転職活動を開始する際、いろんな経路で情報を集めるのが通常だと思いますが・・

転職するときには、様々な経路で情報を収集することが多いと思います…

  • 転職するときは、色々情報収集されるとは思いますが、転職についての口コミサイトはぜひとも利用すべきです。以前、会社の損失につながる悪い口コミが掲載されたという理由で、運営サイト側に損害賠償請求を起こした事例もありました。会社の都合で退社させられた元社員の腹いせによってそのような口コミが投稿されていたという見方が一般的ですが、異なる角度から見れば、口コミの内容が嘘であれば、会社側が対処しなくても良いはず、ともいえます。しかしながら、現実は『クロ』で「真実が知られてしまっては困るから、はやく炎上をしずめよう」という話かもしれません。「口コミサイト」も炎上ネタが増えることで有名になるメリットもあるので黙認していますが、よくない内容の口コミが目立つのは、それだけ入社後に厄介事が降りかかる確率が高い、とみなしていいでしょう。そもそも、良い会社だったらトラブルなど起こりません。

  • 今現在の自分の仕事や業務に関して、何かしらの不満を感じることがあるはずです。

  • 今の自身の職場や仕事の中身についてほとんどの人は、少なからず何かしらの不満点を感じているでしょう。「自身のスキルや仕事での能力を正当に評価してもらえない」または、「報酬は上がらないし、レベルアップも出来ない」といった点を挙げる人がほとんどだと思います。ですが、気持ちは理解できます。しかし、上記のような不満を持っている人のなかには本人が自分自身の本当の実力を過剰評価してはいないか、改めて確認することが不可欠です。万が一、自分を過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、自分に合った求人がないと、無駄にブランク期間ができるので生活費にしわ寄せが来るおそれもあります。可能性があるので、注意しなくてはいけません。ですから再就職に当たっては本来の自分のキャパシティを客観的に見つめることから始めてみましょう。

  • 転職するつもりなら、まめにさまざまな企業の募集案内を調べてお…

  • 転職を考えているなら、労を惜しまずに様々な企業の情報の詳細を調べたり比較したりしておくと転身した後の見る目に大いに役立ちます。今現在の仕事に何かしらの不満があるケースでは、転職活動する際に、どの会社も魅力的です。そんな状況になってしまうと、どこを選択したら良いのか判断が難しくなり、どんな企業でも飛びついてしまうのです。そのため、あっという間に退職の道に進んでしまうので、事前に会社の良し悪しを判断するための目を養っておいたほうが良いのです。方法としては、転職したい会社の雇用に関する情報だけ見る以外に、転職したい会社の取引先を見る事です。透明性を重んじる会社は取引している会社の情報を公開していますし、そういった会社でない場合、宣伝ばかりなのでその点をおさえて求人情報を見るようにしてみてください。そのうえ、企業によっては、個人でのグループに入っている会社があるので、グループ名でチェックし、確認しておくのも手です。

  • 転職活動のとき、気になった求人(業界)があれば、・・

  • あなたが転職活動をされているのなら、良いと思う求人(あるいは職種)を見るたびに必ず「〇〇業(気になる業種)、ブラック」でネット検索したほうがいいです。求人票や転職サイトの担当者の言葉からは業界のマイナスにあたる箇所は、知らせてもらえません。もしも、ブラック案件が蔓延している業界なら、インターネット検索を通じて一発でおおまかな実態を理解できます。そういう現実を知らずに入社すると、あとでしっぺ返しを食らうおそれがあります。だいたいその求人が頻繁に出ている理由が「業務内容がキツく、人の出入りが激しい」というケースも多くあります。気になった案件について、きちんと調べ疑問点を払拭した上で、応募しましょう。

  • 「就職エージェント」の大手になると、たくさんの案件を持ってい…

  • 転職エージェントは大規模なものに限って、多くの案件を抱えているという強みがあるといえますが、しかし、同時に転職希望登録者も大勢います。それゆえに応募希望の会社があっても、転職エージェント側が不可能だと判断すれば応募してもらえないこともザラですし、企業から見て自分よりも有能なライバルがいれば、その人を優先して売り込もうとするのです。このように大規模なエージェントは、サイト未掲載の案件データを宝庫として扱っており応募しがたいので、もっと規模の小さなエージェントに対し、応募したい会社や案件を伝え、応募できないか、と尋ねておくと自分のために動いてくれることもあるので、そうした活用方法もあります。

  • 再就職の面接などにおいて名刺を渡してきた時、こちら側も名刺を相・・

  • 再就職の面接などの場面でもし名刺を差し出された場合、同じように自分も名刺を差し出す方が良いのか?と悩んだときは、大体は差し出さないもの、と理解しておいてください。面接とは仕事の一部ではなく、就職活動の一環なわけですから、大方は名刺をやりとりする時とは違います。それに加えて、あなたは会社の者としてその場にいるのではなく、個人の問題でそこにいるわけです。要するに、相手側から名刺を渡されたとしても、あなた自身はもらうだけでよくて、相手側にあげることは必ずしもないと考えます。

  • 失業保険の給付は、客観的な意味で、求職活動をしている姿勢を見せる必要があります。

  • きちんと失業保険の給付を受けるためには、仕事を探していることが必要なのです。けれども、現実は「会社を辞めたことだし、少しの間でも働かずにゆっくりと過ごしたい」と思う人が多いとは思います。というワケで、しっかり就業先を探しているように見せることができるので教えておきます。毎月ハローワークに行って担当スタッフと面談するのはあたりまえですが、求人票の閲覧は必ず行わなければいけません。本腰を入れて探すモチベーションがわかないときは、「求人票」だけ目を通して、ハローワークスタッフとの面談のときに、「納得できる条件の仕事や自分にピッタリな仕事や、希望する仕事が残念なことにありませんでした」と言って、次の機会を狙いましょう。

  • 転職活動と現在の仕事の同時進行を行う人が多いです。

  • 転職活動を今の仕事と同時に行う人が多いです。しかしながら、忙しく働きつつ求人案件を見たり、応募の手続きをしたり、面接に行くのは精神的だけでなく肉体的にも負担がかかります。転職活動をしているあいだ、今の職場の同僚や上司に隠す必要があります。「とりあえず応募しておこう」という選択肢もありますが、仮に、書類選考を通過し、面接の連絡が来た後で辞退すると厄介な事態となるかもしれません。エージェントにサポートしてもらっていた場合は、そのエージェントに対しての印象が悪くなりますし、そうではなく自分でダイレクトに応募したとしても、応募した会社から電話やメールでの連絡がしつこく来ることになります。どちらにしても自分の大切な時間を浪費することとなるため、行く気のない案件は、はじめから応募しないのが賢明です。転職活動は新卒の就活とは全く違うものであると認識しておくべきです。

  • 再就職先を探している間は、知らず知らずのうちに時間がある分、…

  • 再就職先を探している間は、ついつい時間がある分、だれた生活を送ってしまいがちです。しかし、そのような生活に慣れてしまうのは危険です。不思議なもので、気の緩んだ、だらけてしまった生活を続けると、肉体的にだけでなく、「精神的」にも悪影響が出やすいためです。気が付くと、働く意欲がなくなり、お金に困る未来がやってきます。そのまま、悪いサイクルができてしまい、転職をしたい会社が見つからなくなります。次の仕事が決められなくなるのは、給料を一番に考えてしまうからです。給料を最優先事項に転職先を探すことになると仕事内容を重視して転職を決意していたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。ですので、お金に縛られない生活をしていく上で、だらけきった生活は、しないように常に意識を持ちましょう。

  • 転職を考える際、そこでの年収について気にしすぎる人…

  • 転職というものをする場合、転職後の自分の年収について気にする人がそこそこ多くいるようです。もちろん大半の方は、だから生活費をもらうために仕事をしているのはずです。年収は自分自身がどのくらい評価してもらえるか、という見方もできますから、当然大切なことは当然ともいえます。しかし、必要である以上に年収というものに固執しすぎるのも悲しい気がします。収入面にそれほど期待ができない仕事であっても、精神的な充実を得られることがあるからです。

  • 求人誌をチェックする場合、「オフィス系の仕事をしたい」と考えている人…

  • 求人誌を見る場合、例えば、「デスクワークがしたい」と思う人ほど、はなから製造業はチェックしない人がいますが、そうした人のほとんどは「製造業は、現場で製造する仕事だけしか募集してない」と勘違いしている可能性が高いです。実際に、製造業での求人であったとしても、経理、総務、人事などの人材募集をはじめ、資材、購買、営業管理といった「オフィス系」に準ずる部門も結構な数あります。でも、製造業にはありがちですが、ビジネス街のような雰囲気はないのでアフターファイブを楽しみたいと考えている人にはそこがデメリットに感じられるかもしれません。そうした事には自らの執着をなくすことで良い仕事や出会いが得られる可能性もあるので、ぜひ視野に入れてみてください。

  • 今日、ネット上の就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングの会社もたくさんあります。

  • 最近はネット上では、「就職斡旋エージェント」のほかに、ヘッドハンティングの請負ををビジネスとする会社も増えています。「特許」を申請した人は、ヘッドハンティングされることが期待できます。ヘッドハンティングを行う会社は、特許を取った人のほかに、研究開発で論文を書いた経歴のある人や、雑誌で紹介された人など、「功績」ある人をターゲットに、電話やメールを使って接触し、ヘッドハンティングのネタにしようと考えています。仮にあなたが、ヘッドハンティングと推測される連絡をもらった際には、そのような心当たりを考えましょう。まれにヘッドハンディングだと思わせて、登録料を請求する会社もありますが、そのような会社は例外なく詐欺なので、引っかからないように注意しましょう。報酬を支払わなければいけないのは登録している会社で、転職希望者がお金を出すことはまずありません。

  • 転職時の面接でのやめておいたほうがよいのは良い印象を与えたいと必要以・・

  • 転職候補となる企業での採用面接での多数の人が考え違いをしているのですが必要以上に猫かぶりしていると、予想に反して不採用となる可能性が高いです。そうならないために猫をかぶるよりも面接時は、「残業」などの、多くの人がかなり質問に躊躇してしまいそうな内容を思い切って率直に尋ねておくと、結果的に絶対にあなたのためになります。意外に思うかもしれませんが、「面接の段階でずけずけと質問をすると、最終的に響くのではないか」と不安になる人もいるかもしれません。だけども、意外なことに、好印象を持ってもらえることは最終的には可能性が高いのです。この手の「お金」や「労働環境」に関連する疑問は、仕事をするとなれば、多くの人が気になっています。しかし、面接の場ではなかなか聞けないものです。なので、あえて踏み込んでおいたほうが、「勇気のある人だな」ということで思わせることができます。

  • 前は求人情報は「転職サイト」を使うより、いつも「ハローワーク」に相談していました。

  • 今まで私は、「転職サイト」よりも「ハローワーク」を使っていました。なぜなら、大手の転職サイトはやはり都心部での求人情報がメインになっているためです。これまでの求人情報を探す時は、いつも「ハローワーク」を使っていました。もちろん、求人募集をしている多少企業数や、給料などの条件は若干見劣りするのですが、地域密着という点では都会以外での転職には役立ちます。「ハローワークはなんとなく地味なイメージがある」と感じている人も多少いるかもしれません。思いのほか、良い求人情報もそれなりに掲載されているため、この先転職するべきか検討中の方は、参考までにハローワークへ1度行ってみるのも手です。転職サイトのようにこれでもかというくらいのお知らせやメールの心配も無用です。

  • もしもあなたが、「転職サイト」を利用して自身がストレスなく働ける…

  • 可能性を広げたいと考え、転職サイトを活用して自身の働き方に近い条件のストレスを感じずに働ける企業を探しているならば、ぜったいに「転職エージェント」を活用しておきましょう。登録は簡単です。エージェントサービスの登録手続きを終え、そこで紹介してもらえる仕事は、一般的に公開されていないからです。誰でも見ることが可能な公開求と人非公開求人とでは、どう比べても、比べ物にならないレベルでとても良質といえます。そして何より、あなたの条件にフィットしたものを調査して紹介してくれます。ですから、良質な案件を自身の希望する職種の求人をもらえたりします。もし、同じ求人を発見するとしても、あなたが一人の力で最初から調べる労力を考えれば、効率は良いです。ですからたいへん確実です。

  • 生まれて初めて失業保険をもらうケースでは、何もしなくても受け取れると考えている人…

  • 生まれて初めて失業保険をもらう場合、何もしなくても給付されると思っている人が大部分ですが、それは誤解です。実は、失業保険の給付をもらい続けるためには、就職活動をしなければならず、それとは別に、月に一度はハローワークに行かなければいけません。月ごとにハローワークの職員と話し合いをして、きちんと就職活動をしていると見なされれば翌月、保険が給付されるという仕組みになっています。なお、「この人は就職活動を全くしていないぞ」と判断されたり、月に一度の職員との面談に不参加なときは、ルールとして給付の一時停止に至ったり、その後の給付資格も消失するおそれがあるのでそうならないために気をつけておきましょう。

  • 仕事を変えた際には、大体の場合、以前の仕事での大方は美化された記憶となります。

  • 転職した場合には、だいたいの場合は前職のほとんどは美化された記憶となります。実を言えば現在の会社に自分に合っていないと感じたから、前向きにせっかく退職を決め、転職したはずなのに、気付けば転職した会社よりも「前の仕事のほうが心地良かった」と思い始めるのです。無理はなく、前の職では仕事の手順に慣れていて、今よりも簡単に与えられた仕事も淡々と消化できていたのも一番の根底にあると思います。しかし、「転職なんてしないほうが良かった」と悔やむほど、前の仕事のほうが職場の雰囲気や職場環境も良い場合も考えられます。