失業したことが認められてから3ヶ月間を経ないと受け取ることが出来ないのです。よく勘違いして退社した日の翌日から3か月経過すれば給付されると信じている人がいますがこの規則をわかっていない人が、本当はもらえるはずだと言い張ってその結果ハローワークの担当者と揉めているのを過去に見たことがあります。加えて、自分側の都合ではなくリストラなど会社都合で解雇されたケースでは、失業認定されてから即、失業保険が給付されます。

大手の「就職エージェント」ほど、いろんな案件を扱って…

就職エージェントの大手に限って、潤沢な案件を取り扱っているというメリットがあるといえますが、反面、競合する転職希望者も多くいます。それゆえあなたが、気になる案件を見つけたとしても、あなたの担当者が「転職できる見込みがない」と判断すれば応募してくれないこともザラですし、会社から見て自分より高く評価される人がいると、その人を優先して売り込もうとするのです。このように大手エージェントの場合は、サイトに掲載していない案件をデータ宝庫として扱っており応募しがたいので、方針を変えてもっと規模が小さいエージェントに対し、応募したい企業や案件について相談し、応募できないか尋ねてみると転職希望者の利益を考えてアプローチしてくれることもあるので、そういった活用も良いかもしれません。

仕事を探すにあたっては、ウェブ上で就職斡旋してくれる「エージェン…

新しい職を探すとき、ネット上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント」を使う手もありますが、もしもそういった業者に登録したことの結果として職を得ることができたとしても、失業保険の給付を受け取ることはできないので気を付けましょう。ハローワークを使わずに就職しても給付してもらえないので後々、後悔しないように注意しておきましょう。他方、「ハローワーク」主導で斡旋してもらい、就職できたときは、就職のための準備費用として、一時金を受け取ることができます。インターネット上の斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。単に彼らは、企業側から「紹介料」を受け取るだけであり、失業保険の手続きについては、ビジネスの対象外となります。このようなことを知っておかないと失業中にお金が手に入らなくなるため、そうならないように気を付けましょう。

求人関連の広告には、まともな職場では月の給与等が記載されています。

求人関連の情報では、普通の会社では月の収入が記載されているはずです。でもこの月収の項目については、注意して確認する事が大切です。多い少ないだけでわかってしまってはいけません。何故かというともしかすると、月収の額の内訳で「毎月10時間分の残業」を含んでいるかもしれません。それは残業代の金額をトータルすることで好条件であるかのように見せ、人材を募集しているケースも考えられます。また、「歩合給」をプラスする、といった案件も要注意です。歩合をかなり盛って月収を多く見せている所もあったります。その手の表記された数字どおりとなる見込みがない会社には「ブラック企業」な可能性も高いので、警戒しておきましょう。

転職活動をしていると、「年収」に関しての話題は必ず出ます。

就職活動を年収抜きに考えることは不可能です。面接において、大半の企業で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。このとき現実の年収を偽って、多く申告し、高額な年収を確保しようと試みても、無駄な努力でしょう。最終的には源泉徴収を提出しなければいけないので、たとえ一度は信じ込ませたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、必ずウソがバレてしまうのです。ときにはトラブルになることもあるので、現職年収は正確に伝え、それに見合った希望年収額を設定するのが正解です。ちなみに、今の年収が400万円の人が、転職後に500万円となる可能性はないものと考えておくべきです。年収が400万なのであれば、希望額は400~450万円であると伝えておくべきでしょう。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、入社後のトラブルとなり、一時的に採用されたとしても、退職を余儀なくされる状況も考えられます。

クールビズ(軽装)の服装で再就職の面接にチャレンジするときに…

クールビズ(軽装)をして再就職の面接会場に行こうとする際には、やっぱりジャケットまでは着なくても良いと言い切ることができるわけですが、ネクタイにおいては着用していったほうが印象的には良いです。ネクタイもジャケットと一緒でなくても大丈夫だと考えている企業もある可能性はあります。ですが、ネクタイについては例えクールビズであっても必ず着用すべきだとする企業がいくつかは存在します。そういった訳で、クールビズが良いと言われていたとしてもネクタイをしてから面接に行った方が安心だということは知っておいてください。

求人に関する情報をチェックする折、「事務系の仕事をしたい」と考えている人…

求人情報を見る際、「デスクワークがしたい」と考えている人ほど製造業をあまりチェックしていません。そんな人は「製造業は、現場で製造する仕事だけしか求人募集してない」と間違って解釈している場合もあります。事実、製造業での求人であっても現場に出る製造の仕事だけでなく、経理、人事、総務などの人材募集から、資材、購買、営業管理などの「オフィス系」に分類される部門も多数あるのです。ただ、製造業は往々にしてビジネス街と同じ環境ではないのでアフターファイブを楽しみたいと考えている人にはその点がマイナスに映る人もいるかもしれません。でも、自らのこだわりを捨てることでよく考えた方が良いですね。