転職することを、現在の会社の人たちがあなたの退職を知・・

もし転職前、現在の会社の人たちがあなたの転職を知・・

  • 再就職の前に、今勤めている会社の同僚たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、、状況が大きく変わるおそれがあります。周りとの付き合い方によっては、これまで通りに行くこともありますが、意地悪される可能性もあります。そればかりでなく、残業時間を増やされるキケンもあるので、軽々しく「転職します」と周囲に伝えるのはお勧めしません。上記のようなトラブルを回避するためにも、仕事をしている現場では、いたって真面目に振る舞いましょう。充分に警戒しておけば、良い雰囲気を最後まで保ちつつ、心置きなく会社を辞めることができます。また、円満に退職できたなら、転職後、困ったときに相談できるかもしれません。業種などに関係なく、どういった企業であっても、人とのつながりがとても大事なので、仕事を辞める前のトラブルは、なるべく回避しておきましょう。
  • 近年では、株式・不動産投資などの不労所得、もしくは個人事業や起業で頑張っている人も増えています。

  • 現在では、株式・不動産投資などの不労所得のほかに個人経営 ・起業といった生き方も社会的に人気を集めています。そのような社会的変化もあり、「起業はキケンだ」といった見解も変わってきています。高度経済成長期の際には将来的に不安定な株式投資や個人事業よりも雇用されて働いているほうがずっと安定していて、人生の正しい進路として、またそれが決まり切ったことであるかのように世の中に認知されていました。しかし、そんな成長期は終わり、現代は「成熟期」といった名称でいうらしいです。今後は、機械化、自動化が進んで仕事で、人の力を不要とする時代が到来する、とも言われています。
  • 転職活動のコツは企業そのものよりも、採用担当の面接係員と・・

  • 転職活動では、企業そのものというより、採用担当の面接官とのやり取りが肝心といってもいいでしょう。面接で成果を出すためにも、先ずは肩の力を抜いて焦らず、平常心でいるように心がけましょう。たとえば女性とお見合いをする意識で望むと良いと思います。また面接に進むとまず最初にあなたの内面的な部分を判定されるので誤解を招くような言動や見た目は注意し避けましょう。良識ある社会人らしく状況に適した服装(T・P・O)を意識しておきましょう。あなたの個性を表現できるといいでしょう。魅力的な人物として、面接官に認めてもらえたなら、転職活動での良い結果が出しやすくなるはずです。
  • 転職活動をしたとしても、あらゆることが首尾よく運ぶワケではありません。

  • 転職活動をしたとしても、全てが首尾よくいくというわけではありません。もしも転職するのなら、いずれにしろ転職をしなくてはならないなら若いうちに出来るだけ早く行動したほうが良いです。普通は、30代前半まではとても有利ですが、30代後半~40代に達してしまうと転職そのものがとても厳しいものと考えておくべきです。重要な役職をすでに担当しているのなら、転職を考えていても会社に残ることも選択肢に含めておくべきです。ようするに、退職後に転職活動を行うよりも、現在の会社に籍を置いたまま慎重に行動したほうが良いでしょう。
  • 数ヶ月ほどまえに、転職をやっとしたばかりであるにも関わら…

  • 3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりだというのに、数ヶ月しかたっていないのに退職を選択してしまう人がけっこうよく見受けられます。何故かと思うと私見ですがリフレッシュな気持ちで良い職場で勤務を始めてみたものの、「自分自身の考えていた職場環境とおかしいと思うほどギャップがあって幻滅した」「独自のルールに慣れなかった」といったことで退職を決意することが珍しくないといいます。できればこのような、転職に関しての失敗をしないためには、とにかく前もっての情報集めは欠かせません。手を抜くことなく行うべきなのです。職場環境、具体的な業務内容、などあれこれ事前に調べておくことで転職における失敗は大きく減らせるはずです。
  • もしもあなたが再就職を考えた場合、「Uターン」「Jターン」といった具合に、…

  • 再就職しようと考えた場合、「Uターン」「Jターン」において大都会から地方へと移住したうえで再就職してみたいと感じている人が増加傾向にあり、事実、実践している人も多くいます。今では求人情報サイトをうまく活用すれば、郊外や地方での求人情報にも容易に得ることができますが、ただ残念なことに、地方や郊外での求人情報では、都市部の場合よりも、数が少なく良い条件も少ないのが欠点といえます。したがって求人サイトだけに頼り切ると機会損失が大きくなるので要注意。転職サイトに加え、その地方の自治体や商工会議所のサイトもまめにチェックしておかれることをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」といった役所が主催する就業サポートの有無も見ておくと、良い出会いが期待できます。
  • 新たな仕事でそれまでに身に付けた能力をフル活用できれば…

  • 新たな職場にて今までに身に付けたスキルを生かすことができれば、即戦力として周囲から一目置かれじきに職場にも馴染めるようになるでしょう。人を雇おうとしている雇用先もそのような人材は常に必要なので、企業側が判断しても即戦力となる転職は簡単に採用されるでしょう。加えて以前の仕事と似た業界であれば、転職自体、難なく叶えられるでしょう。でも、なかなかのスキルがあるといっても一流企業の事務系、公職については、昔と変わらず相当な競争率ですから、覚悟を決めておきましょう。
  • 『なるべく早く転職をしたい!』と思っていて、自分の意志が固いな…

  • 『なるべく早く転職をしたい!』と考えていて、その意志が強いのであれば、退職したいという旨を即、上司に伝えておきましょう。しかし、ここでは曖昧な表現をすると言いくるめられる可能性が高いので要注意です。実際、私も上司へ転職相談をしたのですが、ズルズルと長引き結果的に、退職までに半年ちかく掛かりました。はじめに、直属の上司へ相談をしたのが年度末だったのですが、実際では数ヶ月働いて退職を受け入れられたのは同年11月です。希望ではちょうど年度末を退職のタイミングにしようと考えていたのに、思ったとおりにはいきませんでした。会社にも人事の采配が必要なのは分かりますが、スタッフの要望を聞かないまま、会社ぐるみで私の都合を無視する形で引き伸ばされたのでその会社に対しての前の職場に対してガッカリしました。
  • 将来転職活動をするのなら、気になる求人(または業界…

  • 将来的に転職活動をするという時は、気になった求人(もしくは業界)を見つけたら、必ず「〇〇業、ブラック」でネットで検索したほうがいいです。求人票や担当してくれる転職エージェントから入ってくる言葉からは、まずその業界に関するマイナス面などは知ることができる確率は低いです。もしも、ブラック案件が蔓延している業種なら、ネット検索によってカンタンにすぐに多くの事例に触れられるはずです。そういう検索をしないまま、入社すると、のちに入ったことを後悔してしまうかもしれません。そもそもその求人が出されていた理由が「内容がキツイからなかなか人が定着しない」という場合も多いので、気になる案件・業種については、注意したほうが賢明です。
  • 近頃の転職事情については、政治による変化の兆しが出始めています。

  • 政治により変化の出始めている転職を取り囲む状況について、安倍総理が主導する現政権によって、アベノミクスや三本の矢で経済政策が次々に展開されています。経済政策共々日銀による「金融政策」との相乗効果によって、財界や民間企業間でも次の世代の変化が顕在化しつつあります。その余波を受け、企業伸長とともに今度は若い世代の減少と現役世代の大量退職による「働き手が足りないこと」が社会的な問題として取り上げられています。ちなみに「外国人労働者」の比率を現状以上に高めていくであると現内閣は宣言しています。外国人労働者が増えることによって、こういった変化によって、国内の雇用や転職といった事情にも、大きく変わっていくのは確実といえます。
  • その昔は看護婦ですが看護師というのは男性以上に女性が活躍して…

  • 看護婦という名前だった看護師は務めとしてどうしてか女性の割合がすごく大きい職場です。また気力あるいは体力の消耗が激しい特徴もあります。なので、職場の環境での対人関係が上手くいかなかったり、自身の結婚や出産の後にそれまでとは同等の勤務が継続できなかったりして、仕事とプライベートとの両立がかなり難しい仕事です。実際に、上記のような点に行き詰まり、職場を変える人が多いというのも事実です。過酷な環境ということもあり、看護師は、国内のあらゆる場所で人材不足に陥っています。なので、各病院は、看護師を求めている「売り手市場」であるため、さらに転職に拍車を掛けるスパイラルになっています。
  • 女性が転職する場合、数年前と今現在とは少なからず、状況に違いがあったりします。

  • 女性が再就職する時、一昔前と今日とでは少し変化が見受けられます。以前は面接のなかで、既婚者なら出産の予定に関して、当たり前のように女性に質問していました。ところが、最近では、結婚などについては、セクハラと会社側が捉え、質問しない企業が増えています。そして、名の知れた大企業ほど、かなり神経を尖らせているようです。しかしながら、企業側としては、YES・NO、の2択でなく、その女性の価値観、結婚したあとどうするか、育休の取得が必要なのかどうかなどを漠然とは知っておきたいとは思うはずです。自分自身の考えを理解しておいてもらうためにも、志望動機・自己PRと併せて伝えることで、会社側にもしっかり伝わると思うわけです。というワケで、たとえ、質問されていない部分も、先にあなたの方から積極的に答えてみることを考えてみてください。
  • 再就職をスムーズに行いたい場合、然るべき準備はしなければなりません。

  • 転職する場合、それなりの準備は不可欠です。一言で準備といってもたくさんありますが、なかでも、目に映る「服装」は、大事に感じてしまいます。けれども、近年の採用面接では私服がOKな会社があるので、スーツを着て面接に向かわなくてもいい場合があります。とくに創業してすぐの歴史のない企業ほど、柔軟な考えをしていることが多く、がちがちの服装で行くよりも印象が良くなります。また、ざっくばらんに会話がしやすくなります。そして私服だと、面接の際に、服装について、話題が広がることがありますから、うまくいけば担当者と仲良くなれる期待ができます。というわけで、これから転職する際は、企業の「創立した年」で選択し、(ベンチャー系企業の)面接の際はスーツは着ずに私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。
  • これまで20代前半に転職を数回経験し、今現在は資格を取る目・・

  • 私は20代で転職を2度行い、いまは資格を取るべく派遣社員として企業に採用されました。フルタイムの勤務とは違うのでどうしても毎月の収入は安くなりました。しかしその分、前よりも心と時間に大きな余裕が生まれ、満足しています。たまに、学生のうちに資格を手に入れて、仕事すればムダがないのに、と悔いはちょっとあります。やはり、実際、そのような人を見ると余計に羨ましく思ったりもします。これまでの私は、成功している人と自分とのギャップに肩を落とすこともありました。しかし現在は、結婚し、がらりと生活自体が大きく変わり、前よりもその中で将来の目標も定まったのでしあわせな生活を送れるようになりました。
  • 転職サイトで登録したあとに、電話・メールが何回も掛かってきます。

  • 転職サイトに一旦登録すると、電話・メールが何度も掛かってきます。これに対して「転職エージェント」の初心者の方は、かなり驚くことが少なくありません。「転職エージェント」は、会員の転職を促すことが仕事なので、非常に積極的です。中でも特に大手エージェントは、転職を成就させる対価として企業からお金をもらえるシステムといえるので、転職したい人の都合よりも企業の都合を優先的に考えることが多々あります。加えて、転職エージェントは、契約数を増やしたいために、内定を得た瞬間に、「入社されてはどうでしょうか?」と半ば強引に説得してきます。防御策として自身の気持ちを明確にしておき、妥協した形の転職とならないように注意することが大事です。
  • 先日転職先を探すために人材紹介会社へと登録に行きました。

  • 先週新しい仕事先を探すために人材紹介会社に登録に行きました。私のカウンセリングのために出てきた担当者の雰囲気が見たところ入社して間もない新入社員のようで、こちら側が説明している話の5割ほども彼はわかってはいない様子です。おまけに「そのキャリアデザインでは厳しいですね」とか「自分の強みについてもっと考察することが大切でしょう」とか、何もかもわかっているかのように横柄に話すから非常に不快な気分になりました。カウンセリングをする人はいくらか能力のある方に、してほしいです。
  • 派遣会社に登録して働いています。

  • 今、私は派遣会社を通じて働いています。サイトの中で気になる仕事を見つけ出し問い合わせてみると「そのお仕事はもう他の人で話が進んでいます」と言われて一時的にウェブサイトから仕事の情報が消滅するのですが、翌日にチェックすると情報が閲覧可能になっています。それって結局私ではダメだと言っているのと同じですね。そうであるならば最初から変に隠さないようにはっきりと言ってほしいのですが、そうするのは難しいのでしょう。そうでなければ客寄せのための偽のお仕事なのでしょうか?