今年中に転職予定がある人で、次の仕事を始めるまでにある程度時間があるのな・・

年内中に転職活動を始める際、次の仕事をする前にある程度期間があるのなら…

  • 今から転職活動を考えている人で、次までの仕事にまだ期間がある方は「失業手当」をもらっておいた方がお得です。失業手当は勤めている会社側がもし「雇用保険」を払っているのなら、誰しも失業手当を受け取れます。また、手続きに関しては「ハローワーク」で行います。しかし自己都合での退職なら、失業手当を受け取るまでの待機期間が3ヶ月となりますが、勤めている会社都合の退職、または残業時間次第で日数をおかず即、受け取ることが出来たりもします。ちなみに、支給される「失業手当」の額は、会社で最後に受け取った月の近々の給料を基に支給する額を算出されるため、企業に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の方は、理想なのは繁忙期の後に辞めたほうがいいです。

  • 派遣社員だからといって自分の好きなタイミングで辞められるものではない・・

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって1年経ったら自分自身の好きなタイミングで退職できるワケでなはないと転職を経験して気付かされました。新婚し、生活が落ちついたあとすぐに子供がほしかったので、妊娠する時が訪れるまでのあいだ、およそ1年半~2年くらい続けられれば良いなと思い就職しました。派遣社員であったために、正社員より報酬は少なめでしたが、やはり時間的な融通を得たかったので、あえて選択しました。しかしながら、入社したあとで、一緒に働く人たちは多数のスタッフが派遣社員として10年、15年と続けていらっしゃったのです。意外にも派遣社員であっても契約が過ぎたらすぐに辞められるワケではないと、ちょっと困っています。

  • 生まれてはじめて転職をする場合、注意すべきことはなぜ今の仕事を去らなければいけないのか・・

  • 最初に転職を行うとき、大切なのはなぜ今の仕事を辞めたいかをクリアにしておくことだといえます。その理由こそが根本の問題であるので、まだの人は考えてみましょう。その上で問題解決が見込める会社を決めてください。社会に出てからの転職活動は、大学等での就職活動とは大きく異なり、現在の仕事と並行して就職活動を続けていく必要があるため、時間の調整能力も、気力・体力も必要です。したがって明確な理由が頭にない状態で転職活動を行った場合、途中で挫折してしまうおそれがあります。何がなんでも転職したい、現状を変えたいといった強固な意志がない場合は、転職活動にゴーサインを出すことは保留にしておいた方が良いです。

  • 安定した生活基盤を送りたいと「正社員」として働こうと思っている…

  • 安定的な生活を欲しがり正社員として働きたいと考えている人は少なくないでしょう。ただ、即戦力として働けるように資格を取得するなどしていくら努力しても、中々正社員としての転職が現実化しないこともあります。派遣社員の求人募集はたくさんあるのに正規雇用の求人募集に執着し、時間を浪費している人が少なくないと言います。仮にあなたが、転職先が正社員として迎え入れてくれないのなら、非正規雇用者の募集もチェックしてみましょう。正社員を募集していない会社であっても、働きぶりによって数年で非正規雇用から正規雇用への転換を図れるようにしている所があるからです。ですので面接の最後に「正社員登用」の可能性を聞いておくようにすれば将来のプランも組みやすくなります。

  • 転職の時にする面接での身なりはクールビズでも大丈夫です…

  • 再就職の時にする面接での身なりはクールビズでもOKとと書かれていることもありますが、なかには、クールビズのスタイルで赴くのは実際は減点対象になるのでは?と疑ってしまうこともあります。クールビズに関する迷いを抱いている人に伝えたいのは、会社側からクールビズを指定された面接は書かれていることを実行したほうが堅いです。迷うことによって、猛暑の中きちっとしたスーツの格好をしていくと相手に不自然な印象を持たれてしまいます。ですから、クールビズで来てくださいと伝えられたらクールビズのスタイルで行く方がいいですよ。

  • 転職で、派遣社員という勤務形態を考えている方に注意して欲し…

  • 転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」を選択予定の方に覚えていただきたい点が何点かあります。まずはじめに派遣に関しては、「データ入力」「お茶出し」「電話対応」のような仕事内容を考えた方が多々ありますよね。最初は私自身もまさにそう思っていました。現在勤めている職場に入るまでは「派遣社員」の募集に応募した際にも、「業務は電話対応になります」と採用の際に派遣会社から伝えてもらっていました。ですが、実際に業務に掛かると、まさか「電話対応」だけでなく、退職した正社員の穴埋め役を頼まれました。毎回、あれこれ要求されますし、面接のときの説明とは異なる内容ばかりなので毎日かなりきついです。とにかく、ひたすら「はやく契約終了日とならないかな」と願うばかりです。

  • 自分の好きなことを仕事にしたいという風に考えている方は要注意です。

  • 自分の趣味に通じることや大好きなジャンルの仕事に就きたいという風に考えている人は注意した方が良いです。これは、私の経験に基づいたことなのですが、私は、もともと食べることが趣味で過去には、料理店で働いていました。そのレストランでの仕事内容は、そのレストランで私が担当していた業務は、シンプルな盛り付けやホール業務でした。この仕事内容については、不満もなく楽しんで仕事ができていました。ですが、人間関係で嫌になってしまったのです。そのことが引き金となって退職することになったのですが、それと同時に、大好きだった食べることやその店でメニューとして扱っていた食べ物すら苦手になり、同ジャンルの飲食店にはしばらく経った今も行けません。当時の匂いを思い出すだけで気分が悪くなります。この仕事に就いたばかりの頃は、大好きだったものをキライになるなんて今でも信じられません。自分自身の大好きなことを仕事にしたいと思うのは本当にステキだと思います。ですが、「好き」の度合いはどの程度のものか、真剣に自分自身と向き合ってから行動するべきです。

  • ここ数年の労働背景の激しい変移をについて34歳ぐらいまでの若い人・・

  • このようにここ数年の雇用事情の目まぐるしい変移をにおいて、全世代の中で34歳ぐらいまでの若年層が特に注意してみているようです。それはたぶん、転職と自身のキャリアアップを同時に考えているのでしょう。このため、サラリーマンや労働者といった人たちの労働市場の「流動化」が年々大きくなっているので、より一層、後々若年層の転職への注目が強くなるでしょう。この様な情勢の中、労働者の転職は誰しもが身近な出来事として捉えるようになるのです。「終身雇用制度」が実在した時代には、「会社を辞めて転職」はそれだけで印象が悪く、転職が思い通りにいかないことも多くありました。ですが、時代の変化もあり、現在の会社だけに執着する意味も必要性も段々と薄れてきています。

  • ほとんどの場合一流企業は定期採用中心です。ですか…

  • 一般的に大業は「定期採用」がメインなので、転職で入りたい場合は、時期を考慮しなくてはいけません。加えて、郊外~地方となるとその機会はとても低くなるでしょう。例外として、製造業の会社においては、地方の工業団地界隈に工場展開している事もとても多いです。また、そのような工場なら、事業拡大の際に中途採用することも珍しくありません。その機会を利用するのが無難です。そのためには、地方の工場を転職に考える場合、その地方の工業団地の会社をあらかじめ得ておきましょう。公式サイトをチェックし、求人予定がないか暇があれば確認すると良いでしょう。

  • 転職活動において最後にクリアしなければいけない問題とし・・

  • 転職活動を行う際の最後にクリアしなければいけない難問として、「今勤めている企業をいかにして辞めるか」ということがあげられます。転職先が決まっても、現職の会社が退職を慰留しようと説得してくる可能性もあります。そのようなケースでは、「ゼッタイに退職する」という強固な信念を持つことが大切といえます。引き留められて留まった人でも、一時辞めたいと思った会社には、結局は長居はできないはずです。会社の規定を確認し、退職までに必要な日数を超過する年月以降に退職日を定め、退職届を用意します。それから、決定権を持つ上司と直接、話し合い、この退職にはどんな交渉も受けませんと堂々と伝えます。「円満退社」で今の職場とお別れすることも転職活動において重要な要素になってきます。

  • 転職時、かなり重要視されるのが間違いなく「面接」になります。

  • 転職する際、かなり要となるのがまぎれもなく「面接」だと言えます。普通、面接の際は、面接官が応募してきた人に対し、転職に至った理由や退職理由などこれまでのキャリアといったことを尋ねてくると思います。そして必ず、一通りの質問が終わると、転職希望者から面接担当の人に不安や疑問に思うことを質問できるチャンスがやってきます。面接官から、「なにか弊社についての質問はありますか?」と。そういった質問が来たときは、気持ちの準備ができず、どう答えればよいかわからなくなることもありますよね。そんなときのために、面接を受ける前に面接官からの問いに際し、質問の内容を準備しておくことをお勧めします。すべてを把握していない職場ですし、いくつか疑問点は出てくるはずです。ぜひ、やってみてください。

  • 転職期間中には、自身の趣味に没頭したり、体力の低下を招かないようにしてお・・

  • 転職期間では、自分の好きなことに時間を使ったり、体力を損なわない様にすると良いと思います。採用が決まり、新たなスタートを切ったとき趣味に興じていたことで気付かないうちに集中する力が養われています。さらに体力アップが図れていることで、他の社員さんよりもスタミナがあると自ずと認識することができます。なので、退職したら自分が興味のあるなことに力を入れることと、体力を落とさないようにしておいて損はありません。もしも、その職場にて同じ趣味を持った人と出会えれば、話が盛り上がります。ですから趣味をとことんまで極めることも転職期間中の時間の有効活用となります。

  • 今日、ネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく…

  • 最近はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく、ヘッドハンティングを専門に行う会社も増加しています。「特許」を出すと、ヘッドハンティングの対象になりやすくなります。彼らは、特許申請を行った人に加えて、研究開発で論文を提出した経験がある人や、メディアで取り上げられた人など、何かしらの「功績」を残した人に狙いを定めて、電話やメールで連絡を取り、ヘッドハンティングするネタにしています。会社に在籍中に、ヘッドハンティングと思しき話をされたなら、自身の過去を振り返って、「キッカケ」を考えてみましょう。ここ最近は、ヘッドハンディングのように見せかけて、登録料を要求しようとする業者もあるらしいですが、そういったものは明らかに詐欺ですから引っかからないようにしましょう。ヘッドハンティングは通常、企業が仲介業者に報酬を支払う形となるため、転職希望者が支払うものではありません。

  • もしあなたが転職するのなら、「資格」を取得しておくと有利になります。

  • もしもあなたが転職を予定しているのなら、前もって資格を取るのがおすすめです。とくに、仕事をしているあいだに資格を取るのがおすすめです。転職時には有効活用することができますから、新しい仕事を見つけやすくなります。というワケで、在任期間中が資格取得においてのもっとも好ましいタイミングといえます。将来のために、実際に役に立つ資格を取得しておくと、現在の会社を辞めたあとも心残りもなく、前に進んでいけます。加えて、資格取得後は転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、転職先の面接の場では担当者に戦力として使えるとみなされ、以前の職場より待遇アップも期待できます。

  • とある古物商の求人にて、書類審査に合格しました。その後…

  • とある古物商の求人に応募したところ、書類選考に受かりました。すぐに担当者から、面接予定日を連絡してもらいました。しかし、面接日当日、行ってみると、手違いがあったのか相手が面接の用意を一切していないことに気づきました。所長らしい男性が面接に応じてくれましたが、始めから終わりまで、非常にやる気のなさそうな態度を見せて、かろうじて面接が終わりました。だが、予定日を過ぎているのに、合否結果すらなく、もどかしくなり、自ら問い合わせてみると、「結果は郵送で本日送付しました」と言われました。心待ちにしていたのですが、ですが、これも届かず仕方なくまた電話した結果、驚くことに、「残念ですが不採用になりました」、とこちらが話す隙もないまま電話が切られてしまいました。私は呆れ果てて何も言えませんでしたが、正直、採用されなくて良かったとホッとしています。

  • 自分のスキルや資格が有利にはたらくように就職活動する場合・・

  • 今あるスキルを有効活用しつつ、再就職を検討しているなら、比較的、転職しやすい業種と比較的そのスキルが不必要な、転職が難しい業界がある事を理解しておきましょう。転職が容易な業界としては、慢性的に人手不足である「医療・介護」が、代表的といえます。医療・介護系の仕事は看護師、介護士の「資格」が必須なため、ハードルが高く、資格保有者に有利な業種といえます。今、医療や介護の現場で勤務している人が、何かしらの理由によって他の業界に再就職しようと思う場合は、すぐに決断してしまわないほうが良いです。「医療」「介護」以外の多数の業界は、スタッフの流動性はかなり低くなります。そのため、容易に考えない事が必要です。異業種への転職を本気で考えるのであれば、異業種では医療や介護系の業界ほど売り手市場とはいかないので気をつけておきましょう。

  • 転職期間ではそういう風にしたいわけではないのに時間が有り余っている分・・

  • 転職を決めるあいだは、知らず知らずのうちに時間があるため、だれた生活を送ってしまいがちです。でも、そのような過ごし方を常習化させるのは危険です。なぜならば、だらだらと過ごす生活が普通になると肉体的にだけでなく、「精神的」にも悪影響があるからです。そのうち、働く気力も失い、お金が回らなくなって困ることにもなるでしょう。そうなってしまうと、悪いサイクルにはまり再就職先が見つからなくなります。次の仕事をハッキリ決められないのは、お金を一番に考えるようになるからです。もらえるお金を最優先に転職先を探すことになるとやりたかった仕事を求めて転職を決意していたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。ですので、お金に縛られない生活をするためにも、ダラけるような生活はしないように常に意識を持ちましょう。