年内中に転職活動を始める際、次の仕事を始めるまでにある程度期間がある場合は…

転職活動をしていく人で、次の仕事をする前にまだ期間があるのなら、…

今から転職活動を考えている人で、次までの仕事にまだ期間がある方はできれば「失業手当」をもらっておきましょう。今働いている会社側が社員に「雇用保険」を支払っていた場合は、誰でも失業手当を受け取ることができます。そして手続きについては、「ハローワーク」で行う必要があります。しかし自己都合で仕事を辞めた場合は、失業手当までの待機期間が「3ヶ月」ありますが、現在の会社都合の退職、または残業時間次第ですぐに受け取れることもあります。なお、失業手当の金額は仕事を辞めた月の直近の給料を基準にして手当の額を計算されるので、会社に繁忙期や閑散期がある方は理想なのは繁忙期の後に辞めたほうがいいです。

『なるべく早く転職をしたい!』と思っていて、その意志が強いのであれば…

『なるべく早く転職したい!』と思っている人のなかで、その意志が抑えられないくらい強いものであるなら、辞職したいという旨を速やかに自分の上司に伝えましょう。そのときに曖昧な表現をしてしまうと、もしかすると言いくるめられるおそれがあるので要注意です。そして、実際に私も上司へ転職の相談をしたのですが、ズルズルと長引き結局、およそ半年、予定が伸びてしまいました。退職することをはじめに、直属の上司へ相談をしたのが年度末だったのですが、実際では数ヶ月働くことになり、退職が認められたのは同年の11月です。本来なら、ちょうど年度末いっぱいで辞めたかったです。うまくいきませんでした。やっぱり職場側としても、人事上の都合があるのかもしれませんが、スタッフの意見を聞かないまま、上司をはじめ、組織としてこちらの希望を無視してきたのでほとほと以前にも増して困ってしまいました。

職を変える際の面接についてですがクールビズ可とと書かれていることもあります。ですが…

再就職をする際の面接での身なりは企業側からクールビズでも大丈夫ですよと事前に言われる場合もあります。ですが、なかには、クールビズで行くのは本当は悪いのでは?と考える人がいます。クールビズに関する迷いを心に背負いこんでいる方に伝えたいのは、企業側からクールビズで良いとされた面接の場面では伝えられた内容をそのまま行動に移したほうが不安要素がないです。色々迷うことによって、汗がでる時期にクールビズでないのは相手に不自然な印象を与えてしまいます。ですから、企業側からクールビズでもOKと事前に聞かされたのならクールビズの格好をおすすめします。

転職活動中には、「年収」の話題が必ず出てきます。

就職活動において、年収はとても重要な要素です。面接では、大半の企業で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。年収を本当にもらっている額よりも大きく申告し、高額な年収を確保しようと試みても、無駄な努力でしょう。というのは、源泉徴収票が必要となるため、仮に一度は信じさせたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、必ず後からバレてしまいます。運が悪ければトラブルに発展することもあるので、現在の年収を正直に伝え、それに釣り合った希望年収額を設定するのがもっとも無難といえます。なお、年収300万の人が転職して500万円となる可能性はほとんど無い、と見ておくべきです。現在の年収が430万円としたら、希望額は400~450万円であると伝えておくのが良いでしょう。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、入社できたのをその後、退職しなくてはいけなくなることもあるので、注意しましょう

派遣でのお仕事が決まりました。

派遣で働く会社が決定しました。お仕事開始の初日に営業担当の人と派遣先に近いコンビニで待ち合わせをしたら、彼がなぜか約束をした店の前にいないので店内にいるのかもしれないと思いコンビニエンスストアの中に入ってみたところ、営業担当者はなんとまあ雑誌売り場の前に座り込んでいやらしいグラビアのところを開けてじっと見ているのを発見!こんな担当の方のお仕事なんてとてもじゃないけどできないことだと思って、挨拶することもなくこっそりとコンビニの外へ出て速攻派遣会社へ辞退の連絡を入れました。

求職活動においおいて、インターネット上で就職斡旋してくれる業者(エージェン…

就職活動をするにあたっては、ウェブ上で就職を斡旋してくれる業者(エージェント)を利用する場合もあるでしょうが、仮にそのようなところに登録し、めでたく転職に成功した場合でも、「失業保険」は給付されません。ハローワーク以外の機関を使って就職しても給付対象にならないので注意する必要があります。他方、「ハローワーク」によって斡旋してもらい、就職できたのなら、就職に備える準備金として、「一時金」を支給してもらえることになります。インターネットでのエージェントは、私的機関です。単に彼らは、企業側から「紹介料」を受け取るのみで、失業保険の給付手続きなどはしてくれません。これを知っておかないと失業中にお金を受け取れなくなるので、注意が必要です。

転職活動における最後に残る壁として、「現職の退職」があげられます。

転職活動における最後に残る難関として、「現在勤めている企業をいかにして辞めるか」という問題があります。転職先の企業から採用の内定をもらえても、現在働いている企業があなたを手放したくないとして引き留めようとするはずです。そのような場合は、何があっても退職する、という強固な意志を貫くことが必要でしょう。もしも引き留められて留まった人でも、一度辞めたいと思った会社は、結局は辞めることになるでしょう。会社の規定をチェックし、退職までに必要となる日数を超過する年月以降で退職日を決め、退職届を作成しておきましょう。そうして、決定権を持つ上司と相談し、「退職については、いかなる交渉にも応じる気はありません」と(毅然とした態度で)伝えましょう。円満退職をすること、これも転職活動の大事な要素です。

看護師という職業の人のそれ以外の仕事に転職を決断する理由は…

看護師という職の人の違う職に転職を決断する理由は、人によりけりです。どういう理由が多いかというと看護師の転職には「職場の中に相性の悪い上司や同僚がいて困っている」「結婚でライフスタイルの変化によって出産・子育てさらに家族の介護など、種々の身近な家庭環境の変化によって今までと同じような今の仕事を続けられなくなっている」「今の給料に不満がある」など多種多様の理由があり決して他人ごとではないはずです。しかしながら、転職を実際に決断するまえに、「なぜ、転職しなくてはいけないのか?」と、改めてゆっくりと現状を見つめ直すこともしてみてください。「実際に転職して現状が良くなるのだろうか?」と再考したうえで決断してみてください。

ほんの2,3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりなの…

2ヶ月まえに、転職をやっとしたというのに、何ヶ月もたっていないのに辞めてしまうケースがなんとなくよく見受けられます。何故そうかと思うとたぶん気持ちも新たに、素晴らしい仕事環境を見つけたというのに、「自分の思っていたものと大きくギャップがあって幻滅した」「ルールにどうしても慣れなかった」といった感じで退職してしまうことが多いといいます。可能ならこのような失敗をしないためには、第一に、前もっての情報集めは徹底しておく必要があります。手を抜くことなく行うべきなのです。職場内の環境、具体的な業務内容、通勤にかかる時間、などあれこれチェックしておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。

求人についての情報を見てみると、まともな職場では月の給料が記載されているはずです。

求人についての情報誌やサイトを見てみると、大部分の場合はまともな職場では月にもらえるお金がしっかりと記載されていますよね。しかしこの部分を見る際は、しっかり確認する事が大切です。額の多い少ないだけ見て判断してはいけません。実は案件によっては、月収の内訳で「毎月30時間分の残業」が条件になっているかもしれません。つまり残業代を入れることで好条件であるかのように見せ、人材を募集している所があるからです。それ以外にも、「歩合給」をプラスする、といった案件も要注意です。歩合をかなり多く見積もって月収として見せている可能性が考えられます。そうやって「不誠実」とも取れる詭弁を弄する案件にははじめから相手にしないほうが無難です。

転職のための活動をしているときは、最初にとにかくあな・・

転職の活動を行う際は、まずとにかく自分の内心が慌てないということを意識しましょう。まだ会社を辞めないで転職のための活動をする場合はあんまりないかもしれませんが、退職後に行うのであれば、どうしても心のうちが焦燥感が出るものです。なので、気持ちを抑えつつ、活動するように意識しましょう。自身でやってみたい仕事や、自分が働いてみたい職場のイメージをハッキリさせておきましょう。実際の職場と比べてみて、それらが合致してるか、徹底的に考えてみてください。この手間を掛けることで転職で良い結果を出しやすくなります。

再就職のための採用面接では、中堅企業クラスの場合、大体、その社内の「人事」担当者が面接官になります・・

再就職時の面接では、中小企業であれば概ねその社内の「人事」担当者が面接官になりますが、どこでもそうとは限りません。直接、仕事を一緒にしていく現場の一番偉い人、一言でいえば課長や部長クラスが面接することも決して少なくありません。中でも事務職や営業職などの部署に転職する場合は、資格のみでは具体的なイメージがないので、やはり自分自身をアピールしていくことが求められます。面接担当者たちから「この人はしっかり主張するし、それに良い結果を出してくれそう」と思わせ、印象付けることがとても大事になります。

このところ私は派遣の会社に登録をしています。

派遣会社に入っています。インターネットサイトで何の気なしによさそうな仕事を探して確認したところ「その仕事はもうすでに他の人が採用されました」と断られて一瞬サイト内からもお仕事の情報がなくなるのですが、翌日に再度見るともう一度載っています。これって要するに私ではよくないのってことですよね。それであるならば初めから変に隠さないように正直に言ってくれるといいのですが、なかなかそうもいかないのでしょうか。そうでなければひょっとして偽の仕事なのでしょうか?

自分が求職中のころいくつかの人材紹介会社に登録していました。

勤め口を探していたころかなり何社かの人材紹介会社に登録していたことがあります。その時に感じたこと、それは転職のアドバイザーの質に関しても驚くほどまちまちでほぼ物足りない方でした。私とっては大切なことなのにもっと気持ちを込めて臨んでほしいという感情が募りました。それがきっかけとなり自らキャリアカウンセラーの資格を取得することにしました。キャリアカウンセラーの資格取得までにはお金がかかりました。それに加えて勉強面もかなり大変なわけですが、お仕事を探している人からあなたがアドバイザーでよかったと言ってもらえるキャリアカウンセラーになるために努力しています。

転職しようと考えている会社で会社見学などがあれば、とても勉強になります。

転職先の見学は、かなり勉強になります。また、「職人」さんがいる会社では、職人技を近い距離で見られるので楽しみです。しかし、「職人」がいる会社見学は、見学者にはほぼ、普段の姿を見せてくることは少ないのです。その傾向が強いのはずばり、ブルーワーカー(肉体労働)などの分野です。この分野では、独自の感覚を持つ人が多いので実際に仕事を始めてみるまでは、実際の働き方が出ません。なので、見学だけの仕事だと思わないことが大切です。また、見学時に仕事を体験させる会社は、倫理的にアウトですし、選択肢に入れるのはオススメできません。雇用契約を結んでいない段階では万が一問題が発生したとしても、保障もないので、仮に、勧められても角が立たないように断りましょう。

私たちの労働環境は、近い将来ますます単純作業は機械に変えられ・・

この先、労働力という観点においてより一層シンプルな作業は機械化が進行し、明らかに稼働人口はどう考えても縮小していきます。その理由は、思考を必要としない労働は人間の手を借りるよりも機械で作業するほうが数段に分があるからです。例えば、数をカウントするとか、同一の作業を延々とリピートしたりすることは機械なら何の苦もありません。当たり前のことながら人と違って愚痴も言わず、肉体的な疲れもないし、インチキをすることもないし、正確な作業をしてくれますし、均一化できる強みもあります。加えて、給料が発生しないのもメリットといえます。このように、労働力として生身の人間を使う意味がまったくなさすぎます。機械化の流れは必然ともいえますね。

転職する企業で、「年間報酬」の高望みはしないほうが良いでしょう。

転職の意思があるのなら、いきなり満足できるほどの「年収」を手にできると考えないほうが良いです。中でも、入社1年目の段階では、大体「研修期間」が含まれていることも多かったりもします。自身の事例では、どうにかして転職して予想とは裏腹に以前の職場での年収とあんまり同額でした。おまけに、業務内容はかなりキツく、かなり責任のある立場で最初の1年は、本当に苦労しました。そうした経験から転職1年目は、仕事を学ぶ期間と割り切り、もっというと転職するよりも前から貯蓄しておき、仕事に没頭した方が良いと思います。