再就職の時の面接などの際に面接担当者に名刺を差し出されたとした…

再就職の面接などにおいて名刺を手渡してきたら、同じように自分も名刺・・

転職の時の面接などの際に面接担当者が名刺を差し出してきた場合、あなたも相手の方に名刺を渡した方が良いのかどうかと悩んだ際は、一般的には差し出す必要はないと知っておくと良いですね。転職のための面接とは仕事の一部ではなく、職に就くための就職活動の一部です。ですから普通に考えれば名刺をやりとりする時とは異なります。そのうえ、あなたは立場上会社の人間としてではなく、あなたのことでこの場にいるわけです。そういった訳で、もし相手側から名刺を渡されても、あなたのほうは受け取るだけで大丈夫で、相手の方にあげる義務はないと推測できるのです。

失業保険の給付は、求職活動をしていることの証明が必要になりますが…

実際に失業保険の給付を振り込んでもらうためには、職を探していることが必要なのです。しかし、現実は「会社に行く必要もなくなったし、少しの間でもゆっくりしたい」と思う人が多いとは思います。本気で求職活動をしているように見せることができるので教えておきます。毎月、「ハローワーク」に行くのはパスできませんが、その場で求人票を閲覧することが最低限やらなければいけません。真摯に探す気力がないときは、「求人票」にだけ目を通し、ハローワーク職員との面談で、「やっていけそうに思える仕事が残念なことに今回はありませんでした」と、相手に告げて、次の機会を探すという手もあります。

転職活動を現職と同時に行っている人は少なくありません。

転職活動を現在の仕事と並行している人は少なくありません。とはいっても、仕事を行いつつ求人をチェックして応募したり、面接に臨むのは精神面も肉体面もハードです。また、転職活動時は、現在の職場の同僚や上司に気づかれないように気を遣わなければいけません。先のことを考えずに応募する、という人がいますが、もしも、書類選考をパスし、面接の段になって辞退すれば今後の転職活動に支障をきたすおそれがあります。エージェントを介していた場合は、そのエージェントに対する印象に響きますし、自分でダイレクトに応募したとしても、応募した企業から電話・メールで繰り返ししつこく連絡が入ってしまいます。自分の大切な時間をドブに捨てることになりかねないので、行くつもりのない会社は、最初から応募もしないのが無難です。新卒の就活とは全くことなることを意識を持つことが大切です。

転職期間では無意識のうちに時間があるため、気が緩んでしまい、…

再就職先を探している間は、無意識のうちに時間に余裕がある分、気が緩んでしまい、だれた生活になってしまいます。ですが、そうした生活を習慣にするのはキケンです。言うまでもなく、緊張感のない、ダラけた生活が当たり前になると、肉体的にだけでなく、「心」も不健全な状態になるからです。なので、いつの間にか仕事をしようとする気力も失い、お金に困る未来がやってきます。そうなると、悪いサイクルがさらにつづき、転職先が決められません。次の仕事を決められなくなるのは、給料を第一に考えてしまうためです。もらえるお金を最優先事項に転職先を探すことになるとキャリアアップのために転職に踏み出したとしても結果はあまりいいものとは言えません。ですから、お金に縛られない生活をする意味でも、ダラダラした生活は、転職活動中には必要ないのです。

転職を考える際、そこでの自身の給料を過剰に気にする人…

転職について考えた場合、転職先での自分の給与について気にする人がどうも多くの方のようです。とうぜん誰しも仕事というのは収入を得るため、行うものです。ですから生活費を給与として稼ぐべく仕事に打ち込んでいると思います。したがって年収というのは自分の仕事に対する評価としての側面もありますから大切と感じるのは当然ともいえます。とはいえ、必要以上に年収にとらわれすぎてしまう生き方というのもさみしい気がします。年収に反映されない仕事であっても精神的な充足感を得られることはあるからです。

求人関連の情報をチェックする時、例えば、「デスクワークがしたい」という人ほ…

求人をチェックする際、例えば、「事務系の仕事をしたい」という人は、製造業の項目を読み飛ばしていたりするものですが、そういった人の多くは「製造業は現場で製造する求人募集しかやっていないだろう」と早合点していることが少なくありません。現に、製造業であっても、経理、総務などの人材募集から、購買や営業管理等のオフィス系の役職も多数あるのです。ですが、製造業の大半はビジネス街から離れた地域に構えていることが多いですから仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、そういった部分がイヤと感じる人もいるでしょう。ただし、自身のこだわりを捨ててみることで素敵な出会いや意外な発見があるかもしれないので、選択肢に入れてみてください。

現代はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」のほか…

近年はネット上の就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングの請負ををビジネスとする会社も増えています。「特許」を出すと、ヘッドハンティングされやすくなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許出願を行った人以外にも、「研究開発論文」を発表した人や、テレビをはじめとするマスメディアで話題になった人など、何かしらの「功績」を残したと思しき人に狙いを定めて、電話やメールを使ってコンタクトを取り、ヘッドハンティングのネタにしようと考えています。万が一、あなたがヘッドハンティングに関する誘いを受けたときには、そうなったきっかけを考えてみましょう。極稀にヘッドハンディングのように見せかけて、「登録料」を要求しようとする業作がいますが、そのような会社はほとんどは詐欺といえるので引っかからないようにしましょう。ヘッドハンティングは通常、企業が仲介業者に報酬を支払う形となるため、転職希望者が払う必要などありません。

転職活動中の会社での採用面接でのしてはいけないのは良い印象を与えたいと露骨なまで・・

転職を成功させるための会社での採用面接での勘違いしている人が多いのですが採用をされたいあまり必要以上に猫かぶりしていると、残念なことに悪い結果につながります。ですから、その場を繕うのではなく面接の際は「休暇」などの、通常であればかなり質問しにくい内容を思い切って率直に訊いておくと、確実に自分のためになります。信じられないかもしれませんが、「そんな無遠慮なずけずけとそういった内容を無神経に尋ねたら、面接で不採用になるのではないか」と不安がるかもしれませんが、ですが、かえってマイナスの結果をもたらすことは結果的には少なくないようです。こうした「お金」や「労働環境」に関連する疑問は、実のところ、多くの人が知りたい内容なはずです。それなのに、面接応募者の多くは、なかなか聞けないものです。なので、あえて踏み込んでおいたほうが、「こいつは他と違う」ということで面接担当者へのアピールとなるのです。

今までは、「転職サイト」で職を探すより、いつも「ハローワーク」に通っていました。

今までの私は、「転職サイト」で職を探すより、いつも「ハローワーク」で探していました。理由は、有名どころの「転職サイト」は、システム上、都心の求人情報しかないからです。これまでの求人情報をリサーチする際は、「ハローワーク」に頼ってばかりでした。多少知名度は低くなりますが、地域密着タイプなのでとても信頼性が高いです。ですが、「聞いたことのない企業ばかりで不安」という先入観がある方もいるはずです。良い求人情報も載ってたりもするので、これから転職について不安がある方は、お近くのハローワークへ1度行って様子を見ておくのも良いと思います。「転職サイト」のような執拗なニュースレターの心配もありません。

現在あなたが、「転職サイト」を利用して自らがストレスなく働ける…

活躍の場を広げたいと、転職サイトで自身がストレスなく働ける魅力的な仕事情報をあれこれ見ているのなら、転職エージェントは絶対利用したほうがいいです。なぜなら必要情報を入力し、エージェントサービスに登録したあと、そこで紹介される仕事は、一般的に公開されていないからです。誰でも見ることのできる公開求人とは異なります。その答えは、どう比べても、比較にならない程かなり高品質といえます。さらに、あなたの条件にふさわしいものを調査し、紹介してくれます。だから、あなたの希望とするあなたの希望する職種の求人をもらえたりします。もし仮に同じ求人に行きつくとしても、あなたが自力で手当たり次第に探すのと比べればとても効率的です。ですから試してみる価値はあります。

過去に失業保険を受けた経験のない人は、「何もしなくても自動的にもらえる」と考えている人…

生涯初の失業保険の給付を受ける場合、ただ給付されるのを待っていればいいと思っている人がとても多いですが、それは間違いです。実際には、受け続けるためには、求職活動を行っていなければならず、さらに、月に一回以上はハローワークに行く必要があります。月ごとに職員に就職活動の状況を報告して「この人は、真摯に就職活動をしているな」と認められれば、翌月、保険が下りる仕組みになっています。他方、「この人は就職活動をしていないぞ」と見なされたり、毎月の職員との面談に不参加だった場合は、ルールとして給付が一時停止となったり、場合によっては以降の給付資格を失うことになるので充分に気をつけてください。

転職した場合には、だいたいの場合は以前の仕事での出来事は美化されます。

転職したケースでは、高確率でそれまでの会社の仕事は大方は美化された記憶となります。実のところ現在の職に問題があるから、良い方向に進みたいとやっと退職を決め、再就職したはずなのに、気が付けばなぜかわからないけれど転職後の会社よりも「前の職場のほうが心地良かった」と思えてくるのです。それというのも当然のことで、前職では業務に慣れていて楽に毎日の仕事も淡々と消化できていたのも根底にあるでしょう。とはいえ「退職なんてしなけりゃよかった」と心底後悔するほど、前の職場のほうが全体的な雰囲気ややりがいがあるケースもあります。

時間に融通が効くはずの派遣社員になっても契約期間を過ぎ・・

比較的時間に融通が効くはずの派遣社員だからといっても、自身の好きなタイミングで辞められるワケではないと実際に転職活動を経験して理解しました。私は結婚生活が落ちついたら、できればすぐに子育てに取り組みたかったので、妊娠する時が訪れるまでのあいだ、1年半~2年ほど今までの仕事したいと思ったので、就職することにしました。常勤ではなく派遣社員ということもあり、正社員より収入は少なめでしたが、それでも「時間にが融通が効く」というメリットがあるので、そこはガマンしました。でも、いざ入社したあと、一緒に働く人たちの大多数のスタッフが派遣の仕事を10年や20年ちかくも続けて勤務していたのです。派遣を選択しても、期間が過ぎたらすぐ辞められる雰囲気ではないと気づき、ちょっと困っています。

これから転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」を選択予定の方…

転職を、正社員ではなく「派遣社員」として、転職を考えている人にチェックしていただきたい点が複数あります。まずはじめに派遣社員というと、データの入力、その他雑用等をといった業務をなんとなく考えた方が多いかと思います。実は私自身もまさにそう思っていました。現在の企業に入社するまでは「電話対応がメインです」と説明を受けてもいたので安心しきっていました。ところが、いざ入社してみると、まさか「電話対応」に加え、退職した正社員の穴埋め業務を任されてしまいました。とくに知識もないので毎回てんてこまいですし、入社前の説明とは異なる内容ばかりなので毎日非常に困っています。今はただ契約期間が終わるのを待つだけです。

女性が再就職する際、一昔前と現在とは少し違いがあるようです。

女性が再就職する際、近年と一昔前では少し変化があるようです。一昔前は、結婚の予定や出産予定など、質問されることが多くありましたが、最近では、その手のデリケートな内容は、「セクハラ」にあたるとして、聞かない会社、の方が増加傾向にあります。世間に名の知れた大企業の場合は、神経を尖らせているようです。けれども、面接する側はYES・NO、といった形ではなく、その女性の生き方結婚後も働きたい、「出産後はすぐに復帰するのか」などを当然、知っておきたいとは思っている事でしょう。自分自身の将来設計を理解しておいてもらうためにも、志望した動機や自己PRの中に織り交ぜながら表現することで、相手方も考えがわかり、安心できると思うわけです。ですので、質問されていない部分も、先にあなたの方から会社にとっては必要な情報と捉え、答えてみることを考えてみてください。

未経験である業種などに転業したいと思っている場合に・・

今まで経験したことのない業界とかに転業したい場合には、自分が前の職場で培ってきた力や今までやってきたことを生かすことができるという内容の自己アピールが必要になります。そのジャンルで経験をしたことがないという人はその分だけその業種で勤務したことがある方よりも不公平な状態になりますが、自らの持っている能力がそのジャンルでも生かすことができるということを相手に言えば、戦うことができる場合も考えられます。なので、未経験の業種に挑むときには、その分野と自分がこれまでやってきた仕事との関係性を見つけ出しましょう。

新卒後最初に働いた会社で性格のきつい上司に悩まされ、…

勤務していた会社でつらく当たる上司に頭を抱え、ついに我慢することができなくなって退職し、同じ畑の別の企業に職を変えました。新しい会社では人間関係も良好で本当に満足のいく毎日でしたが、時が経つにつれて業績が落ち込んで、最後にはある会社に経営統合されることとなりました。そしてその統合した先の会社が驚くことに転職前に働いていた会社で、すごく嫌いだった上司が再び私の上司となることに。まったく困ったことになりましたが、どれだけ縁があるのでしょう。言うまでもありませんが新たな転職活動を始めています。