全くの初挑戦の業界などに転身したいときには、自分が以前の…

全くの初挑戦の業種などに転業したいと考えているときに…

  • 全く経験のない業種などに転職したいと思っている場合には、自分が前の業界で培ってきた腕前やこれまでの経験が生きるという内容の訴えが必要です。未経験の人は経験のない分だけその業種を経験している人よりも不公平な状態になりますが、自らが保持しているスキルがその業種でも十分に生かせるということをうまく伝えることができれば、戦える場合も十分にあります。したがって、経験したことがない業界に挑む場合は、その業種とこれまでに自分がしてきた仕事内容とのつながりをできる限り見つけ出しましょう。

  • 働いていた会社ですぐにきれる上司に心をすり減らし、その…

  • 就業していた会社で相性の悪い上司に嫌な気分にさせられ、ついに我慢することができなくなり退職し、ある別の同業者の企業に行くことにしました。新しい会社ではパワハラもなく本当に満足のいく毎日でしたが、だんだんと会社の債務が増えて、とうとうとある会社に経営統合されることとなりました。ところがその経営統合先の会社が驚くことに転職前に働いていた会社で、おまけにとても嫌いだった上司がもう一度私の上司になることになりました。どれだけご縁があるのでしょうか。もちろん新たな転職活動を始めるつもりです。

  • 人生で初めて転職を行うにあたって、注意すべきことはなぜ現在の仕事を辞める必要があるのかにつ…

  • 人生初の転職をする場合、注意すべきことはどうして現職を辞めなければいけないのかを明確化しておくことです。その理由が根本問題なので、やっておくのが賢明でしょう。その上で問題を解消できるであろう企業を決定することになります。転職活動は、新卒時の就職活動とは異なり、現在の仕事と並行して就職活動を行っていくため、時間と体力が必要でしょう。ゆえに明確な理由が頭にない状態で転職活動を始めると、途中で息切れしてしまうことがあります。絶対に転職したい、現状に変化を加えたいという強固な気持ちがない場合は、転職活動を開始するのはやめておくのが無難です。

  • 再就職では、とても重要視されるのがまぎれもなく「面接」だと言えます。

  • 再就職では、とても重視されるのが「面接」になります。通常の面接では、面接担当者が応募者に対して転職するに至った理由などいろいろと聞かれることになりますが、そして、一通りの質問と説明が終わると、次は、面接希望者側からの不安や疑問に思うことを質問できるチャンスがあります。面接官から、「弊社について何か疑問に思うことはありませんか?」と尋ねてくれるわけです。と聞かれた際に面接者本人が対応できず、アタフタしてしまう可能性があるかもしれません。そうならないためにも、面接を受ける前に面接担当者からの質問に対する、答えを用意しておくのがベストです。実際に仕事を始める前の段階であっても、いくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、試してみてください。

  • もしも転職することを、今働いている会社の同僚たちがあなたが退職すると知ってしまう…

  • もし転職前、今働いている会社の同僚たちがあなたが退職すると知ってしまうと状況が一変するおそれがあります。働く環境によって問題はないこともありますが、意地悪ややっかみのおそれもあります。また、残業時間を意図的に増やされる仕打ちも考えられるので、軽はずみに転職のことを周囲に伝えるのはお勧めしません。そのような状態を回避するため、今の仕事場では、いたって真面目に仕事に取り組んでいましょう。注意をしておくことで、良い状態のまま最高の形で仕事を辞めることが出来ます。そして、何の問題もなく円満退職できれば、転職後、あなたが困ったときに相談できるチャンスも手に入るはずです。規模や業界に関係なく、どのような会社も人とのつながりは大事なので、辞める時のトラブルには警戒しておきたいものです。

  • ほとんどの場合大企業の採用は、「定期採用」であることがほとんどなので…

  • たいてい大手企業は定期採用中心です。ですから、転職希望で入りたい場合は、タイミングを考慮しておく必要があります。そればかりか、田舎のほうでとなると転職のチャンスが少なくなります。とはいえ製造業に関連する企業に関して言うと、地方の工業団地を運営していることが少なくありません。また、そういう地方の工場に的を絞れば、事業分野の拡大と並行して「人員募集」を積極的に行うので、そういったタイミングを利用して転職を検討してみるのもいいでしょう。地方の工場を転職に考えるなら、その地方の工業団地の会社をまえもって仕入れておきましょう。ホームページにアクセスし、求人がないかちょこちょこチェックしてみてください。

  • 年内中に転職活動を始める際、次の仕事をはじめるまでに期間がある場合は・・

  • 今年中に転職活動を考えている人で、次の仕事をはじめるまでにまだ期間がある場合は、できれば失業手当をもらうことをおススメします。この手当ては現在の会社側が「雇用保険」を払っているのなら、申請をすれば必ず失業手当を誰でも受け取ることができます。そして手続きについては、「ハローワーク」で行う必要があります。もしも自身の都合によって仕事を辞めた場合は、「自己都合」として処理されるので、失業手当を受け取るまでに3ヶ月の待機期間があるのですが、勤めている会社都合や残業時間によってはすぐに貰える可能性もあります。支給される失業手当の金額は会社の辞めた月の近々の給料を基準に失業手当の金額を計算されるため、会社に繁忙期や閑散期がある方は理想なのは繁忙期の後に辞めたほうがいいです。

  • 『なるべく早く転職をしたい!』と思っている人でその意志が本当に強いものであるな・・

  • 『転職をしたい!』という願望があって、自分の意志が抑えられないくらい強いものであるなら、辞職したいということを速やかに自分の上司に伝えましょう。ですが、ここでは曖昧な表現をすると状況によって高確率で言いくるめられるので要注意です。そして、実際に私も、上司へ転職についての相談をしたのですが、ズルズルと長引き最終的に、退職までに半年ほど掛かってしまいました。辞めたい旨をはじめて直属の上司に相談したのが年度末で、数ヶ月働くことになり、辞められたのはその年の11月です。本音を言うと、仕事が一段落した年度末いっぱいで辞めたかったのに、スムーズにはいきませんでした。企業としても人事的な都合もあるとは思いますが、社員のを希望を聞かないまま、会社ぐるみで私の都合を無視する形で引き伸ばされたので心底前の会社に対しての呆れてしまいました。

  • 転職時の面接に関してですが企業側からクールビズで来てください…

  • 転職の時にする面接では企業側からクールビズでも大丈夫ですよと連絡が来る場合もあります。ですが、なかには、クールビズのスタイルで赴くのは良くないのでは?と考えてしまいます。クールビズに関する不安を心に持っている人々に伝えたいのは、クールビズで来ても良いとされた面接の場面では書かれている内容をそのまま実行したほうが正しいです。色々考えすぎてしまい、夏の暑いときにスーツをしっかりと着用すると面接担当者に不自然な印象を与えてしまいますから、企業側からクールビズでもOKと言われたらクールビズの格好をおすすめします。

  • 就職活動において、年収は大変大事なポイントです。

  • 就職活動において、年収は非常に大切なポイントです。面接では、ほとんどすべての会社で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。このとき実際の年収を多く偽って、転職先での年収を増やそうと画策するのは辞めておきましょう。なぜかといえば、最終的には源泉徴収を提出することになるので、たとえ一時的に騙せたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、最終的にはウソがバレてしまうのです。ときにはトラブルになることもあるので、現在の会社での年収をハッキリと伝え、それに見合った希望年収額を設定するのが正解です。例をあげると、年収300万の人が転職後に500万円となる可能性は極めて小さいです。仮に、年収が400万なのであれば、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくことをおすすめします。悪質とも思えるウソの申告は、転職活動を苦境に追いやるどころか、入社後のトラブルとなり、せっかく入社した会社をそのまますぐに退職しなくてはいけなくなることを招きかねません。

  • 派遣として働く会社が決定しました。

  • 派遣会社での仕事が決定しました。就業初日に営業の担当の人と勤務先の近くのコンビニエンスストアで落ち合うことになっていたところ、営業担当者がどういうわけか約束したお店の前にいないので店の中にいるのではないかと思ってお店の中に入ってみると、雑誌コーナーの前にしゃがみ込んでいかがわしいグラビアページを開けて読んでいるのを発見しました。自分の担当者がここまで酷いのは勘弁と判断し、その場で声をかけることなく気付かれないようにコンビニを出て即刻派遣会社に辞退をする旨の連絡をしました。

  • 仕事探しを行うにあたっては、ウェブ上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェン・・

  • 仕事を探すにあたっては、ウェブ上で就職を斡旋してくれる業者(エージェント)要するに斡旋を行う会社がありますが、その種のエージェントに登録し新しい仕事をゲットできた場合でも、失業保険の給付を受け取ることはできないので気を付けましょう。ハローワークを経ずに就業しても失業保険とは無関係なのであとで後悔しないようぬい気をつけてください。一方、ハローワークを通じて斡旋された会社に就職したときは、就職のための準備費用として、一時金を受け取ることができます。インターネットで展開している就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。単に彼らは、企業から「紹介料」を受け取るのみで、失業保険とは何の関係もありません。このようなことを知っておかないと失業中に給付金を手に入られないので、就職エージェントの利用を検討される人は特に気をつけましょう。

  • 転職活動をする際の最後の問題として、「現在勤務している会社をいかにして辞めるか」ということがあげられます。

  • 転職活動における最後に残る厄介な難問として、現在勤務している企業からの退職があります。転職先の会社が決定したとしても、今いる企業があなたを慰留してくる可能性があります。仮にそうなったとしても、負けることなく退職する、という強固な気持ちを保つことが求められます。たとえ会社に残るように説得されて、一時は思いとどまったとしても、一時辞めたいと思った会社は、遅かれ早かれ関係が終わることになります。退職をスムーズに進めるためには、最初に会社の規定に目を通し、退職に必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を用意します。そして、決定権のある上司と相談し、この退職にはどんな交渉も受けませんと毅然とした態度で相手に伝えましょう。「円満退社」をすることも転職活動において必要不可欠といえるでしょう。

  • それと違う職に転職を決断する原因は、一人ひとり違います。

  • 看護師という職の人のほかの職業に転職を決断する理由は、人それぞれではないでしょうか。どういう理由が多いかというと転職には「職場の中に気の合わない上司や同僚、お客がいる」「出産、子育て加えて家族の介護など、種々の変化によって今までと同じような仕事が難しくなってしまった」「現在の給与とキャリアとのバランスに不満を感じている」といったような悩みがあるのでしょう。しかしながら、転職を決断する前に、どうして転職をしたいとと、頭を冷やして静かに再度、現状認識をしてみることもしてみてください。「実際に転職して現状が良くなるのだろうか?」と再考し、決断しておくと間違いありません。

  • ちょっと前に転職したばかりだというのに、わずかしかたっていないの・・

  • ついこの間、転職をやっとしたばかりなのに、早期に辞めてしまうという届を提出する人が思いの外よく見受けられます。それは私の思うところは自分に合った会社に飛び込んだものの、「考えていたものとだいぶ違っていた」「納得行かないのでウンザリしている」と考えてしまって退職を決意することが珍しくないといいます。可能ならこのような、転職に関しての失敗を繰り返さないために、第一に、転職先の情報収集を徹底するほかありません。手を抜くことなく行うべきなのです。職場内の環境、通勤にかかる時間、などあれこれ前もってチェックしておくことで転職における失敗は大きく減らせるはずです。

  • 求人関連の情報誌やサイトを見てみると、多くの職場では…

  • 求人関連の広告には、大部分の場合は多くの株式会社では月収が記載されているはずです。この部分を調べれる際は、注意深く確認する事が必要です。その額の多い少ないだけを見て納得してはいけません。何故かというとひょっとすると、月収の額の中に月30時間残業の場合が含まれているかもしれません。残業代をトータルすることで魅力ある案件に見せて、人材を確保しようとしているケースも考えられます。また、「歩合給」を付けますよ、という案件にも注意が必要です。歩合をかなり盛って月収を多く見せている可能性も考えられます。だから、こういった表記された数字どおりとなる見込みがない会社にはスルーしておくのが無難といえます。

  • 転職の活動中はとにかく、なにはともあれ必ず自分自身の…

  • 転職をする活動を成功させるには、まず必ずあなたの心のうちが静かであることを忘れないようにしたいものです。働きながら転職をするための活動を行う場合はたいして気にしなくても良いとは思いますが、退職してしまってから行う場合だったら、かなり心が焦りがちになってしまいます。その点を踏まえ、冷静になりつつ、転職活動を続けるのを忘れてはなりません。今後、自分がやってみたい業務や、理想とする職場の雰囲気を明確にしておき、そのイメージを実際の職場とのそれらが合致しているかどうか、落ち着いてしっかりと見極めましょう。時間を掛けて判断することで転職での失敗を防げるはずです。ぜひ実践してみてください。