転職する活動で「私はこれまでこういった仕事をがんばってきまし…

励んでいる転職活動時、「自分はこれまでずっとこういった内容…

いい転職をしようと転職活動時、「自分は振り返るとこういった仕事に従事してきました」「今までにこういった技術を得られました」と自分の経歴を十分にアピールする人はときどき目にします。しかし、転職希望する新しい企業で「させてもらえるのならばこういうような仕事をしたい」「このような内容ならできれば貢献できると思う」と未来の姿を通してアピールを狙ったほうが過去を語るよりも聞き手からの反応は良いものになります。この点を踏まえて転職活動をがんばってみましょう。

転職期間中には、趣味に時間を費やしたり、体力の低下を招かないようにしてお…

転職期間のあいだは、自分の趣味に時間を使ったり、体力を低下させないようにしておくと良いと思います。会社が決まり、いざ仕事を再始動したとき、趣味に打ち込んでいたおかげで気付かない間に集中する力が養われているのです。そしてまた、体力アップしていることで一緒に働く人たちと比べると疲れにくいということを自ずと認識することができます。なので、休職中は興味のあるなことに集中することと、体力をアップさせる努力をしておいて損はありません。もしも、働き出した会社であなたと同じ趣味の人と巡り会えれば、会話が盛り上がります。ですから、時間がなくてできなかったことに挑戦してみるのも転職期間中の時間の有効活用となります。

ずっと接客業で仕事をしていたのですが、加齢とともに立ったままで行なわなければいけない仕…

長い間接客業で勤務していたのですが、年齢を重ねるにつれ立ち続けるお仕事は体力的にしんどくて、オフィスワークへお仕事を変えることを目標にして行動しました。事務の経験がないとわりと厳しく、それなら接客業の経験も活かせる受付兼医療事務になりたいと資格も取って個人の医院に転職することができました。周囲は超ベテランである先輩パートさんばかりで人間関係も複雑。夜のシフトばっかりさせられて、接客業をしていた時よりも帰りも遅いのですが、まずキャリアを形成しなければいけないと考えて仕事を続けます。

新卒採用で入社した会社に別れを告げ、悩んだ結果、転職しました。

新卒採用で入った会社に別れを告げて、思い切って転職すると決めました。当初は相当に不安な日々もありました。新卒採用で入社した会社を辞めて、多くの人が転職を経験していることを私自身が転職したことで知り、いつの間にか安心しました。また1度、転職したことでなにか肩の荷が下りるような気分になり、「自分の好きなこと」を考えることが楽しいものになりました。いまだ「仕事を途中でやめるなんてダメだ」といったような転職に否定的な意見もありますが、私自身、転職を経験して良かったと思います。

昔から”石の上にも3年”という生きていくうえで戒めとなるべき言葉があります。

古来より「石の上にも三年」という教えがあります。昨今、ないものと同然である「終身雇用制度」。定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」が一般的な事柄となってきています。とはいえ、「転職」する人が増えているとはいっても、やたらと仕事を変えようとするのは後々のためにはなりません。実際に転職を検討する際は、適した時期というのも有るでしょう。まず第一に、今やっている職場、仕事の内容について、納得できない点を10個程度、箇条書きにしてみましょう。この作業が、将来の再就職に役立ちます。そして、将来の進む道がなんとなく見えてきたのなら、できるだけ早急に良い仕事を手に入れられるように頑張ってみましょう。

再就職をする際に面接でほとんど投げかけられる質問が前の職場を辞…

転職の面接でほぼ確実に追求されることが以前勤務していたところを退職したのかという話ですが、このような質問が出た場合には前職にスポットを当てない方が最善です。前職を辞めた理由が中心となり話が進むとほぼ確実に悪い印象を与える要素を取り込んだ話の内容になってしまうので。このことを上手く話すには、どうして前の職場を退職したかという点をこちらの会社に必ず入りたかった理由があるという感じに持っていくべきであり、自己アピールもかねて今自分が入りたいと思っている方の会社に話の方向を向けていくと良いでしょう。行きたい会社の話だとマイナスではなく良い印象を与えることができる前の職場を去った理由に変えることが可能です。

今からでも転職することを考えているのなら、現状の職場や仕事…

そのうちでも転職活動しようと思うのなら、直近の仕事や業務での不満に思う部分を明確化する事が必要です。できていて当然と思われますが、意外とできてないです。もともと不満な点にガマンできないから転職しようと思っているはずです。しかし「ちゃんといまの業務や仕事の客観的に考えた問題を列挙する」ことをほとんどの人はやっていません。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が悪化する事を許容するかも考えましょう。自身の不満を客観的に見える状態にしておくと転職選びに失敗するリスクは減らせます。そのあと、もしも転職した場合、「現在の仕事よりもマイナスになりそうなこと」を明確化してみましょう。転職できたとしても、転職すれば現在抱えている悩みが全て解消されるとは限らないからです。ですが、メリット・デメリットの両方を前もって理解しておけば、転職後のモチベーションの低下を抑えることは可能なはずです。

クールビズ(軽装)をして再就職の面接場に出向く場合、…

クールビズの服装で再就職の面接にチャレンジする際には、いくらなんでジャケットまでは着ていかなくても大丈夫だと間違いなく分かるわけですが、ネクタイは着用しているほうが好印象を与えてくれるのでお勧めです。ネクタイに関してもジャケットと一緒でなくても大丈夫だと認めている企業もあるケースもあるにはありますが、ことネクタイはクールビズでも必ず着用して行く必要があると思っている会社がそこそこ存在するわけです。という訳で、クールビズが許可されていてもネクタイに関しては必ず着用いく方が安心だということは知っておいてそんはありません。

安定した生活基盤を欲しがり正社員として働こうと思っている人…

より安定した暮らしを求めるべく正社員として働こうと考えている人はかなりいます。にもかかわらず、努力しても、中々正規雇用が難しいこともあるでしょう。契約社員や派遣社員の求人は充実しているのに、正社員の求人情報に拘り、もやもやした日々を過ごしている人は結構多いようです。もしもあなたが、中々転職先が正社員枠を用意してくれていないのなら、契約社員の求人募集も見てみましょう。会社のなかには、働き手の実力により、数年で正規雇用にステップアップが図れることもあるからです。ですから採用面接を受けているあいだに、「正社員登用」の可能性がどのくらいあるかを聞いておけば将来設計にも役立ちます。

転職をしようとする場合、用意する必要がある履歴書や職務経歴書に関して…

再就職の際に書かないといけない履歴書や職務経歴書などにおいては、たいてい、手書きではなく、パソコンを活用して作るのが主流です。日本では履歴書や職務経歴書についてはパソコンを使ったものではなく手書きで準備するというのが一般常識と思われることも多々あるようですが、それは新卒に関する就職活動やアルバイトやパートの際に用意する履歴書であって、実際のところ、転職の時は履歴書は必ずパソコンで書いたものは駄目とはっきりとは言えません。手書きの履歴書や職務経歴書の方を評価する会社もあるようですが、そうではない企業がずっと多くなってきていますから、パソコンを使って作成したものでもOKな場合は意外にも多いのです。

派遣として勤務しています。派遣法や労働契約法のせ・・

派遣というかたちで働いています。派遣法とか労働契約法の関係で残念ですが長い期間働いた就業先での就業を終了しなければなりません。仲間の派遣社員の中には派遣先の会社から正社員の地位をつかんだ人もいるのですがそれははっきり言うと仕事の実力というよりは派遣先の上司へのご機嫌取りが得意な人でそれで採用された様子。仕事ができるかどうかよりも上司にゴマをするスキルの方が重要なのだろうと抜擢されなかった別の派遣の同僚と勤務先で愚痴を言ってます。

転職のための面接に赴きました。

転職の採用面接を受けに転職希望の会社へ出向きました。偶然会社内の面接をする部屋が空きがないとのことで外の場所で面接をする方と待ち合わせをして面接を行って、その場所で解散、面接を行った方も会社に帰らず自宅直帰されるとのことだったのですが、驚くことに下車する駅が私と一緒だったのです。結局は電車内においても面接担当者とずっと話をしながらいっしょに帰宅することとなり、すっかりリラックスして面接しているよりもお話が弾んで、それが良かったのか問題なく採用も勝ちとることができました。

前の求人情報では、求める人材の「性別」まで書かれているのがほとんどでした。

数年前は求人情報では、募集要項の中に「性別」まで、きちんと書かれていました。しかしながら今現在では、「男女雇用機会均等法」の影響によって、採用において、男女の差別があってはならない事となり、求人情報の中身に「性別」の表記ができなくなりました。けれども、求人情報を出す側は、実際はどちらが希望と言う想いがあるはずです。実際に、実際は男性希望の案件に女性が応募したり、女性が必要な案件に男性が来てしまったり、でも不採用となる可能性が高くなります。たとえば、「女性が活躍する職場です」の記載がある場合、雇い主再度が「女性」を必要としている、と捉えておいたほうが良いでしょう。

転職活動を始めるとき、最初に、ハローワークやネット上の求人情報を閲覧したり…

転職活動を始めるとき、始める前に、ハローワークや求人雑誌の求人情報を閲覧したりして関心のある会社を調査するはずです。とはいっても、その会社が情報を載せる際には、コンサルタントが主導している可能性が高いです。彼ら(コンサル)は、会社にとってマイナスになる情報を隠す能力に長けています。たとえ公開するとしても差しさわりのない表現をします。その類のコンサルの影響が色濃く出た、社長社員に関連する情報はそのままを信じるよりも、半信半疑でちょうど良いレベルと思っておきましょう。額面通りに受け止めて会社に入ってしまった場合、期待していたことと全く違うと後々、後悔するおそれがあります。悪徳会社は、素直な人間を効率よく取り込み、その後は、言いがかりをつけながら退社できないように策を練ってきます。いわゆるブラック企業に多い例です。

ある古物商の社員募集にて、書類選考に合格したので、相手方から面接の日時を指定してもらいました。

ある古物商の社員募集に応募したところ、書類審査を通過しました。2、3日して担当者から面接日時を告げられました。けれども、面接日当日、指定された場所へ行ってみると、手違いがあったのか相手が面接の用意を全くしていないとわかりました。しばらく待たされたのち、所長と思しき人が面接に応じてくれたものの、始めから終わりまで、驚くほどだるそうな対応の状態のままなんとか面接を終えました。しかしながら、予定日を過ぎているのに、採用結果もまったく告げられず、待っていられず、自ら問い合わせてみると、「郵送で今日、送付しました」と告げられました。しばらく待っていましたが、私の手に届くことはありませんでした。そんなわけで改めて連絡をしたところ、どういったわけか、「結果は不採用でした」、とこちらが話す隙もないまま電話を切られてしまいました。あまりのことに呆れ返ってしまい言葉も出ませんでしたが、率直に、採用されなくて良かったとホッとしています。

転職サイトは大手サイトの方がたくさんの企業が掲載されているた…

転職サイトは有名なサイトの方が掲載案件も多いので、感じがよさそうな2,3の会社を、とりあえずはサイト登録しておき、勤務地などにチェックマークをいれておき、次に条件に適合する案件が掲載されたら自動的に通知されるように設定しておくと情報収集が楽になります。ですが、初めに限っては登録するのに少々時間がかかるので、サイト登録する前に「履歴書」「職務経歴書」を準備して、そのコピー&ペーストをする形で登録すると手間がかかりません。登録を行う初回時、少し時間がかかりますし、案件の検索と応募だけでも大変ですが、その後は、新着の求人情報だけ確認すればいいので、後の応募を考えれば、最初にしっかり準備することを心がけましょう。

これまで20代前半に転職を数回経験し、そして今、いくつか資格を取得するため・・

20代に転職を2回経験し、今現在は資格を取る目的で「派遣社員」を選択しています。常勤の勤務とは異なるため、毎月の収入は安くなりました。しかしその分、心と時間に大きな余裕が出来ています。思い返すと、学生の頃にいくつか資格を取り、仕事できたらムダがなかったのにな、とは思います。身近にそういった人を見てしまうととても羨ましいと感じたりもします。以前は、自分と他人を比べてしまい、気分が落ち込むことが多かったのですが、今では結婚を契機に私の生活環境が大きく変わり、以前よりも明確な進路ができて私も新たな目標に向かっています。