転職の際に用意する必要がある履歴書や職務経歴書において…

再就職する時に絶対に書かないといけない履歴書や職務経歴書などにおいては・・

  • 転職の際に必ず用意する履歴書についてですが、原則、パソコンを用いて作成するのが主流となっています。今の日本では履歴書はパソコンではなくペンを使って作成するのが当たり前だと思われる面も多々ありますが、それは新卒の就活やアルバイトに関してであって、実際のところ、転職をする時については履歴書は手書きじゃないといけないと断言することはできないのです。手書きの方を高く買うケースもあるようですが、そうではない場合がどんどん増えてきているようなので、パソコンで作成した履歴書でもよろしいケースは意外にもかなりあるのです。
  • 派遣で就業しています。派遣法や労働契約法のからみで残念なことに…

  • 派遣として勤務しています。派遣法や労働契約法の関連で不本意にも長い期間働いた派遣先での仕事を終わらせなければなりません。派遣仲間の中には、派遣の就業先で正社員としての契約をゲットした方もいるのですが抜擢された理由としては正直なところ仕事ができるわけではなく派遣先上司へのあしらいが上手でそれで採用された気配。仕事の能力よりも上司にゴマをする能力の方が重要なのだろうと選考に漏れた別の派遣のメンバーと毎日文句を言ってます。
  • 転職における面接に赴いたときのことです偶然社内の面接に使える部・・

  • 転職のための採用面接を受けにある会社に向かいました。たまたま会社で会議室が空いておらず社外の会場で面接担当者と待ち合わせて面接を行って、その場所で解散をして、面接をした方もそのまま直接帰宅するとのことでしたが、ビックリしたのは自宅最寄駅が私と一緒。それで電車内においても面接担当者と一緒に話をしながらいっしょに帰宅することになって、そのため緊張がほぐれて面接しているよりもお話が弾んで、それが功を奏したからなのかなんと採用を掴み取ることができました。
  • 以前の求人情報では、雇用側の希望する「性別」が書かれていました。

  • 今までの求人誌には、性別が当たり前のように記載されていました。しかし今現在では、1985年に制定された男女雇用機会均等法によって採用する際、男女の差別があってはならないルールができて、募集要項の概要に「性別」を明記できなくなりました。そういった変化があるものの、募集側は、性別に拘らず雇用するとは断言できないのです。実際、本当は男手が希望の企業に女性が応募してきたり、逆に女性を希望している案件なのに男性が来てしまい、といった問題も無関係ではありません。たとえば、「女性が活躍する職場です」と記載される案件の場合は、会社側が働き手は女性を必要としている、と解釈しておいた方ができます。
  • 転職活動を行うにあたっては、まず第一にハローワークや求人雑誌の求人情報を見たり…

  • 転職をする際は、予め、求人票・パンフレット・ウェブサイトなどで関心のある会社を調査するとは思います。しかしながら、当該会社が情報を公表するにあたっては、コンサルタントが主導していることが少なくありません。彼ら(コンサル)は、会社にとってマイナスになる情報を隠す能力に長けています。不都合な内容を公表する場合も、表現に神経をとがらせています。その種の社長の方針や社員の感想については、額面通りに捉えるのではなく、半信半疑で聞いていた方が間違いがありません。心地よいフレーズを鵜呑みにしてしまったら、「こんなはずじゃない!」とあとで後悔するかもしれません。悪意ある会社は、素直な人間を効率よく取り込み、その後、いろんな文句をつけて退社させないように謀っています。ブラック企業では、この手のことが少なくありません。
  • とある古物商の求人にて、書類選考をパスしました。その・・

  • ある古物商の人員募集にて、書類選考に受かりました。すぐに先方から面接の日時を指定してもらいました。それなのに、面接日当日、指定された場所へ行ってみると、どうしたものか相手が面接の用意を一切していないことがわかりました。所長らしき人物が面接に応じてくれたものの、始めから終わりまで、驚くほどだらしのない態度で迎えられ、やっとのことで面接を終えました。けれど、約束の日を過ぎても、採用結果はまったく告げられず、もう待ちきれなくなり、こちらから問い合わせると「面接結果に関しては、郵送で本日送付しました」と告げられました。心待ちにしていたのですが、結局、届きませんでした。そこでもう一度電話した結果、どういうことなのか、「今回は見送らせてもらいました」とそう言われてすぐ、電話を切られました。あまりの対応に呆れ返ってしまいましたが、ハッキリ言って、不採用で良かったと痛感しています。
  • 転職サイトは有名なサイトの方が掲載される案件の量も多いの…

  • 転職サイトは大手のサイトであるほど掲載される転職情報が多いため、2~3社あまりをともかく転職サイトに登録した上で、勤務地・年収などの条件を事前に設定しておき、あとは条件に合う案件が自動的にメールで送られるように設定しておくと容易に情報を集めることができます。とはいっても、最初に限っては登録するのになかなか時間がかかるので、サイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」を作成しておき、さらにそれらをテキストファイル化して、コピー&ペーストする形で登録しておくと手間が減って便利です。登録の初日は、時間がやや必要ですし、案件の検索や、その後の応募も大変に感じるかもしれません。が、その後は新着の求人情報のみ確認すれば大丈夫なので、後々のためにも、最初の準備を抜かりなく行うことを頭に入れておきましょう。
  • これまで20代前半に転職を数回経験して、そして今、複数の資格をとるために…

  • 20代のうちに転職を2回ほど経験して、そして今、資格の勉強をしながら、「派遣社員」を選択しました。フルタイムの勤務とは異なるため、どうしても手取りは過去の仕事よりも少ないです。ですが、以前より心と時間に余裕ができました。思い返すと、学生時代にいくつか取った資格を生かして就職に活かせばよかったという後悔もあります。実際、そういった成功例を間近に見てしまうととても羨ましいと感じたりもします。これまでの私は、自分に自信がなく、他人と比べてしまい、落ち込むこともありました。しかし、結婚を経験し、がらりと生活そのものが大きく変化し、以前よりもやりたい仕事や稼ぐべき給料も変わり、自ずと生活が充実するようになりました。
  • 転職をするならば、仕事のやりがいアップと共に加えて手取りのアッ・・

  • 転職をするならば、言うまでもなく仕事のやりがいアップと共にさらに手取りが増えることも大事なことなので「年収サイト」というサイトに登録をして事前に研究をしています。全く一緒の会社で一緒の職種、経歴であるのに人によって広い幅がある場合も多くあり、正直に言えば面接を受けた時に質問したことがあります。面接をした人も一緒のサイトを見ていたようで「ああ、高い年収で書かれているのは、書いた人もだいたいは予測はついているんですけどね、多分格好をつけているのでしょう。低い方だと考えておいてください」とのことでした。
  • この頃では、株式・不動産投資の不労所得で生計を立てたり…

  • 昨今では、株式・不動産投資をはじめとした不労所得で生活資金を得たり、自営業、起業等、そのような移り変わりもあり、「雇用されて働くこと以外は怖い」といった考えも過去のものとなりつつあります。高度経済成長期にはどうなるかわからない個人事業という生き方よりも会社勤めの方が安定性にすぐれていました。そのため人生の正しい進路として、またそれが当たり前であるかのように、広く世の中に浸透していました。しかし、そういった社会全体が安定成長する時代は終わり、今のような時代は「成熟期」と表現されています。今後は、機械化、自動化が進んで社会においては人手が不要となる時代が到来すると言われています。
  • 転職サイトに一旦登録すると、電話やメール連絡がしつこく入ります。

  • 転職サイトに一旦登録すれば、頻繁に電話やメールをしてきます。このことに対して何も知らずに利用しはじめた人はとても驚くことが多々あります。転職エージェントは転職を推進することが業務なため、非常に積極的な姿勢を見せます。とりわけ大手エージェントは、転職を成就させることによって企業から報酬が入る仕組みなため、転職活動される人の都合よりも企業の都合を優先的に考えることが多々あります。その上彼らは、成約数を増やしたいがために内定が取れたその日に、入社を積極的にすすめてくることが少なくありません。対抗策として自身の気持ちや意思を明確にしておき、無理に転職しないように注意を払うことが重要です。
  • 仕事を変えようとしようとしている時に見る求人情報・・

  • 転職を考えている際にチェックする募集内容については目安として、アバウトに書いてある、という可能性があります。そのため、書いてある内容は何もかもが正しいものだと思い込むのはやめておいたほうが最善だと思います。特に生活に大きくかかわってくる報酬面においては、平均の値なのか?最低限なのか?最高の給料であるのか?というような評価ができないケースが多く、独断で決め込んでしまうと、今後、後悔することになるかもしれないのです。そのため、嫌な思いをしないために、求人に書かれている情報は基準だと思って、そのような情報は直接確認を取ってみた方がベストです。
  • 自分自身の好きな分野の仕事に就きたいという風に思っている方は気をつけた方が良いです。

  • 自分自身の大好きなジャンルの仕事に就きたいと考えている人は気をつけた方が良いです。これは、私の実体験なのですが、私自身、食べることが本当に好きでそれが理由で、以前は、飲食店(レストラン)で仕事をしていた時期がありました。そのレストランでの業務は、そのレストランで私が任されていた業務は、シンプルな盛り付け作業やホール業務でした。この仕事内容については、不満もなく楽しみながら仕事ができていました。しかし、人間関係のいざこざにすごく悩まされました。ということが理由で、仕事をやめましたが、同時に、あんなに大好きだった食べることやその店で扱っていた食べ物も嫌になり、似たような店には現在も行くことができません。店のにおいを思い出すのも嫌です・・・。この仕事に就いた当初、好きだったものが苦手になるとは思ってませんでした。趣味に通じることや好きな分野の仕事に就きたいと夢をみるのは本当に素敵だとは思います。しかし、あなたの「好き」はどのレベルのものなのか、改めて自分自身と向き合ってから行動するべきです。
  • 転職時の面接でいるスーツの色味については、新卒の就職活動の…

  • 転職時の面接でいるスーツの色味については、新卒の就職活動の際に身に付けている色合いが安全です。言い換えるならば、紺や黒の暗い感じの色になるわけです。それが、転職の面接においても、着ていくスーツの色に関してはこのような暗めの落ち着いたカラーが多数で、他の色のスーツの人はあまり見かけることはありません。強いて言えば、たまにグレーのビジネススーツを着用している方が若干いるくらいで、全体から見ても紺色や黒色のスーツを着用する方が大多数を占めています。ですから、面接を行う人事の方から見ても黒や紺色であるほうが当たり前のように感じるので、第一印象という点ではぜひともそのようにしてくださいね。
  • 働くにあたって回復が難しいほど心的に相当につらくなってしまい…

  • 仕事のせいで心的に自分が苦しくなって職場を変えなくてはいけない状況に追い込まれたのなら、職場の人と相談していくより自身の家族に相談したうえで、退職するか判断した方が良いです。それは、働くことは自らのためでもありますがしかし。家族の問題でもあります。毎月、納得のいく高給をもらっていたとしても、心的ダメージを負ってしまうほど、我慢して働くことは、望ましくありません。今の時代は、経済的なことよりも、働きやすさを大事にしていっても良いはずです。ですから、あなたの家族とともに、あなた自身の心のケアを忘れないようにしましょう。
  • 転職する際、現在勤めている会社を辞める時に失業保険受け取るための手続きをしなければいけませんが・・

  • 転職に先立って現在勤めている会社を辞める時に失業保険をもらうための手続きをしなければいけませんが、仮にあなたの意志で退職願を書いて会社を辞める、いわゆる依願退職の場合は、即座に失業保険を受け取れるわけではなく手続きが終わった後で失業したことが認められてから3か月経たないともらえない。よく勘違いして会社を辞めた次の日から3か月経てばもらえると思っている人が居るが、この規則を間違って理解している人が、ハローワーク側に落ち度があると主張してその結果としてハローワークの職員さんとトラブルを起こしているのを見たことがあります。念のため、リストラなど、「会社都合」での解雇の場合は、失業認定が下ったのちすぐに失業保険をもらえます。
  • 転職するときは、様々な経路で情報を集めることが多いと思いますが…

  • 転職活動を始めるにあたって、いろいろな方面から情報収集されるかと思いますが、転職に関する口コミサイトはぜひとも利用すべきです。一時期、会社に不都合な内容の口コミが掲載されたということで、サイト運営者に対して損害賠償請求をした事例がありました。会社の都合で退社させられた元社員の復讐でそういった内容が投稿された、と見るのが一般的ではあるものの、別の角度から見ると、ウソばかりの投稿であれば、会社としては気にする必要はないはずです。ですが、真実はクロで「マズイと考え早く火消ししなくては!」と思っているのかもしれません。「口コミサイト」も炎上ネタが投下されることでアクセス数がアップするなどのメリットがあるので黙認していたりしますが、悪い口コミが多いということは、それだけトラブルが発生する可能性も高いと見て良いでしょう。というか、善良な会社だったらトラブルは発生しません。