生涯初の失業保険の給付を受ける場合、何もしなくても給付されると思っている・・

生まれて初めて失業保険をもらうケースでは、何もしなくても給付されると思っている人が…

  • 生まれて初めて失業保険をもらうときに、給付されるのを待っているだけでいいと考えている人が極めて多いですが、それは間違いです。実は、失業保険の給付をきちんともらい続けるためには、条件として求職活動を行っていることが必要で、加えて、月に一度はハローワークに行かなければいけません。1ヶ月間隔で職員に求職活動の状況をきちんと説明して真摯に仕事を探していると判断されれば翌月の給付を受け取ることができるというシステムです。対称的に、本気で就職活動をしていないとみなされたり、毎月の職員との面談に不参加なときは、有無を言わさずに給付を一時的に止められたり、以降の給与資格をなくしかねないので、それを防ぐために気をつけてください。

  • 職を変えた場合には、高確率で以前の会社の仕事の大方は美化された記憶となります。

  • 仕事を変えると、高い確率で前職の多くの出来事は美化されます。実を言えば今の職務に満足できないから、良い方向に進みたいとやっとのことで退職を決め、転職を決めたはずなのに、時の流れとともになぜかわからないけれど「前の仕事のほうが良かったかも」と感じます。それというのは至って当たり前で、以前の職場では日々の仕事をこなすことに慣れていてすんなりとやるべき仕事ができていたからが、根底にあるでしょう。とはいえ「退職なんてしないほうが良かった」と本気でいうほど、前の会社のほうが職場の雰囲気や全体的な雰囲気が良い可能性もあるはずです。

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員であっても、契約期間を迎えたら…

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員というものは、契約期間を過ぎたらすぐ退職できるというわけではないことを転職を経験して思い知らされました。私は新婚した後、生活が落ちついたあとできればすぐさま子供を持ちたかったので、子供ができるまでの期間のために1年半~2年くらい現在の職場で続けられれば良いなと思い就職しました。その為、正規よりも給料は少なめでしたが、仕方なく家庭の時間を優先するために、あえて選択しました。が、入社したあとで、一緒に働く人たちはほとんどの方が派遣社員として10年や20年ちかくも続けて勤務していたのです。派遣といえども、期間が過ぎたらすぐ辞められる雰囲気もなく、ちょっと困っています。

  • 転職を、「派遣社員」を選択しようと思っている人に覚えていてほ…

  • 転職を、派遣社員という勤務形態を考えている方にぜひ注意してほしいポイントが複数あります。一般的に派遣に対して、電話対応、お茶出しなどの雑務、雑用等をのような仕事を考える方がおそらく少なくないとは思います。最初は私自身もまさにそう思っていました。今の企業に入社するまでは「派遣社員」の求人に応募した際に、電話応対と聞いていました。入社前に派遣会社から伝えてもらっていました。ですが、働き始めると、まさか「電話対応」に加え、退職した正社員の穴埋め業務を要求されました。いつも毎回振り回されますし、はじめの説明とはかなり違っていたので日々非常に困っています。今は、ひたすら「契約期間が早く終わらないかな・・・」と願うばかりです。

  • 女性の転職において、数年前と近年とでは少し変化があるといいます。

  • 女性の再就職に際して、今現在とセクハラが問題視される前では若干の変化があったりします。前は面接の場で、結婚観や出産後の仕事などについて、普通に質問されることは珍しくなかったのですが、近年では、そのような内容は、セクハラに該当するかもしれないので聞かない会社、が増加傾向にあります。そして、特に大きな会社の場合は、この手の質問をNG質問として神経を尖らせているようです。とはいえ、会社側は、はい・いいえ、の2択でなく、その人の姿勢結婚後・出産後の具体的な予定を知っておきたいと思っています。自分の価値観を伝えるためにも、志望動機や自己ピーアールと一緒に話すことで面接担当官も考えがわかり、安心できると思います。たとえ、聞かれていないことでも、先にあなた自身から気遣いつつ、話を進めていきましょう。

  • 全くの未経験の業界などに転業をしようとするときには、…

  • 全く経験したことのない業界とかに転職するときには、前の業界で身に付けた腕前や今までの経験が生きるというアピールがいるようになります。初めての分野の場合、それだけその業種で経験してきた人たちよりも実際のところ、不利になりますけど、自分自身の持っているスキルがその業種でも発揮できるということをしっかりと相手に話すことができれば、戦えることも考えられます。それゆえに、経験が全然ない業界に飛び込む場合は、その分野とこれまでに自分がしてきた仕事内容とのつながりを見付けましょう。

  • 就業していた会社で感じの悪い上司の存在に憂鬱な気分にさせら・・

  • 昔働いていた会社でのことですが意地の悪い上司に神経を削られ、ついには我慢ができなくなりその会社は辞め、同じフィールドの別の会社に移りました。そこでは上司で悩むこともなくとても充実した日々が続きましたが、だんだんと業績が悪くなって、結局はある会社に経営統合されることとなりました。その経営統合した先の会社が驚くなかれ前いた会社で、加えてものすごく嫌いだった上司がもう一度私の上司となることになりました。まったく困ったことになりましたが、なんでこんな縁があるのでしょうか。当たり前ですがまた転職活動を始めようと思っています。

  • 初めて転職を行うにあたって、忘れてはいけないのはどうして現在の仕事を去らなければいけないの・・

  • 生まれてはじめて転職をするにあたって、頭に入れておかなければいけないのはなぜ現職を辞めたいかを頭の中で整理しておくことだと考えられます。その理由が根本問題なので、必ずやっておくべきです。その上で問題を解消できる会社を選んでください。卒業してからの転職活動は、大学等での就職活動とは大きく異なり、現在の仕事を継続しながら就職活動していくので、時間・体力に余裕がないと難航します。したがって理由がはっきりしないまま転職しようとした場合、目標の途中で息切れしてしまいます。何としても転職したい、現状を変えたいという熱い気持ちがないのであれば、転職活動にゴーサインを出すことはあきらめましょう。

  • 転職をする場合、比較的重要なのがまぎれもなく「面接」になります。

  • 転職活動では、重要視されるのが間違いなく「面接」というものです。普通一般的な面接では、面接担当者が応募者に対して転職するに至った理由や仕事の意気込みなどまずは、こちらが質問される側となります。そしてほぼ100%、面接終了の直前に面接希望者側からの不安や疑問に思うことを質問できるチャンスがやってきます。例えば、「何か疑問や質問などはありますか・・?」と聞いてくれるわけです。こんなときは、面接者本人が気持ちの準備ができず、アタフタしてしまう可能性があるかもしれません。そうならないためにも、事前に面接担当者からの質問に際し、答えを考えておくのもいいかもしれません。実際に仕事を始める前の段階であっても、何かしらの疑問点はあるはずです。ぜひ、試してみてください。

  • 転職することが、今の職場の同僚たちが、そのことを知ってしまうと…

  • もしも再就職の前に、現在の会社の人たちがあなたの退職を知ると職場の雰囲気がガラリと変わるかもしれません。あなたの置かれている立場によっては、問題はないこともありますが、意地悪、やっかみに悩まされるかもしれません。時には、残業時間を増やされることもあるので、うかつに転職のことを周囲に伝えるのは注意が必要です。そういったトラブルを避けるために、いまの職場では、真面目に仕事をしておきましょう。充分に警戒しておけば、良い空気を最後まで保ちつつ、気持ちよく会社を去ることが出来ます。加えて、円満退職に至れば、転職後に、あなたが困ったときに相談できる機会も出来ます。業界や規模に関係なく、どんな会社でも、人とのつながりはとても大切であるため、仕事を辞める前のトラブルは、可能な限り警戒しておきたいものです。

  • 多くの場合大手企業では、「定期採用」で人材募集することが普通なの・・

  • 一般的に大きな会社は「定期採用」がメインなので、転職希望者には不向きです。加えて、都会の外だと転職の見込みがたいへん低くなるでしょう。でも、製造業の会社の場合、都市部でない地方の工業団地等に工場を構えていることがよくあります。そういう場所では、事業拡大にあわせて人員募集をする事が結構あります。そのチャンスを利用して転職を検討してみるのもいいでしょう。そのためには、地方の工場での転職を希望される場合は、希望する会社の情報をまえもって得ておきましょう。ホームページを覗いて、人員募集の予定がないかときどきチェックされることをお勧めします。

  • これから転職される人で次までの仕事にある程度期間がある・・

  • 年内中に転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでにある程度期間がある場合は、ぜひ「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。現在の所属する会社が社員に「雇用保険」を払っていた場合は、申請をすれば誰しも失業手当を受け取れます。手続きは「ハローワーク」で行います。しかし自身の都合によって仕事を辞めた場合は、「自己都合」として処理されるので、失業手当を受け取るまでに3ヶ月の待機期間があるのですが、企業の都合の退職だったり、残業時間次第で日数をおかずすぐに貰える可能性もあります。ちなみに、「失業手当」の金額は、最後となる月の直近の給料がもとになって計算されるため、会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種であれば、なるべく「繁忙期」のあとに辞めた方が良いでしょう。

  • 『転職をしたい!』という願望があって、将来の進路がハッキリしているのなら・・

  • 『なるべく早く転職したい!』と思っている人のなかで、自身の意志が本当に強いものであるなら、退職したいということを速やかに上司に伝えましょう。しかし、相談という形で話せば場合によって言いくるめられる可能性が高いので要注意です。そして、実際、私も上司へ転職相談をしたのですが、ズルズルと長引き結果的に、およそ半年、予定が伸びてしまいました。退職したいことをはじめに直属の上司に話した時は年度末、結果的には数ヶ月延びて退職届けを出せたのは同年の11月です。本当は、年度末いっぱいで辞めたかったです。希望通りには進みませんでした。やっぱり職場サイドとしても、人事の都合があるのかもしれませんが、社員の意見を聞かずに、会社ぐるみで私の都合を無視する形で引き伸ばされたのでほとほと前の会社に対してのガッカリしました。

  • 再就職の時にする面接ではクールビズ可とと事前に連絡が来るケースもあります・・

  • 職を変える際の面接での身なりは企業側からクールビズ可とと書いてある場合もあるようですが、クールビズの格好は実際は失礼に当たるのでは?と疑ってしまうこともあります。クールビズの悩みを心に持っている人に言いたいのが、企業側からクールビズで来るように言われた面接は書かれている内容をそのまま守った方が堅いです。混乱して、暑い時期にスーツを着込んでいくと相手に暑苦しく感じられますから、企業側からクールビズでもOKと伝えられたらクールビズで行く方が好ましいのです。

  • 就職活動において、年収は大変大事なポイントです。

  • 就職活動において、年収はとても大切な要素です。面接の時、大半の企業で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。このとき現実の年収を偽って、多く申告し、高額な年収を確保しようとしても、無駄な努力でしょう。なぜかといえば、結局は源泉徴収を提出しなければいけないので、もし一度は信じ込ませたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、最終的には虚偽の申告をしたことがバレていまいます。トラブルに発展する可能性もあるので、現職での年収をハッキリと伝え、それに釣り合う希望年収額を設定するのが正解です。例をあげれば、現在の年収が400万円の人が、転職後に500万円となる可能性は通常あり得ません。今の年収が430万円だとすると、希望年収額は、400~450万円と転職先に伝えておくのが間違いがありません。完全なウソは、転職活動でのトラブルだけでなく、一時的に採用されたとしても、そのまますぐに退職しなくてはいけなくなることもあるので、注意しましょう

  • 派遣で働く会社が決定しました。

  • 派遣会社でのお仕事が決まりました。仕事の1日目に営業を担当している方と勤務先の会社の近くのコンビニで合流することになっていたところ、どういうわけか約束をした店の前にいないから中にいるのかもしれないと思いお店の中に入ってみると、営業担当者は雑誌コーナーに座り込んでいやらしいグラビアのところを開いて見ているところを発見!こんな担当者の仕事なんて勘弁してと考えて、そこで声をかけずにコンビニから出て直ちに派遣会社に辞退する旨の連絡を入れました。

  • 転職活動をするとき、ネット上で就職を斡旋してくれる業者(エージェント)…

  • 転職をする際、インターネット上で就職斡旋してくれる「エージェント」に頼る手段もありますが、そのようなエージェントに登録したことの結果として仕事を得ることができた場合でも、失業保険の給付を受け取ることはできないので注意しましょう。あくまでハローワークに届け出を出さないと失業保険をもらうことはできないので気をつける必要があります。これと異なり、「ハローワーク」主導で斡旋してもらって就職した場合は、就業のための準備金として「一時金」を得られたりもします。ネットで集客している就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。斡旋を行ったことに対して企業から紹介料をもらうだけであり、失業保険の手続きについては、ビジネスの対象外となります。このことについて知らない場合は、失業中にお金がもらえないことになるので就職エージェントを利用する予定の方は注意しておきましょう。