女性が再就職する場合、近年と一昔前では少し状況に違いがあったりします。

女性の転職に関しては、一昔前と今日とでは多少の違いがあるようです。

女性の再就職において、セクハラが社会的に問題になる前と、ここ最近とでは少し変化が見受けられます。過去には面接の際に、結婚の予定や出産予定など、質問されることがほとんどでした。しかし、今現在は結婚や出産などについては、セクハラと捉えられるのを恐れて、質問しない会社が増加傾向にあります。そして、特に大企業ほど、かなり神経を尖らせているようです。しかしながら、面接する側としては、はい・いいえ、の2択ではなく、その女性の人生観、結婚後は退職するのか、育休の取得が必要なのかどうかなどを把握しておきたいとは思っているものです。あなたの将来設計をわかってもらうためにも、志望の動機や自己PRと併せて伝えることで、相手側も考えがわかり、判断してもらいやすくなると考えられます。というワケで、質問されていない箇所もあなた自身から率先して話をしてみると良いでしょう。

転職にあたってそれなりの準備は必須です。

転職にあたって然るべき準備はしなければなりません。そんな中でも「ファッション」を大事に感じてしまいます。しかしながら、現在の採用面接では私服が多い会社があるので、ビジネススーツ(正装)で面接に臨まなくても良い場合があります。とくに会社の創立してすぐの会社などは、フレクシブルな考えなので私服で面接の場に行ったほうが、相手先に良い印象をあたえます。また、堅いイメージを与えないのでフランクに話ができるメリットも。また、私服だと面接中に、服装の事で話題が広がることがあるので、もしかしたらポイントが残るでしょう。ということから、これから転職は企業の「創業年数」に注目してみて、(ベンチャー系の)面接時にはスーツは着ずに私服で勝負するのも良いかもしれません。

これまで20代前半までに転職を数回で、いまは資格を取る…

20代で転職を2回した為、現在は複数の資格をとるために、派遣社員として企業で働いています。フルタイム勤務とは違うので給料は安くなりました。しかしその分、心と時間に大きな余裕が出来ています。思い返すと、学生時代にいくつか取った資格を生かして仕事に活かしたかったという思いもあります。やはり、資格を活かして働いている方に会うととても羨ましいと感じたりもします。成功している人と自分とのギャップに落ち込むこともありました。現在は結婚を契機に随分と生活環境が大きく変わり、そのなかで将来の進む道も定まったのでまいにち充実しています。

転職サイト一旦登録すれば、電話やメールでの連絡が嫌になるぐらい来ます。

「転職エージェント」は、一度登録すると、電話・メールで何度も連絡が入ります。これに関して初めて利用した人は非常にびっくりするケースが多々あります。転職エージェントは転職をサポートすることが目的とされるので、本当に積極的な姿勢を見せます。その中でも大手エージェントは、転職を完了させることで企業から報酬がもらえるシステムといえるので、転職する側の都合より企業側を優先させるケースが目立ちます。その上転職エージェントは、契約数を増加させたいがために、内定が取れると間髪入れずに、入社を積極的にすすめてくることが多いです。自身の気持ちや意思をハッキリしておき、妥協した形の転職とならないように注意を払わなければいけません。

この前転職の準備をしようと人材バンクへ登録に向かいました。

先日新しい仕事先を探すために人材バンクに登録をしに足を運びました。そのとき登録カウンセリングのために現れた担当の人がどうも入社して間もない新入社員のようで、私が説明している話の半分も彼は理解ができていない模様。そのくせ「キャリアデザインを変更した方がいいですね」とか「もっと自分の強みを知ることが重要です」等、一人前の話を横柄に言い散らかすので非常に不快な気分になりました。カウンセリングを担当させるのは多少は社会人の経験がある人にしてほしいものです。

今、私は派遣会社を通じて働いています。

今、私は派遣会社に登録して仕事をしています。ウェブサイト内でなんとなく興味を引かれる仕事を発見し確認したところ「そのお仕事はもうすでに他の人に決まりました」と断られて一瞬サイト内からも仕事情報が閲覧不能になるのですが、その次の日になれば消えたはずの情報が掲載されています。これって結局私だとよくないのだっていうことですよね。そういうことならば初めからトラブルにならない程度にはっきりと言ってほしいのですが、なかなかそういうわけにもいかないでしょうか。それとも実際には存在しない仕事なのでしょうか?

転職活動中に、面接時に「志望動機」「転職理由」の2点は例外なく質問されます。

転職活動をしている際に、面接のときに高い確率で聞かれるのは志望動機と転職理由の2つです。志望動機については、心で思っていることをそのまま話しても問題ありませんが、これとは異なり「転職理由」を正直に話すのはオススメできません。給料に関する不満、上司や同僚との人間関係など面接官に悪い印象を持たれるものです。もっとも、自分が不利益を被ると予想できることをストレートに話す人はほとんどいないと思いますが、採用担当者はそういった点に注目しやすいので、慎重に質問されることは避けられないでしょう。これに対して不満を言わずにうまく答える方法として、現職の業務内容以外を一切話さないことです。それにプラスして、この企業に入ってこんな貢献をしたい、「5年後にはこうなっているだろう」、「こういった希望を叶えられるのは御社だけです」、といったような志望動機にすり替えてしまうのです。

「シフト制」のある仕事についてです。

シフトの仕事についての話なのですが、一定の曜日に入れる人を募集している求人をよく見るのですが、もし、応募しようと思っているなら休む方法の詳細やシフトの出し方については面接時に確認しておいたほうが良いです。それはどうしてかというと、過去に私は産休で抜けた人の代役として、正社員として入社したのですが、私のシフトが「土日」固定のシフトだったのですが、新人の私以外は、他の社員は誰一人現場にいませんでした。前にいた女性が土日に必ずでれる人だったので、私も同じタイプと思われていたようです。実際「土日」に冠婚葬祭が入ると、シフトを変えてもらう必要があり、上の人たちに「結婚式で休むので代わりに出ていただけませんか?」と自分で交渉しないといけませんでした。給料も立場も同じなのに土日を私ひとりに任せっきりって、一体・・・。今思うと本当によく我慢してやってこれたと思います。

再就職時の面接では、中堅企業だったらおおよそ「人事」が面接官となりますが…

再就職時の面接では、零細企業クラスの場合大体は「人事」が面接担当になりますが、場合によっては違うこともあるようです。具体的には、今後一緒に仕事をする作業部署の責任者、要は課長や部長などの管理職クラスが面接を担当することも珍しいことではありません。とくに営業系や事務系に再就職する場合は資格のみでは判断がしづらいですから、自信をもって自分をアピールしていくことが必要なのです。面接担当の人たちに「この人はしっかり主張するし、それに良い結果を出してくれそう」と思わせ、覚えていてもらうことが大事です。

転職サイトは大手サイトの方がたくさんの企業が掲載されているため、…

「転職サイト」は、大手が運営していたほうがたくさんの転職情報が掲載されているため、感じがよさそうな2,3の会社を、転職サイトに登録した上で、希望する勤務地や年収に対して条件を設定しておき、次に条件に適合する求人情報が掲載されたら自動的に通知されるように設定しておくと楽に転職情報を集めることが可能です。とはいっても、初回に限っては登録するのに非常に手間がかかるので、登録前に履歴書と職務経歴書をきちんと準備し、それらをテキストファイル化し、コピー&ペーストしながら登録を進めていくと便利です。登録する初日は、けっこう時間がかかることから、案件の検索と応募も大変に感じるかもしれません。しかし、次回以降は、新着の求人情報だけ確認すればいいので、後のことを考えれば、初回にしっかりと準備することを心がけるのが賢明です。

退職と転職を度々しないための方法が一つだけあります。

転社を繰り返さないための方法が一つだけあります。仕事面のスキルアップもそうですが、メンタル部分のスキルを磨くと、そう簡単に転職を繰り返しません。ネット社会の現在では精神面を鍛えるコツはたくさんあります。また、不思議に感じるかもしれませんが、転職とは関係なさそうなことでも、メンタルを鍛えられます。それは、ズバリ外国に行くことです。海外に旅行に行くと日本との違いがたくさんあったりと、逐一、勉強になります。なので、帰国してからも心境の変化が生じるはずです。日本に戻ってくると、己の視野の狭さを実感し、世間はこんなにも狭かったのだということを実感することができます。その気持ちを携え面接を行えば、これまでの面接とは比べ物にならないほどに自信満々に自己アピールができるはず。ただ、退職後はメンタルが弱くなりがちなので、休む期間も必要です。

転職サイトあるいは転職エージェントを活用して、転職活動を行う人は大勢います。

転職サイトあるいは転職エージェントを活用し、転職活動を行う人はますます増えています。だとしても、転職活動の成果をもっと高めたいなら、並行して転職フェアを利用するのがいいでしょう。転職フェアは、多くの企業が一堂に会するイベントです。参加されればいろんな企業の情報を得ることができ、また、スタッフの言葉遣いやマナーから、その企業の社風がある程度わかります。もしも、転職フェアに参加しようと思うなら、面接を受けにいくつもりで自分をアピールする準備をしておきましょう。幸運にもフェアのあいだに企業から気に入られれば、後に本格的な面接時にかなり有利になると期待できます。

これからどんどん簡単な作業は機械に差し替えられていき…

私たちの労働環境は、これからより一層短絡的な労働は機械に差し替えられていきその変化によってそういう仕事をする稼働人口はどう考えても削減させられてしまいます。どうしてかというと、単純作業は人間より機械を稼働させたほうが圧倒的にすぐれているからです。数を数えたり同じ作業を繰り返すのは機械ならへっちゃらです。もちろん人と違って愚痴も言わず、肉体的な疲れもないし、インチキをすることもないし、正確に作業してくれますし、均一にこなせます。さらに、人と違って給与が発生しないのもメリットといえます。ですので、生身の人間を使う意味がまったく無さすぎるため、機械にシフトされるもの当然の結果といえます。

もしもあなたが、転業を決定したなら、徹底して社内の人間に・・

万が一、現職からの転身の意思を固めたのなら、徹底して社内の人間にはひそかにその気持ちがばれないように、うまく活動していき、転職先が決定していないのなら、できる限り社内の人間に気づかれないように普通に業務をこなしていくのがいいです。その点を心にとめておけば、万が一希望する条件に沿う転職先がすぐに見つけられなくても、転身の予定を引き伸ばしながら、今の職をそれまで通りにし続けてもトラブルがありません。そうではなくて、ついつい「転職するつもりでいる」と口にしてしまうと、周囲はその言葉を受けた態度をします。それに加えて会社内で「辞めるつもりです」と言った場合、「あの人は辞める人」という位置付けになります。そうなると、転職する気持ちが薄れ、「やっぱり辞めないことにしました」と心境が変わっても、周りの人は、「一度は仕事を辞めようとした人」ということで仕事を続けている間、身の置き所がない思いををするリスクがあります。

再就職で勤め先を一新するということは、自分自身に合…

転職することで職場を一新するということは、自分に見合った職場を選んだほうが好ましいということです。勤務先、職場を変えることによって、自分にもってこいの仕事に、有りつけるかもしれません。ですが、メリットだけがあるわけでななく、転職先にふさわしい能力を持っていないと、願いを叶えられないでしょう。表現を変えると、あなたの才能次第で、天職に就くことができる、というだけの話です。近年は、職業選択の自由が一般的に認められていて、退職を決断し転職してもトラブルも生じないでしょう。事実、終身雇用が崩壊に向かいつつある今現在、「使える人材が欲しい」と感じている企業もだんだん多くなっているので、このチャンスに転職を考えてみるのもアリだと思います。

こういう転職というのは従兄からの話です。

こういう転職というのは従兄の話です。新卒採用にてぜひとも入社したかった憧れていたA社で行われた入社試験で、最終面接までいきながら不採用となり、それから先別の会社で働くことになりました。そのあと約1年半経った頃に派遣の求人のサイトの中でA社の紹介予定派遣の求人を見つけ、我慢できなくなってその時の会社を即退職し、A社での派遣の就業を開始、勇気がありますね。真剣に頑張ってその先幸運にもA社で正社員になり、今では仕事に誇りを持ちつついきいきと勤務しています。

そのうち転職活動を希望しているのなら、直近の職場や・・

これから転職活動しようと考えるのなら、今現在の業務や業務の何に対して不満を感じているのかを明確化する事が良いです。できていて当然と思われますが、意外とできてないです。そもそも気に入らないことが大きいから転職しようと思っているはずです。しかし「ちゃんと現状の仕事の客観的にみた不満点を挙げる」ことが出来ている人は少ないものです。不満点を明確化し、解消されるならば、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自分の悩みをきちんと可視化しておくと、転職における後悔を減らせます。そして、転職を叶えたあと、「どういった事がマイナスになるだろうか」を明確にイメージしてみましょう。現状の問題が全て解消されるとは限りません。ですが、デメリットとメリットのバランスをあらかじめ理解しておけば転職してからのモチベーションの低下は高確率で防げますから、失敗しないのは可能なはずです。