失業時にもらえる「失業保険」は、給付されるためには失業中であることが必要ですが…

失業した際にもらえる失業保険は、失業状態でない人はもらえません…

  • 失業時にもらえる「失業保険」は、失業しているあいだ、給付条件になりますが、「期間」が定められています。それまで勤務してきた期間に応じて変動し、3ヶ月とか、1年と設定されるのですが、こういった現実を知らない人が一定数います。失業中である限り給付されると勘違いして「失業保険が給付される間は遊びに使う」という人を見かけますが、給付期限があと1ヶ月、という段階で気づいてから急いで仕事を探しても好条件の仕事を探すのは至難の業です。転職先の面接官もバカではないので、失業中に遊び惚けていなかったのかといった点はだいたいバレると思っておくべきです。相手によっては、そのような質問を食らう可能性もあります。返答に窮したり、すぐバレるような嘘をついてしまうと、9割がた採用されません。

  • 転職を取り囲む状況は、政治によって左右されつつあります。

  • 政治による影響がでつつある転職を取り囲む状況についてですが、現在の安倍政権によって、アベノミクス「三本の矢」など、経済政策が続々打ち出されています。内閣が打ち出した新たな経済政策に連れ立って金融政策とも、たがいに作用しあって財界や民間企業間でもあたらしい変化が増えつつあります。その作用もあって企業の側でも今度は若者世代の減少と、現役世代の大量退職による「人材不足」が深刻化しています。将来的に「外国人労働者」の比率を今以上に高めていくであると現内閣は宣言しています。外国人労働者の増加に伴い、雇用や転職問題もかなり幅が広がりそうです。こういった政治の流れによって、国内の雇用や転職をとりまく状況も大きく変わっていくのは確実といえます。

  • 転職は、最初の第一歩は希望している企業そのものより・・

  • 転職のための活動は希望する企業そのもの、というよりも正確には「担当面接官」との勝負といってもいいでしょう。面接で満足いく結果を出すために、ゼッタイに肩の力を抜いて冷静に対応しましょう。例を挙げるとお見合いのようなつもりでいる望むと面接への余計な緊張が解けるかもしれません。更に大事なことは面接官は第一にあなたの内面的な素質を評価してもらうので誤解を招くような見た目・言動は気をつけて避けましょう。なおかつ常識的な社会人らしく面接に適した服装(T・P・O)を意識しておく必要があります。オーラを感じさせることができればいいです。面接官に健康的で魅力がある人物と認識されれば、かならず転職活動での良い結果が出しやすくなるはずです。

  • このようにここ最近の雇用形態の激しい変化において、社会人の・・

  • このようにここ数年の雇用形態の大きな変化を、若い世代ほど鋭敏に感じ取っているようです。おそらくは、「将来的なキャリアアップ」を視野にいれているのでしょう。そのため、働き手といった労働力の「流動化」が年々大きくなっているので、一層、今後、より広範囲な世代で転職について考える機会が強まっていくでしょう。「流動化」の影響で転職はあなたにとって身近なものとなっていくでしょう。「終身雇用制度」が機能していた頃には転職者は、評価が下がりやすい傾向が強い、それで損してしまうことも多くあったようです。しかしながら、時代の流れとともに今現在やっている会社のみに執着する意味も必要性もますます無くなってきています。

  • 就職活動をするときに注意が必要な求人の募集内容は、そこまできつくなさそうな仕事なのに給料が高め・・

  • 転職のため職探しをするときに気を付けたほうがよい募集内容は、そこまできつくなさそうな仕事内容なのに給料が高めで、拘束時間が長めのものです。こういった求人は、記載されている給料に『みなし残業代』を含んでいるケースがたいへん多いのです。みなし残業代というのは、『みなし』とも言い、30時間・45時間といった感じで求人の記載内容に時間が併記してあります。これは、毎月これくらいの残業が発生するため、給料形態に残業代を組み込むというシステムです。(なお、これは違法ではありません)もしも求人に『みなし残業代30時間込』と記載があれば、「書かれた時間分の残業代を入れた場合は、これだけの給料がもらえます」ということになるわけです。けれども、悪質な求人では、告知しておくべき『みなし』をわざと記載していないこともザラですので気を付けてください。

  • 再就職の面接のときにする腕時計についてですが、明らかに目立つようなタイプの…

  • 転職をする際の面接でつける腕時計の事ですが、目立つ腕時計はしないほうが悪い印象を与えません。この場合の目立つという意味は高そうに見えるデザインだったり、といったことだけではありません。それとは逆に完全に安物である腕時計の印象を持たれてしまうとか、そういう目を惹くということで両極端で目を惹くのだと認識しておいてください。再就職の面接時の腕時計についてはポジション的にはネクタイやスーツと一緒で、ビジネスの場にふさわしい無難なものをしたほうが確実だと言えます。とはいっても、自身の歳に見合ったものであるということも外せない条件で、新卒の就活の頃に着用していた腕時計よりは多少でも値を上げた方が好印象だと断言できます。

  • これはシフトの業務についてです。

  • シフトの仕事に関する話なのですが、毎週、同じ曜日に仕事できる人を募集する求人をけっこう見るのですが、もしも応募しようと思っているなら休む方法やシフトの提出方法については聞いておいたほうが良いでしょう。それはどうしてかというと、私は過去に、出産のため産休で休む人の助っ人として、正社員として入ったのですが、土曜、日曜が固定シフトだったのですが、新人の私以外は、誰一人現場にいませんでした。前にいた女性が土曜、日曜は休むことなく出勤していたので、私もそのような人と思われていたようです。ですから「土日」に休まざるを得なくなると、シフトを変わってもらうときは、同じ部署の上司に私の代わりに出勤してもらえるように、と自らお願いしなくてはいけませんでした。給料も立場もほとんど同じなのに土日は私だけなんて・・・。冷静に考えると、異常な職場だったんだと思います。

  • 今励んでいる転職する活動で「自分は経験としてこう…

  • がんばっている転職する活動の際、「自分はこれまでこういう種類の仕事をしてきました」「これまでにこういった経験を身につけることができました」と過去の自身の経歴をよく伝わるようにアピールしようと考える人はとても多いです。ところが、転職先となるその場所で「させてもらえるのならばこういうような仕事をしたい」「斯くの如き業務ならぜひ参加したい」と未来の姿を通してアピールしていくほうがはるかに効果的だったりします。この点を踏まえて転職活動をがんばってみましょう。

  • 転職期間中には、自分の好きなことに没頭することに加・・

  • 転職先を探している期間中は、趣味に打ち込むほか、体力づくりを意識しておくと良いでしょう。転職先が決まり、仕事を再始動したときに、趣味に没頭していた影響で、気付かない間に集中力がアップします。また体力アップしているために、一緒に働く人たちと比較すると疲れにくいということを自覚します。というワケで、退職後は自分が興味のあるなことに集中することと、体力をアップさせる努力をするのが何より良い事なのです。転職後、職場であなたと共通の趣味の人と出会えれば、会話が盛り上がります。ですから、これまでしてこなかったことに挑戦してみるのも転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。

  • 長期間接客関係で勤め続けてきましたが、年齢を重ねるにつ・・

  • 長年接客業で働き続けてきましたが、年をとったせいか立ったお仕事は体力的にハードで、座り仕事である事務系のお仕事への転職を考えて活動をしました。事務の経験がないとなるとなかなか厳しくて、接客の要素もある受付兼医療事務を目指そうと思い資格も獲得し個人の病院に転職しました。周りは超ベテランの先輩パートさんばかりで人間関係も複雑。夜間のシフトばかりさせられて、接客の仕事をしていた時よりも帰宅する時間も遅いのですが、とりあえずはキャリアを形成する時期と受け入れ頑張ります。

  • 新卒で入社した会社を離れ、悩みましたが、転職すると決めました。

  • 新卒で入社した会社を辞めて、転職を決断しました。実際に転職する前後は、とても転職できるか不安になりました。社会人となって数年してから仕事を辞めて、多くの人が中途採用で働いていることを転職活動をしていく中で学び無意識のうちに不安が消えて、安心しました。また転職をすると自然と気持ちが前向きになって、自分のしたい仕事を見つけることが毎日が充実したものになりました。いまだ「仕事をコロコロ変えるなんてとんでもない」というような意見も多々ありますが、それが正しいのかなと感じました。私自身、否定的な意見を真に受けないで良かったみたいです。

  • 古来より日本には「石の上にも三年」という人生において戒めのの意味を持つ言葉があります。

  • 古来より”石の上にも3年”という教えがあります。現在、ないものと同然である「終身雇用制度」。定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」を経験する人が増え、一般的な事柄となってきています。が、「転職」する人が増えているとはいっても、簡単に転職を選択してしまうのは考え物です。実際に転職したいなら、大切なのはタイミングです。まず、今現在の職場、全般的に、例えば仕事内容や待遇面について嫌だと感じいているポイントを、5~10個ほど、探してみてください。こうすることによって、転職を決断することです、そして、将来の進路が自身で見いだせたら、できるだけ早急に今より良い仕事ができるように努めることも大切です。

  • 再就職をする際で決まっているかのように問われるのは退職し・・

  • 再就職をする際で絶対に聞かれるのは前に働いていた会社を辞職した理由なわけですが、この質問に回答する場合には話の中心を前職のことにしない方が安心です。前職を退職した経緯が話題の中心になってしまうと言うまでもなく悪い面を含んだ話の内容になってしまうので。どういう風に面接を進めていけば良いかと言うと、どうして前の職場を退職したのかという事をこちらの会社に必ず入社したい理由があったからといった感じにするべきであり、自分が入りたい会社の方に話の方向を向けていくと良いでしょう。そういった内容ならば、積極性を前面に押し出した前職を辞めた事情にすることが可能です。

  • これから転職活動しようと考えるのなら、今の仕事の何に不満があるのか・・

  • いよいよ転職をするのなら、現状の職場・業務の何に対して不満を感じているのかを洗い出しておきましょう。当然と思われますが、意外とできてないです。そもそも不満なことにガマンできないから転職しようと思われているはずです。が、「しっかりといまある客観的にみた問題なことを挙げる」ことをほとんどの人はやっていません。不満点を明確化し、解消されるならば、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自身の不満を客観的に見える状態にしておくと転職選びでのミスを防げます。そのあと、仕事を変えることで「今の仕事よりも不便になりそうなこと」を明確にイメージしてみましょう。転職がスムーズに叶えられたとしても、すべての問題が解決するとは限りません。しかし、デメリットを受け入れる気持ちの整理があれば、転職してからのモチベーションの低下は高確率で防げますから、失敗しないのはできるでしょう。

  • クールビズスタイルで転職の面接に臨む際には、ジャケットまで…

  • クールビズ(軽装)で再就職の面接にチャレンジする場合、ジャケットに関しては着込まなくても安心であるとはっきりと言えるのですが、ネクタイはつけている方が印象的に良いイメージを与えるのでお勧めです。ネクタイなしでもOKだと考える企業も存在する確率もなくはないですが、ことネクタイに関してだけは例えクールビズでも着用するべきだと考えているところがいくつか存在します。そういった訳で、例えクールビズで来るように言われていてもネクタイだけは絶対に着用いく方が安心であるということを伝えておきます。

  • 安定した生活を手に入れるべく正規社員を目指している人は…

  • 安定的な人生を欲しがり正規の雇用社員になりたいと考えている人はかなり多いのが現実だと思います。だが、即戦力として働けるようにいくら頑張っても中々正社員としての転職活動が実現しないこともあります。非正社員の求人は結構あるのに正社員の求人情報以外には目も通さずもやもやした日々を過ごしている人は結構多いようです。万が一、正社員として雇ってもらうのが厳しい場面に遭遇したのなら、契約社員や派遣社員の求人募集も選択肢に加えてみましょう。契約社員募集の会社のなかには、成果次第で2,3年で正社員への転換を狙えることもあるんです。ですから面接時に「正社員登用」のチャンスがどのくらいあるかをヒアリングしても将来設計が立ちやすいはずです。

  • 転職をする時に絶対に必要となってくる履歴書や職務経歴書などについてです…

  • 転職の時に絶対に準備しなくてはいけない履歴書や職務経歴書についてですが、原則的には自筆ではなく、パソコンを用いて作るのが普通です。現代の日本社会では履歴書については自筆で作成するということが常識だと考えられていることもありますが、それは新卒時の人たちの就活アルバイトやパートの際に用意する履歴書であって、実際には、転職においては履歴書は絶対に手書きでないといけないと断言することはできないのです。手書きを評価する場合もあるようですが、そうじゃない会社がどんどん多くなってきているので、パソコンで書かれた履歴書でもOKな企業は意外にもたくさんあるのです。