3日ほど前人材会社へ登録に向かいました。

一昨日転職先を見つけるために人材バンクに登録に出向きました。

  • 一昨日仕事を探すために人材紹介会社へと登録に向かいました。そこで私のカウンセリングのために出てきた担当の方がどうも入社して間もない新入社員のようで、私の話の3割もその社員はわかっていない模様。さらに「キャリアデザインを考え直す必要があります」とか「きちんと自分の強みを明確化するべきでしょう」とか、一人前の話を横柄に言い散らかすので非常に不快な気分になりました。カウンセリングをする人はそこそこカウンセリングのスキルがある人にするべきだと思います。
  • このところ私は派遣会社に登録して仕事をしています。

  • 派遣で働いています。サイト内でなにげなく気になる仕事を見つけて問い合わせてみると「そのお仕事はもうすでに他の人が採用されました」という答えが返ってきて瞬間的にウェブサイトの中から仕事情報が閲覧不能になるのですが、どういうわけか翌日にチェックするとまた情報が掲載されています。これって結局私だとダメだって意味ですよね。そういうことであればカドが立たない程度で正直に教えてくれれば助かるのですが、なかなかそういうわけにもいかないでしょうか。それともまたひょっとして存在しない仕事を載せているのでしょうか?
  • 転職活動を行っていると面接時に必ず尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職活動をやっていると、面接時に間違いなく質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。このうち志望動機については、心で思っていることをそのまま話しても差し支えないですが、これとは異なり転職理由は、多くの人が現職の不満かと思います。たとえば収入に対する不満、上司と相性が悪いことなど、その手の話題をしても、あなたの好感度には繋がりません。もっとも、自分の得にならないことを馬鹿正直に話す人はほとんどいないと思いますが、採用担当者はそういった点に関心を持つことが多いので、慎重にあなたへ「探り」を入れてきます。現職の不満を相手へ伝えないようにするには、現職の仕事内容以外を話さないことに尽きます。そのあと、「入社したら、〇〇をやっていきます「5年後にはこうなっているだろう」、「こういった私の希望が叶うのは御社だけだと思っています」、といったように志望動機に話をすり替えるのが正解です。
  • これはシフト制の仕事に関する話です。

  • シフトの仕事についてです。毎週、同じ曜日に仕事できる人を募集する求人を頻繁に目にしますが、もしも応募しようと考えているならシフトの提出方法、休み方については面接時に尋ねておいたほうが良いです。それはなぜかというと、私自身、出産のため休む人の代役として、正社員として入ったのですが、私のシフトがそこが「土日」固定のシフトだったのですが、新人の私以外は、他の社員は誰一人現場にいませんでした。産休に入った前任者が土曜、日曜は休むことなく出勤していたので、私もそういった形で扱われたしまいました。「土日」に冠婚葬祭が入ったりした場合、シフトを変えてもらう必要があり、上の人たちに「土曜日に休まなければならないので代わりに出ていただけませんか?」と自分で依頼しなくてはいけませんでした。立場は同じなのに、土日を私ひとりに任せっきりって、一体・・・。思い出す度、よく我慢したな、と自分でも驚きです。
  • 再就職の際の面接では、規模の小さい企業であれば概ねその社内の「人事」担当が面接官になります・・

  • 転職の際の面接では、規模の小さい企業であればおおよそは、そこの会社の「人事」担当者が面接官ですが、別のケースもあります。例を挙げるとしたら、ともに仕事をしていく現場の一番偉い人、というような中間管理職である課長や部長が面接をしてくれることもあります。とくに事務系・営業系に転職する際は、資格などという人の良し悪しを判断しづらいので自主的に自分自身をアピールしていくようにしたいものです。面接担当者から「この人は、堂々と自己発言してるし、戦力になりそうだ」と思わせ、自分という人間を覚えていてもらうことが大切です。
  • 「転職サイト」は、大手が運営しているものほど豊富な数の会社が掲載されているため…

  • 転職サイトは有名なサイトの方がたくさんの会社が掲載されているため、2社か3社くらいともかくウェブサイトに登録して、希望する勤務地や年収について条件を設定しておき、加えて条件に合う求人情報が掲載されたら自動的に通知されるように設定しておくと転職活動がスムーズに行えます。初めに限っては登録しなくてはならないので登録前に履歴書と職務経歴書をしっかり準備し、それらをテキストファイルに記録しておき、コピー・アンド・ペーストしながら登録すると便利です。登録をする第一回目は少し時間がかかることから、案件の検索や、その後の応募も大変に感じるかもしれません。が、次回以降は、新規案件のみ確認するだけで良いため、後のことを考えれば、初回の準備を抜かりなく行うことを心がけましょう。
  • 退職と転職を繰り返さないために、ひとつだけ対策が必要です。

  • 退職と転職を繰り返す日々を止めるための対策は、シンプルです。仕事面のスキルアップもそうですが、それとは別に精神的なスキルを磨くとそう簡単に転職を繰り返さなくなります。インターネットでなんでも見られる今では精神面を鍛えるのには良い情報は誰でもカンタンに拾えます。そして、転職とは違う行動をすることも精神面を鍛えさせてくれます。それは、海外に行くことです。海外に旅行に行くと日本では考えられないような習慣があったりと、刺激を受けることばかりです。なので、人間的に成長させてくれる修行とも言えます。帰国してみると、「自分の視野の狭さ」にビックリしたりして、こんなにも世間は狭かったのだということをしみじみと実感することができます。この状態のまま面接に向かえば、これまでとは違って自信満々に自己アピールができるはず。どうしても、退職後しばらくの間は精神的にまいっている人も多いのでその後のために適度に休みましょう。
  • 転職サイトや転職エージェントといったサービスを使っ・・

  • 転職サイトや転職エージェントといったサービスを活用し、転職活動を行うことは現在では当然のことでしょう。ですが、転職活動の成果をもっと高めたいなら、同時に転職フェアの利用が有益です。転職フェアは、複数の企業が一度に集まるイベントなので、参加されればあなたの気になる企業の情報を効率的に得られますし、それだけでなく、スタッフの言葉遣いやマナーから、その企業の社風がある程度わかります。もしも、転職フェアに行く際には、面接に臨む覚悟で自分をアピールする準備をしておきましょう。それによりフェア中に、企業に自分の魅力が伝われば、その後実際の面接時にとても有利となるはずです。
  • 将来、徐々に単純作業は機械で済まされるようになり結果的に…

  • 将来的に、ますます短絡的な作業は機械に変更されていきそれに伴い、必要な稼働人口はどう考えても減らされてしまいます。どうしてかというと、思考を必要としない作業という観点では人が作業するよりも機械のほうが数段に作業量をこなせるからです。例えば、数量を計測したり、同一の動きをずっと反復したりすることは機械なら問題ありません。人間とは違って言い訳もしないし、ペースが変わることもなく不正をすることもないし、何より正確ですし、均一化できる強みもあります。さらに、給与を渡す必要もありません。ですから、人間を使う意味が到底無いため、機械化の流れは無理もありません。
  • 一度あなたが、現職からの転業の決めたのであれば、徹底的・・

  • 万が一あなたが、現職からの転身を意思を固めたなら、あくまで一緒に働く人にはその気持ちを言わないように、転職活動を進めていき、転職先が決まらないうちは、徹底して周囲に悟られないよう普段どおりに振舞うのがとても利口です。転職先が決まっていない間、その姿勢を保っていれば、もし良い転職先を見付けることができなくても、転身予定を持ち越しながら、現在の仕事をそれまで通りに続けることも心配がありません。そうではなくて、つい「転職するつもりでいる」と言ってしまうと、同僚はその言葉を受けた行動をします。さらに周囲に「辞めるつもりです」と一言でもいえば、周囲からは「あの人はもうすぐ退職する」と見なされます。そのようなシチュエーションになってから、転職する気持ちが薄れ、「やっぱり退職しないことにしました」となっても、周りの人間には、「一度は辞めようとした人」とあなたを冷ややかに見るので、在籍中、身の置き所がないと感じるかもしれません。
  • 転職で仕事先を一新するということは、自身に合う職業を見つけ出したほうが好ましいということです。

  • 転職で職場を一新するということは、自分自身に適合する自身が納得できる転職先を見つけたほうが良いということです。職場を変えれば適職に出会うかもしれません。が、デメリットもあって、即戦力となりうる能力がないと、良い仕事に就くことは難しいです。言い換えると、あなたの才能次第で、「天職」に出会える可能性も高くなる、ということです。昨今は、「職業選択の自由」が一般敵に広く当たり前になっているので、退職を決断し転職しても偏見を持たれてしまうリスクもありません。事実、終身雇用がなくなりつつある昨今、「スキルのある人材が欲しい」と願う企業も増加していますので、今の良い時期を有効に使ってみてください。
  • これは知人の話です。新卒としてどうしても就職したかっ…

  • こういう転職というのは兄の話です。就職活動を始めて新卒として死んでも入社したかった憧れていたA社で行われた最終の面接で不採用となり、それから後やむを得ず違う会社に入りました。約1年半過ぎた後派遣の求人サイトを閲覧していてA社の紹介予定派遣の求人が目に入り、じっとしていられなくなりその時働いていた会社をすぐに退職して、A社で派遣での勤務を開始、やったな、と思った行動です。真面目に頑張ってその後希望通りA社で正社員登用され、今は仕事のやりがいを持ちながら楽しく勤めています。
  • これから転職活動を希望しているのなら、今の仕事・業…

  • 今から転職を予定しているのなら、現状の職場や仕事での不満に思う部分を明確化する事が必要です。気に入らない点があるから転職したいと考えているのは分かります。でも「しっかりと今の不満なことを挙げる」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が悪化する事を許容するかも考えましょう。自身の問題を見える化しておくと、転職選びでのミスを防げます。そして、仮に転職した場合、「どういった事がマイナスになるだろうか」を想像してみましょう。転職がスムーズに叶えられたとしても、現状の問題が全て改善するとは限りません。ですが、メリット・デメリットの両方を前もって理解しておけば、転職の失敗は抑えることは可能です。
  • PCを使えばネットの世界では、要するに転職情報を掲載している「転職サイト」…

  • 近頃はスマートフォンは便利でネットの世界では、「転職に関するサイト」に類するものが多数あります。その相当な数のサイトから自身の目的に合った転職先と思えるのを見付けるために、まずは情報を集めることです。こういう「転職サイト」をきっちり使いこなすことで、効率的な転職先を探せます。最新情報が満載で、頻繁に情報更新され、客観的なデータも掲載される優良なサイトがある一方で、それとは対称的なサイトもあるので、注意しておきましょう。まずは、実際に信用していいサイトであるかを見極めることがポイントとなりますから類似サイトと比較しながら確かめてみましょう。
  • 派遣のお仕事が決まりました。お仕事開始の初日に営業を担当している…

  • 派遣として働く会社が決定しました。勤務初日に営業の担当の人と就業先の近所にあるコンビニで落ち合うと約束をしていたのですが、どういうわけか約束したお店の前にいないので中にいるのではないかと思ってお店の中に入ってみると、彼は雑誌売り場に座り込んで成人向けのグラビアページを開いて見ていました。こんな担当の人の仕事なんて勘弁だと感じ、挨拶もせずこっそりとコンビニから出てすぐさま派遣会社に辞退の連絡を入れました。
  • 転職時の面接では、正直さが仇になることがあります。

  • 転職時の面接では、正直さがマイナスに作用することがあります。面接担当者から「転職理由をお聞かせください」と必ず聞かれますが、この時に、いかなる理由があったにせよ、以前の職場の人間関係や労働環境が悪かったという受け答えは、出来るだけしないようにしましょう。此の様な内容の話は、採用のチャンスを無駄にしてしまうことになります。ですから面接では「前向き」な返答に徹するのが必要なので、とりあえず「新しい職場ではこれまでのキャリアをしっかり生かして、また、さらなるキャリアアップを図りたいと思っています。」のように将来を見据えた受け答えが理想です。
  • 生涯初の失業保険の給付を受けるときに、何もしなくても給付されると考えている人…

  • はじめて「失業保険」を受けるとき、給付されるのを待っているだけでいいと考えている人がかなりいますが、それは誤解です。本当は、失業保険の給付をきちんともらうためには、「就職活動」をしていないと駄目で、さらに、月に一回以上はハローワークに行かなければいけません。月ごとにスタッフに就職活動の状況をきちんと説明して本気で就職活動をしていることをわかってもらえれば翌月の給付を受け取ることができるというシステムです。なお、本気で就職活動をしていないと思われたり、毎月のスタッフとの面談に顔を出さない場合は、有無を言わさずに給付を一時停止したり、酷い場合は以降の給与資格をなくしかねないので、そうならないために充分に気をつけてください。