これまでは「転職サイト」で職を探すより、「ハローワーク」で探していました。

これまでの私は、職探しをする場合は「転職サイト」より、…

  • 前は「転職サイト」よりも主に「ハローワーク」が中心でした。なぜなら、大抵の転職サイトは、特性上、都心の求人情報しか掲載していないからです。であったので、求人情報を探す時は、「ハローワーク」しか利用していません。やっぱり、人気の転職サイトに掲載されている求人よりいくらか知名度は低くなってしまいますが、古くから地域に根ざした情報が都心部以外での転職をするときには重宝します。ですが、「ハローワークって地味な雰囲気がある」と思われている人もいるかもしれません。でも、転職サイトとは違った求人もあるので、これから転職について不安がある方は、ハローワークへ行って、相談するものいい案です。転職サイトのように執拗なお知らせやメールの心配も無用です。

  • 新しい就業先ではいきなり満足できるほどの「年間報酬」を手にできると考えないほうが良いです。

  • 新しい仕事に就きたいと考えているのなら、すぐに「年間報酬」の高望みはしないほうが良いです。中でも、入社したはじめの年は、ほぼほぼ「試用期間」が含まれている場合が少なくありません。私の場合、苦労して手にした職場だったものの、前の職場での稼ぎとほぼ同じで変わりませんでした。しかも業務内容は多忙を極め、責任のあるもので、最初の一年を乗り切るのにたいへん厳しかったです。そのような実体験から転職1年目は、勉強に充てる年と捉えておき、出来る限り転職するよりも前から貯蓄しておくことに尽きると思います。

  • もっと良い職場につきたいと転職を希望する大半は、「1日でも早く、…

  • いい企業につきたいと転職をする活動をしている中のときの場合には「少しでも早く内定(採用通知)が手に入れたい」と思っているはずです。が、そのために内定を得たいあまり、自身の能力に関して嘘をついたり、またその逆で能力を安く見積もった言動は可能な限りしないようにしましょう。大事なのは焦る気持ちはぐっと抑えて、冷静に客観的に考えながら自分の能力にあった職場を探すことに専心しましょう。これまでの経歴を生かしつつ、さらに、今後のキャリアアップが期待できる職場を選択してみましょう。

  • 会社が原因で精神的な負担が増え、転職せざるを得ない状況にまで悪化したなら…

  • 会社で何かあって回復が難しいほど精神的にとてもつらくなってしまい、転職を考えざるを得ない状況に至ったなら、そんな時は、会社(の関係者)に相談するよりも自分の家族と話して、転職するかどうかを決めたほうがいいです。なぜならば、仕事をするということは自身のためでもありますが、同時に、身内の問題ともいえるのです。毎月、どれだけ高い給料を得たからといって、精神がダメージを負うほど我慢して働きつづけるのは、良いとは言えません。昨今は、物質的なことよりも、働く当人が働きやすいことを重視する生き方が尊重される社会です。ですから、あなたの家族や、あなた自身の心身を大切にしていきましょう。

  • 転職活動では、履歴書と職務経歴書が欠かせません。

  • 転職活動をするにあたっては、履歴書と職務経歴書を準備することが必須といえます。企業の大半は履歴書や職務経歴書に記載されていることを判断材料にして面接するかどうかを決めるため、なによりもこの書類が重要アイテムです。ただ穴を埋めさえすればいいというわけではなく、内容の充実を図ることも必要です。「職務経歴書」は、今まで経験してきた職務の詳細に加え、できる限り、アピールできる内容を書き出しましょう。さらに、過去だけでなく、現職で挙げた実績も良いアピールとなります。例をあげれば売上をこれまでの○パーセントアップ達成した、などわかりやすく記載しましょう。作成が難しいと思ったときは、「転職エージェント」に職務経歴書をチェックしてもらって、上手な文章を引き出したりして自分にプラスになるように転職エージェントを利用してみるのも満足のいく転職をするための有益な方法です。

  • 仕事を変えた際には、大体の場合、それまでの会社の仕事・・

  • 転職すると、だいたいの場合はそれまでの会社の仕事はほとんどの記憶は美化されます。現実には今の待遇に不満があるから、次の仕事を探してやっとのことで退職を決め、再就職を決意したはずなのに、時の流れとともに不思議と転職した会社よりも「前の職場のほうがマシだった」と感じることは多いです。極めて自然なことで、前職は仕事をこなすことに慣れきっていて楽にやるべき業務が淡々とできていたのも一番の大きい理由ですが、実際は「やっぱり退職などするべきでなかった」と真剣に思うほど、前職のほうが待遇ややりがいがあることがあります。

  • 再就職をする際で高い確率で投げかけられるのは辞職し・・

  • 再就職をする時に面接で高い確率で質問されるのは会社を退職した理由なわけですが、このような質問に回答する際には話の中心を退職した会社に向けない方が賢明です。前職を辞めた経緯を的にしてしまうと必ず悪い印象を与える要素を取り込んだ話の内容になってしまうので。この点を上手に進めていくにはなぜ前職を辞めたのかという事をこの職場に絶対に入社したい理由があったからといった話題にするべきであり、自分が面接している会社に話の方向を向けていくべきなのです。転職理由でも、面接を行っている会社の話であればマイナス面を隠し好印象の以前の会社を辞めた理由に聞こえます。

  • 転職するときは、いろんな手段で情報を得ることが多いと思います・・

  • 転職を行うにあたっては、様々な手段で情報を集めることが多いと思いますが、転職系の口コミサイトは利用しないと損です。過去に、悪い口コミをサイトに載せられたと言って運営サイト側に損害賠償請求を起こした事例もありました。辞めた社員の報復によってその種の口コミが投稿されたと見るのが一般的ですが、異なる角度から見ると、ウソの書き込みだったなら、書かれた会社側が気にする必要もないはずです。ですが、実態は『クロ』で「真実が書かれているので、はやく火消しをしよう」という話かもしれません。「口コミサイト」も炎上することでアクセス数がアップするなどのメリットがあるので黙認していたりしますが、好ましくない内容の口コミが目立つのは、その分入社してからトラブルに遭遇するリスクが高くなると考えるべきでしょう。というか、善良な会社だったらトラブルは起こりませんから。

  • 転職を行うにあたり、現在勤務している会社を退社する時に…

  • 転職するにあたって、今務めている会社を退社する時に「失業保険」をもらうための手続きをしておく必要があるのですが、もしも自分が望んで退職届を提出して退社する、いわゆる「依願退職」の場合にはすぐさま失業保険が出るのではなく手続きをしてから、失業したことを認められてから3か月経たないともらえない。よく勘違いして退社した日の次の日からキッカリ3ヶ月で受け取れる、と誤解しないようにしてください。この規則を知らない人が、ハローワークの保険担当者と大声でやりあっているのを見たことがあります。因みに退職者の都合ではなくリストラのように、「会社都合」での解雇のときは、失業が認定されれば即座に失業保険をもらえます。

  • 転職エージェントは大手であるほど、多種多様な案件を持ってい・・

  • 大規模な転職エージェントに限って、様々な案件を取り扱っているそれと同時に転職を希望するライバルも多くいる可能性が高いです。したがってあなたが、応募したい会社を探し出しても、担当スタッフの側が無理だと判断すると応募してくれない可能性もありますし、企業から見てあなたよりも評価の高いライバルがいれば、そちらの人を優先することもあります。つまり大規模な転職エージェントの場合、サイトに掲載していない案件をデータ宝庫として扱い案外応募できないので、考えを変えて少し規模の小さいエージェントに対し、希望する会社や案件について相談し、応募できませんか?と問い合わせてみると転職希望者のためにアプローチしてくれることもあるので、そのような風に活用してみるのも良いかもしれません。

  • 就職活動には、ウェブ上で就職斡旋してくれる「エージェン・・

  • 転職活動をするとき、インターネット上で就職斡旋してくれる業者(エージェント)を利用する手段もあるのですが、そういった業者に登録してその結果転職先が決まった場合でも、失業保険とは何の関係もないので気を付けましょう。失業保険は、「ハローワーク」できちんと手続きしないと失業保険をもらうことはできないので気をつける必要があります。これに対し、ハローワークにより斡旋してもらった会社に就職できたときは、就業に備える準備金として一時金が支払われます。インターネットで集客している就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。単に斡旋を行ったことに対して企業から紹介料をもらうだけであり、失業保険の給付手続きなどはしてくれません。こういった点を押さえていなければ、失業中にお金が入ってこなくなるので、注意が必要です。

  • 求人関連の情報では、とうぜん大部分の企業では月の給与が明記されています。

  • 求人関連の情報では、とうぜんまともな企業では月収が記載されているはずです。この月収の部分をチェックする時には、注意して確認する事が大事です。その数字だけを見てわかってしまわないほうが無難です。ひょっとすると、月収の額の中身が月15時間残業の場合を含んでいるかもしれません。何が問題かというと残業代を含めて計算することで金額を多く見せ、応募者を増やそうとすることも珍しくありません。このほか、「歩合給」が基本給にプラスされる、というパターンにも要注意です。歩合の割合をかなり多めにした上で、月収を高く見せている可能性も考えられたりします。そういうわけで、このような応募者を増やそうとする会社には近づかないほうが良いでしょう。

  • 転職活動で話題にあがるのが「年収」です。

  • 就職活動において、年収はかなり大切な要素です。現職の年収、そして今後の希望年収額について質問を受けることになるでしょう。このとき本当の年収を上回る額をもらっていると偽り、年収をUPさせようとしても、無駄でしょう。なぜなら、結局は源泉徴収を提出することになるので、仮に一度は信じてもらえたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、必ず後からバレてしまいます。ときにはトラブルを引き起こすこともあるので、現在の年収を正確に伝え、それに見合った希望年収額を設定するのが賢い選択となります。例をあげると、年収400万の人が急に年収500万になるようなことはまずあり得ません。仮に、現在が430万円の年収であれば、希望年収額は400~450万円と相手に伝えておくのが得策です。露骨な嘘は、転職活動時のトラブルだけでなく、一時的に入社できたとしても、退職に追いやられる事態になることもあるので、気をつけましょう。

  • クールビズ(軽装)をして再就職の面接に臨む場合、やっぱりジャケットは…

  • クールビズ(軽装)スタイルで再就職の面接に臨む場合、やっぱりジャケットは着なくても安心であるとはっきりと言えるのですが、ネクタイにおいてはして行った方が悪い印象を与えることがありません。タイもジャケットと一緒でなくても良いと考えている会社もある場合もあるにはありますが、ことネクタイはクールビズであろうと身だしなみとしてするべきだとするところがまあまあ存在します。そういった訳で、例えクールビズの恰好でもネクタイだけは着用いく方が印象が良くなるということをお知らせしておきます。

  • 求人に係る情報をチェックする場合、「オフィス系の仕事をしたい」と考えている人ほど…

  • 求人に関する情報を見る場合、例えば、「デスクワークがしたい」という人ほど製造業を見逃してしまっています。そんな人の多くは「製造業は、現場で製造する仕事だけしか募集してない」と勘違いしている場合もあります。実際に、製造業の求人募集でも、製造マンだけでなく経理、総務といったスタッフ募集をはじめ、資材、購買、営業管理などの「事務系」に属する役職も結構多くあります。しかし、製造業にはありがちですが、オフィス街から外れた地域にあるのでそういった点が受け入れられないと思う人もいるでしょう。そうした事には自身の執着をなくすことで仕事の選択肢が拡がるはずです。

  • 現代では、いわゆるブラック企業が大きな問題となり、労働条件に対する取り締まりが厳しくなったり…

  • 近時は、いわゆるブラック企業が大きな問題となり、労働条件違反の取り締まりが強くなったり、悪質な会社が公表されるなど、不利益を被るシステムができてきましたが、完全には至っていないと考えられます。したがって、面接で見破る必要があります。とにかく、求人票などに記載された労働条件をチェックし、それぞれの項目について聞いてみることです。「ブラック企業」と対峙している場合には、記載内容がウソだったときに、返答が詰まります。その場では答えられないなど逃げ腰になることがよくあります。とりわけ「給与」「残業」「休日」の3つについては、質問してみると、困った表情を見せる可能性大です。それでも質問を続けると、ブラック企業によくある高圧的な態度や、ふてくされた態度を見せるので、その瞬間に相手のウソを確信できます。この手の企業は、約束を守らない上に、入社してからもふてぶてしい態度であることが多いので、変だと思ったら、それ以上関係を持たないことが無難だと思います。

  • 失業したときにもらえる失業保険は、失業しているあいだ、給付条件になります…

  • 失業したときに受け取ることができる失業保険は、もらうためには失業中であることが必要ですが、この給付には、しっかり「期間」があります。それまで勤務してきた期間によって変動し、3か月とか1年とかが決まるのだが、驚くことにこれを知らない人が一定数います。失業中である限りもらえると思い込んで失業保険で食べていけばいいと考えて仕事を探さない人もいますが、給付期間の最後1か月になった段階でようやく自分の勘違いに気づき焦りながら転職活動をしても条件のよいところを見つけるのは困難です。転職候補となる会社の面接官も無能ではないので、いつ失業してどの程度の時間経過しているか、その間まじめに仕事を探していたかに関してはそこそこ察しがつくでしょう。ときには、失業中の行動を根掘り葉掘り聞かれることもあります。返答に窮したり、すぐバレるような嘘をついてしまうと、受かりません。