仮にあなたが再就職を視野に入れた場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」のよう…

再就職を考えたとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」において…

  • もしあなたが転職を視野に入れた場合、「Uターン」「Jターン」において都市部から地方へと移り住んだうえで再就職してみたいと思っている人が、近年増えています。ネット社会の今では求人情報サイトを見れば、国内のあらゆる場所の求人情報にも手軽に知ることができますが、けれども、郊外や地方での求人の場合、大都市では当たり前に見るような条件や待遇のある企業が少ないのが痛いところでもあります。なので、求人情報サイトを使用するのは当然ですが、求人情報サイトにプラスして、その地方の自治体や商工会議所の情報サイトもよくチェックしておかれることをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」といった役所などが定期的に主催している転職サポートに関する情報も注意してみておきましょう。

  • 新しく就いた仕事でそれまでに培われてきたスキル・キャリア生かすことができれば…

  • 新たな勤め先で過去の能力を活かすことができれば、即戦力と周囲から見られてすぐ職場内に自分の居場所ができ、いい人を求人している会社側としても、即戦力となる人材は常に必要なので、タイミングがうまく合えばとんとん拍子に事が運ぶでしょう。加えてこれまでの働いていた仕事と似ている仕事内容なら転職はとても楽となります。しかし、なかなかの能力があるといっても一流企業の事務仕事や、公務員(国家・地方ともに)の募集については、時代や景気に関係なく相当な難関となるのは間違いないでしょう。

  • 『今すぐ転職をしたい!』と思っている人のなかで、その意志が本当に強いものであるなら…

  • 『なるべく早く転職したい!』と思っている人で自身の意志が抑えられないくらい強いものであるなら、すぐに上司にそのことを伝えるべきです。そのときに曖昧な表現をしてしまうと、状況によって言いくるめられる確率が高くなるので気をつけましょう。また、実際に私自身も上司に転職の相談をしたところ、話がこじれて最終的に、半年以上にわたり辞められませんでした。退職する旨をはじめに、直属の上司に相談したのが年度末で、結果的には数ヶ月働いて辞められたのはその年の11月です。本音は仕事の落ち着いた年度末いっぱいで辞めたかったのに、スムーズに退職できませんでした。やっぱり職場にも人事の采配が必要なのは分かりますが、社員のを希望を聞かずに、上司を含め組織として予定を引き伸ばしてきたので、非常に心の底からガッカリしました。

  • 今後転職活動をするのなら、良いと思える求人(OR 業種・・

  • 転職活動のさなか、気になる求人(あるいは職種)を見つけた際にはきちんと「〇〇業(気になる職業)、ブラック」でネットで検索し目を通しておくべきです。求人票や担当してくれる転職エージェントから入ってくる言葉からは、まずその業界に関するマイナス面などは知ることは不可能です。もしも、ブラック案件が多い業界であれば、簡易的なインターネット検索によっておおまかな実態を理解できます。そういった検索をしないまま、入社した場合、あとになってしっぺ返しを食らう可能性が高いです。だいたいその求人が出ていた理由が「仕事内容がキツイから人が辞めて穴が開く」というケースがかなり多いため、気になった案件について、納得できるまでチェックして応募するようにしましょう。

  • 政治によって変化の兆しが出始めている転職事情ですが・・

  • 政治により状況が変化しつつある転職を取り囲む状況について、今の安倍政権では、「アベノミクス」「三本の矢」といった形で経済政策が次々に展開されています。内閣が打ち出した経済政策に連れ立って日銀による「金融政策」と相まって、財界や民間企業間では新時代となる変化が増えつつあります。そのこともあり民間企業では、労働人口減による「人材不足」が根深い問題となっています。ちなみに「外国人労働者」の割合を増加させ人材確保に務めていくつもりでいると現政権は語っています。外国人労働者の増加に伴い、国内の雇用や転職問題についても大きく幅が広がりそうです。こういった変化によって、国内の雇用や転職をとりまく状況も変化していくのは間違いありません。

  • 看護婦という名前だった看護師というのは資格として歴史的背景か・・

  • 昔は看護婦ですが看護師は働く者として女性の割合がとても大きい職種です。知られていると思いますが気力あるいは体力へのかなり消耗する職場ともいえます。とうぜんのように対人関係にトラブルを抱えやすく、自身の結婚や出産の後に仕事と家族との折り合いをつけるのが難しい仕事でもあります。実際に、上記のような問題に行き詰まり、転職する人が多いのが現実です。過酷な環境ということもあり、看護師は、慢性的な人材不足に悩まされています。なので、医療業界は、看護師を欲する「売り手市場」であり、さらに転職に拍車を掛ける要因になっているのでしょう。

  • 女性の転職に際して、ここ最近と一昔前では若干、違いがあります。

  • 女性が再就職するに当たり、近年と一昔前では少なからず、変化があるといいます。一昔前は、結婚の予定や出産後の考え方について質問していました。でも、現在はそういったデリケートな内容は「セクハラ」にあたるとして、聞かない会社、が増加傾向にあります。そして、とりわけ大きな会社ほど、あからさまに避けるようになっています。けれど、会社側は、YES・NO、といった形ではなく、その人が、結婚した後は退職するのか、出産後は仕事にすぐに復帰するつもりかなどを把握しておきたいとは思っているものです。自身の将来設計を伝えるためにも、自己ピーアールや志望の動機の中に織り交ぜながら言い表すことで、相手方も考えがわかり、また、モヤモヤも解消できると思います。そういうわけで、質問されていない箇所についても、先にあなた自身から率先して話をしてみると良いでしょう。

  • 転職活動を進めるには、然るべき準備はしなければなりません。

  • 転職活動には、相応の準備は必要不可欠です。準備といってもたくさんあるのですが、なかでも、目に見える「ファッション」は注意している人は多いでしょう。ですが、今の採用面接では形式ばらない服装で大丈夫な企業があるので、スーツを着て赴く必要がない場合もあります。会社の創立してすぐの会社などは、厳しいマニュアルも作られてないことが多く、私服で面接をした方が、相手先に良い印象をあたえます。加えて、堅いイメージを与えないのでフランクに話が出来るのも魅力です。さらに私服だと、面接中、洋服の事で話題が広がることがありますから、うまくいけば面接担当者と仲良くなれる期待ができます。ということで、これから転職活動をするつもりなら、企業の「創業年数」をチェックしてみて、(ベンチャー系の)面接の際は正装はせずに私服で勝負するのも良いかもしれません。

  • 20代で転職を2回した為、いまは複数の資格をとるため…

  • 私は20代の時点で転職を2回し、今現在は資格を取得したいので派遣社員になりました。フルタイム勤務とは違うので手取りは以前よりも少ないです。しかし、前よりも心と時間に大きな余裕が出来ています。たまに、もっと学生の頃に資格を取り、就職に活かせばよかったという後悔もあります。やはり、資格を活かしている人を見ると私もこうなりたかったと感じたりもします。以前までは今の自分と他人をどうしても比べてしまい、劣等感を感じていましたが、結婚し、私の生活環境もかなり変わり、前よりもその中で仕事や将来の夢も定まったので、充実した日々を過ごせています。

  • 転職サイトに一度登録すると、電話やメール連絡が何度も入ります。

  • 「転職エージェント」は一度登録したあとに、電話やメールでの連絡が何度も来ます。これに関して初めて利用した人はかなり驚くことがよくあります。「転職エージェント」は、利用者の転職に協力することが業務なので、非常に積極的にかまえています。とりわけ大手のエージェントは成就させると企業から報酬を受け取るシステムのため、転職活動をしている人の都合よりも企業側を優先させることが少なくありません。加えて、転職エージェントは、成約数を増加させたいがために、内定が取れると間髪入れずに、「入社されてはどうでしょうか?」と半ば強引に説得してきます。対抗策として自分の気持ちや意思を明確にし、転職に妥協しないように気を付けることが大切です。

  • 先日転職先の会社を探すために人材会社へ登録に行きました。

  • 昨日転職活動の一環として人材バンクへ登録を行いに行きました。そのとき登録するときのカウンセリングの時に現れた担当の方が見たところ入社してから間もない新入社員で、私の説明の5割ほどもその社員はわかっていないようでした。しかも「キャリアデザインがよくないですね」とか「きちんと自分の強みを明確化しておくことが大事です」等、何もかもわかっているかのように横柄にのたまうので大変不快な気分になりました。カウンセリング担当者はいくらか仕事を経験している社員にするべきだと思います。

  • このところ私は派遣の会社に入っています。

  • このところ私は派遣会社で働いています。ウェブサイト内でなにげなく自分に合っていそうな仕事を発見し問い合わせたところ「そのお仕事はすでに他の人の採用が内定しています」と断られて一時的にウェブサイトから仕事の情報がなくなってしまうのですが、次の日になると元に戻っています。ということは結局私ではダメと言っているのですね。それであればカドが立たない程度で正直に言ってほしいのですが、なかなかそうはいかないでしょうか。あるいはまたもしかすると偽のお仕事なのでしょうか?

  • 転職活動をしている際に、例外なく質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職活動を行っていて面接で「志望動機」「転職理由」の2点は間違いなく質問されます。志望動機については、隠さずに話しても差し支えないですが、これとは異なり転職理由について隠さずに伝えるのは賢明ではありません。例をあげれば給与が納得できないことや、人間関係に対する不満など、その手の話題をしても、あなたの好感度には繋がりません。とはいっても、自分の得にならないことを馬鹿正直に話す人は非常に少ないと思いますが、転職先となる企業は、往々にしてそういったマイナス点に関心を払う傾向があるため、慎重に質問をしてきます。これに対抗して悪い印象を与えずに答える方法としては、現職の仕事内容以外を話さないことに尽きます。そしてさらに、この会社に入社してこんな貢献をしたい、5年後、10年後はこんなことがしたい、そのために御社に応募しました、とポジティブなイメージを与えるようにしましょう。

  • 「シフト制」の仕事についてです。

  • 「シフト制」の仕事に関する話です。毎週、同じ曜日に勤務できる人を募集する求人を結構見ますが、もしも応募しようと考えているなら休む手順やシフトの出し方については前もってチェックしておいたほうが良いです。それはなぜかというと、以前に私自身が、出産のため休む人の代理として正社員として働き始めたのですが、私のシフトがそこでは、「土日」固定のシフトだったのですが、新入社員の私以外は、誰一人現場にいませんでした。産休に入った前任の女性が「土曜、日曜」にかならず出られる人だったので、私自身もそう思われていたみたいです。ですから「土日」に休まざるを得なくなると、シフトを変えてもらう必要があり、職場の先輩たちに「代わりに出ていただけませんか?」と自らお願いしなくてはいけませんでした。立場も給料もほぼ同じなのに土日を私ひとりに任せっきりって、一体・・・。思い出す度、よくやってこれたなと思います。

  • 再就職の際に必ず受けることになる面接では、小規模業者であれ・・

  • 再就職のための面接では、中堅企業であれば概ねその社内の「人事」担当者が面接官ですが、別のケースもあります。たとえば、今後仕事を一緒にしていく作業部署の責任者、言い換えれば課長や部長クラスが面接を担当する可能性も考えられます。とりわけ、営業職や事務職といった部署に転職する場合は、資格を介した人の良し悪しを判断しづらいのできちっと自分自身をアピールしていくことがとても必要であり大事なことです。面接担当者たちから「この男はしっかり主張できるし、なかなかの戦力になりそう」と思わせ、記憶に残すことが大切です。

  • 転職サイトは知名度の高いサイトであるほど豊富な量の案件が掲載されているた…

  • 転職サイトはよく知られたサイトであるほどたくさんの転職情報が掲載されているため、気に入った2,3の会社を、とりあえずサイトに登録して、勤務地や年収にチェックマークをいれておき、次に条件に合った案件が出てきたら自動的にメールが送られるように設定しておくと容易に情報を集めることが可能です。しかしながら、初回だけは登録するのにけっこう労力を要するので、サイト登録する前に「履歴書」「職務経歴書」を作成しておき、さらにそれらをテキストファイル化して、コピー&ペーストする形で登録しておくと手間が減って便利です。登録する初日は、時間がやや掛かりますし、案件の検索や、その後の応募も大変に感じるかもしれません。が、その後は、新規案件のみ確認するだけで良いため、初めの段階できちんと準備することを心がけましょう。

  • 退職と転職を繰り返さないための打開策が一つだけあります。

  • 退職と転職を繰り返さないための対策が一つだけあります。スキルアップもそうですが、それとは別にメンタル部分のスキルを磨くと、転職を繰り返さなくなります。今現在は、ネットがあるのでメンタル面を強くするための自己啓発系の情報はたくさんあります。さらには、転職とは無関係な「とある行動」によっても精神面を鍛えることが可能です。たとえばズバリ「海外旅行」です。海外に旅行に行くと文化も言葉も大きく異なるので、逐一、勉強になります。ですから、帰って来てから変化があるのです。日本に戻ってくると、「自分の視野の狭さ」に気づき、こんなにも世間は狭かったのだということを実感することができます。その気持ちを携え(転職のための)面接に行けば、これまでの面接とは比べ物にならないほどに自信満々に自己アピールができるはずです。ただし、退職して間もない頃はメンタルが弱くなりがちなので、これからのために休業期間も必要です。