これから転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと思っている…

転職で、派遣社員という勤務形態を考えている方にぜひチェックしていただき…

転職を、「派遣社員」として、転職を考えている人にぜひ注意してもらいたい箇所があります。まず派遣社員に関しては、「電話対応」「データ入力」「お茶出し」「その他雑用」などの業務内容をなんとなく想像する方がおそらく多いはずです。本音を言うと私もまさにそう思っていました。今、働いている職場に入社するまでは「担当する業務は電話対応になります」と採用の際に派遣会社から伝えてもらっていました。しかし仕事に就くと、まさか「電話対応」以外に、辞めた正社員の業務の穴埋めを指示されました。何をしていいのかもよくわからず、当初の説明とは全く違うので非常に参っています。現在は、「契約期間が早く終わらないかな・・・」と願うばかりです。

女性が転職する時、今日と数年前では若干の違いがあるようです。

女性が転職するに当たり、今日と数年前では多少の、違ってきている点があります。前は面接の際に、結婚の予定や出産予定に関して、当たり前のように女性に質問していました。しかし、現在はそのような内容は、セクハラとして聞くのを避ける企業、が増加傾向にあります。とりわけ大企業ほど、神経を尖らせているようです。が実際、面接する側としては、YES・NO、の2択でなく、その人の姿勢、結婚したあとどうするか、出産後の細かい予定を知っておきたいと思っています。自身の価値観を理解してもらうためにも、志望の動機や自己ピーアールと混ぜながら表現することで、企業側にもしっかり伝わり、安心してもらえると考えます。というワケで、質問されていない部分も、先にあなたの側から企業にとっては必要な情報と捉え、話をしておくのが良いでしょう。

全く経験したことのない業界とかに転業したいと考えている場合には…

全くの未経験である業種などに転職したいと考えているときには、以前の会社で、自分が身についた腕前ややってきたことを生かすことができるという内容のアピールが必要です。初めての業種の場合、経験していない分だけそのジャンルで経験してきた人たちよりも実際のところ、不足することはありますが、自分自身が保持している力がその業種でも十分に生きるということをうまく相手に話せれば、戦えることも考えられます。という訳で、未経験の業界に挑戦する際には、その業種と自分が今までやってきた仕事との関係を可能な限り探しましょう。

新卒で採用された会社で嫌な感じの上司に困惑してしまい・・

就業していた会社で性格のきつい上司に頭を抱え、ついに耐えきれなくなり退職し、同じ業種の別の会社に乗り換えました。その会社では上との関係も良好で仕事ができ非常に満足の日々でしたが、緩やかに業績が落ち込んで、最後にはある会社に経営統合されることとなったのです。そしてその統合した先の会社が驚くことに嫌な上司のいた前の会社で、その上すごく嫌いだった上司が再度私の上司になるそうです。こういう悪いめぐり合わせとは、ここまで縁があるとは。当たり前のことですが新たな転職先を探す活動をやり始めています。

生まれてはじめて転職を行う際、忘れてはいけないのはなぜ今の仕事を去らなければいけないのかにつ…

人生で初めて転職をするとき、忘れてはならないのはなぜ現職を辞める必要があるのかをはっきりすることです。その理由こそが根本問題なので、必ず考えておくべきでしょう。そして現在の問題を解消できそうな企業を決めていくのです。既卒者の転職活動は、学生時の就職活動とは異なり、今の仕事を続けながら就職活動をしていく必要があることから、時間と体力がなければやっていけません。だからハッキリした理由がないまま転職活動をすれば、途中で息切れしてしまうことがあります。是が非でも転職したい、現状を変えたいという強烈な気持ちがなければ、転職活動にゴーサインを出すことはやめておいたた方がいいでしょう

再就職では、比較的要となるのがまぎれもなく「面接」です。

転職活動では、重要なのがまぎれもなく「面接」です。普通、面接では、面接官が応募してきた人に対し、転職に至った理由や仕事の意気込みなどさまざまな内容を尋ねる形になります。そしてほぼ100%、面接が終盤を迎えるあたりで次は、転職希望者から面接担当の人に疑問点などを質問できます。面接担当のスタッフから「なにか弊社で働くことについて、聞いておきたいことはありませんか?」と聞いてくれるわけです。こういったときは、対応できず、質問を遠慮してしまうかもしれませんね。後々後悔しないように事前に面接官からの質問を想定し、質問の内容を準備しておくことをお勧めします。実際に働く前の段階で、よく考えておけばいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、試してみてください。

もし転職することを、今の会社の人たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると…

再就職の前に、今の会社の人たちがあなたの転職を知ると職場の空気が大きく変わるおそれがあります。今までの周囲との関係によっては、問題はないこともありますが、意地悪されるかもしれないと想定しておいたほうが賢明です。酷い場合には、残業時間を意図的に増やされることもあるので、「転職します」と周囲に言うのは充分に注意が必要です。なので、上記のような状態を回避するため、今所属している職場では、真面目に仕事をしておきましょう。充分に警戒しておけば、良い関係をギリギリまで残したまま、最高の形で会社を退職できます。さらには、円満退職できれば、転職後にも、相談できるチャンスにも恵まれるでしょう。業界に関係なく、何処の会社も人との縁はとても大事なので、会社を辞める時のトラブルは、なるべく回避しておきましょう。

ほとんどの場合大企業は定期採用中心です。ですから、転職希望で入りたい場合は、タイミングを考慮しておく必要があります。

一般的に見て大手企業の採用は、「定期採用」であることがほとんどなので、転職希望者には不向きです。そればかりでなく、田舎のほうでとなるとその可能性がたいへん少なくなります。例外として、製造業の企業の場合においては、都市部でない地方の工業団地付近に製造工場を置いている少なくありません。また、その地方工場では事業分野の拡大などの節目に中途採用する事がよくあります。この好機に転職を考えるのが良いでしょう。そのためには、地方の工場に転職しようと思うなら、転職を希望する会社の情報を収集しておきましょう。公式サイトを見て、スタッフの募集予定はないか、忘れずにチェックしておきましょう。

年内中に転職される人で次の仕事を始めるまでに期間がある場合…

これから転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでに時間が掛かりそうならできれば「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。企業側がしっかり雇用保険を払っているところであれば、申請をすれば必ず誰しも失業手当を受け取れます。詳細の手続きについては、「ハローワーク」で行います。しかし自己都合で仕事を辞めた方は失業手当を受け取るまでの待機期間(3ヶ月)がありますが、勤めている会社都合での退職や、残業時間によっては、すぐに貰える可能性もあります。このときの、「失業手当」の額は、最後の月の近々の給料を基準にして支給する額を割り出されるので会社に「閑散期」「繁忙期」がある業種の場合は、理想的なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。

『転職をしたい』とおもっている方、その意志が強いのであれ…

『今すぐ転職したい!』という願望があって、その意志が本当に強いものであるなら、辞職したいという旨を即、上司に伝えておきましょう。なぜならばそのときに曖昧な表現をしてしまうと、状況によって言いくるめられるおそれがあるので要注意です。実際に私も、上司へ転職についての相談をしたのですが、手を変え人を変え、半年ほど予定が伸びてしまいました。辞職したいことをはじめに、直属の上司へと相談したのが年度末で、結果的には退職出来たのはこの年の11月です。本当ならは年度末いっぱいで辞めたかったです。希望通りにはいきませんでした。やっぱり人事の采配等もありますでしょうが、社員のを要望を聞かないまま、会社ぐるみで私の都合を無視する形で引き伸ばされたのでかなりなんだか信頼はなくなりました。

転職の時にする面接では会社側からクールビズ可とと言われる場合があります…

転職をする際の面接でクールビズでもOKとと連絡が来るケースもあります。ですが、なかには、クールビズの格好で面接するのは悪いのでは?と考える人がいます。そのような思いを抱え込んでしまっている方々にアドバイスしておきたいのは、会社側からクールビズで来ても良いとされたのなら、言われた内容をそのまま行動に移したほうが堅いです。色々迷ってしまい、汗がでる時期にスーツを着用すると不自然な印象を持たれてしまうので、企業側からクールビズ可と書かれていたらクールビズのスタイルで行く方がいいですよ。

就職活動において、年収は絶対に無視できません。

就職活動において、年収はとても大事な要素です。面接の際、ほとんどのケースで現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。このとき現実にもらっている年収よりも多めに申告し年収をUPさせようとしても、無駄でしょう。というのは、源泉徴収票が必要となるため、もし一度は信じさせたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、最終的には虚偽の申告をしたことがバレていまいます。ヘタをすると、トラブルになりかねないので、現職年収は正確に伝え、それに見合った希望年収を設定することです。今の年収が300万円の方が転職して500万円となる可能性は普通はありません。年収が400万なのであれば、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくのが良いでしょう。完全なウソは、転職活動でのトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなり、一時的に転職先に合格をもらったとしても、退職しなければならないという事態になる状況も考えられます。

派遣での仕事が決まりました。仕事開始の初日に営業担当者と…

派遣のお仕事が決まりました。お仕事開始の初日に派遣会社で営業を担当している方と就業先の近所のコンビニで合流することになっていたところ、彼が約束したお店の前にいないから店の中にいるのかもしれないと思って店の中に入ったところ、あろうことか雑誌売り場前の通路に座り込んでいやらしいグラビアのページを開いて見ているところを発見!こんな人が自分を担当するなんて勘弁してほしいだと思って、声もかけずに気付かれないようにコンビニを出て速攻派遣会社に仕事を辞退する旨を電話で伝えました。

就職活動をするとき、ウェブ上でのエージェントを利用するケースもあるでしょう・・

就職活動をするとき、インターネットを介して就職斡旋してくれる業者(エージェント)つまり斡旋してくれる会社があるが、仮にそこに登録し就職先をうまく見つけた場合でも、「失業保険」は給付されないため、要注意です。ハローワーク以外の機関を利用して就職しても失業保険は給付されないので覚えておきましょう。これと異なり、「ハローワーク」主導で斡旋してもらった会社に就職したときは、就業のための準備金として「一時金」を受け取れることになります。ウェブ上の斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。ただ斡旋の報酬として企業から紹介料をもらうだけで、失業保険の給付手続きなどはしてくれません。このような点を押さえておかなければ、失業中にお金がもらえなくなるため、そうならないように気を付けましょう。

転職活動において最後にクリアしなければいけない難問として・・

転職活動における最後の難関として、「今勤めている会社をいかにして辞めるか」ということがあげられます。転職先を見つけたとしても、現在勤務中の会社が退職を慰留することも少なくありません。もしそうなってしまったら、負けることなく退職する、という強い信念を維持することが大切です。引き留められ、一時的に残ったとしても、一時辞めたいと思った会社には、そんなに長居はできないはずです。会社の規定をチェックし、退職までに必要となる日数を超過する年月以降の退職日設定と退職届を書いておきます。そのあとに、決定権を持つ上司と面と向かって話し合い、「退職については、いかなる交渉にも応じる気はありません」と正直に伝えます。「円満退社」でこれまでのキャリアに別れを告げるのも就職活動において必要でしょう。

看護師という職業の人の他の職業に転職を決断する原因は、…

違う仕事に転職する理由は人それぞれ。色々な事情があるはずです。さまざまな理由がありますが、看護師でありながらの転職には「職場環境に自分と相性の悪い上司・同僚がいる」「結婚で自分勝手にできなくなって出産・子育て加えて親の介護など、仕事環境のいろいろな変化など、今までと同じような働けなくなってしまった」「今の収入に大きな不満がある」というような悩みが抱えているのかもしれません。しかし、それでも転職したいと、落ちついて静かに客観視してみることも重要です。「本当に転職して状況が良くなるのか?」と再考したうえで決断してみてください。

3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりであるにも関わらず、…

ちょっと前に転職をやっとしたばかりであるにも関わらず、何ヶ月もたっていないのに辞めてしまう決意してしまう人がけっこう多いものです。何故そうなるのかと思うと私の思うところは気持ちも新たに、転職先の環境を手に入れたはずなのに「理想としていた職場環境とかなりかけ離れていた」「こんなはずが・・・」という原因で退職してしまうのじゃあないかと思います。可能ならこういった、転職先選びで避けるためにはとにかく事前の情報収集を徹底しなくてはなりません。徹底して行うべきなのです。職場内の環境、職場内のルール、通勤に掛かる時間、など多角的に事前に調べておくことで転職における失敗は大きく減らせるはずです。