近年、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」のほかに・・

近年はネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでな・・

近頃、インターネットの就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングの専門業者をよく見かけるようになりました。あなたに特許を出した経歴があるなら、電話が来る可能性が高くなります。彼らは、特許出願を行った人のほかに、研究開発で論文を発表した経験がある人や、「テレビや雑誌」で特集された人など、「功績」ある人を対象に、電話やメールで近寄ってきて、ヘッドハンティングのネタにしようと考えています。会社に在籍中に、ヘッドハンティングと疑われる連絡をもらったのなら、そうなったキッカケを思い出してみましょう。近年はヘッドハンディングを装って、「登録料」を要求してくる会社があるのですが、その手の会社は100%イカサマであるので騙されないようにしましょう。ヘッドハンティングは、登録企業が報酬を支払う形になるので転職希望者がお金を出すことはまずありません。

転職のための採用面接での、やめておいたほうがよいのは…

転職候補となる面接に関して、多数の人が考え違いをしているのですが採用をされたいあまり露骨なまでの猫かぶりをすることです。すると残念なことに不採用となる可能性が高いです。そうなる前に猫をかぶるよりも面接の際は「残業」といったような、多数の人がかなり質問に躊躇してしまいそうな内容を勇気を出し訊いておいた方が、間違いなくあなたのためになります。信じがたいかもしれませんが、「面接の段階でずけずけと質問をすると、選考結果に落とされてしまうのでは?」と懸念するかもしれません。けれども、かえって良い結果になる可能性が高いといいます。これらの労働環境やお金に関する内容は、実際には、多くの人が知りたいと思っています。ですが、不採用を恐れるあまり、なかなか聞けないものです。けれども、勇気を出し一歩踏み込めば「ほかの人とは違うな」と面接官に印象づけられるのです。

以前の私は、職探しは「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」を活用していました。

これまで私は、新たな仕事を探す時は「ハローワーク」を活用していました。理由は、有名な「転職サイト」は、どうしても都心の求人情報しかないからです。このため、転職は「ハローワーク」のみ使っていました。もちろん、多少企業の知名度や給料は劣りますが、昔から地域密着といった点ではとても信頼性が高いです。「ハローワークはなんとなく地味なイメージがある」と誤解している方も多くいるかもしれません。ですが、転職サイトには掲載されていない求人があるので、そろそろ転職したい場合は、ハローワークに1度行ってみるのも手です。大手転職サイトみたいにたくさんの電話・メールが執拗に送られてくる心配もありません。

あなたが今現在、「転職サイト」であなたがストレスなく働ける…

今現在あなたが、「転職サイト」で自身の活躍の場が広がる働いてみたいと思えるような仕事を探しているならば、ぜったいに「転職エージェント」を利用しておきましょう。なぜなら必要情報を入力し、エージェントサービスの登録手続きを終え、紹介してくれる仕事というのは誰でも見ることが可能な公開求人とは異なります。なにせ、比べようがないほどにたいへん高品質といえます。そればかりか、あなたに合ったものをピックアップし、調査しながら紹介してくれます。だから、良質な案件を理想に近い業種の求人を教えてもらえる可能性があります。もし仮に同じ求人に行きつくとしても、あなたが自力で行き当たりばったりに探していくよりも相当に効率的です。ですからたいへん確実です。

生まれて初めて失業保険を受ける際に、「何もしなくても自動的にもらえる」と考えている人が…

初めて失業保険を受ける際に、じっとしていれば給付されると思っている人が極めて多いですが、それは誤解です。現実には、失業保険の給付を受け続けるためには、職探しを行っていなければならず、月に一度はハローワークに行く必要があります。1ヶ月スパンで職員に求職活動の状況をきちんと説明して「この人は、誠実に就職活動をしているな」と判断されれば、次の月の給付を受けとることができるという仕組みです。因みに真剣に就職活動に取り組んでいないという心証を与えたり、毎月のスタッフとの面談に顔を出さない場合は、決まりとして給付が一時停止となったり、ケースによっては以降の給付資格自体を失うおそれもあるので、それを防ぐために注意してください。

転職すると、大体の場合、前の会社の仕事での大方は美化された記憶となります。

仕事を変えた際には、だいたいの場合は以前の仕事はたいていは美化された記憶となります。実際には現在の仕事内容に満足できないから、それを払拭するためにやっとのことで退職を決め、再就職すことになったのに、時間が過ぎるとともにどういうわけか「前職のほうがマシだった」と思う機会が増えてきます。というのも極めて自然なことで、以前の職では仕事に慣れていて、今よりも簡単に与えられた業務もたやすくできていたのも根底にあると思います。だが実際は「転職などするべきでなかった」と本気で感じるほど、前の職場のほうが全体的な雰囲気や全体的な待遇が良い事もあります。

時間に融通が効くはずの派遣社員というものは、1年経っ・・

時間に融通が効くはずの派遣社員であっても、すぐ退職できるというわけではないことを転職活動を通じて実感しました。私は結婚生活が落ちついたら、なるべく早く子供を授かりたかったので、子供ができる日が訪れるまでのあいだ、数年ほど今の部署でそのまま仕事をしたいと思い、就職しました。常勤ではなく派遣社員であったために、正規よりも給料は少なめでしたが、それでも「時間に自由が効く」というメリットがあるので、そこはガマンしました。ところが、入社後、一緒に働く人たちのほとんどの人が派遣の仕事を10年や20年ちかくも続けて勤務していたのです。意外にも派遣であっても契約が過ぎたらすぐに辞められるワケではないと、ちょっと困っています。

転職で、正社員ではなく「派遣社員」として、転職を考えている人…

転職する場合、正社員ではなく派遣社員という勤務形態を考えている方に注意していただきたいポイントが複数あります。まず派遣社員に対して、お茶出し、その他雑用等をのようなものをなんとなくイメージされることがいるはずです。最初は私自身も現在働いている会社に入るまでは「派遣社員」の求人に応募したときに「業務は電話対応になります」と採用の際に説明を受けてもいたので安心しきっていました。ところが、仕事に就くと、なんと「電話対応」にプラスして、退職した正社員の穴埋め役を任されてしまいました。とくに何をしていいのかもよくわからず、入社前の説明とは全く違うので毎日とても困惑しています。今はただひたすら「はやく契約終了日とならないかな」と願うばかりです。

女性が再就職する場合、数年前と現在と若干、違いがあるようです。

女性の転職に関しては、一昔前と今日とでは多少の変化があるといいます。かつては会社側から結婚の予定や結婚後の予定などについて、当たり前のように質問されることが多々ありました。ですが、今現在の流れとしては、そういったデリケートな内容はセクハラと捉えられるのを恐れて、質問を避ける会社が増加傾向にあります。また、名の知れた大きな会社ほど、この手の質問を全面的に避ける傾向にあります。けれど、企業側としては、〇か×で返答するのではなく、その女性の価値観結婚後も働きたい、育休の取得が必要なのかどうかなどを当然、把握しておきたいとは思っているものです。自分の人生設計をわかってもらうためにも、自己ピーアールや志望した動機と並行して表現することで、企業側にもしっかり伝わり、安心できると考えます。ですので、たとえ、聞かれていない箇所もあなた自身から積極的に答えておくのが良いでしょう。

全く経験したことのない業界とかに転業をしようとするときに・・

初挑戦となる業界などに転職したいと思っている場合には、以前の職場で、自分が育んできた力や経験したことを発揮できるという訴えがいるようになります。初めての業種の場合、その分だけその業種で今まで働いてきた人たちよりも正直、足りない部分はありますが、自分の持っているスキルがその業種でも生きるということをしっかりと伝えることができれば、戦うことができる場合も考えられます。という事で、経験が全然ない分野に飛び込む場合は、その分野と前の職場でやっていた仕事との関係性をできる限り見つけ出しましょう。

新卒で採用された会社でパワハラを行う上司に頭を抱え・・

新卒後最初に働いた会社で嫌な上司に悩まされて、最後には我慢することができなくなってその会社は辞め、同業の他の会社に働き先を変えました。新しい会社では上との関係も良好で勤務することができて充実した日々でしたが、じわじわと会社の収益が落ち込み、とある会社に経営統合されることになったのです。その統合先の会社が驚くことに嫌な上司のいた前の会社で、しかもとても嫌いだった上司がまた私の上司となることになりました。どれだけ縁があるのでしょう。当然再び転職活動をやり始めています。

人生初の転職を行う際、気を付けなければいけないのはなぜ現職を辞めたいか・・

人生初の転職をするとき、忘れてはいけないのはなぜ現在の仕事を辞める必要があるのかをクリアにしておくことです。その理由こそが根本の問題であるので、まだの人は考えておくのが賢明でしょう。その上で問題を解消できるであろう企業を選ぶことになります。既卒者の転職活動は、在学中の就職活動とは性質が大きく異なり、現在の仕事を継続しながら就職活動を続けていくことから、時間と体力を消耗します。ゆえに明確な理由が頭にない状態で転職活動を行った場合、途中で息切れしてしまうことがあります。どんな手段を使っても転職したい、現状に変化を加えたいといった強固な意志がないうちは、転職活動のスタートを切ることはやめておくのがいいでしょう。

再就職では、かなり要となるのが「面接」である。

転職時にかなり重要視されるのが「面接」というものです。普通の面接の際は面接担当者が当人に対して転職の経緯などいろんな質問が飛んできますが、そして必ず、面接終了の直前に今度は、転職希望をする人からの疑問に感じていることを質問できるチャンスがあります。面接担当の人から「何か弊社に関して聞いておきたいことはありませんか?」と聞いてくれるわけです。と尋ねられた際に面接者本人が緊張しすぎて何も聞けずじまいになる可能性もあります。後々後悔しないように面接の前には面接官からの質問に対する、質問の内容をいくつか考えておきましょう。よく考えてみればいくつか疑問点は出てくるはずです。ぜひ、やってみてください。

もしも転職前、今働いている会社の同僚たちがそのことを知ってしまうと・・

もしも再就職の前に、今の会社にいる人たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、、職場の空気が一変することがあります。働く環境によってこれまで通りに行くこともありますが、意地悪ややっかみのおそれもあります。さらに、残業時間を増やされる仕打ちも考えられるので、軽はずみに「転職します」と口にするのはお勧めしません。上記のようなトラブルを避けるためにも、在籍中は、いたって真面目な態度でいましょう。そうしておけば、良い雰囲気をギリギリまで維持したまま、心置きなく会社を辞められるはずです。また、何の問題もなく円満退職できれば、退職後であっても、相談できるチャンスにも恵まれるはずです。どういった会社であっても、人とのつながりがとても重視されるので、仕事を辞める際のトラブルは、なるべく回避しておきましょう。

大きな会社は「定期採用」がメインです。ですから、転職希望者には向いていません。

大きな会社は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めるため、転職で入る事は簡単ではありません。おまけに、都市近郊部~地方となると転職のチャンスはきびしくなります。ただ、「製造業」の企業の場合あれば、地方の工業団地付近に工場を置いている多々あります。また、そういう地方の工場の場合、事業拡大の際に「人員募集」をしていることがよくあるので、そのチャンスを利用して転職するのも悪くないでしょう。そのためには、地方の工場に転職しようと考えているなら、転職を希望する企業の情報をはじめましょう。ホームページをチェックし、求人予定がないか時々確認すると良いでしょう。

転職される人で次の仕事を始めるまでにまだ時間があるのな…

これから転職予定がある人で、次の仕事を始めるまでにまだ時間があるのなら、できれば「失業手当」をもらっておいた方がお得です。失業手当は会社側で社員に「雇用保険」を支払っているのなら、必ず誰でも失業手当を手にできます。また、手続きに関しては「ハローワーク」で行います。自己都合で会社を辞めたのなら、失業手当を受け取るまでに3ヶ月の待機期間があるのですが、状況によっては会社都合での退職、あるいは残業時間次第ではすぐもらえる場合があります。このときの、もらえる「失業手当」の額は、会社で最後に受け取った月の給料をもとに失業手当の支給する額を計算されるため、会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種であれば、理想的なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。

『転職をしたい!』と思っている人のなかで、自身の意志が強いのであれば…

『今すぐ転職をしたい!』と考えていて、その意志が抑えられないくらい強いものであるなら、辞めたいという旨を速やかに上司に伝えるべきです。そのときに曖昧な表現をしてしまうと、もしかすると言いくるめられます。そして、実際に私自身も上司に転職の相談をしたところ、退職を引き伸ばされてしまい、結果的に、退職するまでに半年くらい掛かりました。辞めたい旨をはじめ、直属の上司に相談したのが年度末だったのに、いろいろあって数ヶ月延びて退職が認められたのは同年の11月です。本音は区切りの良い年度末を退職のタイミングにしようと考えていたのに、大変驚きました。職場サイドとしても、人事の都合があるのかもしれませんが、社員の意見を聞かないまま、会社ぐるみで私の都合を無視する形で引き伸ばされたのでその会社に対してのなんだか失望しました。