時間に融通が効くはずの派遣社員であっても、自分の好きなタイミングで辞められるものではない…

派遣社員だからといっても、1年ごとに好きなタイミングで辞められるわけではない…

派遣社員だからといって1年経ったら自身の好きなタイミングで退職できるワケではないと転職を経験して気付かされました。私は新婚した後、生活が落ちついたあとすぐに子供がほしかったので、それまでの期間のためにだいたい1年半~2年くらい現在の部署で継続で続けられれば良いなと思い就職しました。派遣社員であるために、年収は少なかったですが、それでも「時間にが融通が効く」というメリットがあるので、そこはガマンしました。しかしながら、入社したあとに、一緒に働く人たちのほとんどの人が派遣社員として10年~15年ほど勤務しているというのです。派遣社員を選択したとしても、契約が終わってもすぐに辞められる雰囲気もないと知り、この先どうしたらいいのか、少し困惑しています。

転職する場合、「派遣社員」を選択しようと思っている人・・

これから転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと思っている人にぜひ注意してもらいたいことが複数あります。なんとなく派遣というと、「データ入力」「お茶出し」「電話対応」などの仕事内容をなんとなく連想される方がいるはずです。実は私自身も現在の企業に入るまでは「メインの業務は電話対応になります」と採用の際に派遣会社からも説明も受けてました。ところが、入社したとたん、「電話対応」に加え、辞めた正社員の穴埋め業務を要求されました。何をしていいのかもよくわからず、当初の説明と大きな食い違いがあるので非常に参っています。とにかく、契約期間が終わるのを待つだけです。

女性の再就職は、一昔前と現在とは若干、変化があるといいます。

女性の再就職については、セクハラが社会問題となっている現代では少なからず、違ってきている点があります。前は面接のなかで、結婚観や出産後の仕事などのことに関して、ごく当たり前に女性たちに質問していました。ところが、今では結婚や出産などについては、「セクハラ」と捉えられ、質問しない会社の方が多くなっています。また、世間に名の知れた大きな会社ほど、タブーとして扱われています。ただし実際、企業側としては、YES・NO、だけでなく、その女性の考え、結婚した後も働きたい、出産後は時短で働きたいなどを知っておきたいと思っている事でしょう。自分自身の人生設計を知っておいてもらうためにも、志望動機や自己ピーアールの中に織り交ぜながら話すことで、相手方にも考えが伝わり、安心できると思うのです。ということで、質問されていない箇所もあなたの側から配慮し、答えておくのが良いです。

全く経験したことがない分野などに転身を行う際は、自分が以前の職…

今まで経験したことのない業界とかに転職したいと考えているときには、前の職で養われた腕前や経験を発揮することができるという訴えが必要になります。経験をしたことのないジャンルの場合、経験のない分その分野の経験者よりも正直、不公平な状態になりますが、自分自身の持っているスキルがそのジャンルでも生きるということをしっかりと伝えることができれば、勝負になる場合も多くあります。そういった訳で、経験のないジャンルにチャレンジする場合は、その業界と今まで自分が経験してきた仕事とのかかわりを必ず探しましょう。

昔働いていた会社でのことですが性格のきつい上司に神経を使・・

初めて働いた会社で意地の悪い上司に神経を削られ、最後には我慢することができなくなり退職し、同業の他の会社に行くことにしました。転職先の会社ではパワーハラスメントもなく本当に満足した日々でしたが、徐々に会社の業績が落ち込み、経営統合されました。その経営統合した先の会社がなんと前に働いていた会社で、おまけにすごく嫌いだった上司が再度私の上司になるそうです。いったいこれはここまで縁があるとは。当たり前ですが新たな転職活動をし始めています。

生まれてはじめて転職をするにあたって、忘れてはいけない…

人生初の転職を試みる際は、なぜ現在の仕事を去る必要があるのかについて明確にしておくことだといえます。その理由こそが根本問題なので、必ず考えておく必要があります。問題を改善してくれそうな会社を選択していくのです。卒業してからの転職活動は、在学中の就職活動とは違って、現在の仕事を継続しながら就職活動を続けていくため、時間の調整能力も、気力・体力も必要です。それゆえ理由がはっきりしないまま転職活動をすれば、途中で行き詰まる可能性が高くなります。是が非でも転職したい、現状を変えたいという強烈な気持ちがなければ、転職活動を始めるのは、あきらめましょう。

再就職する際、重要となるのがまぎれもなく「面接」になります。

再就職において、重要視されるのが「面接」です。よくある面接の際は、面接担当者が応募者に対して転職するに至った理由などさまざまな内容を尋ねる形になります。そしてほぼ100%、面接を終えるあたりで今度は、面接希望者側からの不安・疑問に感じることを質問できるチャンスがやってきます。面接官から、「何か弊社に関して質問はありますか?」と尋ねてくれるわけです。この手の質問が来たときは、面接者本人が気持ちの準備ができず、戸惑う可能性もありまよすね。後で後悔しないためにも、面接の前には面接官からの質問に対する、質問の内容を整理しておきましょう。冷静になればしっかり考えておけばいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、試してみてください。

もしも転職することを、今の職場の同僚たちが、あなたの退職を知る…

もし転職することを、現在の会社の人たちがあなたの転職を知ってしまうと、状況が悪くなる可能性があります。働く環境によって意地悪される可能性もあります。また、残業時間を意図的に増やされる仕打ちも考えられるので、むやみに転職のことを周囲に伝えるのは考えものです。そういったトラブルを回避するため、仕事をしている現場では、真面目に振る舞いましょう。そうすれば、良い空気を最後まで保ちつつ、心置きなく会社を退職できます。そして、何の問題もなく円満退職に至れば、転職後にも、あなたが困った際には相談できるような良好な関係性を持っておくことができます。業種や規模に関係なく、どういった企業であっても、人とのつながりが大事なので、辞める時のトラブルはしっかり回避しておきましょう。

一般的に見て一流企業は「定期採用」がメインなので、転職で入りたい人にはかなり厳しい条件といえます。

一般的観点からすると大きな会社は「定期採用」で人材を確保します。ですから、転職で入りたい人にはたいへん厳しい条件といえます。それに、都市近郊部~地方となると転職の機会はたいへん低くなります。しかし製造業に関連する企業に関して言うと、都市部でない地方の工業団地付近に製造工場を置いている多々あります。さらに、そういった工場に的を絞れば、事業分野の拡大に伴って人員募集をすることも珍しくありません。この好機を捉えるのです。地方の工場に転職しようと考えているなら、転職を希望する企業についての予備知識をはじめましょう。ホームページにアクセスし、求人予定の予定はあるか、暇があればチェックしておくと間違いがありません。

近いうちに転職活動を始める際に次までの仕事に期間がある方は…

年内中に転職活動を考えている人で、次の仕事をはじめるまでに期間がある場合は、失業手当をもらうことをおススメします。これは現在の会社側がきちんと「雇用保険」を払ってくれている場合は、手続きをすればだれでももらえます。詳細の手続きは「ハローワーク」で行います。自己都合での退職なら、失業手当を受け取るまでに3ヶ月の待機期間があるのですが、現在の企業の都合や残業時間によってはすぐに受け取れることもあります。ちなみに、もらえる「失業手当」の額は、最後に働いた月の近々の給料を軸に失業手当の支給する額を割り出されるので働いている会社に「閑散期」「繁忙期」の波がある業種の人は、理想なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当的にはお得です。

『転職をしたい!』と思っている人のなかで、その意志が抑えられないくらい強いものであるな…

『今すぐ転職をしたい!』という願望があって、その意志が本当に強いものであるなら、退職したいという旨を速やかに上司に伝えましょう。なぜかというと、このときに相談という形を取ると、言いくるめられる可能性が高いので要注意です。また、実際に私も上司へ転職の相談をしたのですが、スンナリと受理されずに結果的に、退職までに半年ほど掛かってしまいました。退職する旨をはじめに、直属の上司に相談したのが年度末で、実際ではなぜか辞められたのはその年の11月です。予定では、ちょうど年度末いっぱいで辞めたかったです。あれこれと理由を付けられて、かなり伸びてしまいました。やはり職場も、人事的な都合があるのかもしれませんが、スタッフの意見を聞かずに、上司を含め、会社全体でずるずると引き伸ばされてしまったので、ほとほと職場に対して困ってしまいました。

再就職の際の面接についてですが企業側からクールビズでも大丈夫です…

転職の時にする面接での身なりは会社側からクールビズで良いとと記載されているケースもあるようです。しかし、クールビズで面接を受けるのは悪いのでは?と考えてしまいます。クールビズについての迷いを懐に感じている方に伝えたいのは、クールビズを指定された面接については言われたことを実行したほうが安心できます。悩みすぎてしまい、汗をかく時期にクールビズでないと相手側に不自然なイメージを持たれてしまいますから、クールビズでも大丈夫ですよと伝えられたらクールビズで行く方が好ましいのです。

就職活動は、年収抜きに考えることはできません。

就職活動において、年収はかなり大切なポイントです。面接では、大半の企業で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。ここで現実の年収を上回る額をもらっていると偽り、多額の年収を確保しようとしても、無駄でしょう。なぜなら、「源泉徴収票」が必要なため、仮に一度は信じ込ませたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、結果的にウソがバレてしまうのです。トラブルに発展する可能性もあるので、現在の会社での年収を正確に伝え、それに釣り合う希望年収額を設定するのがもっとも無難といえます。今の年収が400万円の方が、転職してすぐ500万円の条件を提示してもらえるかといえばほとんど無い、と見ておくべきです。今、430万円の年収であるのなら、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくべきでしょう。完全なウソは、転職活動でのトラブルだけでなく、せっかく入社したのに直後に退職しなくてはいけなくなるおそれもあるので、注意しましょう。

派遣会社での仕事が決まりました。

派遣で働く会社が決まりました。仕事の1日目に派遣会社の営業の担当の人と派遣先の近くにあるコンビニで合流することになっていたところ、営業担当者がどういうわけか約束したお店の前にいないから店の中にいるのだろうと思い店の中に入っていくと、彼は雑誌のコーナーに座り込んで成人雑誌のグラビアページを開いて読んでいるのを発見!自分の担当者がここまで酷いのはとてもじゃないけどできないことと判断し、その場で声をかけずに気付かれないように店内から出て即刻派遣会社に辞退する旨の連絡を入れました。

仕事を探すのに、ウェブ上で就職斡旋してくれる「エージェン・・

就職活動をするとき、ネット上で就職を斡旋してくれる業者(エージェント)を利用することもありますが、あなたがそのようなエージェントに登録したことの結果として就職先を見つけられた場合でも、失業保険とは何の関係もありません。ハローワーク以外の機関を利用して就業しても失業保険とは無関係なので注意が必要。これと違って、ハローワークを経て斡旋してもらって就職した場合は、就職の準備金として「一時金」を受け取れることになります。インターネット上で展開している就職斡旋業者(エージェント)は、公的の機関でありません。ただ転職を斡旋し紹介料と言う形で企業から報酬をもらうだけであり、失業保険などの手続きはしてもらえません。これを理解していないと、失業中に給付金をもらえなくなるので、気をつけておきましょう。

転職活動における最後に残る難関として、「今勤めている会社をいかにして辞めるか」という問題があります。

転職活動をする上での最後に残る厄介な問題として、「現在勤めている企業をいかにして辞めるか」ということがあげられます。転職先を見つけたとしても、今いる会社があなたを慰留するというのもよくあることです。仮にそうなったとしても、何があっても退職をあきらめない、という強固な気持ちをもつことが大切といえます。会社に残るように説得されて、一時的に収まったとしても、一度辞めたいと考えた会社は結局、辞めることとなります。会社の規定を確認し、退職の要件を満たす、日数を超過する年月以降の退職日設定に加え、退職届をつくっておきましょう。そのあとで、決定権を持つ上司と談判し、退職を撤回する考えはありませんと、ハッキリと伝えましょう。「円満退社」で今の職場とお別れすることも転職活動において必要不可欠といえるでしょう。

看護師のほかの職業に転職する原因はその人それぞれではないでしょうか。

看護師という職業の人の転職の理由は一人ひとり違います。看護師でありながらの転職するには「職場の中に相性の悪い上司や同僚がいて困っている」「結婚してから家庭環境の変化によって出産おまけに親の介護など、仕事環境の変化など、今までと同じような働き方が厳しくなってしまった」「現在の収入に大きな不満を感じている」というような問題が抱えているのかもしれません。不満があるほど、急いで行動を起こしたくなりますが、それでもどうして転職をしたいとと、ゆっくり静かに現在の状況を客観的に見つめ直すことも重要です。「本当に転職して状況が良くなるのか?」と再考してから決断されることを強くお勧めします。