派遣社員として勤務しています。

派遣というかたちで働いています。

派遣社員として働いています。派遣法や労働契約法のおかげで長く働いた派遣先でのお仕事を終わらせなければなりません。同じ派遣である人の中には、派遣の就業先で正規社員の地位を手に入れた方もいるのですが抜擢された理由としてはぶっちゃけると仕事の腕がよいというよりは派遣先上司へのあしらい方が上手な方でそれが採用の決め手となった様子。仕事のスキルよりおじさん転がしの能力の方が重要なのかなーと抜擢されなかった派遣仲間達と不満をたれる毎日です。

転職における採用面接にある会社に赴きました。

転職したい会社の採用面接に転職したい会社へ赴きました。偶然その会社にある部屋が空きがないとのことで会社外で面接官との待ち合わせをして面接を行い、その場所で解散、面接担当者もそのまま自宅に直帰されるとのことだったわけですが、ところが下車する駅が私と同じだったのです。それで電車の中でも面接官とずっとお話しながら帰ることになり、緊張が解け面接しているよりも話が弾み、それがプラスになったのか運良く採用をゲットすることができました。

前の求人誌に雇用側が求める人材の「性別」が明確に書かれていました。

昔の求人情報には、雇用主の希望する「性別」が記載されているのが普通でした。しかしながら最近では、1986年に施行された男女雇用機会均等法の影響によって、採用時、男女の差別をあってはならないという決まりになり、応募資格に「性別」を明記できなくなりました。でも、募集情報を出す会社は、性別関係なく採用するかといえば、そんなことはないはずです。実際に、実際は男性必要とするジャンルに、女性の応募が殺到したり、女手が必要な案件に男性が応募してきたり、というような問題に遭遇する可能性があります。もし、「女性が活躍できる職場です」の記載がある場合、女性の働き手を希望しているのだと捉えておく良いでしょう。

転職活動を始める場合、前もって、ハローワークの求人票や求人雑誌を閲覧したりし…

転職活動では、始める前に、求人雑誌やウェブ上の求人情報を閲覧したりして関心のある会社を調べるでしょう。しかし、その会社がどういった情報を表に出すかは、専属の「コンサルタント」が指南していることが多いものです。コンサルタントは、会社に不利益な情報を隠す達人です。たとえ公開したとしても曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。その種の企業の「社長インタビュー」または「社員情報」といった情報は、それをすべて事実だと捉えるのではなく、半信半疑で聞いている方がいいです。もしも美辞麗句を信じて会社に入った場合、「聞いていた話と違うじゃないか」とあとでガッカリすることになりかねません。悪意ある会社は、素直な人間を効率よく取り込み、その後、いろんなイチャモンをつけて退社させないように画策しています。このようなブラック企業には気を付けましょう。

とある古物商の求人に応募したところ、書類選考をパスしました。2、3日して…

とある古物商の求人に応募し、書類審査に合格したので、面接の日時について相手方から連絡をもらい、ところが、当日、時間通りに行ってみると、どうしたものか相手が面接の用意を一切していないことに気づきました。しばらく待っていると、責任者らしき人が面接に応じてくれましたが、最初から最後まで、驚くほど面倒くさそうな態度を見せてかろうじて面接を終えました。けれども、2週間後と言われた合否の連絡が一切もらえず、しびれを切らし、自ら問い合わせてみると、「結果は郵送で本日送付しました」と返答されました。しばらく待ちましたが、しかし、これも未着で仕方なくもう一度連絡をしたところ、驚くことに、「今回は見送らせてもらいました」とこちらが話す隙もないまま電話を切ってしまいました。呆れ返ってしまい、しばらく絶句してしまったのですが、正直、採用されなくて良かったと思っています。

「転職サイト」は、大手のほうがたくさんの案件が掲載されているため…

転職サイトはよく知られたサイトであるほど掲載案件も多いので、感じがよさそうな2,3の会社を、サイト登録して、希望する勤務地や収入についてチェックを入れて、さらに条件に適合する求人情報が掲載されたら自動的にメールが送られるように設定しておくと楽に転職情報を集めることができます。とはいっても、初回だけは登録するのに幾分か労力を要するので、登録前に履歴書と職務経歴書を忘れずに準備し、そのコピー&ペーストをする形で登録すると簡単です。登録初日は時間が多少掛かりますし、案件の検索と応募だけでも大変ですが、その後は新着の求人情報のみ確認すれば大丈夫なので、後の応募を考えれば、初回の準備を怠らないことを心がけましょう。

20代の時点で転職を2回し、現在、資格取得の勉強をしながら…

20代までに転職2回で、現在、資格を手に入れたいので派遣社員として企業で働いています。フルタイム勤務ではないのでやはり毎月の収入が以前よりも少なくなりました。しかしその分、以前より心と時間的な余裕ができました。学生時代に資格を取得し、仕事をできる人はとても少ないです。また、実際に、そういった人を見る度、羨ましく見えたりもします。これまでは、自分に自信がなく、他人と比べてしまい、落ち込む日もありました。結婚してから、生活環境が変わった今、以前よりもその中で仕事や将来の夢も定まったので、充実した日々を過ごせています。

転職を行うにあたって、もちろん仕事におけるやりがいのアップと一緒に…

転職を行うならば、言うまでもなく仕事のやりがいのアップと一緒にそれに加えて年収アップも大切なポイントになりますから「年収サイト」というサイトに登録して事前に調べています。同一の会社でその上同一の職種、社歴であるのに人によって無視できないほどの幅がある場合も多数あって、正直に言えば面接の際質問したことがあります。面接官も同じサイトをチェックしていたみたいで「ああ、高い年収で書かれているのは、書いた側もある程度見通しがついているんですけどね、おそらく見栄をはってるんですよ。低い方で心の準備をしておいてください」とのことでした。

近頃、株・不動産投資などといった不労所得や自営業・起業といった生き方も増えています。

この頃では、株式・不動産投資などの不労所得で生計を立てたり、独立や起業といった形で生きる方法も人気です。そのような移り変わりもあり、「起業することは怖い」といった見解も変わりつつあります。1960年代ごろの高度経済成長時代においては、将来的に不安定な自営業者よりも組織の一員として働くほうが大いに将来が安定していて、人生の正しい道として、またそれが自然のことのように一般の人々に認識されていました。そういった時代は過ぎ去り、現在のような時代は「成熟期」という名が呼ばれます。今後は、コンピューターの発達とともに、機械化や自動化が進み、仕事でも人がいらなくなっていく社会です。

転職サイトに一旦登録すると、電話やメール連絡が嫌になるぐらい入ります。

転職エージェントに一旦登録すると、電話やメールで嫌になるぐらい連絡が入ってきます。このことに対して「転職エージェント」の利用が初めての人は大変ビックリするかもしれません。転職エージェントは転職させることが目的とされるので、本当に積極的に行動します。特に大手エージェントは、転職を完了させることで企業から報酬が入る仕組みであるといえるので、転職活動を行っている人の都合よりも企業の都合を優先させるケースが目立ちます。加えて、「転職エージェント」は契約件数を増やすために内定が取れた瞬間に、「入社されてはどうでしょうか?」と半ば強引に説得してきます。防御策として自身の気持ちや意思をハッキリしておき、無理に転職することがないように気を付けることが必要です。

仕事を変えようとしようとしている時に注視する求人情報については・・

転職を考えている際に閲覧することになる求人情報というのは、参考程度に載っている、という確率があります。そのため、そこに記載されている内容は何もかもが正しいことだとは考えるのはやめておいたほうがいいと思います。そのなかでも給料の金額などに関しては、社員を平均して出した値なのか?最低保証の金額であるのか?最も高く見込んだ給料であるのか?というような評価ができない人も多く、自分で勝手に決め込んでしまうと、悔しい思いをする可能性も少なくなりません。なので、嫌な思いをしないために、求人内容についてはおおまかなものだと思って、そういったような大事な事は直に問い合わせるのが良いです。

自分の大好きなジャンルの仕事に就きたいという風に思っている方は注意です。

自分の得意なことや好きなジャンルの仕事に就きたいと思っている方は注意した方が良いです。私が実際に体験したことなのですが、私は、食べることが本当に好きだったのですが、それが理由で、かつては、飲食業界(レストラン)で働いていた時期がありました。そのレストランでの業務内容は、その飲食店で私が担当していた業務内容は、盛り付けやホール業務でした。この業務内容に関しては、不満もなく楽しんでいたのですが、人間関係のいざこざに疲れてしまったのです。そのことが原因で、仕事をやめる羽目になりましたが、その結果、あんなに大好きだった食べることやその飲食店で提供されていた食べ物すら嫌いになり、同ジャンルの店にはしばらく経った現在も行く勇気がありません。当時の匂いを思い出すのも苦手です。仕事を始めた当初、好きだったものをキライになるなんて今でも信じられません。大好きなことを仕事にしたいと願い、それを実現させることは素敵なことです。しかし、「好き」はどのレベルのものなのか、まじめに向き合ってから行動するべきです。

転職の面接で着用するスーツの色においては、新卒の就活…

転職の時の面接で着用するスーツの色味は、新卒の方が就活の時に準じた色合いが基本です。ということは、黒系や紺系といった暗めの色になるわけです。再就職であっても、スーツの色というのはこういったような暗い感じの落ち着いたカラーが多く、そうでない色のビジネススーツの人はあまり見かけることはありません。それ以外だと、たまにグレーを着用している方が若干いるくらいです。大方は黒や紺がほとんどです。ですから、会社側から見ても黒とか紺のスーツを着ている人が普通のように感じてしまいますから、身だしなみ、という観点においては推奨したいわけです。

仕事のために精神的にとても苦しくなってしまい、転職せざるを得ない状況に追い込まれたのなら…

仕事をするにあたって回復が難しいほど心的に苦痛を感じてしまい、転職を考えざるを得ない状況になったのなら、そのときは、会社(の関係者)と相談していくより身内などの近しい存在の人に相談したうえで、退職するか判断しておいた方が良いでしょう。どうしてかというと、働くのはあなた自身のためでもあります。が、しかし家族の問題が第一でもあるからです。毎月、納得のいく高給をもらっていたとしても、精神がボロボロになるほど延々と仕事をするのは望ましくありません。今の社会では、物質的な豊かさよりも、働きやすさを大事にする生き方が尊重される社会です。家族や、自身の心と体のケアを忘れないようにしましょう。

転職を予定しているのなら今勤務している会社を退社する時に…

転職を行うにあたり、今働いている会社を退社する時に「失業保険」給付手続きをしておく必要がありますが、もしも自分の希望により退職願を書いて会社を辞める、いわゆる自己都合退職の場合は、失業保険はすぐに受け取れません。手続きが終わった後で失業したことが認定されてから3ヶ月経ないと実際に受け取ることができないのです。よく間違って退社した日の翌日から3か月経てばもらえると信じている人がいますが、実際に誤解してしまった人が、3か月経ったのにもらえないのはおかしいと主張してそれが原因となりハローワークの担当スタッフと大声でやりあっているのを見たことがあります。ちなみに、退職者の都合ではなくリストラなど会社都合で解雇されたケースでは、失業認定されて直ちに失業保険をもらえます。

転職する場合は、いろんな経路で情報を得るのが通常だと思いますが、…

転職活動を開始するにあたって、いろんな手段で情報を集めることが多いと思いますが、転職系の口コミサイトは利用しないと損です。一時期、悪い口コミをサイトに載せられたと言ってサイト運営会社を相手に損害賠償請求を起こした事例がありました。辞めた(辞めさせられた)社員の腹いせとしてそのような口コミが投稿されていたと見るのが一般的ですが、異なる視点から見れば、ウソばかりの投稿であれば、会社としては放っておけばいいようにも思えます。あるいは、実際には『クロ』で「周囲に気づかれたら恥になるから、なんとか火消ししたい」という話かもしれません。口コミサイトも囃し立てることで有名になるメリットもあるので黙認していますが、悪い口コミが多いということは、その分入社してからトラブルに遭遇する心配のあると考えてもいいと思います。何より、善良な会社だったら煙も立ちません。

今現在のあなたの職場や仕事内容に対して、不服に思っていることの中に・・

今の自らの勤め先や仕事に対する不満に感じていることの中に、「自分の持っているスキルや、仕事上での能力を正確に評価してくれない」さらには、「年収はアップしないし、昇進も出来ない」といった不満が割合的に多くを占めています。しかし、気持ちは理解できます。しかし、そのような悩みが強すぎる人の場合、自身の技量を過大評価している事が少なくないのです。仮に、過剰評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、自分に合った企業や職種がないと、仕事をしないブランク期間が長引く可能性が高くなってしまいます。可能性があるので、注意しなくてはいけません。そういうわけで転職活動に当たっては自分の能力を冷静に客観視することから始めてみましょう。