安定性を手にするべく正規社員になりたいと思っている人・・

安定した人生を手にするべく「正社員」になりたい人は相当数いるのが現実です。

  • 安定的な暮らしを手に入れるべく正規の雇用社員を狙っている人はかなりいらっしゃるはずです。けど、いくら努力しても、正社員としての転身がうまくいかない可能性もあります。準社員の求人はたくさんあるのに正規雇用の求人以外はそっちのけで時間を空費している人が多いといいます。しかし、中々正社員として雇ってもらうのが厳しい場面に遭遇したのなら、契約社員の募集も見てみましょう。契約社員募集の会社のなかには、会社に貢献する度合いが高ければ、2,3年で非正規雇用から正規雇用にステップアップを狙えることもあるんです。面接を受けた時に、「正社員登用」のチャンスの有無を尋ねておくと良いでしょう。

  • 再就職しようとする時に書かないといけない履歴書などに関してですが…

  • 転職をする際に用意する必要がある履歴書に関しては、ほとんどはパソコンで作るというのが一般的となっています。今現在の日本社会では履歴書や職務経歴書については手書きで作成するのが常識と思われることも多いですが、それは新卒の人たちの就活やアルバイトの時に準備する履歴書であって、実際のところ、転職においては必ずしも手書きでないといけないとは言えないのです。手書きの履歴書の方を高く買う企業もありますけど、違う会社がどんどん増えてきているようなので、パソコンを用いて作った履歴書や職務経歴書でも大丈夫なケースは多くあるのです。

  • 派遣というかたちで働いています。

  • 派遣社員として勤務しています。労働契約法の関係で不本意にも長期間務めていた勤め先での仕事があと数か月で終わります。同じ派遣の方の中には、派遣で就業している会社で正規社員の待遇をつかんだ方もいるのですが選ばれた理由としてははっきり言うと仕事ができるわけではなく派遣先の上司への媚びへつらいが得意な方でそれで採用された模様。仕事を遂行するスキルよりもおじさんを転がす能力が必要なんじゃないのと選考に漏れた派遣仲間の同僚といつも文句を言っています。

  • 転職の面接を受けるため転職希望の会社へ出向いたときのことです。

  • 転職のための面接に希望先の会社へ行ったときのことです。偶然会社にある会議室が空いておらず外の会場で人事部の方と待ち合わせて採用面接を行って、その場所で解散し、面接を行った方も会社に帰らず直接帰宅するとのことでしたが、偶然にも下車する駅が私と同じだったのです。ですから電車内でも彼とずっとおしゃべりしながら帰ることとなって、すっかりすっかりリラックスして面接の時よりも込み入った話ができて、それが功を奏したからなのかなんと採用を勝ちとることができました。

  • 今までは求人情報には、募集条件の中に「性別」まで、しっかりと記載されていました。

  • 何年か前までは求人誌に「性別」が書かれていました。しかし現在では、男女雇用機会均等法の施行によって、採用する際、男女の差別がしてはいけない事となり、募集要項の詳細に「性別」を明記できなくなりました。そんな風に時代が変化したものの、募集情報を出す企業側は、男性・女性のどちらでも良い、とは真意ではないのです。そんなわけで、実は男性を欲しい案件に、女性の採用希望者がやってきたり、女性希望の会社に男性が来てしまい、といった問題は誰にでも起こる可能性があります。例えば、「女性が活躍する職場です」といった内容の案件は、会社側が「女性」を必要としている、と認識しておく良いです。

  • 転職する場合は、事前にインターネット上で求人サイトを見たり…

  • 転職活動をするとき、最初に、求人票を見たり、インターネット上の公式サイトを閲覧したりして関心のある会社を調べるとは思います。ところが、その会社がサイトや求人票に情報を出す際は、コンサルタントが主導している可能性が高いです。コンサルタントは、会社の利益とならない情報を隠す傾向があります。仮に公開する場合でも曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。その類の「社長インタビュー」などに関しては、それをすべて信じるのではなく、半信半疑で聞いている方がいいです。仮に心地よいフレーズを鵜呑みにしてしまったら、「こんなはずじゃなかったのに・・・」とあとになってから後悔しかねません。悪意ある会社は、素直な人間を効率よく取り込み、その後、様々な難癖をつけて会社を辞めれないように策を練ってきます。このようなブラック企業には気を付けましょう。

  • とある古物商の求人に応募し、書類選考をパスしました。2、3日して…

  • ある古物商の社員募集にて、書類選考に受かりました。2、3日して相手方から面接の日時を指定してもらいました。けれども、当日、行ってみると、どうしてか相手が面接の準備を全くしていませんでした。所長と思しき人が面接に応じてくれましたが、始めから終わりまで、呆れるほどけだるい表情を見せ、淡々と面接が終わりました。予定日を過ぎているのに、まったく採用結果すらなく、気になったので、自ら問い合わせると、「結果は郵送で本日送付しました」と返答されました。しばらく待っていましたが、しかし、これも未着で仕方なく改めて連絡をしたところ、意味が分からなかったのですが、「結果は不採用でした」、と一方的に電話が切られてしまいました。あまりの対応に呆れ返ってしまい、しばらく絶句してしまったのですが、ハッキリ言って、不採用で良かったと痛感しています。

  • 転職サイトは大きなサイトの方が案件が多いので、感じがよさそうな2~3社・・

  • 「転職サイト」は、大手が運営しているものほど掲載される求人情報がたくさんあるため、興味を引く2つか3つの会社を、とりあえずサイト登録して、希望する勤務地や収入について条件を設定しておき、条件に合う求人情報が出てきたら自動的に通知されるように設定しておくと情報収集が簡単になります。だとしても、最初は登録するのに多少労力を要するので、登録前に履歴書と職務経歴書を忘れずに準備し、それらをテキストファイルに記録しておき、コピー・アンド・ペーストしながら登録すると便利です。登録を行う初回時、少し時間がかかることから、案件の検索と応募も大変に感じるかもしれません。しかし、その後は新着の求人情報のみチェックすれば大丈夫なので、次回以降の応募を楽にするめにも、初めの準備をしっかり行うことを心がけてください。

  • 私は20代で転職を2回経験し、いまは資格を取るべく「派遣社員」で働くことにしました。

  • 20代前半までに転職2回で、現在は資格を手に入れたいので「派遣社員」で働くことにしました。フルタイムの勤務とは違うので手取りは過去の仕事よりも少ないです。しかしその分、心と時間に余裕ができました。学生のときにいくつか資格を取得し、就職できたらムダがなかったのにな、とは思います。そのような方たちを自分もああなりたかったと感じます。これまでの私は、自分と比べてしまうことが劣等感を感じていましたが、しかし、結婚し、がらりと生活環境が変わった今、明確な進路ができてまいにち充実しています。

  • 転職先を考えるにあたって、もちろんやりがいのある仕事をすることも重要だけど…

  • 転職をするなら、仕事におけるやりがいアップも大事だけどさらに給料が増えることも大きなポイントですから「年収サイト」に登録をして事前に調査をしています。全く同一の会社でしかも同一の職種、社歴であるのに人によって無視できないほどの幅がある場合も複数あって、正直に言うと面接時に質問したことがあります。面接官も一緒のサイトをよく見ていたようで「ああ、高い年収で書かれているのは、書いた側も誰なのかある程度察しがつくのですが、多分良いように見せようとしてるんですよ。低い方で心の準備をしておいてください」とのことでした。

  • 近年では、株・不動産投資をはじめとした不労所得のほか…

  • 今のご時世では、株・不動産投資をはじめとした不労所得、あるいは独立といった生き方も増えています。そのような世の中の変化もあるせいか、「起業はキケンだ」といったこれまでの常識も変わってきています。1960年代ごろの高度経済成長時代においては、どうなるかわからない株式投資や、自営業で生きるよりも雇われているほうが安定性にすぐれていました。そのため人生の花形として、世の中に認識されてはいました。しかし、そういった社会全体が安定成長する時代は終わり、時代は変わって「成熟期」という名が付けられています。コンピューターの進化とともに、近い将来では、自動化・機械化がさらに進み仕事で、人の力を不要とする社会になる、とも言われています。

  • 「転職エージェント」で登録したあとに、電話やメール連絡が執拗に入ります。

  • 転職サイトでは、登録後、電話やメール連絡が何回も入ります。初めて利用された人は大変驚くかもしれません。「転職エージェント」は、転職を成功に導くことが仕事だと考えられるので、大変積極的にかまえています。大手エージェントは、転職を成就させることで企業側からお金が支払われる仕組みのため、転職したい人の都合よりも企業の都合を優先させるケースが目立ちます。彼らは、契約数を増やしたいために、内定が取れた瞬間に、入社を積極的にすすめてくることが少なくありません。自身の気持ちや意思を明確にしておき、転職に妥協しないように注意しなければいけません。

  • 再就職を考えている時にチェックすることになる募集事項に関して・・

  • 再就職をする時に注視する募集内容はおおまかなものとして載っていることもあり得ます。なので、そこに書かれている内容は必ずしも正確であるとは簡単に信じないほうが賢明でしょう。なかでも給与面に関しては、社員を平均して出した値なのか?最低限なのか?それとも最高値の金額であるのか?というような評価ができない転職者も多く、勝手な判断で読み取ってしまうと、今後、後悔することになる可能性もあり得ます。それゆえに、求人情報は、おおまかなものだと思って、そのような情報は会社側に直接聞いてみた方が適切でしょう。

  • 好きなジャンルの仕事に就きたいという風に思っている方は要注意です。

  • 好きなジャンルの仕事に就きたいという風に思っている方は気をつけた方が良いです。これは、私が体験したことなのですが、私は、もともと食べることが本当に大好きだったのですが、それが理由で、かつては、飲食の世界に勤めていました。そのお店での業務は、そのレストランで私が担当していた業務は、盛り付けやホール業務でした。この業務内容に関しては、不満もありませんでしたし楽しんで働いていました。ですが、人間関係のいざこざで嫌になりました。そのことが原因で、退職したのですが、それと同時に、大好きだった食べることやその店で提供されていた食べ物も嫌いになり、よく似た店には現在も行けません。当時の店の匂いを思い出すだけで辛くなります。この仕事に就いた当初、大好きだったものを嫌いになるなんて、自分でも驚いています。得意なことや大好きなジャンルの仕事に就きたいと夢をみるのは本当に素敵なことだとは思います。しかし、「好き」のレベルはどの程度のものなのか、まじめに自分自身と向き合ってから行動するべきです。

  • 転職時の面接で着用するスーツのカラーについては、新卒の人たちが就職活動の・・

  • 転職時の面接で着るビジネススーツの色合いについては、新卒の就活の時に準じた色合いが基本的です。ということは、紺色や黒色の暗い感じの色合いになるわけです。それは再就職の面接においても、ビジネススーツの色味は黒系や紺系のダークカラーが多数で、そうでない色のビジネススーツの人はほぼ見かけることはありません。その他の色で言えば、まれにグレーの人がわずかにいるくらいです。大方は紺色や黒色のスーツが圧倒的に多いので、採用担当の人もそのような色が普通に見えてしまいますから、第一印象という面ではぜひおすすめします。

  • 仕事のなかで回復が難しいほど精神的な負担が大きくな…

  • 働く中で回復が難しいほど精神的にとてもつらくなってしまい、職場を変えなくてはいけない状況にまで悪化したなら、そんな時は、会社を相手に相談するよりも、自身の家族と相談して、退職するかどうかの判断をした方が良いです。なぜそのほうが良いのかというと、働くことは当事者である自分ではありますが、身内の問題が第一にあるからです。毎月、どれだけ高給を得られたとしてもメンタル面がダメージを負うほど我慢しながら延々と仕事をするのは好ましくありません。今の時代は経済的に豊かなことよりも、働く本人が働きやすいことを重視する生き方が尊重される社会です。ですから、あなた自身の身内や、あなた自身の心身を大切にしていきましょう。

  • 転職に先立って今勤務している会社を退社する時に失業保険の給付を受けるための手続きが必要です・・

  • 転職を行うにあたって、現在勤務している会社を辞める時に失業保険についての手続きをしなければいけませんが、もしもあなたのほうから退職願を提出して会社を辞める、いわゆる自己都合退職の場合は、失業保険はすぐに受け取れません。手続きをした後で失業が認められてから3か月経ってやっと給付があるのです。よく間違って会社を辞めた翌日からちょうど3ヶ月で受け取れるワケではありません。実際に誤解してしまった人が、ハローワーク側に落ち度があると主張してその結果としてハローワークの担当スタッフと過去に口論していたのを見たことがあります。念のため、退職者の都合ではなくリストラみたいな「会社都合」での解雇に遭遇した場合は、失業認定が下ったのちすぐに失業保険が給付されます。