転職活動をしている際に、面接において必ず質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動中に、面接で例外なく聞かれる質問は志望動機と転職理由の2つです。

転職のための活動を行っていて面接時に絶対に尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。これらのうち志望動機については、隠さずに話しても差し支えないですが、転職理由について正直に伝えるのはよくありません。たとえば給料に対する不満、上司とそりが合わないことなど、採用担当者に好印象を持ってもらえるものではありません。おそらく、自分が不利益を被ると予想できることをストレートに話す人は極めて稀だと思いますが、採用担当者はそのような部分に関心を持ちやすいので、慎重に質問されることは避けられないでしょう。これに対抗して悪い印象を与えるのを回避する方法として、現職の仕事内容以外のことは話さないことです。さらに、この企業に入社してこんなことを実現したい、「3年後にはーしたい」「5年後にはーしているだろう」、「こういった希望を叶えられるのは御社だけです」、といったような志望動機に話をすり替えてみましょう。

シフトの業務についてです。決まった曜日に仕事できる人を募集する求人…

これはシフト制がある仕事についての話です。毎週、同じ曜日に勤務できる人を募集している求人をけっこう見るのですが、もしも応募しようと考えているならシフトの出し方や休み方を確認しておいたほうが良いです。私は過去に、産休で抜けた人の代役として、正社員として就職したのですが、「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、新人の私以外、誰も現場にいませんでした。産休に入った女性が「土曜、日曜」に必ず出れる人だったので、私もそういった形で扱われたしまいました。なので「土日」に冠婚葬祭の予定が入った場合、シフトを変更してもらわなくてはならず、上司に「土曜日に休まなければならないので代わりに出ていただけませんか?」と私自身が頭を下げなくてはいけませんでした。立場も給料もほぼ同じなのに土日を私ひとりに任せっきりって、一体・・・。今思うと「本当によく耐えた」と自分でも驚きです。

転職時の面接では、零細企業であれば概ね「人事」が面接官です…

再就職のための採用面接では、小規模業者であれば概ねその社内の「人事」担当者が面接官になりますが、それ以外のケースもあるはずです。直接、仕事を一緒にしていく作業部署の一番偉い人、要するに課長や部長クラスが面接場にいあわせることも決して少なくありません。また事務系や営業系といったジャンルでは、資格を通じた人の評価が難しいので自主的に自分自身をアピールしていくようにしたいものです。面接官の誰からも「この男は、きちんと自己アピールできるし、それにやれそうな感じだな」と思わせ、自分という人間を覚えていてもらうことがとても大事です。

転職サイトは、大手企業が運営しているものであるほど多数の案件が掲載されているため・・

「転職サイト」は、大手が運営していたほうがたくさんの転職情報が掲載されているため、2社か3社くらいとりあえずは転職者登録して、希望する勤務地や年収に対してチェックを入れて、あとは条件に合う求人情報が掲載されたら自動的に通知されるように設定しておくと情報収集が楽になります。しかし、初回に限っては登録するのにとても労力を要するので、登録前に履歴書と職務経歴書をきちんと準備し、そのコピー&ペーストをする形で登録すると便利です。登録をする初回時は時間が多少掛かるため、案件の検索や、その後の応募も大変な作業になりますが、次回以降は、新着の求人情報だけ確認すればいいので、次回以降の応募を楽にするめにも、最初にきちんと準備することを頭に入れておきましょう。

転職を度々しないための方法が一つだけあります。

転職を度々しないために、ひとつだけ対策が必要です。スキルを向上させることもそうですが、それとは別に精神的なスキルを磨くと転職を繰り返すことがなくなります。現在は、ネットを使って精神面を鍛えるのには良い情報はとてもたくさんあります。また、意外とも思えるでしょうが、転職とは全然違う行動によっても、精神面を鍛えられます。それは、ズバリ海外に行くことです。海外に行くと、文化も言語も大きく異なるので、どんな瞬間も勉強になります。なので、精神的な成長を遂げるにはピッタリの策といえます。帰国すると、「自分の視野の狭さ」に気づき、世間はこんなにも狭かったのだということを思い知らされることになります。その気持ちのまま転職先を探し直ぐに面接に行くと、今までとは違って自信満々に自己アピールができるはずです。ただし、退職間もないあいだは、精神的に弱くなりがちなので、心の回復のために休業期間も必要です。

転職サイトや転職エージェントなどを活用し、転職活動される人は今では普通になってきました。

転職サイトや転職エージェントといったサービスを使用して、転職活動を行うことは現在では常識といえるかもしれません。だとしても、転職先を確実に見つけたいのであれば、加えて転職フェアに参加するのがおすすめです。転職フェアは、多くの企業は一堂に会しており、参加した際は複数の企業について知ることができ、その上、スタッフの言葉遣いやマナーから、企業特有の個性を感じられるでしょう。転職フェアに参加する機会があれば、面接に行く心構えでしっかりと自分をアピールしましょう。仮にフェアのあいだに企業側の担当者に気に入られれば、それからあとの採用面接時にかなり有利になります。

これから、私たちの労働環境においてみるみるうちにシンプルな作業…

私たちの社会的環境において、この先ますます思考を必要としない仕事は機械化に置き換わって当然のことながら必要な人手は少なからず削減させられてしまいます。そのワケは、シンプルな仕事は人の手を借りるよりも機械で進めたほうが圧倒的にすぐれているからです。数をカウントしたり、同一の手順を延々と繰り返すことは、機械には何の苦もありません。もちろん人間とは違って愚痴も言わず、疲れることがありません。また、誤魔化すこともないし、正確な作業ですし、均一だし、おまけに報酬を渡す必要もありません。このような観点から労働力として生身の人間を使う意味が到底無いので機械化されるのは必然ともいえますね。

仮にあなたが、転身を決断したのであれば、徹底的に周囲に…

万一あなたが、転職の決断したのであれば、徹底して周囲の人には内密にそれを悟られないように、うまく転職活動を進めていき、現職期間中は、できる限り周囲に知られないように淡々と仕事をするのがもっとも無難です。現職中、その状態をキープしておくと、もしいい転職先が見付けることができなくても、転職を延ばしつつ、今の仕事を残っても容易にできます。でも軽はずみに「転職するつもりでいる」と口にすると、社内の人間は、それに合わせて対応します。しかも周囲に「辞めるつもりです」と口にしたら、同僚からは「あの人はもうじき退職する」と広まります。そのような状況になってから、転職したい思いがなくなり、「やっぱり仕事は辞めない」となっても、周りの人間には、「一度は辞めようとした人」といった目であなたを見るので、在籍しているあいだ、肩身の狭い思いををするしてしまうことになるかもしれません。

転職して勤め先を新しく替えるということは、自身に見合…

転職して仕事先を一新するということは、自分自身に見合う理想に近い場所に就職したいものです。職場を変えれば自分向きの仕事に就く可能性もあります。けれども、現実に行動する際は、相応の努力を持っていないと、転職自体がままなりません。逆説的に表現すると、自分自身が価値ある人材になれば、「天職」に巡り会えるチャンスがある、ということです。近年は、「職業選択の自由」が権利として認められていて、仕事を変えても特にトラブルになることはないでしょう。組織と人との関係が軽薄になりつつある今は、「スキルのある人材が欲しい」と思っている企業も増えているため、今の良い時期に乗じて転職されるのも良いかもしれません。

こういう転職というのは知り合いから聞いた話です。

この話は友達から聞いた話です。始めに大学生のときの就職活動でどうしても入社したかった目標であるA社で行われた入社試験で、最後の役員面接までいきながら採用されず、そのため他の会社で働くことになりました。そのあと1年経ったぐらいに派遣の求人サイトを見ていた際偶然A社の紹介予定派遣の仕事を発見することができ、どうにかしたくなって当時の会社をすぐ辞め、A社で派遣の勤務を開始、やったな、と思った行動です。必死のパッチで頑張ってその後どうにかA社で正社員として仕事をすることができ、今は仕事のやりがいを感じながら元気に仕事をしています。

いよいよ転職しようと思うのなら、直近の業務や業務での不満に思う部分を…

転職活動をするのなら、今現在の職場や仕事での納得いかない部分、不満に思う部分を明確化する事が必要です。これは当然できていると思われますが、意外とできてないです。気に入らない点が限界に達しているから転職したい、と考えるのは分かります。が、「きちんと存在する仕事・業務の問題なことを挙げる」ことをほとんどの人はやっていません。不満点を明確化し、解消されるならば、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自身の問題を見える化しておくと、転職選びに失敗するリスクは減らせます。そのあとに、仕事を変えることで「今より何が不便になるか」を明確にイメージしてみましょう。転職したとしても、転職すれば現在抱えている悩みが全て解消されるとは限らないからです。こうした整理をする事で、転職後のモチベーションの低下を防ぐことができるでしょう。

最近はパソコンやスマホで調べればネットで見られる世界で…

近頃はスマホで調べればインターネット上には、「転職に関するサイト」と呼ばれるものがそこらじゅうに存在します。サイトから自分自身に合った転職先と思えるのを見いだすにはとりあえず情報が大事ですから収集をしましょう。「転職サイト」をうまく活用することで、効率的な転職を叶えられます。最新情報が満載で、転職希望者にとって役立つ情報が満載で、客観性ある内容に富む「転職サイト」もありますが、それとは対称的なサイトもあるので、注意しておきましょう。使い慣れないうちは、信用できるサイトかどうかを見極めることが大事ですから他と比べつつ、厳しくチェックしてみてください。

派遣会社での仕事が決まりました。

派遣の仕事が決まりました。仕事の最初の日に派遣会社の営業の担当者と就業場所に近いコンビニで合流する約束だったのですが、営業担当者がどういうわけか店の前にいないので店の中にいるのではないかと考え店の中に入っていったら、担当者はなんとまあ雑誌コーナーの前にしゃがみ込んで成人雑誌のグラビアページを開いて閲覧していました。こんな担当者の仕事なんて絶対嫌だと感じ、そこで声をかけずお店を出て即座に派遣会社へ辞退する旨の連絡をしました。

転職時の面接では、少々うそを交えたほうが良いこともあります。

転職時、必ず面接をすることになるでしょう。担当者から「転職理由をお聞かせください」と必ずと言っていいほど質問されます。こういった場合、どのような訳がであれ、前の職場の人づきあいや労働環境に関しての不満を絡めた受け答えは、できれば口にするのは避けるべきです。なぜかというと、そのような内容をうかつに喋ってしまうと、あなたにマイナスのイメージが付き、チャンスを逃してしまうことになりかねません。ですから面接時は、「ポジティブ」な姿勢を見せつづけることが必要があるため、本当の理由でなくとも、「新しい職場では自分の能力を十分に発揮し、御社に貢献していきたいと考えています。」のような未来形での話ぶりが理想です。

生まれて初めて失業保険を受けるときに、「何もしなくても自動的にもらえる」と考えている人・・

生涯初の失業保険を受けるケースでは、ただ給付されるのを待っていればいいと考えている人が多数派ですが、それは誤解です。実際には、きちんと受け続けるためには、「就職活動」をしていないと駄目で、その上に、毎月一回はハローワークに通う必要がある。月ごとに職員に求職活動の状況をきちんと説明して真摯に就職活動をしていると判断されれば次の月の給付が行われるという仕組みです。他方、本気で就職活動に取り組んでいないという心証を与えたり、毎月の職員との面談に不参加なときは、ルールとして給付がされなかったり、ときにはそれ以降の給付資格も失効するおそれがあるのでそうならないために注意してください。

転職の面接などの場面でもし面接担当者に名刺を手渡されたら、…

再就職の時の面接などの際に名刺を手渡してきたら、こちらも名刺を相手に渡すべきか?と迷ったら、基本的には差し出さないもの、と覚えておいてください。転職のための面接に関して言えば仕事内のことではなくて、職を得るための採用活動の一部なので、一般的に名刺を交換する時ではないのです。それに加えて、あなたは会社の人間としてではなく、個人的なことでこの場にいるわけです。したがって、もし相手の方から名刺を渡された場合であっても、あなたのほうは名刺をもらうだけでよくて、相手に渡す必要性は少しもないと考えられます。

今がんばっている転職活動時、「自分はこれまでこうい・・

今励んでいる転職活動をしているときに、「自分はこれまでずっとこういった内容の仕事をがんばりました」「過去の仕事では、こういったスキルを得られました」と実績・セールスポイントをアピールする人は頻繁に目にします。しかし、志願し1から始める場所で「可能ならばこういったことをしたい」「これこれの内容の仕事ならぜひ貢献したい」と将来的なビジョンを話して自分をアピールする方が過去の実績以上に反応が良いはずです。この点を意識して、転職活動をがんばってみてください。