長年接客業で務めていたのですが、年齢を重ねるにつれ立ち続ける仕・・

長期間接客業で勤めてきましたが、年のせいか立って行う仕事は…

長期間接客関係で働いていたのですが、年齢を重ねると共に立ったまま行う仕事は体力的に耐えられないため、座って仕事ができる事務系のお仕事への転職を視野に入れて動き始めました。事務が未経験だとなかなか厳しくて、だから接客の経験が役に立つ受付兼医療事務をやろうと考え資格も獲得し個人の医院に転職をしました。周囲はベテランである先輩パートさんばかりで人間関係に関してもややこしい。夜のシフトばかり押し付けられて、接客業をしていた頃より帰る時間が遅くなったのですが、初めの頃はキャリア形成をするんだと受け入れ頑張ります。

新卒で入社した会社を退職し、一歩踏み出して転職することにしました。

新卒採用で入った会社にお別れをして、転職を決意しました。はじめはとても悩んだりもしました。でも、新卒で入った会社を数年で辞めて、中途採用で働いている人がほとんどだということを自身の転職を通じて理解し、自然と悩みが消えて、気持ちが楽になりました。なにより1度、転職をするとなにか肩の荷が下りたかのような気分になり、「自分のやりたいこと」を見つけることが毎日が見違えるように変化しました。なかには「仕事を変えるのは良いことじゃない」というような転職を否定する意見もありますが、それが正しいとは限らないと思いました。私の人生においては転職してみるも大事だと思っています。

古来より”石の上にも3年”という諺がありますが、「終身雇用制度」は衰退してきています。

昔から”石の上にも3年”という人生において戒めのの意味を持つ言葉があります。現在の社会では終身雇用制は死語になりつつあります。転職というのは当たり前の世の中になってまいりました。けれども、「転職」が誰にとっても身近な存在になったからといっても、安易にそれを選択するのは考えものです。再就職するには適した時期というのも有るでしょう。初歩として、今やっている職場、仕事について具体的に、例えば仕事内容や待遇面について嫌だと感じいているポイントを、10個、少なくても最低5個は探してみてください。そうしておくことで、再就職に役立ちます。そして、もしおおまかな進路が見いだせたら、素早く、より良い仕事ができるように進めることも大事です。

転職する場合の面接でだいたい聞かれるのは会社を辞職し・・

転職する場合の面接で必ず聞かれるのが会社を辞めたのかということです。この質問に答える際には話の中心を退職した会社のことにしない方が賢明です。退職理由が話の中心になると必ず悪い面を含んだ話になってしまいますから。この点を上手に進めていくにはどうして前の会社を退職したのかという事をこちらの会社に絶対に入りたいという考えがあったからという感じの話にしたら良いということで、自己アピールもかねて入りたい会社に話の内容を向けていくべきなのです。そういう内容ならば、マイナス面を消し好印象の辞職の訳にすることができます。

そのうち転職活動しようと考えるのなら、今の仕事や・・

今から転職を希望しているのなら、現状の業務の何に不満を感じているのかをハッキリとさせておきましょう。当然できていると思うと、意外とそうでないのです。もともと気に入らないことにガマンできないから転職しようと思っているはずです。が、「しっかりと存在する業務や業務の客観的に考えた不満を列挙する」ことを大半の人はやっていません。不満点を明確化し、解消されるならば、現状より悪化する事をあるでしょうがどこまで許せるかも考えましょう。この点を徹底しておくと転職選びでの失敗は大きく減らせます。それを終えたあと、転職を叶えたとしたら、「今より何が不便になるか」を想像してみましょう。転職したとしても、転職すれば現在抱えている悩みが全て解消されるとは限らないからです。ですが、デメリットとメリットのバランスをあらかじめ理解しておけば転職後の急激なモチベーションのダウンを防ぎやすく、成功することが容易になるはずです。

クールビズのスタイルで再就職の面接にチャレンジする場合…

クールビズのスタイルで再就職の面接に臨むときには、やっぱりジャケットは着込まなくても良いとはっきりと言えます。ですが、ネクタイは面接では着用しているほうが好印象を与えてくれます。ネクタイにおいてもなくても大丈夫だと思っている企業も存在するとは思いますが、ネクタイについてはクールビズだろうと身だしなみとしてしなければならないと思っているところがいくつかは存在します。したがって、例えクールビズで大丈夫だと言われていてもネクタイを着用してから面接に行った方が安全であるということを認識しておいてください。

安定した生活基盤を手に入れるために正規の雇用社員として働くことを意識している人…

安定した生活を欲しがり正規の社員として働くことを意識している人が相当数います。ただ、即戦力として働けるように資格を取得するなどしてかなり頑張っているのに中々正社員として雇い入れてもらうことが叶わないこともあるでしょう。準社員の求人があるのに正社員の求人募集に固執し、エントリーしない人も少なくないでしょう。なかなか、中々正社員として雇ってもらうのが厳しい場面に遭遇したのなら、派遣社員の募集もチェックしてみましょう。契約社員や派遣社員募集の会社の中にはその人の実力によって、2,3年で正規雇用にステップアップを狙えることもあるんです。ですから採用面接時に、こうした可能性をヒアリングしても後々の役に立ちます。

再就職しようとする場合絶対に書く必要がある履歴書や職務経歴書…

再就職の際に書かないといけない履歴書については、たいてい、手書きではなく、パソコンを活用して作るのが大多数です。今現在の日本では履歴書や職務経歴書については自筆で用意するというのが一般常識だと捉えられている面も多々ありますが、それは新卒の人たちの就活やアルバイトについてであって、実際には、転職のケースは100%手書きじゃないといけないとまでは断言できません。自筆を評価するところもあるようですが、そうではない時が徐々に多くなってきていますから、パソコンを使って作ったものでも大丈夫な会社は大量にあるのです。

派遣というかたちで働いています。

派遣として働いています。派遣法とか労働契約法のからみで否応なく、長い期間働いた会社での勤務を終了しなければなりません。同じ派遣の人の中には、派遣先の企業から直接雇用のポストをゲットした方もいるのですがそれは正直仕事ぶりというよりは派遣先の上司へのご機嫌取りが上手で引き立てがあった気配。仕事を行う能力よりも上司正社員転がしスキルが必要なのだろうと抜擢されなかった別の派遣の仲間と派遣先の会社で愚痴を言う毎日です。

転職時の採用面接に転職希望の会社へ行きました。

転職の面接を受けに転職したい会社へ伺ったときのことです。偶然その会社にある会議室が空きがないというわけで外のとある場所で面接官と待ち合わせをして採用面接をし、その場所で解散をし、面接担当者もそのまま自宅直帰されるとのことだったのですが、偶然にも下りる駅が私と同じだったのです。なので電車内においてもずっとおしゃべりをしながらいっしょに帰宅することになり、緊張がほぐれて面接しているよりもお話が弾んで、それが功を奏したからなのかなんとか採用を獲得することができました。

何年か前までは求人誌に雇用主が求める人材の「性別」まで…

数年前の求人誌に募集条件の中に「性別」について、書かれているのがほとんどでした。しかしながら今現在では、「男女雇用機会均等法」が施行された影響もあり、雇用する際、男女差別がしてはならない事となり、募集要項の概要に「性別」を明記できなくなりました。しかし募集する側には本当のことを言えば、どちらが希望と言う想いがあるのです。実際問題、実は男性が希望の業種に募集に女性がやってきたり、女性希望の会社に男性がエントリーしてきたり、といった問題も他人事ではないのです。たとえば、「女性が活躍できる職場です」とアピールする案件では、希望しているのは女性だと捉えておくトラブルを回避できます。

転職をするにあたっては予め、求人票・パンフレット・ウェブサイトなど…

転職活動を行うにあたっては、前もって、ネット上で転職関係のサイトを見たりして働きたい会社について調べるはずです。しかしながら、その会社が情報を公にする際には、、コンサルタントが主導していることが多いです。コンサルタントは、会社に不利益な情報を隠すプロでもあります。たとえ公開するとしても曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。その種の企業の「社長インタビュー」や「社員情報」についてはそのままを信じるよりも、疑いながら読むべきでしょう。額面通りに受け止めて入社してしまった場合、「聞いていた話とまったく違う・・・」とあとでガッカリすることになりかねません。悪徳会社は、バカ正直な人間を取り込み、その後は、いろいろと文句をつけて退社させないように謀っています。ブラック企業では、この手のことがかなりあります。

ある古物商の人員募集に応募したところ、書類審査に合格しました。そ・・

ある古物商の人員募集に応募したところ、書類審査に受かりました。すぐに面接の日時について担当者から連絡をもらい、ところが、当日、指定場所に向かうと、なぜなのか相手が、面接の用意を一切していないことがわかりました。しばらく待たされたのち、所長と思しき人が面接担当をしてくれたのですが、呆れるほどけだるい表情を見せ、やっとのことで面接は終わりました。が、予定日を過ぎているのに、合否結果も告げられず、ガマンできなくなり、私から問い合わせると、「郵送で今日、送付しました」と告げられました。心待ちにしていたのですが、届くことはありませんでした。そんなわけで再度問い合わせたところどういうことなのか、「残念ですが不採用です」、とすぐに電話を切られてしまったのです。あまりの対応にしばらく言葉も見つかりませんでしたが、内心、不採用で良かったとホッとしています。

転職サイトは有名なサイトであるほど豊富な数の企業が掲載されているた…

「転職サイト」は、大手が運営しているもののほうが多くの転職情報が掲載されているため、2~3社程度、とりあえずウェブサイトに登録した上で、希望する勤務地や収入について条件を設定しておき、さらに自動で案件に関する紹介がくるようにしておくと転職情報を収集しやすくなります。しかし、初回だけは登録するのに少々労力を要するので、サイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」を忘れずに準備しておき、それらをテキストファイル化し、コピー&ペーストしながら登録を進めていくと便利です。登録初日はけっこう時間がかかることから、案件の検索・応募をするだけでも苦労しますが、その後は、新着の求人情報だけ確認すればいいので、次回以降応募するときのことを考えれば、最初の準備に手を抜かないことを心がけてください。

これまで20代前半までに転職を数回で、現在はいくつか資格を取得するた…

20代前半に転職を2度行い、いまは複数の資格をとるために、「派遣社員」を選択しています。フルタイム勤務ではないのでどうしても手取りは安いのですが、しかし、心と時間に大きな余裕が生まれ、満足しています。学生時代にいくつか取った資格を生かして就職すればムダがないのに、と悔いはちょっとあります。また、実際、そういった成功例を間近に見てしまうと無性に羨ましく感じてしまいます。昔は、自分と他人を比べてしまい、何度か劣等感を感じることもありました。現在は結婚して私の生活環境もかなり変わり、以前よりも明確な目標ができて充実した日々を過ごせています。

転職先を探すとき、仕事のやりがいアップも重要だけど加えて…

転職にあたっては、やりがいのある仕事をすることも大切だけど収入のアップも大事なので「年収サイト」に登録して事前に調べています。一緒の会社でその上同じ職種、社歴であるのにすごく人によって幅がある場合も数多くあって、正直に言えば面接の際質問したことがあります。面接官も同じサイトをよく見ていたようで「その高収入で書いているのは、書いた者も誰だろうとある程度予測できるのですが、おそらく格好をつけてるんですよ。低い方だと覚悟しておいてください」とのことでした。

近年では、株・不動産投資などといった不労所得で生計を立てたり…

今のご時世では、株式・不動産投資などの不労所得で稼いだり、起業といった生き方も社会的に人気を集めています。そういったような世の中の変化に伴い、「会社員以外は不安定だしキケン」といったこれまでの考えも変わりつつあるようです。高度経済成長の頃に関しては、将来が不安定な株式投資や個人事業よりも雇われているほうが安定していてました。そのため人が生きていくうえでもっとも正しい道としてまたそれが自然のことのように一般の人々に認知されていました。しかし、そういった社会全体が安定成長する時代は過ぎ去り、今現在は「成熟期」などというらしいです。コンピューターの進化とともに、近い将来では自動化・機械化が顕著になり、仕事でも人がいらなくなっていく時代です。