「転職サイト」は、大手が運営しているもののほうが掲載量も多くなるため・・

転職サイトは知名度の高いサイトであるほど案件が多いので、…

  • 転職サイトはよく知られたサイトであるほどたくさんの企業が掲載されているため、気に入った2,3の会社を、とりあえずは転職サイトに登録した上で、年収などの条件にあらかじめを入れておき、あとは条件に適合する案件が自動的にメールで送られるように設定しておくと転職情報を収集しやすくなります。だとしても、初回だけは登録するのにけっこう手間がかかるので、サイト登録する前に「履歴書」「職務経歴書」を準備して、そのコピー&ペーストをする形で登録すると手間がかかりません。登録する初日は、けっこう時間がかかることから、案件の検索と応募も大変に感じるかもしれません。しかし、次回以降は新規案件のみチェックするだけでよいので、後々のためにも、最初の準備に手を抜かないことを推奨します。

  • 20代に転職を2度経験して、現在は資格取得の勉強をしながら…

  • これまで20代前半に転職を数回経験し、そして今、資格の勉強をしながら、派遣社員として働いています。常勤での勤務ではないため、やはり手取りが少なくなってしまいました。ですが、前よりも心と時間に大きな余裕が出来ています。思い返すと、学生時代にもっと資格を取得し、仕事を続けるという方は本当に稀です。そのような方たちを余計に羨ましく感じたりもします。以前までの私はうまくいってる人と自分とを比較して、肩を落とす日もありました。今では結婚を経験し、私の生活環境が大きく変わり、明確にやりたいことを見つけたのでまいにち充実しています。

  • 転職先を選ぶ際、もちろん仕事のやりがいアップと共にそれに加え…

  • 転職先を決める際、むろん仕事のやりがいアップも大事だけどそれに加えて年収アップも大切なポイントですから「年収比較サイト」というところに登録して事前に調べています。全く同じ会社でその上全く一緒の職種、社歴なのにずいぶん人によって幅がある場合も少なくなく、ぶっちゃけて言うと面接時に質問したことがあります。面接をした方も一緒のサイトをよく見ていたようで「その高い年収で書いてるのは、書いた側もだいたいは予想はついているんですけどね、おそらく見栄をはっているのでしょう。低い方の給料で心の準備をしておいてください」とのことでした。

  • 近年では、株式・不動産投資などといった不労所得で収入を得たり…

  • 現在は、株式・不動産投資などの不労所得で生活資金を得たり、独立・起業といった生き方も増えています。そのような世の中の変化もあり、「雇用されて働くこと以外は不安定であぶない」といった考えも過去のものとなりつつあります。高度経済成長の頃の際には、将来が不安定な自営業者よりも雇用されて働くほうがずっと安定性にすぐれ、人生の正しい進路として、世の中に認知されてはいました。そのような社会全体が等しく成長する時代は過ぎ去り、今のような時代では「成熟期」という風にも呼ばれます。近い将来では、機械化、自動化が進んで仕事で、人の力を不要とする社会になる、とも言われています。

  • 転職サイトは一度登録すると、何度も電話やメールをしてきます。

  • 「転職エージェント」は一度登録したあとに、電話やメール連絡が執拗に入ります。これについて「転職エージェント」の初心者の方は、非常にびっくりすることが多々あります。転職エージェントは転職を後押しすることが目的とされるので、とても積極的です。特に大手のエージェントは、転職を成就させると企業からお金を受け取る仕組みであるといえるので、転職活動される人の都合よりも企業の都合を優先的に考えることが多々あります。加えて、彼らは、成約数を増やしたいがために内定が出たすぐ後に、入社を強引にすすめてくることが少なくありません。自身の気持ちを明確にしておき、転職に妥協しないように注意を払うことが大切です。

  • 職を変えようとしようとしている時に見ることになる求人情報に関しては、…

  • 転職を考えている時に見る求人情報については、一般的なものとして書かれている確率がありますから、そこに記載されていることは正しいことだとは簡単に信じるのはやめておいたほうが好ましいでしょう。その中でもとりわけ生活に大きくかかわってくる給与の額などに関しては、平均なのか?最低限なのか?最高値なのか?といった読みができない時が多く、自分判断で考えてしまうと、今後、悔しい思いをする可能性もあります。それゆえ、募集内容については参考程度に考えて、そういったようなたいへん肝心な内容は会社側に直に連絡を取ってみた方が良いでしょう。

  • 自分の好きな分野の仕事に就きたいという風に思っている方は気をつけた方が良いです。

  • 自分の得意なことや好きな分野の仕事に就きたいと思っている人は要注意です。これは、私の経験に基づいたことなるのですが、私自身、食べることが本当に好きでそれが高じて、以前は、レストランで働いてもいました。その飲食店での業務は、そのレストランで任されていた仕事内容は、シンプルな盛り付けやホール業務でした。この業務内容に関しては、嫌なこともありませんでしたし楽しんでいたのですが、人間関係で嫌になってしまったのです。そのことが原因で、職場を去ったのですが、そのせいで、好きだった食べることやそのレストランでメニューとして提供していた食べ物すら嫌になり、類似の飲食店は現在も行く勇気がありません。当時の匂いを思い出すだけで気分が悪くなります。仕事に就いたばかりの頃は、好きだったことをキライになるなんて自分でもビックリです。得意なことや大好きなジャンルの仕事に就きたいと思い、実現させることはステキだと思います。ですが、「好き」はどのくらい本気なものなのか、まじめに自分に尋ねる必要がありそうです。

  • 転職の時の面接で着るスーツの色合いに関しては、新卒の就職活動・・

  • 転職の面接で必要なビジネススーツのカラーは、新卒の学生が就職活動の際にに身に付けているカラーが良いです。言い換えるならば、黒系や紺系の暗い感じの色味、ということになります。それが、再就職の場面であっても、着ていくスーツの色合いに関しては黒系や紺系のダークカラーが圧倒的に多くて、そうでない色を着用している方はほぼ見かけることはありません。あえて言うならば、まれにグレーの人がいるくらいです。たいていの場合は黒や紺が多いです。ですから、人事から見ても黒や紺のスーツが普通に見えてしまいますから、身だしなみ、という点においては推奨したいわけです。

  • 仕事をするにあたって回復が難しいほど心的に相当につらくなってしまい…

  • 働く中で回復が難しいほど心的に苦しくなり、職場を変えなくてはいけない状況にまで悪化したなら、相談するのは会社の人にするより家族などの近しい存在の人と相談して、会社を辞めるかどうかの判断をした方が良いです。というのは、働くということは当事者であるあなた自身ではありますが、同時に家族の問題でもあります。どんなに高い給料を手にしたとしても、精神がボロボロになるほど我慢しながら無理して仕事をするのは好ましい状態とは言えません。現在の社会では、物質的な豊かさよりも、働く当人が働きやすいことを優先で前提にする生き方も認められつつあります。ですから気に病むことなく、家族や、自身の心と体も大切にしましょう。

  • 転職の際に今働いている会社を辞める時に「失業保険」を受け取るための手続きをしておく必要がありますが・・

  • 転職するにあたって、今務めている会社を辞める時に「失業保険」給付手続きをしておく必要がありますが、あなたのほうから退職願を書いて会社を辞める、いわゆる自己都合退職であった場合はすぐさま失業保険が給付されるわけではなく手続きが終わった後で失業したことが確認されてから3か月経たないともらえない。そのため、会社を辞めた翌日から3か月経てば給付されると誤解している人がいますが、実際にこの間違いを犯した人が、ハローワーク側にミスがあると主張してそれが原因となりハローワークの担当スタッフと揉めているのを過去に見たことがあります。ちなみに、社員側の都合ではなくリストラのような、「会社都合」での解雇のときは、失業認定を受けてから即座に失業保険をもらえます。

  • 転職する場合、いろんな手段で情報を集めるのが通常だと思いますが…

  • 転職活動を行うとき、様々な手段で情報を得ることが多いと思いますが、転職系の口コミサイトは利用しないと損です。一時期、悪い口コミをサイトに載せられたと言って運営サイトを相手に、損害賠償請求を起こした事例もありました。会社の都合で退社させられた元社員の報復でそのような口コミが投稿されているという見方が一般的ですが、異なる角度から見ると、投稿の内容が嘘であれば、会社としては気にしなくてもいいはずです。とはいっても、実際には『クロ』で「このままではマズイと思い、急いで炎上をしずめよう」と思っている可能性もあります。「口コミサイト」も炎上ネタが増えることでアクセス数が増えたり、サイトが注目されるチャンスになるので黙認していますが、悪い口コミが多いと言う事はそれだけ、入社してから不利益になる心配のあると思っていいでしょう。そもそも、本当にいい会社であれば煙は立ちません。

  • 現在のあなたの職場や業務内容について多くの人は不満を感じていると思います。

  • 今現在の勤め先や仕事の中身について不満に思っていることの中に、「自分のスキルや、仕事上での能力を誠実に評価してもらえない」したがって、「月給のアップも、将来的なレベルアップもまったく期待できない」といった点を挙げる人がほとんどだと思います。しかしながら、気持ちは理解できます。しかし、その手の悩みを持っている人の一部には、自らの持っている手腕を過剰評価していることもあるのです。過大評価していることに気が付いていない人が転職しようとすると、自分に合った求人がないと、仕事をしない期間が長くなるので生活費にしわ寄せが来るおそれもあります。という事態を招きかねません。ですから転職に当たっては実際の自分のキャパシティを今一度、厳しく評価してみることから始めてみましょう。

  • 転職を検討しているのなら、多様な会社の情報を日常的にチェックすることが、…

  • 転身を予定しているのなら、小まめに色々な企業を定期的に調べておくと就職先の労働環境の見極めがとてもしやすくなります。あなたが今の職場に満足感がないケースでは、本腰を入れて転職活動をする際にどこの会社も魅力的に映ってしまいます。そんな状況に陥ると、どの会社に応募するべきか迷ってしまうので会社選びに失敗してしまいます。その結果、最終的には短期で転職を考える羽目になるので、見る力を養っておくのがベストです。良い方法は、転職したい会社の雇用面だけ見るのではなくその転職したい会社の「取引先」も気にしておきましょう。透明性を重んじる企業は取引先の情報を公開していますし、そういった会社でない場合、広告宣伝ばかりに注力しがちなので、その点をおさえて求人情報を見るようにしてみてください。そのうえ、会社によって個人グループに入っているものもあるので、グループの名前をチェックをすると細かい所もチェックできます。

  • 今後転職活動をするという時は、気になる求人(または業…

  • 将来的に転職活動をするという時は、良いと思う求人(OR 職種)があれば、マメに「〇〇業(気になる業種)、ブラック」とインターネットで調べておくべきです。求人票や担当してくれる転職エージェントの言葉からはまずその業界に関するマイナスとなる面は、教えてもらえない、と思っておくべきです。もしも、ブラック企業体質な業種であれば、簡易的なインターネット検索によって一発で本来の姿を理解できるでしょう。そうしたチェックを怠りながら入社してしまうと、あとになって後悔してしまうおそれがあります。そもそもその求人が出ている理由が、「業務内容が厳しく、なかなか人が定着しない」といったケースが多くを占めるため、目に留まった案件・業種については、下調べをし疑問点を払拭した上で、応募しましょう。

  • 大規模な転職エージェントほど、多くの案件を持っている…

  • 「就職エージェント」の大手になると、たくさんの案件を持っているという魅力があるといえますが、それに比例するように、競合する転職希望者もたくさんいます。そのせいかあなたが、応募したい会社を見つけても、転職エージェントの担当スタッフが「転職するのがむずかしい」と判断すると応募してもらえないこともよくありますし、企業から見てあなたよりも有能な人がいれば、その人を優先することも考えられます。つまり大手エージェントの場合、サイトに掲載していない案件をデータ宝庫として扱いなかなか難しいので、中小規模のエージェントたちに対し、応募したい企業や案件に関して相談し、応募できないか話しをすると自分の利益を考えて行動してくれることもあるので、そういった活用も一つの手です。

  • 転職における面接などに関して面接担当者に名刺を渡された場合…

  • 転職の面接などにおいて担当者が名刺を手渡してきたら、あなたも相手の方に名刺を差し出すべきであるのか?差し出すべきではないのか?と悩んだ際は、大方は差し出さなくても良いと思っておいてください。面接というのは仕事の一部ではなく、仕事を得るための採用活動の一環なので、ほとんどは名刺をやりとりする時間ではないのです。合わせて、あなたは会社の人としてではなく、個人的なことでこの場にいるわけです。という訳で、もし相手から名刺を渡さても、こちらとしては受け取るだけで問題なくて、相手にあげる必要性はまったくないと考えられます。

  • きちんと失業保険の給付を受けるためには、求職活動をしていることを理解してもらわなければいけません。

  • 現実に失業保険を給付してもらうためには、職探しをしていることを証明しなくてはいけません。しかしながら、実際は「久しぶりに仕事から解放されたし、しばらくは働かずにゆっくりしたい」というのが現実でしょう。ですので、しっかり就業先を探しているように思わせる方法があるので紹介します。月一回のハローワーク職員との面談は当然ながら必要として、そこで、求人票を閲覧することが最低限しておきましょう。実際には探す気持ちがないときは、「求人票」にだけ目を通し、ハローワークスタッフとの面談で、「納得できる条件の仕事や自分の属性にあう仕事や、希望していた求人が意に反して見当たりませんでした」と、相手に告げて、次の機会を狙いましょう。