転職すると高確率で以前の会社の仕事は美化されるものです。

仕事を変えると、大体の場合、前職のたいていの記憶は美化されます。

仕事を変えた際には、高確率で前職は多くは美化された記憶となります。実のところ現在の仕事に不服があるから、そういった思いを解決するためにやっとのことで再就職を決めたはずなのに、過去を思い返すと不思議なことに新しい会社よりも「前の職場のほうがマシだった」と思ってくるのです。それというのも当たり前で、前職は日々の業務をこなすことに慣れきっていて普通にやるべき仕事がたやすくこなしていたのも理由にあるはずです。けれども「やっぱり転職しなけりゃよかった」と後悔するほど、以前の職場の方が人間関係や労働環境が良い場合も考えられます。

時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって1年ご・・

派遣社員だからといって1年経ったらすぐ辞められるというわけではないことを実際に転職活動を通じて学びました。私は新婚生活に慣れたらできればすぐに子供を持ちたかったので、その時が来るまでのあいだ、1年半~2年ほど今の部署で継続で続けられれば良いなと思い就職しました。常勤ではなく派遣社員であったために、正社員よりも給料は少なかったのですが、やはり家庭の時間のために、この道を選択しました。しかし、いざ入社してみると一緒に働く方たちはほとんどが10年以上も続けて勤務していらっしゃったのです。派遣社員を選択しても、すぐに辞められる雰囲気もないと知り、困ってしまいました。

これから転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」で考えている…

転職で、「派遣社員」を選択予定の方に覚えていただきたい箇所がいくつかあります。まずはじめに派遣社員と聞くと「電話対応」「データ入力」「お茶出し」「その他雑用」のような業務をぼんやりと連想される方が少なくないでしょう。はじめは私自身も今、勤めている企業に入社するまでは「派遣社員」の募集に応募したとき、「主な業務は電話対応になります」と入社前に説明を受けてもいたので安心しきっていました。が、いざ仕事に就くと、なんと「電話対応」だけでなく、欠員した正社員の穴埋め役をやってくれと言われました。特別な知識もなく、入社前の説明とは全く違うので非常に参っています。とりあえず、「はやく契約期間が終わってほしい」と願うばかりです。

女性が再就職する際、セクハラが社会的に問題になる前と今とで…

女性の再就職に関しては、今日と一昔前では若干、変化があるといいます。一昔前は面接の際に会社側から、「結婚観」や「出産後の予定」に関して、普通に女性たちに質問していました。ですが、最近では、結婚や出産などについては、セクハラとして聞くのを避ける会社が増えています。とりわけ大きな会社ほど、タブーとして扱われています。しかしながら、面接する側は〇か×の2択でなく、その女性の姿勢、結婚後は退職するのか、出産後の細かい予定を知っておきたいとは思っている事でしょう。自分自身の考えを理解しておいてもらうためにも、自己ピーアールや志望の動機と一緒に表現することで、相手方にもしっかり伝わり、また、モヤモヤも解消できると考えます。ですから、聞かれていないことでも、あなたから配慮し、話をしておくのが良いでしょう。

全くの未経験である業種などに転身したいと考えているときに…

全くの未経験の分野などに転業する際には、自分が以前の会社で養われたスキルややってきたことを生かすことができるという内容の自己アピールが必要になります。経験をしたことのない分野の場合、未経験の分だけその業種で勤務したことがある方よりも実際のところ、不足することはありますが、自らが保持しているスキルがその業界でも生かせるということをしっかりと伝えることができれば、勝負になるケースは考えられます。そのような訳で、経験のない業種に挑戦するときには、その業界と前の職場でやっていた職務内容とのつながりを必ず見つけ出してみましょう。

就業していた会社で嫌な感じの上司に悩まされ、最後に…

新卒で採用された会社で意地の悪い上司に嫌な気分にさせられ、結局これ以上は無理だと思いその会社を辞め、同業者である他の企業に行くことにしました。転職先の会社では居心地よく勤務することができてとても満足のいく毎日でしたが、少しずつ会社の債務が増えて、とうとうとある会社に経営統合されることとなりました。その経営統合した先の会社がなんと前働いていた会社で、それどころか大変嫌いだった上司が再び私の上司になることに。まったく困ったことになりましたが、どれだけご縁があるのでしょうか。当然ながらまた転職をしようと活動を開始するつもりです。

初めて転職をする際、注意すべきことはなぜ現在の仕事を辞めたいかにつ・・

人生初の転職をするのであれば、重要なのはどうして現在の仕事を去るのかを頭の中で整理しておくことだといえるでしょう。その理由こそが根本問題なので、必ず考えておくべきでしょう。そして問題解消が可能な会社を決めましょう。社会に出てからの転職活動は、新卒の就職活動とは大きく異なり、現在の仕事と並行して転職活動を続けるので、時間の調整能力も、気力・体力も必要です。だから理由が明確にされないまま転職活動をした場合、途中で行き詰まる可能性が高くなります。何とか転職したい、現状に変化を加えたいといった強固な意志がない場合は、転職活動を本格的に始めることはやめましょう。

転職時に比較的重視されるのがまぎれもなく「面接」になります。

再就職において、とても重要なのが間違いなく「面接」です。大半、面接の際は応募者に対し、転職をする理由や仕事の意気込みなどいろんな質問が飛んできますが、そしてほぼ100%、一通りの質問と説明が終わると、転職希望者から面接担当の人に疑問点などを質問できるわけです。担当者から、「なにか弊社についての疑問点はありませんか?」と。そういった質問が来たときは、面接者本人が答えを用意しておらず、慌ててしまう可能性もあると思います。こんな場面に備えて、面接の前には面接官からの質問に際し、聞きたいことを考えておきましょう。具体的に知っているわけではありませんから、しっかり考えておけばいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、やってみてください。

もし転職することが、現在の会社の人たちがあなたの転職を知ってしまう…

もし転職することを、今の会社の人たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、、職場の状況が一変するかもしれません。場合によっては、問題はないこともありますが、意地悪ややっかみのおそれもあります。さらには、残業時間を増やされる仕打ちも考えられるので、軽率に「転職します」と口にするのは考えものです。そのようなトラブルを避けるために、現在の仕事場では、いたって真面目な態度でいましょう。そうすれば、良い空気をギリギリまで残したまま、気持ちよく会社を去れます。そして、何の問題もなく円満退職できれば、転職後に、困った際には相談できるような良好な関係性を持っておくことができます。どこの企業も人との縁は大事なので、退職前のトラブルは、可能な限り回避してください。

多くの場合大きな会社は「定期採用」がメインです。ですから、…

一般的に大企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めます。ですから、転職で入りたい場合は、タイミングを考慮しなくてはいけません。また、地方でとなると転職の見込みがたいへん少なくなります。とはいえ「製造業」関連であれば、都市部でない地方の工業団地などに製造の拠点としていることも可能性があります。さらに、そのような地方の工場の場合、事業拡大などの節目に途中採用する事がよくあります。そういったチャンスに転職を検討してもいいかもしれません。地方の工場に転職しようと考えているなら、転職を希望する企業の情報を把握し、ホームページに訪問し、求人予定の有無など、こまめに確認しておくと間違いがありません。

これから転職活動を始める際に次の仕事を始めるまでに時間があるのな…

転職活動をする人のなかで、次の仕事をはじめるまでにある程度期間がある場合は、ぜひ「失業手当」をもらっておきましょう。失業手当は現在の会社が社員に「雇用保険」を支払っていた場合は、手続きをすれば必ず失業手当を誰でも受け取ることができます。そして手続きは「ハローワーク」で行います。自身の都合によって仕事を辞めた場合は、「自己都合」として処理されるので、失業手当を受け取るまでの待機期間が3ヶ月となりますが、勤めている企業の都合での退職、あるいは残業時間次第ではただちに受け取れる可能性もあります。なお、もらえる「失業手当」の金額は、会社で最後に受け取った月の近々の給料を基準に支給する額を計算されるため、企業に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の場合は、なるべく「繁忙期」後に辞めるのがお勧めです。

『今すぐ転職をしたい!』と思っている人で未来の進む道もハッキリしているのな…

『なるべく早く転職したい!』と思っている人のなかで、自分の意志が抑えられないくらい強いものであるなら、速やかに上司に伝えるべきです。しかし、そのときに曖昧な表現をしていると、状況によって言いくるめられる確率が高くなるので気をつけましょう。そして、実際に私自身も上司に転職の相談をしたところ、手を変え人を変え、結果的に、退職までに半年ちかく掛かりました。退職することを当初、直属の上司に相談をしたのが年度末でしたが、退職出来たのはこの年の11月です。本音はちょうど年度末いっぱいで辞めるつもりでしたが、希望通りには進みませんでした。やっぱり職場も、人事的な都合があるのかもしれませんが、スタッフの希望を聞かずに、上司を含め、会社全体でずるずると引き伸ばされてしまったので、非常に心の底から愛想が尽きました。

再就職をする際の面接でクールビズで来てくださいとと言われることがあります。しかし…

再就職の時に行われる面接時の身なりは企業側からクールビズで来てくださいとと書かれていることもあります。ですが、なかには、クールビズのスタイルで赴くのは本当は悪いのでは?と考える人がいます。そのような思いを懐に抱え込んでしまっている人に伝えたいのは、企業側からクールビズでも大丈夫だと言われているのなら、伝えられた内容を素直に聞き入れたほうが良いです。迷うことによって、暑い季節にスーツを着込んでいくと相手側に不自然な印象を持たれてしまうので、企業側からクールビズでお越しくださいと記載されていたらクールビズでいくのが望ましいです。

就職活動は、年収抜きに考えることはできません。

就職活動において、年収は大変大事なポイントです。面接において、大部分の企業で現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。ここで本当の年収を上回る額をもらっていると偽り、転職先の年収アップを狙うのはハッキリ言ってムダな努力です。「源泉徴収票」が必要なため、たとえ一度は信じさせたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、必ずウソはバレてしまうからです。トラブルに発展する可能性もあるので、現在の年収を正直に伝え、それに釣り合う希望年収を設定するのが一番良いです。ちなみに、年収400万の人が転職してすぐ500万円の条件を提示してもらえるかといえば普通はありません。仮に、年収が400万なのであれば、希望額は400~450万円と伝えておくことをおすすめします。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、入社後のトラブルとなって、一時的に転職先に合格をもらったとしても、退職しなければならないという事態になることもあるので、気をつけましょう。

派遣でのお仕事が決まりました。

派遣の仕事が決まりました。勤務初日に派遣会社の営業担当の人と勤務先の近くのコンビニで合流することになっていたのですが、彼がどうしたことか約束のお店の前にいないから中にいるのかもしれないと思い店内に入ってみたところ、営業担当者はなんとまあ雑誌コーナー前の通路に座り込んでアダルト雑誌のグラビアページを開いて閲覧していました。こんな人が自分を担当するなんて絶対に無理と判断し、声もかけずに気付かれないようにお店の中から出て直ちに派遣会社へ辞退をする旨の連絡をしました。

転職する際に、ネット上で就職斡旋してくれる「エージェン…

転職するとき、ウェブ上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント」要するに斡旋を行う会社がありますが、たとえその種の業者に登録した結果新しい会社で働くことになった場合でも、失業保険の給付を受けることはできません。ハローワークを経ずに就職が決まったとしても給付対象にならないのであとで後悔しないように気をつけておきましょう。他方、「ハローワーク」主導で斡旋してもらって就職したのなら、就業の準備金として一時金を受け取ることができます。インターネットで展開している就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。単に彼らは、企業側から「紹介料」を受け取るのみで、失業保険の給付手続きは扱っていません。これを知らないでいると、失業中にお金をもらえない状況になるので、注意が必要です。

転職活動をする上での最後に残る厄介な問題として、「今勤めている会社をいかにして辞めるか」という問題があります。

転職活動をする上での最後の難問として、現在勤めている企業からの退職があげられます。転職先の会社が採用の内定を出しても、現在勤務中の会社が、あなたを離したくないと慰留しようと説得してくる可能性もあります。もしそうなってしまったら、何としても退職する、という強い信念を維持することが大事でしょう。たとえ引き留められて、一時的に収まったとしても、一時辞めたいと思った会社には、結局は長居はできないはずです。退職を成功させるには、まずは会社の規定に目を通し、退職までに必要な日数を超過する年月以降に退職日を定め、退職届を用意します。その後、決定権のある上司と直接話し、「退職については、いかなる交渉にも応じる気はありません」と遠慮せずに伝えます。円満退社という形をとることも転職活動の重要な要素です。