以前の私は、「転職サイト」を活用するより、「ハローワーク」で探していました。

これまでは「転職サイト」を利用するより、いつも「ハローワーク」に相談していました。

これまでは職探しは「転職サイト」よりも「ハローワーク」を優先していました。なぜなら、CMで有名な大手の転職サイトは、どうしても都会を中心にした求人情報ばかり掲載してあるからです。このため、求人情報を探す時は、「ハローワーク」しか利用していません。やっぱり、求人募集をする多少給料や労働条件で差がありますが、古くから地域に密着した企業も多くあり、ピンポイントで見えるのはありがたいです。「ハローワークを利用したことがないから不安」と感じている人もいるかもしれません。ですが、良い求人もありますので近いうちに転職について不安がある方は、ハローワークに1度行って様子を見ておくのも良いと思います。「転職サイト」のようなたくさんのニュースレターの心配もありません。

今現在あなたが、「転職サイト」を活用してあなたの働き方に近い条・・

今あなたが、「転職サイト」を活用して自身の可能性を広げてくれる魅力的な仕事情報を調べているのなら、お勧めなのが転職エージェントです。必要情報を入力し、エージェントサービスに登録したあと、エージェントが紹介してくれる仕事は、一般的に公開されていないからです。誰でもチェックできる公開求人とは違って比べようがないほどにかなり質が高いといえます。また、自分に合ったものをピックアップし、調査して紹介してくれます。だから、かなり高い精度で理想に近いあなたの職種・業種の求人を提供してもらえたりもします。もし、同一の求人を発見したとしても、自分の力で行き当たりばったりに探す手間を考えれば、とても効率はいいですし、使ってみる価値は大いにあります。

生まれて初めて失業保険の給付を受ける場合、何もしなくても受け取れると思っている人・・

生まれて初めて失業保険の給付を受ける際に、「自動的にもらえる社会保障」と考えている人がとても多いですが、それは間違いです。実は、失業保険の給付を希望通りに受け取り続けるためには、職探しを行っていなければならず、それとは別に、毎月一回はハローワークに通う必要がある。1ヶ月ごとに職員と就職活動の状況やきちんと活動をしているかを勘案して、真剣に就職活動をしていることをわかってもらえれば翌月の給付が振り込まれるというシステムです。対称的に、真剣に仕事を探そうとしていないとみなされたり、月に一度の職員との面談を欠席したときは、情け無用で給付がされなかったり、場合によっては以降の給付資格を失うことになるのでそうならないために注意しておきましょう。

転職した場合には、高確率で前の会社の仕事のたいていの記憶は美化されます。

仕事を変えた際には、大体の場合、前職のは美化されるはずです。実際には現在の職に問題点があるから、そういった思いを払拭するためにせっかく退職を決め、再就職を決意したはずなのに、気付けばどうしてかわからないけれど転職後の会社よりも「前の仕事のほうが良いのでは?」と思ってくるのです。というのも至って当たり前で、前職は日々の仕事に慣れていて、今よりもわけなくまいにちの業務をこなしていたのが、一番の根底にあると思います。実際は「やっぱり退職しなけりゃよかった」と本気で後悔するほど、過去の会社のほうが仕事に対してやりがいがある場合もあります。

派遣社員というものは、好きな時にすぐ退職できるわけではないことを…

時間に融通が効くはずの派遣社員であったとしても、好きなタイミングで退職できるわけではないと転職を経験して理解しました。私は結婚生活が落ちついたら、すぐさま子供を持ちたかったので、それまでの間のためにだいたい1年半~2年くらい今までの継続で仕事をしたいと思い、就職しました。常勤ではなく派遣社員であったために、正規よりも収入は少なめでしたが、ですが時間的な自由のために、この道を選択しました。ですが、いざ入社してみたら、一緒に働いている人たちは大半が10年や20年ちかくも続けて勤務していたのです。派遣社員であったとしても、期間が過ぎたらすぐに辞められる雰囲気もないと知り、この先どうしたらいいのか、少し困惑しています。

これから転職する場合、「派遣社員」として、転職を考えている人…

転職する場合、「派遣社員」を選択しようと思っている人にぜひ注意していただきたい点がいくつかあります。まず派遣社員に対して、「電話対応」「お茶出し」「データ入力」「その他雑用」といった業務内容を想像してしまう人が少なくないとは思います。私自身も今、働いている会社に入るまでは「派遣社員」の募集に応募した際に、電話応対と聞いていました。入社前に派遣会社から伝えてもらっていました。が、実際に働き始めると、「電話対応」だけでなく、退職した正社員の穴埋め役を頼まれました。いつも毎回振り回されますし、入社前の説明とはかなり違っていたので毎日非常に困っています。とにかく、「契約期間が早く終わらないかな・・・」と願うばかりです。

女性が転職するに当たり、セクハラが社会的に問題になる前と現在とで・・

女性の再就職に際して、一昔前と今日とでは少し状況が変わりつつあります。前は、「結婚観」や「出産後の予定」など、ごく当たり前に質問されることが多々ありました。しかし、近年では、結婚や出産などについては、セクハラに該当するとして聞かない企業が一般化しつつあります。そして、世間に名の知れた大きな会社ほど、露骨に避けるようになっています。ただ実際、面接する側としては、YES・NO、ではなく、その女性の人生観結婚後・「出産後はすぐに復帰するのか」などを当然、知っておきたいとは思うはずです。自らの人生設計をわかっておいてもらうためにも、志望動機や自己ピーアールと一緒に言い表すことで、面接担当官も考えがわかり、判断してもらいやすくなると考えられます。質問されていない箇所もあなたから企業にとっては必要な情報と捉え、話を進めていきましょう。

未経験の業界などに転業を考えるときには、前の会社で、自分・・

初挑戦となる業界などに転業したい場合には、前の職場で、自分が養われた力やこれまでの経験が生きるという内容のアピールが必要になります。働いたことのないジャンルの場合、その分だけその業界で経験してきた人たちよりも実際のところ、損にはなりますが、自分の持っているスキルがその業界でも十分に生きるということを話せれば、戦うことができるケースもあり得ます。したがって、経験したことがないジャンルに挑むときには、その分野と今まで自分が経験してきた職務とのかかわりを徹底的に探しましょう。

就職した会社で性格のきつい上司に頭を抱え、やっていくのは難しいと考えてその会社を辞め…

勤めていた会社でパワーハラスメントを行う上司に神経を使い、その結果我慢の限界を超えてその会社を辞め、同業者の他の会社へ転職しました。転職先の会社では気分よく勤務することができ非常に充実した毎日でしたが、徐々に会社の収益が少なくなり、とうとうある会社に経営統合されることとなりました。そして経営統合したのはなんと前働いていた会社で、しかも非常に嫌いだった上司がもう一度私の上司になることになりました。まったく困ったことになりましたが、どれだけご縁があるのでしょうか。当たり前のことですが新しい転職活動を始動しています。

初めて転職をする際、重要なのはなぜ現在の仕事を去る必要があるのかについて…

人生初の転職を行う場合、心がけるべきことはなぜ今の仕事を辞める必要があるのかを明確にしておくことだと考えられます。その理由こそが根本の問題になるので、必ずやっておきましょう。その上で問題改善が見込める企業を決定していきましょう。卒業してからの転職活動は、学生時の就職活動とは違って、今の仕事を続けながら就職活動しなくてはならないことから、時間と体力を消耗します。理由を明確にせず転職活動を開始した場合、途中で挫折したり、息切れしてしまいます。絶対に転職したい、現状に変化を加えたいという熱い気持ちがないのであれば、転職活動にゴーサインを出すことはやめておくのが無難です。

再就職する際、かなり重要なのが「面接」になります。

再就職する際、比較的重要なのが間違いなく「面接」である。通常の面接では、面接担当者が応募者に転職に至った理由などまずは、こちらが質問される側となります。そしてほぼ100%、面接の終了間際に次は、転職希望者から、面接担当者へ疑問に感じていることを質問できるチャンスがあります。面接担当の人から「何か弊社について疑問や質問などはありますか・・?」と。と聞かれた際に面接者本人が緊張しすぎて質問を遠慮してしまうかもしれませんね。後で後悔しないためにも、面接の前に面接官からの問いに対する、質問の内容を整理しておきましょう。実際に仕事を始める前の段階であっても、いくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、やってみてください。

もし転職前、現在の職場の同僚たちがそのことを知ってしまう・・

もしも転職することが、今働いている会社の同僚たちがあなたの転職を知ると職場の空気が悪くなる可能性があります。労働環境によっては、問題はないこともありますが、意地悪や、やっかまれたりも想定しておいたほうが賢明です。加えて、残業時間を意図的に増やされてしまうことも考えられるので、安易に「転職します」と口にするのはあまり良いとは言えません。なので、回避するために在籍中は、真面目に誠実に振る舞いましょう。充分に警戒しておけば、良い状態をギリギリまで残したまま、最高の形で会社を退職することができます。それに、何の問題もなく円満退職で終えられたなら、辞めた会社に困ったときに相談できる機会も出来ます。業界や規模に関係なく、どこの企業も、人との縁はとても大事なので、辞める前のトラブルは、可能な限り回避しておきましょう。

たいていの場合は大きな会社は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めるた…

一般的に大きな会社の採用は、「定期採用」であることがほとんどです。ですから、転職希望で入りたい場合は、時期を考慮しておく必要があります。しかも都会の外だとその見込みはさらに小さくなります。ただ、「製造業」系であれば、地方の工業団地などに工場を持っていることも少なくありません。そういう地方工場では事業を拡大する時に「途中採用」を併せて行っているので、そのタイミングに転職を考えるのも悪くありません。そのためには、地方の工場を転職に考えるなら、転職を希望する会社についての予備知識をあらかじめ得ておきましょう。その企業のホームページをチェックし、求人の予定がないか、ちょこちょこ確認しておくと間違いがありません。

今年中に転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでにある程度期間がある場合…

今から転職活動を考えている人で、次の仕事を始めるまでに時間があるのなら、できれば「失業手当」をもらっておきましょう。これはあなたが勤めている会社でしっかり「雇用保険」を支払っていた場合は、必ず誰しも失業手当を受け取れます。そして手続きについては、「ハローワーク」で行います。もしも自己都合で会社を辞めたのなら、失業手当が受給されるまでの待機期間(3ヶ月)ありますが、企業の都合での退職や、残業時間によっては、日数をおかずすぐにもらえる場合もあります。受け取れる失業手当の金額は会社で最後に働いた月の給料がもとになって失業手当の金額を計算するので勤めている会社に繁忙期や閑散期がある方は理想的なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当的にはお得です。

『今すぐ転職をしたい!』と思っている人のなかで、将来の進路がハッキリしているのなら、…

『なるべく早く転職をしたい』とおもっている方、自身の意志が本当に強いものであるなら、辞職したいという旨を速やかに上司に伝えるべきです。ここでは曖昧な表現をすると上司に高確率で言いくるめられるので要注意です。そして、実際に私も上司へ転職の相談をしたのですが、スンナリと受理されずに半年ほど予定が伸びてしまいました。辞職することをはじめに、直属の上司に相談したのが年度末だったのに、いろいろあってなぜか退職出来たのはこの年の11月です。予定としては、ちょうど年度末いっぱいで辞めるつもりでしたが、大変驚きました。やっぱり企業としても人事的な都合もあるとは思いますが、社員の意見を聞かずに、上司を含め、会社全体でずるずると引き伸ばされてしまったので、さすがに以前にも増して呆れてしまいました。

再就職の面接に関してですが企業側からクールビズでも大丈夫です…

転職をする際の面接で会社側からクールビズ可とと記載されている場合もあるようです。ですが、なかには、クールビズで伺うのは本当は良くない印象を与えるのではないか?と疑う人もいます。そういうことで悩みを心に持っている人たちに関しては、会社側からクールビズでも大丈夫だと言われている面接は伝えられていることをそのまま行動に移したほうが堅いです。迷いすぎてしまい、汗がでる時期にしっかりとスーツを着用すると相手に不自然な印象を持たれてしまいます。ですから、企業側からクールビズで良いと書かれていたらクールビズで大丈夫なのです。

就職活動において、年収はとても大切な要素です。

就職活動において、年収はとても重要なポイントです。面接では、現職の年収に加え、将来的な希望年収額も尋ねられるでしょう。現実の年収を偽って、多く申告し、高額な年収を獲得しようとしても、無駄な努力でしょう。というのは、結局は源泉徴収を提出しなければいけないので、仮に一時的に騙せたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、どのみちウソがバレてしまうためです。ヘタをすると、トラブルに発展する事態にもなりかねないので、現在の年収を正直に申告し、それに見合う希望年収を設定するのが一番良いです。なお、今の年収が400万円の人が、転職してすぐ500万円の条件を提示してもらえるかといえば極めて小さいです。仮に、現在が430万円の年収であれば、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくことをおすすめします。完全なウソは、転職活動でのトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなって、一時的に転職先に合格をもらったとしても、退職せざるを得なくなる状況も考えられます。