転職のための面接に希望先の会社へ行ったときのことです。

転職のための面接を受けにある会社に訪ねました。

  • 転職の面接に希望先の会社へ出向いたときのことです。社内の会議室や応接室が空きがないということで外の会場で面接官と待ち合わせで採用面接をして、その場所で解散し、面接官もそのままそのまま帰宅するとのことでしたが、奇遇にも自宅最寄駅が私と同じ。それで電車内においても面接を行った人と一緒にお話をしながらいっしょに帰ることとなって、おかけで緊張が解けて面接よりお話が弾んで、それがプラスになったのかなんとか採用を掴むことができました。

  • 数年前の求人情報では、雇用主が求める人材の「性別」ま・・

  • 何年か前までの求人誌では、雇用主の希望する「性別」が記載されているのがほとんどでした。でも、1985年に男女雇用機会均等法が成立した影響もあり、採用時、男女の差別をあってはいけないルールが決まり、応募条件に「性別」が記載されないまま、現在に至ってます。しかしながら、求人を出す雇い主としては、男性・女性のどちらでも良い、とは内心では考えていません。従って本当は男性が欲しい案件に、募集に女性がやってきたり、その反対に女性が欲しいのに、男性が来てしまったり、といったトラブルも無関係ではありません。もし、「女性が活躍している職場です」という内容の求人募集は、会社側が「女性」を必要としている、と考えると良いでしょう。

  • 転職をするにあたっては最初に、ハローワークやインターネット上の求人情報を閲覧したりして…

  • 転職をするとき、まず、求人票を見たり、ネット上の公式サイトを閲覧したりして関心のある会社を調査するでしょう。その会社が実際にそのようなところに情報を出す場合には、コンサルタントに相談をしている可能性が高いです。彼ら(コンサル)の多くは、会社にとって不利益となる情報を隠す特徴があります。仮に公表する場合でも遠回しな表現に徹します。そういったコンサルの影響が色濃く出た、社長社員に関連する情報は額面通りに捉えるのではなく、疑いながら読んだ方がいいでしょう。仮に鵜呑みにして入社した場合、予想とは全く違うと後々、後悔したり、場合によってはトラブルに遭遇するおそれもあります。たちの悪い会社は、素直な人間を取り込み、その後は、あれこれイチャモンをつけて辞めさせないように考えています。その手の「ブラック企業」の求人には充分に注意しましょう。

  • ある古物商の人員募集にて、書類審査に合格しました。2、3日し・・

  • とある古物商の求人にて、書類選考に受かりました。その後面接の日時について相手方から連絡をもらい、だが、面接日当日、指定場所に向かうと、なぜなのか相手が面接準備を一切していないことがわかりました。ようやく、所長と思しき人が面接中も半ば聞きというか、始終驚くほどだるそうな対応の状態のままかろうじて面接が終了しました。が、約束の日を過ぎても、合否結果は告げられず、もう待ちきれなくなり、私の側から問い合わせると、「郵送で今日送った」と告げられました。心待ちにしていたのですが、しかし、これも未達なのでそんなわけでふたたび、電話をしたところ、驚くことに、「残念ですが不採用です」、とそう言われてすぐ、電話を切られてしまったのです。あまりの対応にしばらく絶句してしまったのですが、採用されなくてよかったです。

  • 転職サイトは有名なサイトであるほど掲載される企業も多いた…

  • 転職サイトは、大手が運営しているものであるほど豊富な数の会社が掲載されているため、2~3社ほどまずは転職サイトに登録し、勤務地や年収などの条件を設定しておき、次に条件に適合する求人情報が自動的にメールで送られるように設定しておくと簡単に転職情報を集めることが可能です。だとしても、初めだけは登録するのにけっこう時間がかかるので、サイト登録する前に「履歴書」「職務経歴書」を準備して、そのコピー&ペーストをする形で登録すると手間がかかりません。登録する初日は、多少時間がかかりますし、案件の検索や、その後の応募も大変に感じるかもしれません。が、その後は新着の求人情報のみチェックすれば大丈夫なので、次回以降の応募を楽にするめにも、初回の準備を抜かりなく行うことをお勧めします。

  • 20代前半の時点で転職を2回し、現在、資格を取得したい・・

  • 20代前半に転職を2度行い、現在、複数の資格をとるために、派遣社員として企業に採用されました。フルタイムの勤務を選択しなかったので給料が少なくなってしまいました。ですが、心と時間に大きな余裕が出来ています。たまに、学生時にもっと資格を取得し、仕事をできる人はとても少ないです。やはり、資格を活かして働いている方に会うととても羨ましいと思います。前は、それなりに成功している人と自分を比べ、ガッカリする日もありました。しかし今は、結婚をキッカケにがらりと生活環境もかなり変わり、前よりも将来の目標も決まり、しあわせな生活を送れるようになりました。

  • 転職先を選ぶのに、仕事におけるやりがいアップも大事だけ…

  • 転職をするなら、仕事のやりがいアップと一緒にそれだけでなく賃金が上がることも大切なことなので「年収サイト」というサイトに登録していろいろと研究をしています。同じ会社でその上全く同一の職種、経歴であるのに人によってかなりの違いがあることも複数あって、正直に言うと面接の際質問したことがあります。面接をした人も一緒のサイトを見ていたみたいで「ああ、高収入で書かれているのは、書いた人間も誰だろうとそこそこ予測がついているんですけどね、多分見栄ををはっているのでしょう。低い方で心づもりしといてください」とのことでした。

  • ここ最近は、株式・不動産投資をはじめとした不労所得、もし…

  • 昨今では、株式・不動産投資をはじめとした不労所得で稼いだり、独立を目指す人も増えています。そのような変化もあり、「会社員以外は不安定だしキケン」といったこれまでの常識も変わりつつあるようです。高度経済成長の時代には、安定しない株式投資・自営業よりも組織の一員のほうが手堅いとされていました。そのため人が生きていくうえで正しい進路として、またそれが自然のことのように世の中に広まっていました。そういった社会全体が安定成長する時代は過ぎ去り、今のような時代では「成熟期」とも言い表されています。将来的にはコンピューターの進化につれて、機械化や自動化が加速し、仕事においても人が不要な時代になる、といいます。

  • 転職エージェントに一旦登録すれば、電話・メールで嫌になるぐらい連絡が入ります。

  • 転職サイトに登録すれば必ず、電話やメールで嫌になるぐらい連絡が入ってきます。「転職エージェント」の利用が初めての人は非常にビックリするはずです。転職エージェントは転職を推進することが目的だといえるので、本当に積極的な姿勢を見せます。特に大手エージェントは、転職を成功させることで企業から報酬を受け取る仕組みのため、転職希望者の都合うんぬんよりも企業側を優先的に考えることが少なくありません。加えて、彼らは、契約数を増加させたいがために、内定が出たすぐ後に、入社を強引にすすめてくることが珍しくありません。自身の気持ちや意思を明確にしておき、妥協した形の転職とならないように注意することが大切です。

  • 再就職を考えている際にチェックすることになる募集要項に関して・・

  • 職を変えようとしようとしている時に目を光らせることになる募集要項は、目安として記載されている、という確率があります。ですから、書いてある内容は全部間違いのないものだと思うのはやめておいたほうが最適でしょう。中でも特に生活に大きくかかわってくる給与の額などに関しては、一般的なのか?最低限保証されている給料であるのか?それとも最高値の金額であるのか?という評価ができる人は少なく、自らの勝手な判断で考えてしまうと、後悔する可能性もあり得ます。なので、後悔しないようにするためにも、求人内容はだいたいのものだと考えて、そのようなたいへん重要なことは会社側に直に確認を取ってみた方がよろしいです。

  • 自分の大好き、を仕事にしたいという風に思っている人は注意した方が良いです。

  • 大好きなことを仕事にしたいという風に考えている人は注意した方が良いです。私が実際に経験したことなるのですが、私自身、もともと食べることが趣味でそれが理由で、過去には、飲食の世界で働いていた期間があります。その飲食店での仕事内容は、そのお店で任されていた業務内容は、簡単な盛り付け作業やホール業務です。この業務内容に関しては、不満もなく楽しんで仕事ができていました。けれども、職場の人間関係にすごく疲れてしまったのです。ということが引き金となり、仕事をやめることにしたのですが、同時に、大好きだった食べること、そしてその飲食店で扱っていた食べ物さえも苦手になり、類似の店には避けるようになりました。当時の店のにおいを思い出すだけで不快な記憶が蘇ります。仕事に就いた頃は、大好きだったことがキライになるとは思いませんでした。得意なことや大好きなジャンルの仕事に就きたいと夢をみるのは素敵ですよね。しかし、「好き」はどのレベルのものなのか、まじめに自分自身に問いただした上で行動するべきです。

  • 転職の時の面接で着るビジネススーツのカラーにおいて・・

  • 転職の時の面接で着用するスーツのカラーについては、新卒の学生が就職活動の時に準じているカラーが無難です。ですから、黒や紺のような落ち着いた色味、ということになります。転職の場面でも、スーツの色味というのは新卒の就活の時のようなカラーが多数で、そうでない色を着用している方はほぼいません。強いて言えば、たまにグレーを着ている人がいるくらいです。一般的には黒系や紺系が大多数です。ですから、面接を行う人事の方から見ても黒や紺のスーツが普通のように感じてしまいますから、第一印象という面ではおすすめということになります。

  • 働いていることで回復が難しいほど心的な負担が増え、職場を変えなくてはいけない状況になったのなら、…

  • 働くにあたって回復が難しいほど心的に厳しくなって、転職しなくてはいけない状況に至ったなら、そのときは、会社を相手に相談するよりも、身内などの近しい存在の人と相談して、退職するか判断しておいた方が良いでしょう。働くということは自分のためでもありますが、同時に家族の問題でもあります。どんなに給料が良くても精神的にボロボロになるほど我慢して働きつづけるのは、好ましいとは言えません。今の時代は、物質的なことよりも、働きやすさを優先する生き方も徐々に認知されつつあります。ですからあまり気にせず、あなたの家族とともに、あなたの心と体をいたわりましょう。

  • 転職のために現在働いている会社を辞める時に失業保険についての手続きをしなければいけませんが…

  • 転職するにあたり、現在勤務している会社を辞める時に失業保険受け取るための手続きをしなければいけませんが、もしも自分の意思で退職届を出して退社する、いわゆる自己都合退職の際には即座に失業保険が出るのではなく手続きを終え、失業したことを認められてから3か月経ってやっともらえるのです。よく間違って退社日の翌日から3か月経てば給付されると誤解している人がいますが、この規則をわかっていない人が、手続きにミスがあるはずだと言い張ってそれが原因でハローワークのスタッフと揉めているのを過去に見たことがあります。ちなみに、自己都合ではなくリストラなど会社の都合で退職するケースでは、失業認定を受けてからすぐさま失業保険が給付されます。

  • 転職する場合は、様々な経路で情報を得ることが多いと思いますが…

  • 転職活動を行う際、いろんな手段で情報を集めることが多いと思いますが、転職に関する口コミサイトは本当に有益です。以前、会社に不利益となる悪い口コミが掲載されたということで、運営サイト側に損害賠償請求を起こし、話題になりました。会社の都合で退社させられた元社員の腹いせとしてそのような口コミが投稿されていたと見るのが一般的ですが、解釈を変えると、口コミの内容が真実でなければ、会社としては放っておけばいいようにも思えます。しかしながら、実際は『クロ』で「このままではマズイと思い、なんとか火消ししたい」と考えているのかもしれません。「口コミサイト」も囃し立てることでアクセス数がアップするなどのメリットがあるので黙認していたりしますが、悪い口コミが多いと言う事はそれだけ入社後に厄介事が降りかかる心配のあると考えてもいいと思います。そもそも、いい会社には煙は立ちません。

  • 今現在のあなたの仕事や業務に関して、何かしらの不満点があるはずです。

  • 現在の自分の勤め先や仕事の中身について多くの人は、何かしらの不満を感じているでしょう。「自分の持っているスキルや能力を正当に評価されていない」ゆえに、「月給は上がらないし、出世の見込みもない」といった点が多くを占めるでしょう。でも、気持ちは理解できます。しかし、そういった悩みを持っている人の中には自身の力量を実際よりも「過大評価」し過ぎていないか、再確認することが肝心です。仮に、過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分が活躍するための求人がない」と転職するまでの空白がながくなると言う事に陥りがちです。のせ生活自体に支障をきたす可能性があります。なので転職活動に当たっては「本来の自分のスキルや能力」を把握することが大切です。

  • 転身するつもりなら、たくさんの会社の情報を定期的に調べてお…

  • 転身を近いうちにするつもりなら、いろんな会社の情報を日常的に調べておくと就職先を選ぶのにとても役立ちます。今現在の職場にやりがいを感じられないと思っている場合、本腰を入れて転職活動をする際にどの会社も魅力的に思えてしまいます。そういった状態になってしまうと、どこを選択すべきか迷いが出てしまい選択を誤りかねません。よって、最終的にはあっという間に退職してしまうおそれもあるので、どんな会社か見極める目を養っておいたほうが良いのです。方法としては、会社の雇用に関わる情報だけ見るのではなく、その会社の「取引先」も要チェックです。良い会社は、取引している会社の情報を公開していますし、逆にそうでない会社は、宣伝ばかりに力を入れる傾向があるので、チェックをする目安になります。また、会社によって個人でのグループに入っている会社があるので、グループ名でチェックし、確認しておくのも手です。