就労であるのなら、できればバレないよう(私の例です…

在職中であるのなら、可能ならば、会社内の人にバレないよ…

在職中はできるだけ周囲にバレないよう(私の転職活動では)在職期間中に転職する気持ちのみをはじめの時期に周りの人に仄めかして反応を見ました。ところが、その後求人誌をあれこれ見ていったものの、予想に反して転職先のあても、転職時期すら無鉄砲に煮詰まっていないまま知らぬ間に時間が過ぎてしまいました。一方、会社の側は、業務の引き継ぎ、諸々の手続き、自らの退職日などが確定していき、結果的に、「退職予定日に沿う形で就職先を探していく」といった、お粗末な事態になってしまいました。その後、予定が順風満帆とはいかず、失職期間を経験したのち、次の就業先を探すことになりました。

初めて働いた会社で怒りっぽい上司に悩まされて、その結…

新卒で採用された会社で嫌で反りが合わない上司に憂鬱な気分にさせられ、ついには耐えることができなくなり退職し、同じ業種の別の企業に職を変えました。転職先の会社ではパワーハラスメントもなくとても満足のいく日々でしたが、だんだんと会社の売上が悪くなって、結局はある会社に経営統合されることになりました。そしてその経営統合した会社が驚くなかれ前いた会社で、その上大変嫌いだった上司が再び私の上司になることになりました。どれだけ縁があるのでしょう。言うまでもありませんが新たな転職先を探す活動を始めるつもりです。

転職のための面接に伺いました。

転職の面接を受けにある会社に伺ったときのことです。たまたまその会社の会議室が空いていないとのことで外のある場所で面接官と待ち合わせをして採用面接が行われて、その場で解散をし、面接官もそのままそのまま自宅に帰るとのことでしたが、奇遇にも自宅からの最寄駅が一緒。結局は電車の中においても面接官と一緒に話しながら帰ることとなって、すっかり緊張がほぐれて面接より話が弾み、それが良かったのかなんとか採用を手に入れることができました。

全くの初挑戦の業種などに転業をしようとするときには…

全く経験したことのない業種とかに転業するときには、前の職場で身に付けた能力やこれまでの経験値が生かせるという内容の自己アピールがいるようになります。未経験の人は未経験の分だけその分野で働いたことがある人よりも事実、足りない部分はありますが、自らが保持しているスキルがその業種でも生きるということを相手に伝えれば、勝負になるケースはあり得ます。それゆえ、経験が全くない分野に挑むときには、その分野と自分が今までやってきた職務との関係性を発見しましょう。

今現在の自分の職場や業務について何かしらの不満があるはずです。

今のあなたの職場や業務に対するほとんどの人は不満を感じていると思います。「自身のスキルや仕事での能力を真摯に評価してくれない」よって、「月給は増えないし、レベルアップも出来ない」といった点が多くを占めるでしょう。しかし、上記のような悩みを持っている人のなかには自分自身の本来の才能を実際よりも過大評価しているケースが少なくありません。過剰評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分が活躍するための企業や職種がない」と中々就職先が決まらないおそれがあるので、要注意です。という事態を招きかねません。なので転職で好結果を出すためには、あなた自身のキャパシティを把握することが大切です。

転職活動を始めるときに、とにかく今勤務している会社を辞職した後・・

転職活動を始めるときに、とにかく勤務先の会社に退社の意向を伝えてからとする人たちもいますが、そうであるならボーナスが入る時期を気にかけておきましょう。社員にボーナスを支給する企業はいくらでもありますが、社員にボーナスを支給する会社の場合には、ボーナスをゲットできる日までもう少し待てば来るのであれば、その日の後で退職するという考えも良い手です。ボーナスはってかなり大きな額なので、もらわないと損ということも明らかなわけですから、退職の時にはボーナスの時期を知っておくほうが良いです。

転職することが、今の会社の人たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると・・

もし転職することを、現在の職場の同僚たちがそのことを知ってしまうと、状況が一変するおそれがあります。働いている会社の環境によっては、これまで通りに行くこともありますが、意地悪、やっかみの対象になるおそれがあります。加えて、意図的に超過勤務をさせられることもあるので、うっかり「転職します」と口にするのはあまり良いとは言えません。なので、上記のような状態を回避するため、現在の職場では、真面目に誠実に振る舞いましょう。そうすることで、良い関係を維持したまま、会社を退職することができます。また、何の問題もなく円満退職となったなら、辞めた会社にあなたが何かあったときに相談できる機会にも恵まれるでしょう。業種や規模に関係なく、どこの会社も、人とのつながりはとても大切であるため、仕事を辞める際のトラブルだけは、可能な限り起こさないようにしたいものです。

この頃では、株・不動産投資などの不労所得、または個人事業・起業といった生き方も社会的に人気を集めています。

昨今では、株式・不動産投資の不労所得のほかに自営業や起業を目指す人も増えています。そういった社会的背景もあり、「雇用されて働くこと以外は不安定だしキケン」といった常識も過去のものとなりつつあります。高度経済成長の頃には、どうなるかわからない株式投資や、自営業で生きるよりも組織の一員として働くほうが賢明でした。そのため人のあるべき形として、またそれが至極当然のことのように、一般の人々に認知されていた。そんな社会全体が安定成長する時代は過ぎ去り、現代は「成熟期」などと付けられています。コンピューターの進化とともに、将来的には自動化・機械化が顕著になり、仕事で、人の力を不要とする社会になる、とも言われています。

転職は、最初の第一歩は企業そのものというより、人事や採用担当の面接官と・・

転職活動を成功させたい場合、希望する企業相手というよりもどちらかというと「担当面接官」との勝負が大半といえます。面接で結果を出すためにも、先ずは肩の力を抜いて平常心で対応することを心がけましょう。例えればお見合いをするような意識で望むと良いと思います。とくに面接によって第一歩としてあなたの人柄や人間性を評価してもらうのでマイナスな印象につながる行動は注意しやめましょう。また社会人らしく面接に適した服装を意識しましょう。オーラを感じさせることができればいいです。企業にとって魅力的な人材と感じてもらえれば、きっと自ずと良い結果を出せるはずです。

転職を考えたとしても、何もかもがうまく進行するかどうかはわかりません。

転職するにも万事うまくいくとは言えません。遅かれ早かれ転職をしなくてはならないならどっちにしても転職をしなくてはならないなら年齢が若いうちにできるだけ早く行動に移すべきでしょう。平均的に見た場合、30代前半までは有利に働きますが、30代後半~40代に入ると転職というのは相当に厳しいものと考えておくべきです。もしも、管理職など、重要な役職を担当している場合、転職に気持ちが傾いたとしても、今の仕事を続けるということを選択項目に入れておくべきです。つまり、退社してから転職活動をスタートさせるよりも、今の会社には残ったまま転職活動されるのが良いでしょう。

ちょっと前に転職したばかりだというのに、何ヶ月もたっていない・・

このあいだ転職したばかりなのに、何ヶ月もたっていないのに退職してしまうケースが結構多いものです。何故かと考えてみると私の考えでは気持ちも新たに、新たな仕事環境を手に入れたものの、「自分の理想としていた職場と堪えられほどかけ離れていた」「雰囲気が馴染めない」というワケで退職してしまうことが多いといいます。可能ならこういった転職における失敗を後悔しないためには、とにかく前もっての情報収集を徹底するほかありません。職場内の環境、給与体系、など多角的にチェックしておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。

もしもあなたが再就職をするとき、「Uターン」「Jターン」にお…

もしもあなたが再就職を考えたとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」において都市部から地方に移って転職したいと思っている方も少なくありません。近年は転職サイトを用いれば、地方の求人でも手軽にアクセスできます。ただし、地方での求人の場合、都市部のような選択肢は期待できないのが痛いところでもあります。といった問題があるので、転職サイトだけを頼りにし過ぎてしまうのは考え物です。転職サイトにプラスして、「地方自治体・商工会議所」などの情報サイトもよくチェックしてみてください。「地方自治体・商工会議所」といった役所が主催する就業サポート系のイベントについても見ておくと、良い出会いが期待できます。

新しく就いた勤め先で今までのキャリアが生かせれば、即戦力として認めら・・

新しい環境下で今までに身に付けた実力を存分に発揮できれば、即戦力として認知され、早々に仕事場にも馴染めるはずです。人を募集している雇用した側としてもスキルを持つ人材は常に必要なので、企業側が判断しても即戦力となる転職はそんなに難易度は高くありません。更に今までの業務内容と同じジャンルであれば転職自体はすんなりいくはずです。でも、なかなかのスキルがあるといっても大手の事務系の業務や、公職については、昔と変わらずかなりの競争率ですから、覚悟を決めておきましょう。

『今すぐ転職したい!』と思っている人で自身の意志が抑えられないくらい強いものであるなら、…

『なるべく早く転職したい!』と考えていて、自分の意志が強いのであれば、退職したいということをすぐに上司にそのことを伝えるべきです。なぜならばそのときに曖昧な表現をしてしまうと、場合によって必ず言いくるめられます。実際に私自身も上司に転職の相談をしたところ、退職を引き伸ばされてしまい、結局、退職するまでに半年くらい掛かりました。当初、直属の上司へ相談をしたのが年度末だったのですが、結果的には数ヶ月働くことになり、辞められたのはその年の11月です。本音はちょうど年度末を契機にやめようとおもったのに、希望通りにはいきませんでした。職場としても人事的な都合もあるとは思いますが、スタッフの意見を聞かないまま、会社ぐるみで私の都合を無視する形で引き伸ばされたので非常になんだかガッカリしました。

将来転職活動をするのなら、気になった求人(または業界・・

これから先、転職活動をされるなら、良いと思う求人(OR 業界)を見つけたら、忘れず「〇〇業(気になる業界)、ブラック」でネット検索を掛けてみましょう。求人票・転職エージェントから入ってくる言葉からは、業界に関するマイナスにあたる箇所は、教えてもらうことは不可能です。もしブラックな面があるならインターネット検索で瞬時に多くの事例に触れられるはずです。そのような実態を理解しないまま、仕事を始めてしまうと、あとになって入ったことを後悔してしまうおそれがあります。その求人が出ている理由が「仕事がキツイからすぐに人が辞めてしまう」といった場合が多くを占めます。気に入った案件や業種については、疑問点を払拭した上で、応募するようにしましょう。

昨今の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出つつあります。

最近の転職事情では、政治による影響が出始めています。現在の安倍政権下ではアベノミクス「三本の矢」といった形で新たに経済政策を打ち出し、内閣が打ち出した経済政策に連れ立って日銀の金融政策とあいまって、財界や民間企業間でも新時代となる社会的な変化が増加しつつあります。その変化の中で、民間企業の側でも今度は若い世代の減少と現役世代の大量退職による「人員不足」が社会では大きな問題となっています。ここ最近では、「外国人労働者」の数を今以上に高めていくであると安倍政権は宣言しています。外国人労働者の増加に伴い、国内の雇用や転職問題も大きく幅が広がりそうです。こうした社会情勢の変化によって、国内の雇用や転職といった事情にも、大きな影響が出てくるはずです。

看護婦という名前だった看護師という仕事は、歴史的…

その昔は看護婦と言った看護師というのは歴史的にも女性比率がとても大きい職です。それだけでなく、気力だけでなく体力の消耗が激しい傾向にあります。そのため、職場での対人関係にトラブルを抱えやすく、結婚や出産の後に仕事と私生活との両立がかなり取りづらい仕事です。実際、人付き合いや仕事と私生活との両立で悩み、転職される人が多いのが現状です。過酷な労働環環境であるために、看護師は、人材不足な状態に変わらず継続しています。というワケで、どの医療機関も看護師を必要とする「売り手市場」であるという現実も、それが転職希望者が後を絶たない原因になっているのでしょう。