再就職をする際の面接でつける腕時計ですが、目立つよ・・

転職の面接でする腕時計のことなのですが、ビジネスの場らしからぬ目立つようなタイプ・・

  • 転職の面接で使う腕時計の事についてですが、目立つようなタイプの時計はしないほうが良いと言えます。目立つ腕時計を詳しく言えば高そうに見える腕時計とか、といった意味合いだけではなく逆に安っぽいものに見えてしまうとか、そのような目を惹くということで真逆の目を惹く、ということで理解しておきましょう。再就職の面接のときにする腕時計についてもポジション的にはネクタイやスーツと同様にとらえビジネスの場にふさわしい無難なものを身に付けるほうが好印象を与えてくれます。そうはいっても、歳にあった腕時計というのもとても大切なことで、新卒の面接で買ったものよりはわずかでも値が張る腕時計にした方が間違いないと断言できます。
  • 「シフト制」の仕事についての話です。

  • シフトのある仕事についての話なのですが、決まった曜日に仕事できる人を募集している求人を頻繁に見ますが、シフトの提出方法や休み方について、前もってたずねておいた方が良いです。それはなぜかというと、私は過去に、産休で休む人の代理として正社員として仕事に就いたのですが、「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、新しく入った私以外、他の社員はだれも出てくれませんでした。産休に入った前任者が「土日」に必ず出勤することができたので、私も必ず出勤できると思われていたみたいです・・・。実際「土日」に外せない用事が入ると、シフトを変わってもらうときは、職場の先輩たちに私の代わりに出勤してもらえるように、と私自身がお願いをしに行かなければいけませんでした。給料も立場も同じなのに土日を私ひとりに任せっきりって、一体・・・。思い返すとよく我慢したなと思います。
  • いい転職をしようと転職活動をしているときに、「今までずっ…

  • 今がんばっている転職する活動時、「自分は今まで、こういう種類の仕事に尽力してきました」「過去の会社の仕事によって、このようなスキルを身につけました」とそれまでの自身の成功体験などを強調してアピールしなくちゃと考える人はかなり多いです。しかし、応募し新しい組織で「機会があればこのようなことをしてみたい」「こういうような事なら貢献できると思う」と未来形として自己を売り込むほうがよっぽど効果があります。この点を覚えておくと、転職活動が楽になります。
  • 転職期間中には、趣味に打ち込むほか、体力づくりを意識してお…

  • 転職先を探している間は、自身の趣味に没頭したり、体力を損なわない生活をしておくとベストです。採用が決まり、仕事復帰した時に、趣味に没頭していた影響で、知らない間に集中力が高まります。また体力づくりも同時にできているため、他の社員と比較するとスタミナがあると自覚します。なので、趣味に集中することと、体力を低下させないようにしておくのがベストです。この先、職場のなかで共通の趣味の人と出会えれば、会話が盛り上がります。ですから、これまでやってみたかった物事に挑戦してみるのも転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。
  • 長く接客業で勤めてきましたが、加齢のせいか座ることのできない仕…

  • ずっと接客業で勤め続けてきましたが、加齢が原因か立ってする仕事は体力的にきついため、座って仕事を続けられるオフィスワークへ転職することを考えて行動にうつりました。事務の経験がないとなると少々厳しく、接客業の経験も活かすことができる受付兼医療事務をやろうと考え資格も獲得して個人のクリニックに転職しました。ベテランのパートさんばかりに囲まれて人間関係も難しい。夜のシフトばっかり押し付けられ、接客業時代よりも帰る時間も遅いのですが、とにかく今はキャリアを形成する時期と思って我慢します。
  • 新卒で入社した会社を退職し、一歩踏み出して転職すると決めました。

  • 新卒で入社した会社を辞めて、決意を新たに転職しました。会社を辞めた後は、1人で転職できるか不安になりました。しかし、社会人になって数年後には仕事を辞めて、中途採用で働いている人がほとんどだということを自身の転職を通じて知り、無意識のうちに前よりも気持ちが楽になりました。なにより1度、転職をすると不思議と気持ちが前向きになって、「自分のやりたいこと」を見つけることが毎日が見違えるように変化しました。なかには「仕事を途中でやめるなんてダメだ」というような転職に否定的な考えがあるのは理解していますが、それが正しいとは限りません。私の人生においては転職してみるも大事だと思いました。
  • 古来より”石の上にも3年”という生きていくうえで格言となるべき言葉があります。

  • 昔から「石の上にも三年」という生きていくうえで教訓となるべき言葉があります。現在、「終身雇用制度」といわれる現代では定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」を経験する人が増え、身近なものとして捉えている人も多いはずです。けれども、転職と言っても誰でも彼でも、何時でも、何処でも、というような軽々しく転職を繰り返していてはいいことは決してありません。実際に再就職するつもりなら、タイミングを的確に捉える必要があります。その基本として、現在の職場、自分の置かれている立場などについて、不満を感じる点を少なくとも5、できれば10個ほど、探してみてください。こうすることによって、再就職を決断することです、そして、おおまかな進路が見いだせたら、決断を早めにし、良い仕事を手に入れられるように進めることも大事です。
  • 再就職をする際でおいてほとんどの人が尋ねられるこ・・

  • 再就職をする場合でかなり高い確率で聞かれるのが会社を辞職した理由です。この質問になった際には話の内容を辞めた会社からそらしたほうが最善です。前職を辞めるに至った経緯が話題の中心になってしまうとほぼ確実に悪い印象を与える要素を取り込んだ話の内容になってしまいます。どうこの点に関して話せば良いかと言うと、なぜ前の会社を退職したかという点をこの会社にぜひとも入りたかった理由があるという内容にするべきであり、今、自分が面接に来ている会社に話の方向を傾けていきましょう。そういう内容ならば、マイナスではなく積極性を前面に押し出した前の職場を去った理由に聞こえます。
  • そのうち転職することを希望しているのなら、今いる業務や仕事…

  • そのうちでも転職することを予定しているのなら、今の職場・業務の何に不満を感じているのかをハッキリとさせておきましょう。当然と思われますが、意外とできてないです。もともと不満があるから転職しようと思っているはずです。が、「ちゃんと現状である職場・業務の客観的にみた問題な点を挙げる」ことをほとんどの人はやっていません。不満点を明確化し、解消されるならば、現状より悪化する事をあるでしょうがどこまで許せるかも考えましょう。この点を徹底しておくと転職選びでのミスを防げます。そのあと、もしも転職した場合、「今の仕事よりも不便になりそうなこと」を明確化してみましょう。転職したとしても、現状の問題が全て解消されるとは限りません。こうした整理をする事で、転職後の急激なモチベーションの低下は高確率で防げますから、失敗しないのはできると思います。
  • クールビズをして転職の面接会場に行こうとするときには、…

  • クールビズのスタイルで転職の面接会場に行こうとする場合、ジャケットに関しては着ていかなくて良いと間違いなく言えるのです。ですが、ネクタイは面接ではつけている方が好印象を与えてくれるのでお勧めです。タイにおいてもなくても大丈夫だとする企業も存在するケースもなくはないですが、ことネクタイだけは例えクールビズだろうと身だしなみとしてつけなければならないと考える企業が存在するわけです。そんな訳で、クールビズの恰好でもネクタイだけは絶対に着用して面接した方が安全だということは分かっておいてほしいです。
  • より安定した暮らしを欲しがって「正社員」になりたいと思っている・・

  • 安定を欲しがり正規の雇用社員として働くことを意識している人が少なくない、というのが現状です。ですが、即戦力として働けるように相当な努力をしていても、正規雇用が現実化しない可能性もあります。準社員の求人情報は結構あるのに正社員の求人募集に固執し、時間だけが過ぎていく、といった人が最近は多いようです。もしも、転職希望先が正社員を必要としていないのなら、契約社員や派遣社員の募集も選択肢に加えてみましょう。企業によっては、成果次第で2,3年で非正規雇用から正規雇用へのキャリアアップができることもあるからです。ですから採用面接を受けているあいだに、「正社員登用」のチャンスがあるかどうかを質問しておけば、人生設計が立ちやすいはずです。
  • 再就職する場合用意する必要がある履歴書などに関して・・

  • 転職をしようとする際に絶対に書く履歴書は、だいたいはパソコンを使って作るのがほとんどです。今現在の日本では履歴書についてはパソコンによるものではなく手書きで書くというのが常識だと考えられていることも多いですが、それは新卒に関する就活やアルバイトやパートについてであって、実際のところ、転職については100%パソコンで書いたものは駄目とまでは言うことはできません。自筆の方を良しとするところもあるようですが、違う場合がだんだん増加していていますので、パソコンを用いて作った履歴書でもよろしいケースはかなりあるのです。
  • 派遣で勤務しています。派遣法や労働契約法のせいで否応な・・

  • ある会社に派遣されて働いています。派遣法や労働契約法の関連で長くお世話になった会社での仕事を辞めなければいけません。同じ派遣の人の中には、派遣先の企業から正規社員の条件を獲得した方もいるのですが選ばれた理由としてははっきり言うと仕事の腕がよいというよりは派遣先上司の扱いが上手な人で引き立てがあった模様。仕事を遂行するスキルよりもおじさんを転がすスキルの方が大切なんだねーと選考に漏れた派遣仲間の友人と勤務先で愚痴を言う毎日です。
  • 転職の面接を受けるため希望先の会社へ伺ったときのことです。

  • 転職の採用面接を受けるため転職したい会社へ訪ねました。たまたま社内の面接に使える部屋が空いていないということで外のとある場所で面接官と待ち合わせて採用面接が行われ、その場所で解散をし、面接担当者も会社に寄ることなく直接帰宅するとのことでしたが、ビックリしたのは自宅最寄駅が同じ。なので電車内においても彼とずっとお話をしながら帰宅することとなって、すっかり緊張がなくなって面接よりお話が弾んで、それが原因かなんとか採用をゲットすることができました。
  • 今までの求人情報には、募集条件の中に「性別」が、書かれているのが一般的でした。

  • 昔の求人情報に求める人材の「性別」まで当然のように書かれていました。けれど最近では、「男女雇用機会均等法」が成立した影響もあり、男女の求人や、採用での差別をないようにしないといけない事が決まり、募集要項の条件に「性別」が記載されないまま、現在に至ってます。しかし求人側は、男性・女性のどちらでも良い、とは内心では考えていません。そのため、実際は男性必要とするジャンルに、女性の採用希望者がやってきたり、女性希望の企業に男性がエントリーしてきたり、といったトラブルは誰にも起こり得ます。例えば、「女性が活躍している職場です」と紹介されていたら、雇用側が「女性」を必要としている、と捉えておく良いでしょう。
  • 転職をする場合、はじめに、求人票を見たり、ウェブ上の公式サイトを閲覧したりし・・

  • 転職をするにあたっては事前に求人雑誌を閲覧したりして関心のある会社を調査するでしょう。とはいっても、その会社がどういった情報を表に出すかは、専属「コンサルタント」の手が入っている、と理解しておくべきです。コンサルタントは、会社の利益とならない情報を隠す特徴があります。たとえ公開したとしても遠回しな表現に徹します。そのような社長の方針や社員の感想については、それを事実として見るのではなく、疑いながら読むべきでしょう。鵜呑みにして入社した場合、予想とは全く違うとあとでガッカリすることになりかねません。悪意ある会社は、素直な人間を取り込み、その後、あれこれと難癖をつけて会社を辞めれないように画策します。ブラック企業では、この手のことが少なくありません。
  • とある古物商にて、書類審査を通過し先方から、面接日時を教えてもらいました。

  • ある古物商の人員募集に応募したところ、書類審査を通過しました。2、3日して先方から面接日時を告げられました。それなのに、当日行ってみると行き違いがあったのか相手が面接の用意を一切していないことに気づきました。しばらく待って、所長らしい人が面接担当をしてくれたのですが、始終驚くほど面倒くさそうな態度を見せてひとまず面接が終わりました。ですが、約束の日を過ぎても、合否結果は告げられず、待っていられず、こちらから問い合わせると「郵送で今日、送付しました」と返答されました。しばらく待っていましたが、届くことはありませんでした。そんなわけでまた質問したところ、驚くことに、「残念ですが不採用になりました」、と勝手に電話を切られてしまったのです。私は呆れて何も言えませんでしたが、本当は、不採用で良かったと感じています。