現在のあなたの職場や業務について不服に感じていることの中…

現在の自らの仕事や勤め先に関して、少なからず何かしらの不満があるはずです。

  • 現在のあなたの職場や業務に対する少なからず何かしらの不満点があるはずです。「自身の持っているスキルや、仕事上での能力を正当に評価してくれない」または、「給料のアップも、昇進の見込みもない」といった不満が多くを占めると思います。ですが、その手の不満を持っている人の一部には、本人が自分自身の本来の技量を実際よりも過大評価していることが多かったりします。過大評価していることに気が付いていない人が転職しようとすると、「この求人では、自分を活かせない」と転職の空白期間が長くなるので生活費にしわ寄せが来るおそれもあります。という事態に陥りがちです。なので転職活動を円滑に行うためにも、本来の自分のキャパシティを客観的に見つめることが大切です。

    転職活動をスタートするときに、まず勤務先の会社の退社手続きをして…

  • 転職活動をスタートするときに、まず今の会社を辞職した後でと考える人もいるようですが、そういった場合にはボーナスをもらえる日について事前に確認しておくのが無難です。社員にボーナスを出す会社は多いですが、社員にボーナスを出す会社の場合には、ボーナスが入る日が近づいているのであれば、それを待ってから辞める意向を伝えるという手も良い手です。ボーナスは少々多くの額が入るはずなので、もらった方が良いとはっきりと言うことができますから、職場を変えようと思い始めたらボーナスが支給される日について一度確かめておくと損をしません。

    もし転職前、今働いている会社の同僚たちがあなたの転職を知る・・

  • もし再就職の前に、今の会社にいる人たちがあなたの退職を知ると職場の空気が大きく変わるおそれがあります。あなたの置かれている立場によっては、意地悪されるかもしれないと想定しておいたほうが賢明です。加えて、残業時間を意図的に増やされるキケンもあるので、軽はずみに「転職します」と口にするのはお勧めしません。上記トラブルを避けるために、今の職場では、いたって真面目に仕事をしておきましょう。転職が決まる前と同じ態度でいることで、良い関係を最後まで保ちつつ、心置きなく仕事を辞めることが出来ます。それに、円満に退職できたなら、転職後、あなたが困ったときに相談できるような良好な関係性を持っておくことができます。会社の大きさに関係なく、どのような会社も人とのつながりは大切なので、会社を辞める前のトラブルは、なるべく回避しておきましょう。

    この頃では、株・不動産投資の不労所得、もしくは個人経営 といった生き方も社会的に人気を集めています。

  • 今では、株・不動産投資などといった不労所得のほかに独立といった形で生きる方法も人気です。そういった移り変わりに伴い、「雇用されて働く道こそが正義」といった従来の常識も変わってきています。高度経済成長を遂げている際には、不安の残る個人事業よりも雇用されて働いているほうがずっと安定していて、人が生きていくうえで正しい進路として、またそれが決まり切ったことであるかのように世の中に認知されてはいました。しかし、そのような時代は終わり、今のような時代は「成熟期」といった名称で表現します。今後は、コンピューターの発達とともに、機械化や自動化が進み、社会においては人手が不要になると言われています。

    転職活動といえば、希望している企業そのものよりも、人事や採用担当の面接官と・・

  • 転職活動では、希望する企業相手というよりも具体的には「担当面接官」とのやり取りが重要です。面接で結果を出すためにも、まずはあまり意識せずに焦る気持ちを隠し、平常心でいるように心がけましょう。女性とお見合いをする意識で向かうと良いでしょう。とくに面接官に対しては先ずあなたの雰囲気や人間性を評価してもらうので悪い印象を与える言動は注意しぜったいに控えましょう。良識ある社会人らしく面接に適した整った服装で望みましょう。あなたの個性を表現できるといいでしょう。企業にとって必要な人材と思ってもらえれば、かならず自然と良い結果も出やすくなるでしょう。

    転職を目指そうとしても、あらゆることが首尾よくいくワケではありません。

  • 仮に再就職しようとしても全部が都合よく運ぶと断言はできません。それは支障がないなら歳の若いうちにできるだけ早く行動したほうが良いです。平均としてみると、20代のうちは結果が出やすいですが、これが30代後半から40歳代に達してしまってからの転職自体がたいへん厳しいものと考えておくべきです。もしも、管理職などに就いているのなら、転職の意識が強くなっていても現在の会社に留まることも結論として選ぶ答えの中に入れておくべきです。ようするに、会社を辞めてから転職活動するよりも、現在の会社に籍を置いたまま堅実な未来を模索しておいた方が後悔がないはずです。

    3ヶ月まえに、転職したばかりというのに、少ししか仕事もしてないの…

  • ほんの2ヶ月まえに、転職したばかりであるにも関わらず、数ヶ月しかたっていないのに辞めてしまう人というのもずいぶんよく見受けられます。何故そうなるのかと思うとたぶん心機一転、素晴らしい環境を見つけたというのに、「自分自身の想像していたものとかなりギャップがあって幻滅した」「ルールに慣れなかった」ということが理由で退職を決意するのだとか。このような、転職先選びでの失敗を繰り返さないために、やはり、事前の情報収集を徹底しなくてはなりません。職場内の環境、業務におけるルール、給与体系、など事前にチェックしておくことで気になる点は職に就く前の段階でチェックしておきましょう。

    もしあなたが転職しようと考えた場合、「Uターン」「Jターン」におい・・

  • もしあなたが転職をするとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」のように、都市部から郊外・地方に移住したうえで転職したい、と感じている人が増加傾向にあり、事実、実践している人も多くいます。一昔前とは違い求人情報サイトをうまく活用すれば、郊外・地方の求人も簡単にアクセスできます。ただ、郊外や地方での求人情報では、大都市では当たり前に見るような条件や待遇のある会社が少ないのが一般的です。したがって求人情報サイトだけに頼り切ると機会損失が大きくなるので要注意。転職サイトと併せて、その地方の自治体や商工会議所の情報サイトもしっかり確認しておかれることをお勧めします。そうした機関の転職サポートの有無も見ておくと間違いがありません。

    新たな仕事でこれまでに培ってきた資格やキャリアを活かすことができれ・・

  • 再就職した会社で今までの資格やキャリアを活かせられれば、即戦力として周囲から迎えられ、すぐに職場で存在感を得られるでしょう。人を募集している会社側も、そういった人材は常に欲しがるものですから、雇い主側が判断しても即戦力となる転職は円滑に事が進むでしょう。しかも、過去の働いていた仕事と似ているなら転職は非常にカンタンになるでしょう。とは言っても、即戦力となる基準を満たしていても、大手企業の事務職系や公務員といったジャンルは、今も昔も中々の難関になることを肝に銘じておきましょう。

    『なるべく早く転職したい!』と思っていて、自身の意志が本当に強いものであるなら…

  • 『今すぐ転職をしたい!』と思っている人のなかで、その意志が強いのであれば、退職したいということを即、上司に伝えておきましょう。しかし、このときに相談という形を取ると、もしかすると言いくるめられる確率が高くなるので気をつけましょう。そして、実際に私も上司へ転職の相談をしたのですが、退職を引き伸ばされてしまい、結局、退職するまでに半年くらい掛かりました。辞めたいということを当初、直属の上司に相談をしたのが年度末でしたが、実際では数ヶ月働くことになり、退職が認められたのは同年の11月です。本音は年度末を契機にやめようとおもったのに、あれこれと理由を付けられて、かなり伸びてしまいました。やはり会社側としても、人事上の都合があるのかもしれませんが、社員のを要望を聞かないまま、会社ぐるみで私の都合を無視する形で引き伸ばされたのでその会社に対しての職場に対して呆れてしまいました。

    将来的に転職活動をするという時は、気になる求人(あるいは職種)…

  • 転職活動の最中、気になる求人(または職種)を見つけたときに忘れず「〇〇業、ブラック」とインターネットで検索してみましょう。求人票や転職サイトの担当者からはその業界のデメリットなどは、知ることができる確率は低いです。もしブラックな面があるなら簡易的なネット検索によって一発で多くの事例に触れられるはずです。そういう検索をしないまま、入社した場合、直後に落胆してしまうおそれがあります。その求人が出ている理由が「業務内容が厳しく、スタッフの出入りが激しい」という場合がかなり多くあります。目に留まった案件について、きちんと調べたうえで応募しましょう。

    政治によって状況が変化しつつある転職事情ですが、今の安倍政権によっ・・

  • 政治により変わりつつある転職を取り囲む状況について、現在の安倍内閣によって、「アベノミクス」「三本の矢」など、新たな経済政策を打ち出し、経済政策に連れ立って日銀による金融政策と相まって、財界・民間企業間でも新時代となる変化が増えつつあります。そのこともあって企業のあいだでも若い世代の減少と現役世代の大量退職による人手不足が社会的な問題として取り上げられています。将来、外国人の労働者を増やしていくつもりでいる前提と現内閣は宣言しています。雇用や転職問題もかなり幅が広がりそうです。こうした変化のなかで国内の雇用状況や転職状況も大きな影響を及ぼすことは間違いありません。

    以前は看護婦と呼んでいた看護師は、歴史的背景から女性のとても・・

  • 昔は看護婦と呼ばれていた看護師という職業は、どうしても女性比率がかなり大きい職場です。加えて、気力それから体力をひどく消耗が激しい特徴もあります。とうぜんのように対人関係がうまくいかなかったり、結婚や出産によってそれまでの勤務が続けられなかったりして、仕事と家族との折り合いをつけるのがかなり難しい職業といえます。実際、人付き合いや公私のバランスに悩み、転職される人が多いのが現状です。人が固定化しづらい環境であるために、人手不足の状況になっています。なので、各医療機関は、看護師を求めている「売り手市場」であるため、それが転職希望が後を絶たない原因になっているのでしょう。

    女性の再就職において、一昔前と今現在とは多少の違いがあります。

  • 女性の転職に際して、一昔前とここ最近とでは少なからず、違いがあります。前までは、結婚観や結婚後の予定などに関して、ごく一般的なこととして質問されることが多くありましたが、今の社会では、その手の内容は、「セクハラ」にあたるとして、質問しない会社が増えています。そして、とりわけ大企業ほど、タブーとして神経質になっています。ただし、面接する側は〇か×かの2択ではなく、その女性が、結婚したあとどうするか、「出産後はすぐに復帰するのか」などを知っておきたいと思うはずです。自分自身の考えを知ってもらうためにも、志望した動機や自己ピーアールとともに話すことで相手側も考えがわかり、判断してもらいやすくなると思います。というワケで、質問されていない内容でも、あなた自身から積極的に話をしてみると良いでしょう。

    転職活動を進めるには、相応の準備は必要です。

  • 転職活動する場合、相応の準備は必要です。そのなかでも、目に映る「服装」は、誰しも気を遣う部分ではないでしょうか。ですが、今の企業面接に関しては形式ばらない服装を許可しているところもあるので、スーツでなくては、と考えて赴く必要はありません。会社の設立して間もない企業などは、厳しいマニュアルも作られてないことが多く、私服で面接をしたほうが、相手からの印象が良くなります。そして、ざっくばらんに話をしやすくなります。そして私服だと、面接の際に、服装の話題で盛り上がる可能性もあるので、担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。ですので、今後、転職は会社の「設立した年」に注目してみて、(ベンチャー系などの)面接時にはスーツは着ずに私服で勝負するのも良いかもしれません。

    私は20代までに転職2回で、いまは資格を手に入れたい・・

  • 20代前半までに転職2回で、そして現在、資格取得の勉強をしながら、「派遣社員」を選択しています。常勤での勤務ではないため、給料は過去の仕事よりも少ないです。ですがその分、以前より心と時間に大きな余裕が出来ています。たまに、学生時代にもっと資格を取得し、仕事できたらムダがなかったのにな、とは思います。やはり、身近にそういった人を見てしまうと少し羨ましさを感じます。以前までは今の自分と他人をどうしても比べてしまい、ガッカリすることもありました。今では結婚してから、生活環境が大きく変わり、そのなかで将来の進路も定まったので充実した日々を過ごせています。

    転職サイトに一旦登録すれば、電話・メールで執拗に連絡が入ります。

  • 転職エージェントに一旦登録すれば、電話やメール連絡が頻繁に入ります。このことに対して初めて利用された人は大変驚くかもしれません。転職エージェントは転職をサポートすることが業務ですので、かなり積極的にかまえています。中でも大手エージェントは、転職を成功させることで企業からお金をもらえるシステムであることから、転職する側の都合より企業の都合を優先的に考えることが多々あります。加えて、彼らは、契約数を増やしたいために、内定がでた直後に、入社するよう後押ししてくることが多いです。防御策として自分の気持ちや意思を明確にし、安易な妥協をしないように注意することが重要です。