『今すぐ転職したい!』という願望があって、自身の意志が本当に強いものであるなら・・

『転職をしたい』とおもっている方、自分の意志が抑えられないくらい強いものであるなら、…

  • 『なるべく早く転職したい!』という願望があって、自分の意志が強いのであれば、退職したいという旨を速やかに上司に伝えるべきです。ただし、そのときに曖昧な表現をしていると、言いくるめられる可能性が非常に高いので気をつけましょう。そして、実際、私も上司へ転職相談をしたのですが、手を変え人を変え、最終的に、退職までに半年ちかく掛かりました。退職する旨をはじめに、直属の上司に相談したのが年度末で、いろいろあって数ヶ月働くことになり、退職出来たのはこの年の11月です。本来、仕事の落ち着いた年度末を区切りにしたかったのに、大変驚きました。会社も、人事的な都合があるのかもしれませんが、スタッフの意見を聞かないまま、上司を含め、会社ぐるみでズルズルと伸ばされたので、さすがに失望しました。
  • 転職活動をするという時は、気になった求人(あるいは職種…

  • 将来転職活動をするのなら、良いと思える求人(業種)を見つけたときに忘れず「〇〇業、ブラック」でネットで検索してみましょう。求人票や転職サイトの担当者の言葉からはその業界のデメリットなどは、教えてもらえないのが普通です。もしも、ブラック企業体質な業種であれば、簡易的なネット検索によっていとも簡単に実態を知ることができます。そのような面を知らずに入社すると、あとでしっぺ返しを食らうおそれがあります。そもそもその求人が出ている理由が、「仕事の内容がキツイから入っても続かない」ということも少なくないため、目に留まった業種や案件に関しては、下調べをし疑問点を払拭した上で、応募しましょう。
  • 最近の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出始めています。

  • 政治により状況が変化しつつある転職を取り囲む状況について、安倍総理が舵取りを行う現政権下では、アベノミクスや三本の矢で経済政策が複数、展開されています。経済政策ともに日銀主導の金融政策とも、たがいに作用しあって、財界・企業ともに今までとは違う社会的な変化が出つつあります。そういった変化を受けたことで、一般の企業では今度は若い世代の減少と現役世代の大量退職による「人員不足」が社会問題として拡大しています。ちなみに「外国人労働者」の割合を増やしていくつもりでいると安倍政権は宣言しています。国内の雇用や転職問題についても大きく幅が広がりそうです。こうした社会情勢の変化のなかで、日本国内の雇用・転職事情も大きく変わっていくのは確実といえます。
  • 以前は看護婦と呼んでいた看護師といえば、どうしても女性の割合がかなり高・・

  • 前なら看護婦ですが看護師は資格としてどうしてか女性比率がたいへん高い職です。ご存知のように気力それに体力ともにかなり消耗しやすい過酷な現場が少なくありません。ピリピリした現場になりやすく、人間関係の問題や、結婚や出産によって仕事とプライベートとの両立が取りづらい職業といえます。実際、上記のような問題に行き詰まり、転職する人が多いのが現実です。色々と過酷な環境であるために、看護師は、慢性的な人材不足に悩まされています。最近は特に、医療業界は、看護師を欲する「売り手市場」となっていて、さらに転職に拍車を掛ける状態に拍車を掛けています。
  • 女性の再就職に際して、数年前とここ最近とでは若干の変化があります。

  • 女性が再就職するに当たって、数年前とここ最近とでは若干、違いがあります。かつては面接の場で会社側から、結婚の予定や出産予定についてごく当たり前に質問されることが珍しくありませんでした。ですが、今現在の流れとしては、その手の内容は、「セクハラ」として扱われるのを恐れ、聞くのを避ける会社、が増加傾向にあります。そしてまた、とりわけ大企業ほど、全面的に避ける傾向にあります。とはいえ実際、企業側としては、はい・いいえ、といった形ではなく、その人が、結婚後は退職するのか、「出産後はすぐに復帰するのか」などを知っておきたいとは思っている事でしょう。自らの考えを伝えるためにも、志望動機や自己ピーアールと一緒に伝えることで、面接官にも考えが伝わり、また、疑問も解消できると思うのです。ですので、質問されていない内容でも、先にあなたの側から会社にとっては必要な情報と捉え、答えてみることを考えてみてください。
  • 転職にあたって相応の準備は不可欠です。

  • 転職を進めるには、それなりの準備が必要です。一言で準備といってもたくさんありますが、そのなかでも、目に見えるファッションは大事な部分だと感じてしまいます。ところが、昨今の、採用面接に関しては私服を許可している企業もあるので、しっかりビジネススーツを着て面接に出向かなくても良い場合があります。とくに創業してすぐの会社などは、フレクシブルな考えなので私服で行ったほうが、良い印象を持ってもらえます。正装でないので、ざっくばらんに話ができるメリットも。そうして、私服だと面接中に、ファッションの事で話題が広がることがあります。ですから、もしかしたら面接担当者へのアピールにもなります。ということで、今から転職は会社の「創立した年」に注目してみて、(ベンチャー系の)面接の際は正装はせずに私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。
  • これまで20代前半で転職を数回した為、現在は複数の資格をとるため…

  • 20代までに転職2回で、そして現在、資格を手に入れたいので派遣社員として企業に採用されました。常勤での勤務ではないため、手取りは安くなりました。しかしその分、前よりも心と時間に余裕ができました。思い返すと、学生時にいくつか資格を取得し、仕事に活かしたかったという思いもあります。また、資格を活かして働いている方と話すと私もああなりたかったと思ったりもします。今まで私は、自分に自身が持てず、気にしてしまい、肩を落とす日もありました。現在では結婚を契機に随分と生活自体が大きく変わり、前よりも明確にやりたいことを見つけたのでしあわせな生活を送れるようになりました。
  • 「転職エージェント」は一度登録したあとに、電話・メールで何回も連絡が入ります。

  • 転職エージェントに一旦登録すると、嫌になるぐらい電話やメールをしてきます。初めて利用された人はとても驚くケースがよくあります。「転職エージェント」は、利用者の転職をサポートすることが目的だといえるので、かなり積極的な姿勢でいます。大手のエージェントは転職させると企業から報酬が支払われるシステムといえるので、転職活動される人の都合よりも企業側を優先させることが多いものです。加えて、彼らは、成約数を増やしたいがために内定がでるとすぐに、「入社されてはどうでしょうか?」と半ば強引に説得してきます。自身の気持ちをハッキリしておき、無理に転職することがないように注意することが必要です。
  • 先日新しい仕事先を見つけようと人材紹介会社に登録に出向きました。

  • この前新しい仕事を見つけるために人材紹介会社へと登録に行きました。登録するときのカウンセリングをするために現れた担当者の雰囲気がどうも学生と見間違うほどの若い社員で、こちら側が説明をしていることの50%ほども理解できてないようでした。そのくせ「そのキャリアデザインでは厳しいですね」とか「もっと自分の強みと弱みを明確化しておくことが大切でしょう」とか、一丁前に偉そうにのたまうから非常に嫌な気分になりました。カウンセリングを担当する人はそこそこ仕事を経験している社員にしてほしいです。
  • このところ私は派遣会社に入っています。

  • このところ私は派遣会社に登録して働いています。サイト上で自分にぴったりの仕事を探して問い合わせたところ「残念ながらその仕事は、他の方で話が進んでいます」と言われてしまい一瞬ウェブサイトから仕事の情報が見えなくなるのですが、その翌日見ると再びその求人募集が掲載されています。これは結局私ではよくないのっていう意味ですよね。そういうことであれば初めから変に隠さないように正直に伝えてくれれあありがたいのですが、なかなかそうはいかないでしょうか。それともまた客寄せのための偽りのお仕事なのでしょうか?
  • 転職活動をしていて面接時に必ず聞かれるのは志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職活動で例外なく尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。これらのうち志望動機については、思っていることをそのまま話してもかまいませんが、転職理由について隠さずに話すのは問題です。給与に関する不満、同僚や上司とのトラブルなど、面接官によいイメージを与えるものではありません。とはいっても、自分の得にならないことを馬鹿正直に話す人はほとんどいないと思いますが、転職先の企業の多くは、そういったマイナス箇所に関心を持っているため、あなたに対し、慎重に「探り」を入れてくるものと考えておきましょう。これに対抗して現職の不満を回答しないためには、現職の仕事の内容以外には、触れないように心がけることです。そして、この企業に入ってこんな仕事をしたい、「いついつまでに〇〇は叶えるつもりです」、そのために御社に応募しました、と志望動機に話をすり替えるのが正解です。
  • これはシフト制の勤務形態がある仕事についての話です。

  • 「シフト制」の仕事についてです。決まった曜日に仕事できる人を募集している求人を頻繁に見るのですが、もしも応募しようと思っているならシフトの提出方法、休む方法については、面接時に確認しておいた方が良いです。それはなぜかというと、以前わたしは産休で休む人の穴埋めとして、正社員として仕事をすることになったのですが、「土日」固定となるシフトで、新人の私以外は、他の社員は誰一人現場にいませんでした。産休に入った前任者が土曜、日曜は必ず出勤できる人だったので、私も出勤できる人と思われていたようです。なので「土日」に外せない用事が入ると、シフトを変わってもらうときは、同じ部署の上司に「代わりに出ていただけませんか?」と自らお願いをしに行かなければいけませんでした。給料も立場もほとんど同じなのに土日は私だけなんて・・・。今思えば本当によくやってこれたなと思います。
  • 転職時の面接では、中堅企業だったらおおよそ「人事」が面接官となりますが・・

  • 再就職の際に必ず受けることになる面接では、中小企業だったらほとんど、その社内の「人事」担当が面接官になりますが、場合によっては違うこともあるようです。例を挙げるとしたら、今後仕事をすることになる作業部署の一番偉い人、という具合に部長や課長などが当たることになるでしょう。とりわけ、営業系や事務系といった部署に転職するのなら、資格などという見極めが難しいですから、きちんと自分を売り込んでいくことが重要になります。面接官から「この男はハッキリ主張できるし、良い戦力になりそうだ」と思わせ、記憶に残すことがとても大事です。
  • 転職サイトはよく知られたサイトの方が掲載される企業も多いため、…

  • 転職サイトは、大手であるほど掲載される企業も豊富なため、感じがよさそうな2つか3つの会社を、転職サイトに登録しておいて、希望する勤務地や収入に対して条件を設定しておき、次に条件に適合する案件が出てきたら自動的に通知されるように設定しておくと簡単に情報収集を行うことが可能になります。しかし、最初は登録が多少面倒なのでサイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」を忘れずに準備しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると便利です。登録をする初回時は少し時間がかかることから、案件の検索や、その後の応募も大変に感じるかもしれません。が、その後は新着の求人情報のみチェックすれば大丈夫なので、初回の準備を怠らないことを頭に入れておきましょう。
  • 転社を繰り返す日々を止めるための打開策が一つだけあります。

  • 退職と転職を繰り返さないための方法が一つだけあります。仕事面のスキルアップもそうですが、精神的に成長すると、そう簡単に転職を繰り返すことがなくなります。現在はインターネットがいつでも使えるので、メンタル面を強くするための自己啓発系の情報はカンタンに知ることができます。さらに、転職以外の行動によっても、精神面を強くすることができます。その典型例が「外国に行くこと」です。海外に旅行に行くと言葉も文化も日本のそれとは全く異なるので、どんな瞬間も勉強になります。なので、人間的に成長させてくれる修行とも言えます。日本に帰ってくると、自分が小さな世界しか見えていないことに気づかされ、世間はこんなにも狭かったのだということを実感することができます。この状態で面接を行えば、これまでの面接とは違って自信満々に自己アピールができるはず。ただし、退職してすぐは、精神的に弱っている人が多いのでほどよく休むようにしましょう。
  • 転職サイトあるいは転職エージェントを活用し、転職活動を行うことは現在では当然のことでしょう。

  • 転職サイトおよび転職エージェントを活用し、転職活動を行う人は大勢います。さらに、転職先を確実に見つけたいのであれば、それに加えて転職フェアを利用することをおすすめします。多くの企業が一堂に会することから、参加されれば複数の企業について知ることができ、さらに、その場で説明してくれるスタッフから、その企業がどんな雰囲気なのかある程度わかります。転職フェアに行くときには、面接を受けるつもりで自身の売り込みをしていく気概をもっておいてください。幸運にもフェアを通じて、自分の魅力が企業に伝われば、その後の面接に進む際にアドバンテージになるはずです。
  • この先、私たちの社会的環境において簡単な作業は機械化が進…

  • この先、私たちの労働環境において、みるみるうちに簡単な作業は機械で対処されるようになりその移り変わりによってマンパワーはどう考えても減らされてしまいます。というのは、短絡的な労働という観点では人間が作業するよりも機械で作業するほうが数段に強いからです。数をカウントするとか、同じ作業を反復したりすることは機械には何の苦もありません。当たり前のことながら人と違って泣き言も言わず、疲れ知らず、適当にすることもないし、正確だし均一にこなせます。また、給与が発生しないのもメリットといえます。このように、生身の人間を使う意味が到底なさすぎます。ですから機械化が当然の流れなのです。