転職期間中には、自分の好きなことに没頭したり、体力の向上を意識した生活習慣を取り入れる・・

転職期間中は、自分の好きなことに時間を費やすことに加え…

  • 転職期間中は、「趣味」に没頭することに加え、体力づくりを意識しておくと良いと思います。転職先が決まり、いざ仕事を再始動したとき、趣味に没頭してたことによって無意識の間に集中する力が養われています。加えて、体力づくりも同時にできているため、ほかの社員たち以上に疲れにくい身体になっているということを自ずと認識することができます。というワケで、退職してからの生活は、趣味に集中することと、体力を落とさないようにすることをしておくのがベストです。もしも、その会社で共通の趣味の人と知り合えたなら、会話が盛り上がるので、好きなことをとことんまで極めることも転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。

  • 近頃はネット上では、「就職斡旋エージェント」や、ヘッドハンティングを専門に行う会社も増えてきました。

  • 近年、インターネットの就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングを専門に取り仕切る会社もたくさんあります。特許を取った経歴のある人は、電話が掛かってくる可能性が高くなるといいます。彼らは、特許申請を行った人のほかに、研究開発で論文を出した経歴のある人や、雑誌で紹介されている人など、何かで有名な人に狙いを定めて、電話やメールで接触を図り、ヘッドハンティングのネタにしています。仮にあなたが、ヘッドハンディングのような話が出てきたときには、そうなったきっかけを考えてみましょう。ここ最近は、ヘッドハンティング名目で登録料を要求しようとする会社もありますが、その手の業者は確実に嘘なので、引っかからないように注意しましょう。報酬を支払うのは登録している会社であり、転職希望者が払う必要はありません。

  • 転職を予定しているのなら、あらかじめ資格を取るとステップアップします。

  • もし将来、転職をするつもりなら、事前に資格を取得しておくことをお勧めします。また、現在の仕事をしているあいだに資格を取っておくのがベストです。転職活動の際には有効活用することができますから、仕事を探しやすくなります。そのため、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階が資格取得においてのもっとも良いタイミングといえます。未来を見据えて、就きたいと考えている仕事に役立つ資格を取ると、退職後も悔やむことなく前に進めるはずです。それに、資格を持つことによって、転職活動では資格が味方をしてくれるので転職先の面接の時には担当者に「即戦力」な人材として認められ、これまでの職場より待遇も良くなる可能性があります。

  • ある古物商の社員募集に応募したところ、書類選考をクリアしました。すぐ…

  • とある古物商の会社で、書類選考をクリアしました。その後先方から面接日時を告げられました。しかしながら、当日、時間通りに指定場所へ行ってみると、なぜなのか相手が面接の用意を全くしていないとわかりました。待っていると、責任者らしき人が面接担当をしてくれたのですが、終始やる気のなさそうな態度を見せて、グダグダな状態で面接は終わりました。ですが、予定日を過ぎているのに、採用結果もまったく告げられず、もう待ちきれなくなり、自ら問い合わせてみたところ、「郵送で本日送付してあります」とのこと。心待ちにしていたのですが、しかし、これも未着で仕方がないので再度連絡をしたところ、「残念ですが不採用とします」、と一方的に電話を切られました。あまりのことに呆れ果てて言葉も見つかりませんでしたが、本心から、不採用で良かったと感じています。

  • あなたが持つ現在のスキルや資格を活かしつつ、就職・・

  • 自身のスキルをふまえて再就職を考える場合に、再就職し易い業界と比較的、転職が難しい業種がある事を知っておくと仕事選びに役立ちます。すんなりと転職がかなうジャンルとしては、働き手がいないと問題となっている「医療・介護」の分野がその最たる例です。医療や介護では、看護師や介護士は「資格」を必要で、資格を持っている人たちにとってはとても転職しやすい業界です。今、医療や介護の現場で働いている人が、何かしらの事情によって他の業界に再就職したいと考えているのなら、簡単に決めてしまわないほうが無難です。「医療」「介護」以外のほとんどの業界は、スタッフの流動性は少ないもの、と理解しておきましょう。ですので、簡単に考えないことが大切です。異業種への転職を希望するなら、異業種では「医療」「介護」のような売り手市場ではないと覚悟しておきましょう。

  • 転職期間中は、無意識のうちに時間に余裕がある分、緊張感のない、だれた生活になってしまいます。

  • 転職期間ではつい時間があるため、ダラダラと過ごしてしまいがちです。しかし、そんな風な生活を習慣にしてしまうのはかなりキケンです。人間というのは、緊張感のない、ダラけた生活を習慣化してしまうと、「メンタル面」にも悪影響が出やすいためです。気が付くと、働く意欲が湧かず、お金が回らなくなって困る事態となりかねません。そうしているうちに、すべてが悪い方向に進んでしまい、再就職先がきちんと見つけられなくなります。次の仕事をハッキリ決められないのは、給料を一番に考えてしてしまうからです。お金を最優先に考えざるを得なくなると仕事内容を重視して転職しようと思っていたとしても結果はあまりいいものとは言えません。というワケで、お金に縛られない生活を目指すためにも、だらけきった生活は、止めておきましょう。

  • 長く接客関係で働いてきましたが、加齢のせいか立って行わなければいけない仕事・・

  • 長きにわたって接客関係で勤務してきましたが、歳をとるにつれて立ったままの仕事は体力的にしんどくて、座って仕事ができる事務系のお仕事へ転職することを頭に入れて行動しました。事務が未経験となると少々厳しく、それなら接客業の経験も活かせる受付兼医療事務をやろうと考え資格も合格して個人の病院に転職しました。周りはベテランである先輩パートさんばかりで人間関係においても複雑。夜のシフトばっかりさせられて、接客業をしていた頃より帰宅時間も遅いのですが、今はキャリア形成をするんだと割り切って頑張ります。

  • 転職しようと考えている会社で見学などがあれば、とても参考になります。

  • 転職候補に挙がっている会社で見学などがあるとたいへん勉強になります。そういった会社のなかでも、職人さんのいる会社では職人技を間近で見られてワクワクします。が、「職人」がいる会社見学は、例外なく見学者には、いつもの働き方を見せてくれないのが特徴です。典型的な例を挙げると、ずばり、「ブルーワーカー」(肉体労働)などの職種です。このジャンルでは、個人のプライドが強いので入社するまで本来の姿はみえないものです。ですから、仕事=見学で触れた内容と解釈しないことが大切です。それに加えて、会社見学の時に仕事体験できる会社は、倫理的にアウトですし、注意しておくべきです。雇用契約を結んでいない人には仮に問題が発生したとしても、保証がないため、仮に、勧められたとしても角が立たないように断ることが大事です。

  • 就職活動をするときに特に注意が必要な求人内容は、そんなにきつそうな仕事内容ではないのに給料が高めで、…

  • 就職活動をする際に特に注意したほうがよい求人内容は、そんなにきつくなさそうな仕事内容なのにも関わらず給料がよく、拘束時間が長めのものです。こういった求人内容の場合、給料に『みなし残業代』を含んで計算していることがよくあります。みなし残業代は、通称『みなし』とも表記し、30時間、45時間という感じで求人の記載内容に時間が書いてあります。月の中で残業が発生することが想定されるので前もって給料形態に残業代を入れておく、といったものになります。(ちなみに、これは合法です)例えば『みなし残業代20時間込』という記載は「記載時間分の残業代を入れると、これだけの給料がもらえます」という話になります。しかし、悪質な求人は、告知しておくべき『みなし』という言葉がない可能性もあるので気をつけましょう。

  • 転職について考えた場合、転職先となる職場における自分の給料ばかりを気にする人…

  • 転職というものを考える際、転職先となる職場における給与について気にしすぎる人が意外と多くいます。多くの人は仕事というのは収入を得るため、行うものです。ですから生活費を給与としてもらうために精を出しているとは思います。したがって年収は自身の仕事に対する評価という見方もできますから、当然大切なものであることは当然ともいえます。ですが、必要である以上に年収ばかりをとらわれすぎてしまう人生というのも寂しいものです。年収にあまり反映されない仕事であっても人間的な成長が遂げられる可能性が多々あるからです。

  • あなたが今、「転職サイト」で自分の可能性を広げてくれ…

  • 可能性を広げたいと考え、転職サイトを活用して自らが新たなチャレンジのできる働いてみたいと思えるような仕事情報を調べているのなら、転職エージェントを活用しない手はありません。必要情報を入力し、エージェントサービスの登録を終え、その場で紹介される仕事は、一般的に公開されていないからです。誰もが見ることのできる求人情報とは異なります。なぜなら、どう比べても、比べ物にならないほどにたいへん質が良いといえます。そして、あなたに相応しいものをピックアップし、調査して紹介してくれます。ですから、あなたの理想の職種の求人にめぐり逢えることが多々あります。もし仮に同じ求人に行きつくとしても、あなたが自力で手当たり次第に調べていくことと比べれば、とても効率的です。ですから試してみる価値はあります。

  • 派遣で勤務しています。派遣法とか労働契約法のから…

  • ある会社に派遣されて働いています。労働契約法のおかげで馴染みのある就業先での仕事を辞めることになります。同じ派遣の方の中には、派遣先の企業から正規社員のポジションをつかみ取った方もいるのですがその理由としてはぶっちゃけ仕事がどうというのではなく派遣先の上司へのあしらい方がうまい人でそれで採用された気配。テクニカルスキルよりおじさんを転がすスキルの方が大切なんじゃないのと選考に漏れた派遣仲間の友人と勤務先で文句を言う毎日です。

  • 失業保険の給付においては、「就職活動」しているという証明が必要となります。

  • 失業保険を毎月、給付してもらうには、職探しをしていることを証明しなくてはいけません。ですが、現実的には「会社を辞めたことだし、少しの間でも働かずにゆっくりしたい」と思うのが現実でしょう。そこで、しっかり職を探しているとハローワークの職員に思わせる方法があるので紹介します。毎月のハローワークスタッフとの面談は不可避ですが、その場にて、「求人票」をチェックすることを必ず行ってください。心の中では探すモチベーションがわかないときは、求人票で職探しをしている芝居をして、面談の際に、「納得できる条件の仕事や自分に合った仕事、希望する仕事が見つかりませんでした」と言って、次の機会を探すという方法もあります。

  • 今までは、職探しをするときは「転職サイト」ではな・・

  • かつての私は、「転職サイト」よりも「ハローワーク」を使っていました。その理由は、有名な「転職サイト」は、やはり都心の企業の求人がほとんどだからです。なので、新しい職場を探す際は、「ハローワーク」のみ使っていました。多少企業の数や、給料といった点は見劣りするのですが、昔から地域密着型なため、安心して面接に進むことができます。「ハローワークはなんか地味だなぁ」と誤解している方もいるかもしれません。以外にも、転職サイトとは違った求人もあるので、もしも転職を考えている人はお近くのハローワークに1度行って、確認してみるのもアリだと思います。大手転職サイトのようにこれでもかというくらいの電話やメールが送られてくる心配もありません。

  • 仕事を始めてすぐは「年収」の高望みはしないほうが良いでしょう。

  • 新しい転職先で、いきなり年収に関して高望みはしないほうが無難です。入社して1年目はほぼほぼ試用期間を含んでいる会社が多く、私自身の場合、やっとのことで新しい職を見つけることができたのに、期待とは裏腹に前の職場での年収とほぼ同じで変わりませんでした。そして、仕事はきついうえに、立場上、責任重大で二年目を迎えるまでひどい状態でした。そうした実体験から初年度は、仕事を学ぶ年と割り切り、極力転職する以前に貯蓄しておき、仕事に没頭した方が良いと思います。

  • いい企業の社員になりたいと転職をしようとがんばっている…

  • もっと良い企業に入りたいと転職活動をしている中のときの場合は「ほんのちょっとでも早く、内定が欲しい」と考えるものです。ただ、そういう気持ちで内定が得たいあまり、自分の能力を高く偽ったり、またその反対に過小評価にしかならない行動は可能な限りしないようにしましょう。そうではなくて、焦る気持ちはガマンして、冷静に、そして客観的に、自分にふさわしい職場を探すことに集中しましょう。それまでの自分の経歴を生かしつつ、そして、今後のキャリアアップが図れる会社を見極めましょう。

  • 働く中で回復が難しいほど心的な負担がかなり増え、職場を変えなくてはいけない状況にまで悪化したな・・

  • 働いていることで心的な負担が大きくなり、会社を変えなければという気持ちになったなら、そんな時は、会社を相手に相談するよりも、自分の家族と話して、会社を辞めるかどうか判断した方が良いです。それは、働くことはあなた自身のためでもあります。が、しかし身内の問題でもあります。毎月、納得のいく高い報酬を得られたからといって、精神がダメージを負ってしまうまで無理しながら働くのは良い訳がありません。今の時代は物質的な豊かさよりも、働きやすいことを重視したって良いはずです。ですからあまり気にせず、あなたの家族、自身の心のケアを忘れないようにしましょう。