3日ほど前新しい仕事先を探すために人材会社へと登録に向かいました。

この前新しい仕事を見つけるために人材バンクへ登録に向かいました。

先日転職先の会社を探すために人材紹介会社に登録に行きました。そのとき登録カウンセリングの時に現れた担当の方が見たところ入社間もない新入社員で、私が説明したことの5割も彼は理解ができていない様子です。さらに「キャリアデザインがよくないですね」とか「もっと自分の強みを明確にしていくことが重要でしょう」とか、一丁前のことを横柄にしゃべるから非常に不愉快でした。カウンセリング担当者はそこそこ能力のある人にするべきだと思います。

転職活動を行うときに、今勤務している会社を辞職した後・・

転職活動を行うのに、まず今働いている会社をきちんと退社してからという人もいるでしょうが、そうならば今度のボーナスの時期を事前に確認しておきましょう。ボーナス支給がある会社はそこら中に存在しますがボーナスがもらえる会社であれば、ボーナスが支給される時期まで長くないのなら、ボーナスを手に入れてから辞職するというのもおすすめしたい手口です。ボーナスはなかなか大金なので、手に入れなければ損ということも明白ですから、会社を辞めるときにはボーナスについての規定と支給日を最初に調べておいた方が賢い方法です。

在職期間にあるときは、できるだけ気づかれないように…

就労期間中なら、状況が許す限り、社内の人間に気づかれないように、(私の場合)在職期間中に転業の気持ちだけをはじめのうちに周りの人に話したことがあります。でも、その後求人誌を必死に色々とみていったのですが、予想に反して就職する転職するタイミングも無計画なまま決まらないまま、ダラダラ時間が過ぎてしまいました。そして一方、会社の側は、仕事の引き継ぎや手続き、退職予定日などが確定していき、そして最終的には、「退職予定日に合わせて転職先を決める」という、お粗末な状況下で会社を辞める形になりました。そして、予定は思うようにはいかず、失職期間を経験し、次の就業先を見付ける活動をはじめました。

転職を繰り返さないためにすることは一つだけです。

退職と転職を度々しないための術が一つだけあります。スキルアップもそうですが、それとは別に精神的なスキルを磨くとそう簡単に転職を繰り返しません。今ではインターネットを用いて精神面を強くする自己啓発系の情報は誰でも知ることができます。また、不思議に感じるかもしれませんが、転職とは全然違う行動によっても、メンタル面を強化することが可能です。その典型例がズバリ「外国に行くこと」です。海外に旅行に行くと生活様式・文化・言語など、違うことばかりなので、目につくすべてが刺激となります。なので、帰って来てから変化があるのです。日本に戻ってくると、「自分の視野の狭さ」に驚き、こんなにも世間は狭かったのだということをしみじみと感じることができます。その気持ちのまま面接を行えば、これまでとは違って自然と自信に溢れた態度を示せるはずです。どうしても、退職後しばらくの間は精神的に弱っていることが多いので、気力回復のために休暇も必要です。

この頃パソコンやスマホを見ればインターネットのエリアには…

世の中は変わっていてパソコンやスマホを使えばネットの世界では、「転職サイト」に類するものが無数にあります。そのいっぱいのサイトから自分自身に見合った転職先と思えるのを見いだすにはまずは情報が大事ですから収集をする必要があります。転職サイトを上手く活用することで、スムーズな転職が実現します。最新情報が満載で、客観性と正確性を持ち合わせた役に立つ「転職サイト」がある一方、それとは対称的なサイトもあるので、充分に注意しておきましょう。使い慣れないうちは、実際に信用していいサイトであるかを見極めることが大事ですから同ジャンルのサイトと比較しながら厳しくチェックしてみましょう。

転職活動をしていれば、面接において「志望動機」「転職理由」の2点は必ず質問されます。

転職活動中に、間違いなく聞かれる質問は志望動機と転職理由の2つです。このうち志望動機については、率直に話してもOKですが、これとは違い転職理由についてストレートに伝えるのは賢明ではありません。転職理由でよくある給料に対する不満、人間関係の問題など、面接官に悪いイメージを持たれやすいものです。もっとも、自分が不利益を被ると予想できることをストレートに話す人は非常に少ないと思いますが、採用担当者はそういった点に注目しがちなので、あなたに対し、慎重に「探り」を入れてくるものと考えておきましょう。これに対して現職の不満を伝えないようにするには、現職の仕事内容は、その内容だけを話します。そしてさらに、この会社に入社してこんなことを実現したい、「5年後にはこうなっているだろう」、「こういった希望を叶えられるのは御社だけです」、といったような志望動機に話をすり替えてみましょう。

いい職場に入りたいと転職活動をしている中の場合は「ほんの少しでもはやく、…

今と違った企業がいいと転職活動をしている中の人とは「1日でも早く、内定(採用通知)が手にしたい」と考えるはずです。が、それで内定通知を得たいばかりに、自分自身の能力に関して嘘をついたり、逆に自分を安売りしてしまう言動はなるべくよしましょう。大事なのは焦る気持ちをこらえて、冷静に客観視しつつ、自分にピッタリな職場を探すことに意識を向けましょう。これまでの経歴を生かしつつ、加えて、今後のキャリアアップが見込める職場を賢く見極めていきましょう。

転職する場合は面接を受けることがほとんどです。

転職時の面接では、正直さが仇になることがあります。人事から「転職理由をお聞かせください」と必ずと言っていいほど質問されます。こういった場合、どのような事情がであれ、以前の職場の労働環境や人づきあいについての愚痴やトラブルを絡めた内容は、出来るだけ話さないほうがいいでしょう。なぜかというと、此の様な内容の話は、採用されるチャンスを無駄にしてしまうことになります。そのため面接時は、「ポジティブ」な姿勢を見せつづけることが重要です。事実とは異なっていても、「新しい職場で、これまでの自分のキャリアをしっかり生かし、キャリアアップを目指していくつももりです。」のような未来に目を向ける形が大切です。

新たな勤め先でそれまでに培ってきた実力を活かすことができれば…

新たな勤め先で今までに培ってきた実力をフル活用できれば、即戦力と見られて早々に仕事場にも馴染めるはずです。いい人を求人している雇い主側もそういった人材は常に欲しがるものですから、雇い主側が判断しても即戦力となる転職は簡単だといえます。それに加えて過去の仕事内容と似ている仕事内容なら転職はとても楽になるでしょう。但し、ある程度の能力があるといっても大手企業の事務系の業務や、公務員の募集などは、時代や景気に左右されることなく相当な競争率になることを肝に銘じておきましょう。

将来に目を向け、楽しみながら再就職に向けての転職活動…

楽しい気持ちを持ちながら再就職ができれば、メンタルに負担を感じることもないので、転職活動の間の堕落も避けられるでしょう。しかもメンタル面が問題がなければ、転職先も早くに見つかるはずです。ベストな形は、休職期間を作らずに新しい勤め先を見付けることです。今の仕事を続けながら、次を見付ける形が理想的です。それに、隙間をつくらなければ仕事をやめても、すぐに働けます。こうすることで、職歴の空白期間がなくなるので、履歴も傷がつきません。すなわち、転職の時にマイナスの要因がなくなるということです。今後のことを鑑みながら、うまく転職活動を進めていきましょう。

看護婦と言った看護師というのは働く者として歴史的背景…

その昔は看護婦と呼ばれていた看護師というのはどうしてか女性の割合がたいへん高い職場です。加えて、気力あるいは体力への大きく消耗がきついことが日常茶飯事です。ピリピリした現場になりやすく、職場の環境での人間関係が上手くいかなかったり、自分の結婚や出産によってそれまでの勤務が続けられなかったりして、仕事とプライベートのバランスをかなり取りづらい仕事です。実際に、上記のような問題に行き詰まり、職場を替える人がとても多いといいます。人が固定化しづらい環境であるために、人手不足の状況に困っています。常に医療業界は、看護師を求めている「売り手市場」であるという現実も、それが転職希望が後を絶たない原因になっているのでしょう。

今あるスキルや資格を活かして再就職を検討する場合…

あなたが持つ現在のスキルを活かしつつ、再就職する場合は、そのスキルがプラスになる転職しやすい職種としづらい業種を理解しておきましょう。すんなりと転職がかなう業界としては、人材不足が社会問題にまでなっている医療や介護系の業種が最たる例です。医療・介護の職種では看護師や介護士の「資格」が必要で、容易に応募することができない事がかなり大きく影響しています。今現在、医療従事者として勤務している人が、仕事のきつさから、他の業界に転職しようと思う場合は、安易に選択しないほうが無難です。「医療」「介護」以外の業界は、スタッフの流動性は決して高くはないのです。なので、容易に考えない事が必要です。異業種への再就職を希望するなら、医療や介護系の業界の仕事探しよりも厳しいものとなることを理解しておきましょう。

派遣会社を通して仕事をする人が規制緩和の後、増える傾向にあります。

派遣会社に登録して仕事をしている人が最近では多くなっていますが、派遣先の企業から支払われる一時間あたりの報酬がいくらでそのうちの何割があなたに入るのかをなるべく面接時に質問しておいた方が良いです。派遣業は、労働力を欲する企業に人材を派遣し、その見返りに、手数料をもらうシステムになっていますが、現場に派遣される労働者の取り分をうやむやにしているケースが大半です。半分以上を派遣労働者へ還元しているなら、良いのですが中には開示すらされないところも少なくなく、ときには、3割だけしか労働者に還元しない場合も多いといえます。なお、面接の際にきちんと答えてもらえないような会社は、色々と不都合なことは隠そうとする可能性が高いのでできる限り違う派遣業者を利用されることをおすすめします。

もしもあなたが、とらばーゆの決めたのであれば、徹底…

転業の決定したのであれば、あくまで社内の人間にはそれを教えないように首尾よく活動を進めていき、現職期間中は、できる限り周りの人に悟られないよういつもと同じように振舞うのが合理的です。現職中、この点を意識しておけば、希望通りに転職先探しが簡単に見つからなくても、転職を見送って現在の職をそのまま続けてもトラブルの心配がありません。そうではなくて、つい「転職するつもりでいる」と口にすると、周囲の人は、それに合わせて応対します。それに加えて周囲に「辞めるつもりです」と一言でもいえば、「あの人は転職する予定の人」と確定します。そういった状況のあとで、転職したい思いが薄れ、「やっぱり仕事は辞めないことにしました」と釈明しても、会社内の人たちは、「一度は退職しようとした人」とあなたを見て、仕事中ずっと、肩身の狭いと感じるリスクがあります。

近時は、「ブラック企業」が社会問題として扱われるようにな・・

現在、ブラック企業がマスコミで取り上げられたりして、労働条件関係の取り締まりが強化されたり、悪質な企業の場合は公表されるなど、不利益を被る仕組みが出来てきましたが、完全には程遠いと思えます。だから、面接で見破る必要が生じます。最初に、求人票などの労働条件を事前に調べ、不安に思う項目について堂々と質問しましょう。相手が「ブラック企業」な場合、記載内容にウソがあったときには、返事が不自然なものとなります。結局は答えられなかったり逃げようとします。とりわけ「休日」「残業」「給与」に関しては、この場合はどうなりますか?と質問をしていくと渋い表情を見せる場合が多くあります。それでもしつこく聞くとブラック企業によくある高圧的な態度や、ふてくされたような態度を見せはじめるので、そこで相手がウソをついていると確信できます。この手の企業は、約束を守らない上に、入社してからもふてぶてしい態度であることが多いので、少しでもおかしいと感じたら、その会社に入社すべきではありません。

あなたが転職を視野に入れたとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」におい…

もしもあなたが転職を考えた場合、「Uターン」「Jターン」といった形で、都会から地方に移住した上で転職したい、と考える方も少なくありません。今のネット社会では転職サイトを活用すれば、郊外や地方での求人情報にも容易に得ることができますが、しかし、地方での求人の場合、大都会ような選択肢がないのがデメリットといえます。といった性質上の問題があるので、転職サイトだけに集中するとなかなか難しいかもしれません。求人情報サイトに加え、その地方の自治体や商工会議所の情報サイトもこまめにチェックしておかれることをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」といった役所が主催する転職サポートのイベントにもチェックすると良いでしょう。

再就職を考えたとしても、思ったとおりの成果が得られる…

再就職を目指そうとしても、全てが都合よく運ぶと断言はできません。それはいつか、転職しようと考えているなら若いうちにできるだけ早く行動に移すほうが良いでしょう。平均的に見た場合、30代前半までは希望を見出しやすいですが、30代後半~40代に入ってしまうと転職は相当に厳しいといえます。管理職などを任されているのなら、転職の意思が強くなっていても会社に残ることも選択肢の一つには入れておくべきです。つまり、退職してから転職活動を行うのでなく、今の会社に残った状態で、転職活動されるのが堅実です。