現代では、いわゆるブラック企業が大きな問題となり、労働条件に対する取り締まりが強化された・・

今日では、ブラック企業がメディアで取り上げられたりして…

今日では、ブラック企業がマスコミで注目されたりして、労働条件関係の取り締まりが強化されたり、社名が公表されるなど厳罰に処せられる傾向にありますが、完全には程遠いと考えられます。なので、面接時に「ブラック企業」かどうか、自身で判断してみましょう。ともかく、求人票等に書かれている労働条件をチェックし、それらをもとに堂々と質問しましょう。「ブラック企業」の場合、質問したことが嘘であれば、不自然な返答になったり、その場での回答を避けるなど逃げ腰になることが多いです。「給与」「残業」「休日」については、質問してみると、渋い表情を見せるケースが多いです。それでもしつこく聞くとブラック企業によくある威圧的な態度や、ふてくされたような態度になってくるので、ブラック企業だと見破ることができます。このような会社は、嘘をつく体質であるといえるので、何か違和感を感じたら、その会社に入社すべきではありません。

失業したときに受け取ることができる失業保険は、失業していることがもらうための必要条件です・・

失業時の助けになる「失業保険」は、失業しているあいだ、給付条件になりますが、給付される期間が決まっています。それまでに働いていた期間に応じて90日とか120日とかが決まるのですが、なんとこの現実を理解していない人がいます。失業中である限り給付されると勘違いしていつまでも遊んでいる人がいますが、保険はあと1ヶ月だけ、という段階で気づいてから大急ぎで転職活動を始めても条件のよいところを見つけるのは至難の業です。転職を希望する会社の面接担当もバカではないので、「いつ頃失業したか」「失業から、どのくらい経つか」「その間、何をしていたか」といった内容はだいたい相手(面接担当者)にバレてしまいます。ときには、その手の質問をされることもあります。返答に窮したり、すぐバレるような嘘をついてしまうと、合格する可能性は限りなくゼロに近くなります。

かつては求人誌に募集要項の中に「性別」について、記載されているのがほとんどでした。

一昔前の求人情報には、雇いたい人の「性別」までハッキリと記載されていました。しかしながら、男女雇用機会均等法が施行され、男女差別が雇用の際にあってはいけない事となり、募集要項の概要に「性別」が無記載となりました。ですが、募集を出す企業側としては、男性・女性どちらでも等しく雇用するとは限らないのです。そのため、本当は男手を欲しい案件に、女性が応募してきたり、対称的に、女性が必要なのに、男性が応募してきたり、といったトラブルもひとごとではないのです。もし、「女性が活躍できる仕事場です」とアピールする案件では、女性を希望しているのだと読むのが確実です。

転身を考えているなら、労を惜しまずに多くの企業の募集案…

転身を考えているなら、労を惜しまずにたくさんの企業の採用情報を定期的に調べておくと転身先を大いに選びやすくなります。今の職場にやりがいを感じていないケースでは、いざ転職活動を開始した時、どの会社も魅力的に映ってしまいます。そんな状況になってしまうと、どの会社を選択したら良いのか迷ってしまい、どんな企業でも飛びついてしまうのです。それゆえに、直ぐに不満が募ってしまうこともあるのでどんな会社か見極める目を養っておくのがベストです。方法としては、会社の雇用に関する情報だけ見る以外に、転職したい会社の取引している会社も気にしておきましょう。良い企業は、取引している会社の情報を公開していますし、そういった会社でない場合、宣伝に力を入れる傾向があるので、覚えておきましょう。そのうえ、会社によっては、個人グループに入っていたりもするので、グループの名前をチェックし、詳細に目を通してみてください。

転職することを成功させたいのなら、行動する前に情報を集めることを徹底してみましょう。

転職を成功させるためには、戦略を立てながら徹底した情報を集めることが不可欠です。ですから昨今は明日にも消えてしまうような小さな企業であっても公式サイトで企業のことをわかるケースが当たり前になっているので、インターネットの機能を利用して自分が知りたい情報を調べておくとまたその会社のわからないこと等を整理しておくと転職に役立つはずです。さらに公式ホームページ以外にも、「転職サイト」を利用するのも有りだと思います。そのほか、インターネット以外の方法として何より転職の候補している職場を自分の目で見て判断してみるのも良いと思います。

友人や知人からの紹介によって転職先を見つける人もいます。

知人からの紹介によって転職の先を探す人もいるでしょう。それはいいけれど転職をした先の労働環境、その他の労働条件といった部分について紹介者の口コミを過剰に信じるとあまりキケンです。言うまでもなく、個人の口コミ情報というものは誤解・齟齬が多くなってしまいます。つまり紹介した人から見たらとてもよい職場に映っても、あなたには、イライラするだけの環境なのかもしれません。でもその逆も然りです。なので、職場環境をはじめ、気になる点は口コミだけに頼らずに、しっかり自分の目で確かめておくことも大切です。

在職期間中なら、可能であれば、社内の人間に悟られないよ・・

在職中には、できたら、バレないように(ちなみに私のときは)在職期間中に転身したいという意図だけ、はじめのうちに社内の人間に話してみました。けれど、その後求人を色々と探してみたのですが、結局働く先も仕事を変えるタイミングさえも何も決まらないまま、やみくもに時間を空費する結果に。挙句の果てには一方の会社のほうは、仕事の引き継ぎや手続き、自らの退職日などが決定していき、結果的に、「退職予定日に沿う形で就職先を探していく」という、お粗末な状況になってしまいました。ですが実際には内定をもらったその会社を蹴り、失業期間を経験し、次の就職先を探すハメになりました。

新卒で採用された会社で性格のきつい上司に悩まされ、…

在職していた会社で感じの悪い上司に悩みを持ち、我慢の限界を超えてその会社を退職し、同業他社に行くことにしました。その会社ではパワハラもなく本当に充実した日々でしたが、少しずつ会社の売上が悪化し、最後にはとある会社に経営統合されることとなりました。ところがその経営統合した会社がなんと以前勤務していた会社で、加えて感じの悪かった上司がもう一度私の上司となることに。こういう悪いめぐり合わせとは、なんでこんな縁があるのでしょうか。当然新しい転職活動を始めています。

転職時の採用面接にとある会社に伺ったときのことです。

転職の採用面接を受けるためある会社に出向いたときのことです。その日に限ってその会社の部屋が空いていないとのことで外の場所で面接官と待ち合わせで採用面接が行われて、その場所で解散、面接官も会社に帰らず自宅に直帰されるとのことだったのですが、奇遇にも下りる駅が私と同じだったのです。ですから電車の中でも面接を行った人とずっと話をしながらいっしょに帰ることになって、緊張が解け面接の時よりも込み入った話ができて、それが良かったのか最終的に採用を掴むことができました。

全くの初挑戦となる業種などに転業したいと考えているときには、…

全くの初挑戦の業界などに転身したいと考えている場合には、前の業界で、自分が身に付けたスキルや経験したことが生かせるという内容の訴えが必要になります。未経験の人は経験していない分だけそのジャンルで働いたことがある人よりも正直、足りない部分はありますが、自らが保持しているスキルがそのジャンルでも発揮できるということを相手に伝えることができれば、勝負になる場合も多くあります。そのため、経験が全然ない業界に挑むときには、その業界とこれまで自分が働いてきた仕事内容とのつながりをできる限り見付けましょう。

現在の自分の仕事や職場に関して、少なからず何かしらの不満があるはずです。

現在の自らの職場や業務について大半の人は、少なからず何かしらの不満を感じているでしょう。「自身の持っている資格やスキルを正確に評価されていない」そのため、「給料は上がらず、将来的な出世も期待できない」といった点を挙げる人が少なくありません。気持ちは理解できます。しかし、上記のような不満を持っている人のなかには本人が自分自身の持っている実力を過剰評価していることもあります。万が一、そのような人が転職活動をした場合、「自分を生かせる企業や職種がない」と無駄にブランク期間ができる可能性が高くなってしまいます。という事態を招く可能性も少なくありません。なので転職で好結果を出すためには、実際の自身の能力を客観的に見つめることが大切です。

転職をするのに、まず今勤務している会社を辞職した…

転職活動を始めるときに、とにかく勤務先の会社に退社の意向を伝えてから転職しようとする人もいますが、完全に今の仕事を辞めてから転職しようとするときにはボーナスがいつもらえるのかを気にかけておきましょう。社員にボーナスを出す企業はいくらでも存在しますが、ボーナスがもらえる会社であれば、ボーナスの支給の時期まで数か月しかないなら、支給日を過ぎてから退職届を提出するという考えも得をする方法です。ボーナスと言うものは随分多くの額が入るはずなので、もらっておかないと損をすると言えますから、退職をする際にはボーナスが支払われる時期についてまず確認しておいた方がもったいない思いをしません。

もしも転職することを、今勤めている会社の同僚たちがあなたの退職を知る・・

もしも転職前、今の会社の人たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、、職場の空気が一変するおそれがあります。人間関係によって、これまで通りに行くこともありますが、やっかまれたり意地悪されることもあるかもしれません。ひどいケースでは、残業時間を増やされる仕打ちも考えられるので、軽率に転職のことを周囲に言うのは考えものです。上記のような状態を避けるために、今所属している仕事場では、真面目に振る舞いましょう。充分に警戒しておけば、良い空気をギリギリまで維持したまま、気持ちよく会社を去れます。しかも、何の問題もなく円満に退職できたなら、転職後、相談できるような良好な関係性を持っておくことができます。規模などに関係なく、どんな企業でも、人とのつながりはとても大事なので、仕事を辞める前のトラブルは、可能な限り警戒しておきたいものです。

昨今では、株・不動産投資などの不労所得や個人経営 ・起業といった生き方も増えています。

現在では、株式・不動産投資をはじめとした不労所得や起業といった生き方も増えています。そういった移り変わりに伴い、「雇用されて働くこと以外は怖い」といった今までの常識も変わってきています。1960年代ごろの高度経済成長時代においては、どう転ぶかわからない株式投資や、自営業で生きるよりも組織の一員であるほうが安定性にすぐれており、人生の正しい道として、またそれが至極当然のことのように、世の中に認知されてはいました。しかし、そんな成長期は過ぎ去り、現在は、「成熟期」などと言われています。今後は、機械化、自動化が進んで社会においては人手がいらなくなっていくと言われています。

転職活動で大事なことは企業そのものよりも、ある意味、「担当面接官」と・・

転職活動は、希望する企業とのやりとりというより、どちらかというと「担当面接官」とのやり取りが肝心といえます。面接で結果を出すためにも、まずは面接の時間になる前に冷静に、焦る気持ちににならないように、例えればお見合いをする心構えで望むと良いでしょう。とくに面接係員は最も初めにあなたの人となりを観てもらうわけですから、悪い評価になるような身なりは気をつけて控えましょう。なおかつ常識的な社会人らしいきちんと整った服装で向かいましょう。ある意味のオーラを感じさせることが大事になります。魅力的な人物として、面接官に認めてもらえたなら、きっと良い転職先に巡り会える可能性も高くなります。

再就職を目指そうとしても、全てが都合よく運ぶとは言えません。

再就職を考えたとしても、万事順調にいくと断言はできません。遅かれ早かれ転職をしなくてはならないならどのみち転職をしなくてはならないならあなたの年齢が若いうちになるべく早く転職を試みるべきです。普通は、20代の若いうちは良い希望を見出しやすいですが、残念なことに、30代後半~40代を迎えてしまうと転職そのものが相当に難しいといえます。役職をすでに担当しているのなら、転職の意思が強くなっていても現在の会社にとどまることも選択肢の一つには入れておくべきです。退社してから転職活動するよりも、今の会社には残ったまま注意深く行動したほうが後悔することもありません。

ほんの2ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりなのに、何ヶ月もたっていない…

数ヶ月ほどまえに、転職をやっとしたばかりであるにもかかわらず、数ヶ月しかたっていないのに辞めてしまうケースが結構よく見受けられます。何故そうかと思うと私の思うところは良い職場を見つけたものの、「自分の理想としていた職場環境とおかしいと思うほどかけ離れていた」「職場の雰囲気に馴染めない」ということが原因で別の仕事を探すみたいです。こういった、転職先選びで避けるためにははやり転職先の情報収集を欠かせません。業務におけるルール、昇給システム、など前もって調べておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。