今までは求人誌では、募集条件の中に「性別」が、記載されているのが普通でした。

一昔前の求人情報には、求める人材の「性別」まで当たり前のように記載されていました。

  • 一昔前の求人情報には、必要とする人材の「性別」まで当然のように記載されていました。ところが、「男女雇用機会均等法」ができたことによって、男女差別が採用時にあってはならないルールとなり、応募資格内に男女の性別を記載しないようになりました。ですが、働き手を募集する雇い主としては、男性・女性のどちらでも良い、とは真意ではないのです。従って本当は男性欲しい案件に、募集に女性がやってきたり、逆に女手が欲しいのに、男性が応募してきたり、といった問題も他人事ではないのです。もしも、「女性が活躍している職場です」といった内容なら、雇い主となる企業側が「女性」を必要としてる、と認識しておく良いといえます。

  • 再就職しようと思っているなら労を惜しまずに多種多様…

  • 転身を検討しているのなら、労を惜しまずにいろいろな会社の情報を日常的にチェックしておけば転身先の労働環境の見極めがかなりしやすくなります。あなたが今の仕事に満足感がないと、転職活動を開始したとき、どの会社も魅力的に思えてしまいます。そういった状態になってしまうと、どこを選ぶべきかわからなくなり、選択を間違える可能性も高くなります。結果的には直ぐに退職してしまうおそれもあるので、事前に正しい判断ができる目を養っておくべきなのです。転職したい会社の雇用関連の情報に目を通すだけでなく、その企業の「取引先」も気にしてみましょう。透明性を重視する企業は、取引先の情報を公開していますし、逆にそうでない企業は、宣伝ばかりなので確認しておいて損にはなりません。そのうえ、企業によっては、個人でのグループに入っている企業があるので、グループ名を調べると細かい所もチェックできます。

  • 後悔しない転職するとを目指すのなら、事前の徹底した情報を集めることが不可欠です。

  • 満足できる転職するを希望しているのなら、前に意味のある情報を集めることをしておきましょう。そうしようと思うのなら昨今はどんな中小零細企業もHPを常設しているというのが多いから、ネットの機能を使って自分の気になる点を調べておくとまたその企業のわからない点等をチェックしておくと転職に役立つはずです。また、公式ホームページの他に、「転職サイト」の情報に目を通しておくと対策としては有効です。そのほか、インターネット以外の方法として何より転職の候補している職場を自ら確かめてみるのも意味があります。

  • 友人や知人からの紹介によって転職先を探すこともあるでしょう。

  • 友人からの紹介によって転職の先を見つける人もいます。ただし、転職をした先の労働環境、その他の労働条件といった部分について紹介者の口コミを鵜呑みに判断してしまうと後々問題です。なぜなら、そういう口コミというのは、誤解・齟齬が多くなってしまいます。つまり紹介した人にとって、今よりずっとベターな職場に映っても、あなたの主観で見た場合、そうではない可能性かもしれません。ですので職場環境をはじめ、気になる箇所は口コミだけで判断せず、最終的には自分自身の目でチェックしておくようにしましょう。

  • 雇用中はできたら、周りの人にバレないよう(私の場合…

  • 就労期間にあるときは、可能であれば、周りの人間に悟られないよう、(自身のときは)雇用中に転身の気持ちだけを活動初期の段階で会社内で仄めかしてみました。にもかかわらず、その後に転職情報を必死に色々と探してみたのですが、予想に反して就職する転職するタイミングさえも無計画なまま決まらないまま、時間を空費する結果に。そしてその傍ら、会社のほうは、仕事の引き継ぎ予定や手続き、自身の退職日などが続々と確定していき、最終的に「退職予定日に合わせて転職先を決める」という、本末転倒な状況下で会社を辞める形になりました。ですが結局、理想とする結果が実らず、失業期間を経て次の就業先を見付けなくてはなりませんでした。

  • 新卒で採用された会社で嫌な感じの上司に困ってしまい・・

  • 昔働いていた会社でのことですがパワーハラスメントを行う上司に頭を抱え、その結果やっていくのは難しいと判断してその会社を退職し、同業者の他の企業に転職しました。その会社ではパワハラもなくとても満足のいく日々でしたが、緩やかに会社の売り上げが減少しついにはとある会社に経営統合されることとなったのです。その統合した先の会社が驚くなかれ前にいた会社で、しかもすごく嫌いだった上司が再び私の上司になることに。まったく困ったことになりましたが、ここまで縁があるとは。当たり前のことですがまた転職をしようと活動を開始する予定です。

  • 転職のための面接を受けにある会社に出向きました。

  • 転職の面接を受けるため希望先の会社へ向かいました。その日に限ってその会社の会議室や応接室が空きがないとのことで会社外で人事部の人と待ち合わせて採用面接をして、その場所で解散をし、面接官も会社に帰らず自宅直帰されるとのことだったのですが、なんと下りる駅が私と一緒だったのです。ですから電車の中においても面接担当者とずっとお話しながらいっしょに帰宅することになって、おかけで緊張がほぐれ面接しているよりも話が弾んで、それが良かったのか何事もないまま採用を手に入れることができました。

  • 未経験の業界などに職を移そうとするときには、以前の…

  • 初挑戦の業界などに転職を考えるときには、自分の前の仕事で養われた能力やこれまでの経験を発揮することができるという内容の訴えがいるようになります。その業種の未経験者はその分その業界を経験している人よりも正直、損にはなりますが、自らが保持しているスキルがその業界においても生かすことができるということをうまく話せれば、戦えるケースもあります。という事で、経験したことがない業界に挑むときには、その業界と前の職場でやっていた仕事との関連をできる限り発見しましょう。

  • 現在の自身の職場・業務内容について不服に感じていることの中に…

  • 今現在の職場や業務に対する何かしらの不満に思うことがあるはずです。「自身の持っているスキルや能力を真摯に評価してもらえない」あるいは、「報酬は変わらないし、将来的な出世も期待できない」といった内容が多いように見受けられます。とはいうものの、気持ちは理解できます。しかし、そんな人の中には自分自身の能力を「過大評価」していることもあるのです。仮に、そういった人が転職活動をした場合、「自分が活躍できる求人なんてない」と中々転職先が見つからない可能性が高くなってしまいます。という事態を招きかねません。そういうわけで転職活動に当たっては自分のキャパシティを冷静に客観視することから始めてみましょう。

  • 仕事を変えようとするときに、まずは今働いている会社をきちんと退社して…

  • 転職活動を行うときに、とにかく今働いているところを辞めてからという人もいるでしょうが、そうするときにはボーナスの支給日を見積もっておきましょう。社員にボーナスを出す会社はそこら中にありますが、ボーナスもらえる場合は、ボーナスをもらえる日までもう少し待てば来るのであれば、ボーナスが支給されてから退職するという考えもおすすめです。ボーナスってある程度大きな額なので、もらっておかないともったいないとも断言することができますから、辞職を考えたらボーナスが支給される日について確実に把握しておくと得策です。

  • もしも再就職の前に、今勤めている会社の人たちがあなたの転職を知る・・

  • 転職前、今働いている会社の人たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、、雰囲気が一変するかもしれません。場合によっては、意地悪される可能性もあります。それだけでなく、残業時間を意図的に増やされてしまうことも考えられるので、軽率に「転職します」と周囲に伝えるのはお勧めしません。上記のような状態を避けるために、今の職場では、いたって真面目に仕事をしておきましょう。転職が決まる前と同じ態度でいることで、良い状態をギリギリまで維持したまま、会社を退職できるはずです。しかも、何の問題もなく円満退職で終えられたなら、転職後に、相談できるチャンスにも恵まれるはずです。業界に関係なく、どのような企業であっても、人との縁はとても重要なので、仕事を辞める時のトラブルは、充分に注意しておきましょう。

  • 今では、株・不動産投資などといった不労所得で生計を立てたり…

  • ここ最近は、株・不動産投資といった、不労所得のほか、起業といった生き方も増えています。そういったような世の中の変化に伴い、「起業することは怖い」といった従来の見解も変わりつつあるようです。高度経済成長を遂げている際には、将来が不安定な自営業で生きるよりも雇われているほうが将来が安定していて、人生の正しい道として、またそれが当たり前であるかのように、世の中に広まっていました。そういった時代は終わり、時代は変わって「成熟期」とも付けられています。将来は、コンピューターの進化とともに、機械化・自動化がより進み、仕事で人が要らなくなる時代になっていく、とも言われます。

  • 転職活動で重要なことは希望先転職先の会社企業というより…

  • スムーズに転職したい時は、希望する企業相手というよりも人事や採用担当の面接係員とのやり取りが肝心です。面接で良い印象を与えるために、初歩として緊張せずに焦る気持ちを抑えて平常心を強く意識しましょう。例を挙げると素敵な女性とのお見合いのような気分でいる、向かうのも大事でしょう。とくに面接に進むとまずはじめにあなたの人柄や人間性を判断されるのでマイナス評価となるような見た目や言動は注意しぜったいに控えましょう。なおかつ良識ある社会人らしく面接に適した服装を意識しましょう。ある意味のオーラを感じさせることが大事になります。面接官に健康的で魅力がある人物と認識されれば、かならず自然と良い結果も出やすくなるでしょう。

  • 仮に転職するにも何もかもが都合よく運ぶ保証はありません。

  • 仮に再就職を目指そうとしても、思ったとおりの成果が得られると言い切ることはできません。可能であれば、支障がないなら早めに行動に移すべきでしょう。平均的に見た場合、20代のあいだは良い展開を期待できますが、残念なことに、30代後半~40代に入ってしまうと転職はたいへん厳しいものと理解しておくべきです。役職をすでに担当しているのなら、転職の意思が強くなっていても今の会社に籍を置くことも選択項目に残しておくべきです。要するに、会社を辞めてから転職活動をスタートさせるよりも、今の会社を辞めないままの方向で注意深く行動したほうが良いということです。

  • ほんの2,3ヶ月まえに、転職したばかりなのに、慣れもしないあいだ…

  • このあいだ転職をやっとしたばかりだというのに、入ってすぐに退職してしまう人というのもとても多いものです。何故そうなるのかと思うと私見ですが新たな気持で素晴らしい会社を手に入れたものの、「自分の理想としていた仕事とおかしいと思うほどギャップがあって幻滅した」「職場が受け入れられなかった」ということが理由で去っていくことが多いといいます。可能ならこのような、転職先選びでの失敗を後悔しないためには、はやり事前の情報収集を徹底するほかありません。徹底して行うべきなのです。職場環境、給与体系、などあれこれ調べておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。

  • あなたが転職を考える場合に「Uターン」「Iターン」において…

  • もしあなたが再就職を希望したとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」において都市部から地方に移住した上で再就職したい、と思っている方も少なくありません。近年は転職サイトを使えば、地方の求人でもいつでもアクセスできます。しかしながら、地方での求人に関しては、都心のような選択肢は期待できないのが難点でもあります。といった性質上の問題があるので、求人情報サイトを使用するのは当たり前ですが、求人サイトとともに、「地方自治体・商工会議所」といったサイトも定期的に確認しておかれることをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」といった機関が主催する就業サポートの有無も見ておくと間違いがありません。

  • 再就職した会社で今までに培われてきた資格やキャリアを発揮できれば…

  • 転職した会社で自身のこれまでの資格やキャリアを活用できれば、即戦力として一目置かれ早々に職場にも馴染めるし、いい人を求人している雇い主側もスキルを持つ人材は常に欲しがるので、時期さえうまくいけば、簡単だといえます。更に今までの仕事内容と同じジャンルであれば転職は楽になります。しかし、なかなかのスキルがあるといっても一流企業の事務職系や公務員(国家・地方ともに)といったジャンルは、今も昔も中々の競争率になる可能性が高いと見ておきましょう。