20代前半に転職を2度経験して、現在、資格をゲットする・・

20代前半までに転職2回で、そして今、資格を取得したいの・・

  • 20代までに転職2回で、いまは資格取得のため、派遣社員として働いています。常勤の勤務ではないのでやはり給料は安くなりました。しかし、以前より心と時間に大きな余裕が生まれました。思い返すと、学生のときにいくつか資格を取得し、就職できたらムダがなかったのにな、とは思います。また、そのような方たちを羨ましく感じます。自分よりも上手くいっている人と比べ、落ち込む日もありました。現在では結婚を経験し、過去と比べ生活環境も大きく変化し、前よりも明確な目標ができて自ずと生活が充実するようになりました。

  • 「転職エージェント」は、一度登録すると、電話やメール連絡が頻繁に入ります。

  • 転職サイトは一度登録したあとに、呆れるくらい電話やメールをしてきます。そのため初めて利用した人は大変驚くケースが少なくありません。「転職エージェント」は、転職を成功に導くことが業務だと考えられるので、大変積極的です。その中でも大手エージェントは、転職を成就へと導くことで企業から報酬が入る仕組みであることから、転職活動を行っている人の都合よりも企業側を優先させるケースが目立ちます。「転職エージェント」は契約件数を増やすために内定がでた直後に、入社を強くすすめてくることがよくあります。防御策として自身の気持ちをハッキリしておき、妥協した形の転職とならないように注意を払っておきましょう。

  • この前人材紹介会社に登録に行きました。

  • 昨日転職先を探すために人材紹介会社に登録に足を運びました。カウンセリングに出てきた担当の人が見たところ仕事に慣れていない社員のようで、こちらが説明している話の2分の1も彼は理解ができていない感じ。にもかかわらず「キャリアデザインを変えた方がいいですね」とか「もっと自分の強みと弱みを明確化しておくことが重要でしょう」とか、何もかもわかっているかのように偉そうに話すのでとても不快でした。カウンセリングをする人はある程度社会人を経験している方にしてほしいです。

  • 派遣の会社に登録しています。サイト内で気の向くまま・・

  • 今、私は派遣会社に登録しています。サイトの中で気になる仕事を見つけて尋ねてみると「残念ながらその仕事は、他の方でお話が進んでいます」と答えられ一瞬ウェブサイト上から仕事情報が閲覧不能になるのですが、その翌日になると再掲載されています。ということは結局私だとよくないのってことですよね。そういうことであれば初めからプライドを傷つけない程度にはっきりと教えてくれれば助かるのですが、なかなかそういうことにもいかないでしょうか。そうでなければもしかすると存在しない仕事を掲載しているのでしょうか?

  • 転職活動中に、面接のときに必ず「志望動機」「転職理由」の2項目の質問をされます。

  • 転職活動で例外なく尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。これらのうち志望動機に限っては、率直に伝えてもOKですが、これと違って転職理由についてそのまま伝えるのは得策ではありません。たとえば給与が納得できないことや、上司と相性が悪いことなど、採用担当者に好印象を持ってもらえるものではありません。とはいっても、自分が不利になることをストレートに話す人は非常に少ないと思いますが、採用担当者はそのような部分に注目しがちなので、かなり慎重に質問してきます。これに対抗して悪いイメージを与えずに答える方法としては、現職の仕事内容以外を話さないことに尽きます。それにプラスして、この企業に入社してこんな貢献をしたい、5年後、10年後はこんなことがしたい、「このような私の目標達成のためには、御社が必要なんです」、といった形でポジティブなイメージを与えるようにしましょう。

  • これはシフト制の仕事に関する話です。

  • シフトの仕事についてです。特定の曜日に仕事できる人を募集している求人をよく見ますが、もし、応募しようと思っているなら休む方法やシフトの出し方については面接時にチェックしておくべきです。私は過去に、産休で休む人の代わりに正社員としての仕事をはじめたのですが、「土曜、日曜」固定となるシフトで、新人の私以外は、誰も現場に出ないといった状況でした。前任者が「土日」に必ず出られたので、私自身も必ず出勤できると思われていたみたいです・・・。「土日」に冠婚葬祭の予定が入った場合、シフト変更の必要があり職場の先輩たちに私の代わりに出勤してもらえるように、と私自身が依頼しなくてはいけませんでした。給料も立場も同じなのに土日を私1人だけに任せるって、どういうことなのでしょう?思い返すとよく我慢したな、と自分でも驚きです。

  • 転職のための面接では、規模の小さい企業であれば大体は「人事」が面接担当になります・・

  • 転職時の面接では、規模の小さい企業だったら概ね「人事」が面接官となりますが、別のケースもあるようです。直接、これから仕事をすることになる責任者、というような中間管理職である課長や部長が担当することになるでしょう。とくに事務職や営業職に再就職する場合は資格を通じた人の評価が難しいですから、積極的に自身を売り込んでいくことが求められます。面接官から「この候補者はハッキリ自己アピールできるし、それに良い結果を出してくれそう」と思わせ、覚えていてもらうことが大切です。

  • 転職サイトは大規模なサイトの方が掲載量も多くなるため・・

  • 転職サイトは大規模なサイトの方が掲載される案件が豊富なため、興味のある2つか3つの会社を、まずはメンバー登録して、勤務地や年収にチェックマークをいれておき、次に条件に適合する求人情報が掲載されたら自動的に通知されるように設定しておくと情報収集がラクになります。でも、最初に限っては登録するのになかなか時間がかかるので、サイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」をきちんと準備しておき、さらにそれらをテキストファイル化しておき、コピー&ペーストしつつ登録していくと手間が省けて便利です。初めの登録のときは時間が多少掛かるため、案件の検索や、その後の応募も大変な作業になりますが、その後は、新着案件のみ確認するだけで大丈夫なので、次回以降応募するときのことを考えれば、最初の準備に手を抜かないことを頭に入れておきましょう。

  • 転職を繰り返す日々を止めるための対策が一つだけあります。

  • 転社を繰り返す日々を止めるためにすることは一つだけです。スキルを向上させることもそうですが、メンタル面で成長できれば、そう簡単に転職を繰り返さなくなります。現在はネットもあるので、精神面を鍛えるコツは誰でも知ることができます。加えて、転職以外の行動によっても、精神面は強化できます。その典型例が「外国に行くこと」です。海外旅行に行くと、文化、言語、生活様式など、違うことばかりなので、刺激が山ほどあります。ですから、帰国してからも心境の変化を実感できるはずです。帰国してみると、自分のこれまでの視野の狭さに驚き、「世間の小ささ」というものを思い知らされることになります。この状態のまま、(転職のための)面接に臨めば、これまでとは比べようがないほどに自信に満ち溢れた態度を示すことができます。ただ、退職後はメンタルが弱くなりがちなので、元気になるまで休みましょう。

  • 転職エージェントと転職サイトを通じて、転職活動することは今では当たり前のことです。

  • 転職サイトあるいは転職エージェントを活用して、転職活動される人は今では普通になってきました。としても、転職先を見つけるチャンスをもっと増やしたいのであれば、その上に転職フェアを活用することをおすすめします。転職フェアの長所としては、多くの企業が一堂に会するので、そこに足を運べば複数の企業についての情報を得ることができ、さらに、その場で説明しているスタッフさんから、それぞれの企業の「雰囲気」を感じられるはずです。もしも、転職フェアに行く際には、面接を受けに行く心構えで自身をアピールする場と思っておきましょう。運よくフェアでの交流を通じて、企業側(の担当者に)認められれば、その後採用面接で良い手応えを期待できます。

  • 今後どんどん簡単な作業は機械化に置き換わって結果的…

  • これから、私たちの労働環境において一段と考えなくてもできる労働は機械に変更されていき必要な人員は減少していきます。なぜかというと、シンプルな仕事は人の手を借りるよりも機械でやったほうが数段に強いからです。数をカウントしたり、同じ手順を延々と繰り返すことは機械では当然問題ありません。もちろん人と違って言い訳することもないし、ペースが変わらないし、適当にすることもないし、正確な作業をしてくれますし、均一にこなせます。そして、人と違って「人件費」が発生しません。というわけで、人間を使う意味がなさすぎます。機械に移行していくのも注目されているのです。

  • 例えばあばたが、現職からの転業の意思を固めたのなら、…

  • 転職の決心したなら、徹底的に社内の人間には内密にその意思を伝えずに、転職活動していき、現職中は周りの人に悟られないよう平常通りに業務をこなしていくのがとても妥当です。転職先が決まっていない間、これを徹底することで、希望通りに転職先探しにすぐに見つけられなくても、転職時期を見送りながら現職にし続けてもトラブルにはなりません。でもつい「転職するつもりでいる」と口を滑らせてしまうと、周りはそれを受けた応対をし始めます。そのうえ周囲に「辞めるつもりです」と言った場合、「あの人は退職する予定の人」と確定します。そういった状況のあとで、転職したい思いが薄れ、「やっぱり仕事は辞めないことにしました」と心境が変わっても、同僚たちは、「一度は辞めようとした人」とあなたを冷ややかに見るので、仕事中ずっと、身の置き所がない思いををするしてしまうことになるかもしれません。

  • 再就職によって勤め先を一新するということは、自分に・・

  • 再就職することで仕事先を一新するということは、自分に合う自分の理想に近い場所に転職したいものです。あなたに向いている仕事に有りつけるかもしれません。でも、実際に行動するとなると、即戦力となりうるスキルを持っていないと、転職自体がままなりません。逆をいうと、自身が価値ある人材になれれば、「天職」に巡り会える、というだけの話です。今の社会は、職業選択の自由が権利として当たり前になっているので、退職して転職しても特に困難なことはないでしょう。組織と人との関係が薄まりつつある今現在では「価値ある人材が欲しい」と思っている企業も多くなっているので、この好機を有効に使ってみてください。

  • こういう転職というのは知人の話です。

  • こうした話は友達の話です。大学生のときの就職活動でどうしても就職したかった最終目標であるA社で行われた入社試験で、最後の役員面接で不採用となり、それから先不本意ながら違う会社で働くことになりました。それから2年経ったぐらいに派遣の求人サイトをチェックする中で偶然にもA社の紹介予定派遣の仕事を発見して、気持ちを抑えることができなくなってその時働いていた会社をすぐに退職し、A社での派遣勤務を開始、やったな、と思った行動です。必死に頑張ってその先希望通りA社で正社員になり、現在はやりがいを持ちながら楽しく働いています。

  • そろそろ転職活動しようと思うのなら、直近の業務や仕・・

  • これから転職を考えているのなら、現在の仕事・業務の何に不満があるのかをリストアップしてみる必要があります。当然と思われますが、意外とできてないです。不満にガマンできないから転職したいと考えているのは分かります。が、「しっかりと現在の会社の問題なことを書き出す」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。不満点を明確化し、解消されるならば、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。この点を徹底しておくと転職選びでのミスを防げます。そのあとに、転職を叶えたとしたら、「どういった事がマイナスになるだろうか」を明確化してみましょう。転職したとしても、すべての問題が解決するとは限りません。しかし、デメリットを受け入れる気持ちの整理があれば、転職後の急激なモチベーションのダウンを高確率で防げますから、失敗しないのはできると思います。

  • PCやスマホを使えばインターネットの世界では、要する…

  • 近頃スマートフォンを見ればインターネットで見られる世界では「転職に関するサイト」に類するものがあちこちにあったりします。その多くて困るくらいのサイトから自分自身の目的に合致した転職先と思えるのを見つけたいなら、とりあえず情報を収集することです。こんな転職サイトをしっかり利用することで効率的かつ満足度の高い転職が叶えられるはずです。最新情報が満載で、転職希望者にとって役立つ情報が満載で、客観性ある内容に富む「転職サイト」もありますが、それとは真逆なメリットが皆無なサイトもあるので、過剰に信頼しすぎないように注意しましょう。はじめは、信用できるサイトかどうかを見極めることが大事ですからよそと比較しながら厳しく確かめてみてください。

  • 派遣として働く会社が決定しました。

  • 派遣社員として働く会社が決定しました。最初の勤務日に派遣会社の営業担当の人と就業先の近所のコンビニで落ち合う約束をしていたのですが、担当者がどういうわけか約束のお店の前にいないので店内にいるのではないかと考え店内に入っていくと、彼はあろうことか雑誌売り場前の通路にしゃがみ込んで卑猥なグラビアページを開けて読んでいるところを発見しました。こんな担当の方の仕事なんて絶対嫌だと思って、そこで声をかけず気付かれないようにお店の中から出て即座に派遣会社へ仕事を辞退する旨を電話で伝えました。