社会的な転職事情ですが、今の安倍政権では、「アベノミクス…

政治により変化の出始めている転職を取り囲む状況につい…

最近の転職については、政治によって状況が変わりつつあるようです。安倍総理が舵取りを行う現内閣では、アベノミクスや「三本の矢」といった多くの経済政策が盛り込まれています。内閣が打ち出した経済政策が金融政策ともあいまって財界・企業ともにあたらしい社会的な変化が増加しつつあります。その変化が加わり、一般の企業では今度は若者世代の減少と、現役世代の大量退職による「働き手が足りないこと」がかなり深刻化しています。ここ最近では、外国人の労働者を現状よりも増やしていく、と現政権は宣言しています。国内の転職問題も幅が広がりそうです。こうした変化によって国内の雇用・転職事情も大きな影響が出てくるのは確実でしょう。

以前は看護婦ですが看護師といえば、歴史的にも女性のとても…

看護婦と言われていた看護師は職業としてやはり女性比率がかなり大きい職場です。それだけでなく、気力だけでなく体力ともに大きく消耗がきついことが日常茶飯事です。ピリピリした現場になりやすく、職場環境での対人関係で行き詰まったり、結婚や出産といったそれまでの勤務が継続できなかったりして、仕事と家族との折り合いをつけるのが難しい職業です。実際に、人付き合いや公私のバランスに悩み、職場を替える人がとても多い現実があります。過酷な労働環環境であるために、看護師は、国内のあらゆる場所で人材不足になっています。常に各医療機関は、看護師を募集する「売り手市場」な状態で、それが転職増加の状況となっています。

女性が転職する時、セクハラが社会的に問題になる前と今現在とでは…

女性が転職するに当たり、現在とセクハラが問題視される前では多少、状況が変わりつつあります。一昔前は、結婚の予定や結婚後の予定などに関して、自然に女性に質問していました。ところが、現在はそういった内容はセクハラに該当するかもしれないので質問をしない企業、が当たり前になりつつあります。そしてまた、世間に名の知れた大きな会社ほど、かなり神経を尖らせているようです。しかしながら、会社側は、YES・NO、の2択でなく、その女性の姿勢結婚後も働きたい、出産後の細かい予定を知っておきたいと思っています。自らの考えを理解してもらうためにも、自己ピーアールや志望の動機とともに伝えることで、企業側にも考えが伝わり、また、モヤモヤも解消できると思うわけです。なので、質問されていない箇所もあなたから気を遣って話をしてみると良いでしょう。

転職活動では、それなりの準備が必要です。

転職活動を進めるには、相応の準備はやらなくてはいけません。一言で準備といってもたくさんありますが、その中でも「服装」を大事に感じてしまいます。ですが、ここ数年の、面接に関しては、形式ばらない服装で大丈夫な会社があるので、ビジネススーツで赴く必要がない場合もあります。とくに会社の創立してすぐの歴史のない企業ほど、お堅いルールもないことが多く、私服で行ったほうが、相手に良い印象を与えられます。また、正装ではないので、ざっくばらんに会話できるのも魅力のひとつです。そうして、私服だと面接中に、ファッションで、相手との話が広がる可能性もあるため、もしかしたら面接担当の人から気に入られる期待もできます。というわけで、これから転職するのなら、気になる企業の創業年数で決めることが、(ベンチャー系の)面接の際は正装はせずに私服で勝負してみるのもアリかもしれません。

20代前半までに転職2回で、現在、資格をゲットするべ・・

私は20代で転職を2回経験し、現在、資格を取る目的で派遣社員になりました。常勤の勤務とは違うのでやはり給料は安いのですが、しかし、以前より心と時間に大きな余裕が出来ています。学生時にいくつか資格を取得し、就職すればムダがないのに、と悔いはちょっとあります。やはり、きちんと資格を活かしている人を見るととても羨ましいと感じてしまいます。以前までの私は自分に自身が持てず、気にしてしまい、ガッカリする毎日でしたが、しかし今では、結婚してから、随分と生活そのものが大きく変化し、将来の目標も決まり、充実した日々を過ごせています。

転職サイトに一度登録すると、電話やメールでの連絡が何回も来ます。

転職サイトに一旦登録すると、電話・メールでしつこいほど連絡が入ります。これに対して「転職エージェント」の初心者の方は、結構びっくりすることがよくあります。転職エージェントは転職を後押しすることが目的だといえるので、とても積極的にアプローチしてきます。特に大手エージェントは、転職を成就させることによって企業から報酬を受け取る仕組みのため、転職したい人の都合よりも企業の都合を優先させることが多かったりします。その上彼らは、契約数を増加させたいがために、内定が出たすぐ後に、「入社されてはどうでしょうか?」と説得の連絡を入れてくることが多いです。防御策として自身の気持ちを明確にしておき、無理に転職しないように気を付けることが重要です。

先週仕事を探すために人材紹介会社に登録に向かいました。

一昨日転職先を探すために人材紹介会社に登録に足を運びました。そこでカウンセリングに出てきた担当の人が見たところ入社して間もない新入社員で、こちらが説明をしていることの半分もその社員は理解できていない感じ。おまけに「キャリアデザインが物足りないですね」とか「もっと自分の強みを明確にしていくことが大切です」等、一人前の話を偉そうに言うのでとても不快な気分になりました。カウンセラーはある程度カウンセリングの経験がある人にしてほしいと思います。

今、私は派遣会社に入っています。

今、私は派遣の会社に入っています。サイト内でふとよさそうな仕事を見つけ確認してみると「その仕事はすでに他の人で話が進んでいます」という答えが返ってきて瞬間的にウェブサイトから仕事の情報が消滅するのですが、その翌日にチェックすると再び載っています。これは結局私ではダメと言っているのですね。そういうことであれば初めから変に隠さないくらいに正直に教えてくれれば助かるのですが、それを行うのは困難なのでしょう。それとも存在しない架空の仕事なのでしょうか?

転職活動をしている際に、面接において絶対に尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。

転職活動で面接で絶対に質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。このうち「志望動機」は、ありのままを話して差し支えないですが、これと違って転職理由について率直に伝えるのは得策ではありません。給料の不満、同僚や上司とのイザコザ、職場内での問題点など、採用担当者に悪い印象を与えるものです。とはいっても、自分の得にならないことをそのまま話す人はほとんどいないと思いますが、採用担当者はそういった点に注目しやすいので、かなり慎重に質問してきます。現職の不満を相手に言わないためには、現職の仕事の内容以外には、触れないように心がけることです。そして、この企業に入ってこんなことを実現したい、「5年後にはこうなっているだろう」、「このような私の目標を達成できるのは御社のみです」、といった形で巧妙に話をすり替えましょう。

これはシフトの仕事についてです。

「シフト制」の業務についてです。決まった曜日に入れる人を募集している求人をよく見るのですが、もしも応募しようと思っているなら休む方法の詳細やシフトの提出方法についてはチェックしておいたほうが良いです。以前わたしは出産のため抜ける人の代わりにと正社員として仕事をすることになったのですが、そこでは「土日」固定のシフトだったのですが、新入社員の私以外、誰も現場にいない状態という職場でした。前にいた女性が「土曜、日曜」に必ず出られたので、私もそのように思われていたみたいです・・・。「土日」に冠婚葬祭が入ると、シフトを変えてもらう必要があり、同じ部署の先輩方に私の代わりに出勤してもらえるように、と自分で交渉しないといけませんでした。給料も立場もほとんど同じなのに土日を私ひとりだけに任せるだなんて・・・。思い出す度、本当によく我慢したな、と自分でも驚きです。

再就職の際の面接では、中小企業だったら概ね「人事」が面接官となりますが…

転職のための面接では、零細企業クラスの場合概ね「人事」が面接担当になりますが、例外もあるはずです。たとえば、今後共に仕事をする現場の一番偉い人、一言でいえば課長や部長などの管理職が面接を担当する可能性も考えられます。とくに事務系や営業系に転職する場合は資格などという人の良し悪しを判断しづらいですから、堂々と自分を売り込んでいくことがとても必要であり大事なことです。面接官から「この候補者は、きちんと自己アピールできるし、頼りになりそうだ」と思わせ、印象付けることがとても大事になります。

転職サイトは大手サイトの方が豊富な量の転職情報が掲載されているた・・

転職サイトはよく知られたサイトであるほど掲載される数も多くなるので、2~3社ほどとりあえずは転職サイト登録しておき、希望する勤務地や収入についてチェックを入れて、加えて条件に適合する案件が出てきたら自動的にメールが送られるように設定しておくと楽に転職についての情報収集を行うことが可能になります。しかし、最初に限っては登録するのに少しばかり手間がかかるので、サイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」をしっかり準備しておき、それらをテキストファイル化し、コピー&ペーストしながら登録を進めていくと便利です。登録を行う初回時、少し時間がかかることから、案件の検索や、その後の応募も大変に感じるかもしれません。が、その後は、新着情報だけ確認すれば良いので、次回以降の応募を楽にするめにも、初めの準備を怠らないことを頭に入れておきましょう。

退職と転職を繰り返さないための対策が一つだけあります。

転職を繰り返さないための対策が一つだけあります。スキルアップもそうですが、それとは別にメンタル部分のスキルを磨くと、転職を繰り返しません。ネット社会の今ではメンタル面を強くするヒントは誰でも知ることができます。加えて、転職とは関連性のないことでも、メンタル面を強くすることが可能です。何かと言うと「海外に行くこと」です。海外に旅行に行くと日本では考えられないような習慣があったりと、逐一、勉強になります。ですから、帰国してからも心境の変化を実感できるはずです。日本に戻ってくると、自分が小さな世界しか見えていないことに気づかされ、「世間の小ささ」というものをしみじみと実感することができます。この状態で(転職のための)面接を行えば、今までの面接とは違って自信にあふれた態度でアピールもできるはずです。しかし、退職して間もない頃は精神面がもろくなっている人も多いので休業期間も必要です。

転職エージェントと転職サイトを活用して、転職活動する人は年々増えています。

転職サイトあるいは転職エージェントを利用して、転職活動することは現在の常識かもしれません。だとしても、転職の可能性をもっと高めたいのであれば、それに並行して転職フェアも活用しておくことをお勧めします。転職フェアの長所としては、多くの企業が一堂に会するので、参加することによってあなたの気になる企業の情報を効率的に得られますし、そして、フェアに参加している企業スタッフから、それぞれの企業の「雰囲気」を感じられるはずです。仮に、転職フェアに参加する場合には、面接に行くつもりでしっかりと準備をしておきましょう。その結果としてフェアでの交流を通じて、企業側から魅力的な人材、と思われれば、後に本格的な面接時に非常に有利になると予想されます。

近い将来、徐々にシンプルな労働は機械化が進み、結果…

近い将来、社会ではみるみるうちに短絡的な作業は機械で済まされるようになりその変化によって人員は減らされてしまいます。シンプルな労働という観点では人間よりも機械で進めたほうが比べられないほど利便性にすぐれているからです。数をカウントするとか、同じ動作をずっとリピートしたりすることは機械にはへっちゃらです。当たり前のことながら人間とは違って愚痴も言わず、疲れないし、誤魔化すこともないし、正確な作業ですし、均一だし、ヒトとは違い、「人件費」を渡す必要もありません。なので、労働力として人間を使う意味がまったくなさすぎます。ですから機械にシフトされるもの自然の流れなのです。

もしあなたが、とらばーゆを決断したのであれば、完全に…

例えば、転身を決心したなら、完全に周りにこっそりとそれが広まらないように転職活動を進め、転職先が決まらないうちは、できるだけ周囲に気づかれないようにいつもと同じように業務をこなしていくのがとても正解です。その点を心にとめておけば、希望通りの希望通りの働き先が容易に見つからなくても、転職予定を見送って現職にそれまで通りに続けることも容易にできます。でも「転職するつもりでいる」としゃべってしまうと、会社は、それに合わせた態度をとります。そのうえ会社内で「辞めるつもりです」と言ったが最後、周りからは「あの人はもうすぐ転職する」と見なされます。しかしもしも、転職する気持ちが薄れ、「やっぱナシで」となっても、周囲の人たちには、「一度は仕事を辞めようとした人」とあなたを見て、在籍中は、肩身の狭いと感じるしてしまうことになるかもしれません。

転職することで勤め先を一新するということは、自分自身に適す…

再就職して仕事先を新しく替えるということは、自分に見合った自身が納得できる転職先を見つけたほうが良いということです。仕事を変えれば、うってつけの仕事に出会えるかもしれません。ただ、現実に行動に移すとなると、即戦力となりうる能力を持っていないと、願いを叶えられないでしょう。言い換えると、自分の価値をあげれば、「天職」に近い転職に巡り会える可能性がある、ということです。今の社会は、「職業選択の自由」が権利として認識されているので、転職して転職を選んでも偏見を持たれてしまうリスクもありません。事実、終身雇用が崩壊に向かいつつある現在は「役に立つ人材が欲しい」が願っている企業もますます増えているので、今の良い時期を有効活用してみてください。