転職サイトや転職エージェントなどを活用して、転職活動する人は年々増えています。

転職エージェントと転職サイトを活用して、転職活動を行うことは現在では当然のことでしょう。

  • 転職サイトや転職エージェントといったサービスを活用して、転職活動する人は少なくありません。とはいえ、転職の可能性をもっと高めたいのであれば、その上に転職フェアの利用が有益です。転職フェアの長所としては、多くの企業が一堂に会するので、そこに足を運ぶことによって一度に複数の企業の情報を得ることができ、それだけでなく、説明担当の企業スタッフから、それぞれの企業の「雰囲気」を感じられるはずです。転職フェアに参加する機会があった場合、面接を受ける心構えで良い印象を相手に伝えられるように意識しておきましょう。それが奏功してフェアに参加している間に、企業に自分の魅力が伝われば、後日応募して採用面接でかなり有利になると期待できます。

  • 転職先を見つけるために人材紹介会社へと登録に行きました。

  • 新しい仕事を見つけるために人材バンクに登録をしに足を運びました。そのとき登録するときのカウンセリングの時に現れた担当の方がどうも入社してから間もない新入社員で、私が説明したことの3割もその社員は理解できていない模様。さらに「キャリアデザインが全然ですね」とか「もっと強みをはっきりとさせるべきです」等、一丁前に横柄にのたまうので非常に不快でした。カウンセリングをする人はいくらか能力のある人にするべきです。

  • 転職活動を行うのに、勤務先の会社に退社の意向を伝えてか・・

  • 新しい職を探すのに、とにかく勤務先の会社に退社の意向を伝えてからという考えを持つ人もいますが、そうであるなら次のボーナスがいつ入るのかを確かめておきましょう。ボーナスがもらえる企業はそこら中に存在しますが社員にボーナスが支給される場合には、ボーナスをゲットできる時期まで数か月しかないなら、ボーナスをもらった後で退職届を提出するという考えも得をする方法です。ボーナスはってかなりたくさん入るので、もらった方が良いと分かりますから、会社を辞めるときにはいつまで待てばボーナスが入ってくるのかを確認するのを忘れないようにするのが賢明な方法です。

  • 在職中であるのなら、出来るだけ社内の人間に悟られないよ…

  • 在職期間にあるときは、なるべく社内の人間に悟られないよう、(ちなみに私のときは)雇用期間中に「転職するかも」という考えを活動初期に周りの人間に言ってみたことがあります。ところが、それから、求人を散々見て回ったものの、予想に反して転職先も転職するタイミングすら何も決まらないまま、あっという間に時間だけが経過してしまいました。一方の会社のほうは、退職に関わる諸々の手続き、自身の退職日などが続々と確定していき、最終的に、「退職予定日に合うように、転職先を見付ける」といった、お粗末な事態になってしまいました。実際には内定をもらったその会社を蹴り、失職期間を経験したのち、次の就職先を探すハメになりました。

  • 退職と転職を繰り返す日々を止めるための術が一つだけあります。

  • 転社を度々しないためには、コツが要ります。スキルアップもそうですが、それとは別にメンタル部分のスキルを磨くと、転職を繰り返さなくなります。ネット社会の今ではメンタル面を強くするための自己啓発系の情報はたくさんあります。そして、転職とは関連性のないことでも、精神面を強くすることが可能です。何かと言うと「海外旅行」です。外国は、言葉も文化も大きく異なるので、目につくすべてが刺激となります。なので、心の成長を成し遂げるにはぴったりの策といえます。日本に帰ってくると、「自分の視野の狭さ」にビックリしたりして、世間はこんなにも狭かったのだということをしみじみと感じることができます。その気持ちを携え(転職のための)面接を行えば、今までとは違って自信にあふれた態度でアピールもできるはずです。しかし、退職直後は精神的に弱くなりがちなので、休みも必要です。

  • 世の中は変化していてスマートフォンで調べればインターネットで見られる世界・・

  • 世の中は変化していてパソコンで調べればインターネット上には、要するに「転職に役に立つサイト」と呼ばれるものがかなりの数あったりします。その数限りないサイトから自分が欲している転職先と思えるのを見つけるにはとりあえず情報を集めることが必要です。このような「転職サイト」をしっかり活用することで、満足度の高い転職先探しができます。更新頻度が高く、さらには客観性と正確性を持ち合わせた「転職サイト」もありますが、優良とは程遠い、粗悪な情報しか掲載していないサイトもあるので、充分に注意しておきましょう。はじめは、本当に信用していいサイトかどうかを見極めることが大切ですから類似サイトと比較しながらしっかり確かめてみてください。

  • 転職活動中に、面接のときに高い確率で尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

  • 転職活動をやっていると、面接のときに例外なく尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。このうち志望動機に限っては、率直に話してもOKですが、これとは違い転職理由についてありのままに伝えるのは問題です。例をあげれば給与に対する不満、上司や同僚との人間関係など面接官に悪いイメージを持たれやすいものです。もっとも、自分にとってマイナスになると予想されることをストレートに話す人は極めて稀だと思いますが、採用担当者はそういった点に注目しがちなので、慎重にあなたへ「探り」を入れてきます。不満を言うのを回避する方法として、現職の仕事の内容以外のことを話さないように心がけることです。そして、この会社に入社してこんなことを実現したい、3年後にはこうなっていたい、「このような私の目標を達成できるのは御社のみです」、といった形で志望動機に話題を変えてしまいましょう。

  • 違った会社につきたいと転職で活動している場合には「少しでも・・

  • 違った会社がいいと転職をする活動中の場合、「早く、内定(採用通知)をものにしたい」と考えがちです。とはいえそういう気持ちで内定通知を欲しいあまり、自分の能力に関して嘘をついたり、逆に安売りするようなマネはゼッタイに止めておきましょう。そうではなくて、焦る感情にぐっと抑えて、落ちついて自分にふさわしい職場を探すことに専念しましょう。これまでのキャリアを活用できるように、そして、自分のキャリアアップが期待できる会社を賢く見極めていきましょう。

  • 転職時、必ず面接をすることになるでしょう。

  • 転職の際、面接は避けて通れませんが、面接の際に人事から「転職理由は?」と質問されるはずです。そのとき、どのような事情がであれ、前の仕事場での労働環境や人間関係についての愚痴やトラブルを絡めた内容は、絶対に控えたほうがいいでしょう。というのも、こういった話をしてしまうと、採用の可能性をダメにしてしまいます。面接時には前向きな発言が肝要です。あくまでも「新しい職場ではより一層キャリアを生かせられるように、御社に貢献していきたいと考えています。」といった未来に目を向ける形が良い印象を持ってもらえるのです。

  • 新しく就いた仕事で今までの能力を活かせられれば、即戦力と周囲から見ら・・

  • 新たな職場でこれまでに身に付けた資格やキャリアをフル活用できれば、即戦力として認識され、直ぐ職場にも馴染めるし、人を募集している雇用した側としてもスキルを持つ人材は常に欲しがるので、時期さえ問題なければ、すんなりと採用されるでしょう。それに加えてこれまでの仕事と近い業務内容なら確率はおおいにあります。でも、それなりに能力があるといっても一流企業の事務系の業務や、公務員(国家・地方ともに)はいつの世でも相当な競争率となるのは違いないでしょう。

  • 期待をもって転職活動と付き合う事が出来れば、メンタルに負担を感じることもないの・・

  • 楽しんで転職活動と向き合っていけば、メンタルに重荷を感じることもないので、転職期間中の堕落も回避できます。それにメンタル面が健全であれば、あまり時間をかけることなく新たな転職先も見つかるはずです。そうするには、やはり、休職期間をつくることなく新しい職場を見付けることです。今の仕事を続けながら、次の仕事を見つけるのが理想的です。さらに、間をおかなければ退職後、直ぐに働けるので、経済的な心配もありません。そのように予定を組んでおくと、職歴にも空白期間ができることがないので、履歴書にもキズがつかなくて済みます。要するに、転職の時に不利になることがないということです。今後のことを考えつつ、円滑に転職活動を進めていきましょう。

  • 看護婦という名前だった看護師という仕事は、どうし…

  • その昔は看護婦という名前だった看護師というのはどうしてか女性比率がとても大きい職場です。さらに、気力や体力の大きく消耗しやすい過酷な現場が少なくありません。そのために、職場環境での対人関係のいざこざや、自身の結婚や出産などのイベントでそれまでとは同等の勤務が続けられなかったりして、仕事とプライベートとの両立が難しい職業ともいえます。実際に、上記のような問題に行き詰まり、転職する人が多い現実があります。過酷な環境ということもあり、看護師は、慢性的な人材不足に陥っています。常にどの医療機関も看護師を必要とする「売り手市場」であり、さらに転職に拍車を掛ける状態に拍車を掛けています。

  • 自分のスキルや資格をふまえて再就職する際は、転職がしやすい業界・・

  • あなたが持つ現在のスキルや資格が有利にはたらくように転職活動を考える際は、比較的、再就職がしやすいジャンルとしづらい業種を認識しておきましょう。転職がしやすい業界としては、慢性的な人手不足に陥ってる「医療・介護」がとても有名ですね。医療や介護の業種では看護師、介護士の「資格」が必須なため、ハードルが若干高いのも転職しやすさの拍車を掛けています。今、医療や介護の現場で勤務している人が、様々な事情により、異業種に再就職したいと思っているなら、少し考えてみたほうが良いです。「医療」「介護」以外の大半の業界は、働き手の流動性はかなり低くなります。ですから、安易に考えないことが大切です。転職を希望するなら、異業種ではすんなり受け入れてくれる先が見つからないと、気をつけておきましょう。

  • 派遣会社に登録した上で働く人が現在増える傾向にあります。

  • 派遣会社を利用して働く人が規制緩和の後、多くなっていますが、派遣社員として働く場合は、派遣先の会社から支払われる一時間あたりの報酬がいくらで、どのくらいの額(割合)、自分に入ってくるかを極力面接の際に質問しましょう。派遣業は、労働力を必要とする会社に人材を派遣し、その対価として手数料をもらうシステムで運営していますが、実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしている場合が多いです。半分以上支払われているのであればまだいい会社だが、中には開示すらしない派遣業者も少なくなく、気が付くと労働者に2割しか還元しなかった、ということもあり得ます。面接のときにあいまいにしか答えない会社は、なにかと不都合な点を隠そうとする特徴があるので、なるべく異なる派遣会社で登録されることを推奨します。

  • 仮にあなたが、現職からの転職を決定したなら、あくま・・

  • もしも、現職からの転業を決心を固めたなら、徹底して周囲にはひそかにバレないように、うまく活動していき、働いている間はなるだけ同僚に気づかれないように普段どおりに業務をこなすのが良い形といえます。この状態を維持していれば、仮に働き先が容易に見つからなくても、転身の予定を先送りにしつつ、今の職をそのまま続けても何ら問題がありません。そうではなくて、うっかり、「転職するつもりでいる」と口にしてしまうと、社内は、その言葉に合わせた動きを取ります。しかも辞めると一度言ったら社内では一気に会社内では「あいつは辞める人」という位置づけになります。そうなってしまってから転職したい思いが薄れ、「やっぱり仕事は辞めないことにしました」となっても、同僚たちは、「一度は辞めようとした人」ということで在籍中ずっと、立場が悪くなると感じるおそれもあります。

  • 現在、ブラック企業などと騒がれるようになり、労働条件関係の取り締まりが強化されたり…

  • 現在、ブラック企業がメディアで取り上げられたりして、労働条件についての取り締まりが強化されたり、会社名が公開されたりと損をするシステムができてきましたが、完全には至っていない状況です。実は、面接で見破ることができます。まずは求人票等に書かれている労働条件を確認し、それらの項目を順番に質問をぶつけていきましょう。おおよそブラック企業であれば、求人票の記載が嘘の場合、返答に詰まったり、「その場ではちょっと答えられない」といった逃げ腰になるでしょう。中でも給与と残業、休日に関しては、詳しく聞いていくと、渋い顔をする場合が多いです。それでもめげずに尋ねていくと、ふてくされたかのような態度を見せるので、そこでようやく相手のウソを確信できます。この手の会社は、募集要項を遵守してくれない上に、入社後もふてぶてしい態度でいることが多いため、何か違和感を感じたら、別の会社を面接しておいた方が良いでしょう。

  • 再就職しようと考えた場合に、「Uターン」「Iターン」におい…

  • 仮にあなたが転職しようと考えた場合に、「Uターン」「Iターン」のように、大都市から地方に移り住んで再就職したいと興味を持っている人も、実践している人も増えています。今のネット社会では転職サイトを使えば、地方・郊外の求人もタッチできます。地方での求人の場合、大都会の場合よりも、数が少なく良い条件も少ないので、それがマイナスといえます。といった性質上の問題があるので、求人情報サイトのみに固執するとガッカリしてしまうかもしれません。転職サイトにプラスして、「地方自治体・商工会議所」の情報サイトなどもきちんと確認しておきましょう。「地方自治体・商工会議所」といった機関が主催する転職サポート系のイベントについてもチェックすると良いでしょう。