女性が再就職する時、数年前と今現在とは少なからず、変化があるといいます。

女性が再就職する際、今とセクハラが問題視される前で…

女性の転職に際して、一昔前と今現在とは多少の変化があるといいます。前は会社側から結婚と出産についての考え方など、自然に質問されることが多々ありました。でも、現在はそのような内容は、セクハラと会社側が捉え、聞かない会社が一般化しつつあります。そしてまた、世間に名の知れた大きな会社の場合は、かなり神経質になっているといいます。でも、企業側は、YES・NO、で返答するのではなく、その女性が、結婚した後も働きたい、出産後の具体的な対応を知っておきたいとは思っているものです。自分の考えを知っておいてもらうためにも、自己ピーアールや志望した動機と並行して表現することで、面接担当官にも認識してもらえ、また、モヤモヤも解消できると考えられます。というワケで、聞かれていないことでも、こちらから気遣って話していくことを考えてみてください。

初挑戦の業界などに転職を考えるときには、以前の仕事で、自・・

今まで経験したことのない業界とかに転職したい場合には、前の会社で、自分が身に付けた能力やこれまでの経験が生きるという内容の訴えが必要になります。働いたことのない業種の場合、未経験の分その分野で働いたことがある人よりも事実、不利な状態になりますけど、自分自身が保持している力がその場でも生かすことができるということを話すことができれば、勝負になる場合もあり得ます。それゆえ、経験のないジャンルに挑む際には、その分野と今まで自分が経験してきた職務とのかかわりを可能な限り考えましょう。

就業していた会社で性格のきつい上司に頭を抱え、その結果…

新卒で採用された会社で嫌な上司の存在に神経を使い、ついに我慢することができなくなりその会社は辞め、同業者である別の企業に転職しました。その会社ではいやらしい上司もおらず非常に満足のいく日々でしたが、緩やかに会社の業績が悪化して、ついにはある会社に経営統合されることとなりました。ところがその統合先の会社がなんと前いた会社で、それどころか転職のきっかけとなった上司がもう一度私の上司となることに。どうしてこんな縁があるのでしょうか。言うまでもありませんがもう一度転職活動を始動しています。

人生初の転職をするとき、頭に入れておかなければいけないのは…

生まれてはじめて転職をするにあたって、気を付けなければいけないのはなぜ現在の仕事を辞めなければいけないのかを頭の中で整理しておくことだといえるでしょう。その理由こそが根本の問題であるので、まだの人は考えてみましょう。問題を解消してくれそうな会社を決定していきましょう。社会に出てからの転職活動は、学生時の就職活動とは大きく異なり、今の仕事をこなしつつ就職活動を続けることから、時間的な余裕と、気力体力が必要になります。それゆえ理由がはっきりとわからないまま転職活動を行った場合、途中で行き詰まってしまう可能性もあります。何としても転職したい、現状に変化を加えたいという強固な気持ちがなければ、転職活動の開始はやめておくことをおすすめします。

転職時、比較的重要視されるのが「面接」になります。

再就職において、重要なのが間違いなく「面接」というものです。多くの場合面接では面接担当者が応募者に対して、転職を決めた理由や仕事の意気込みなどまずは、こちらが質問される側となります。そしてほぼ100%、面接の終盤になると、今度は、転職希望者から面接担当の人に逆質問に切り替わるのが普通です。面接官から、「何か疑問点はありませんか?」と言ってくれるわけです。こんなときは、気持ちの準備ができず、慌ててしまう可能性もあると思います。こんな時の為に、面接の前に面接官からの問いに対する、聞きたいことを考えておきましょう。実際に働く前の段階で、よく考えておけばいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、やってみてください。

もしも転職することが、現在の会社の人たちがあなたの転職を知ってしまうと・・

転職前、今の会社の人たちがあなたが退職すると知ってしまうとその状況が一変するかもしれません。働く環境次第では、妬みなどから意地悪されることもあります。また、残業時間を増やされてしまう事があるので、むやみに「転職します」と周囲に言うのはあまり良いとは言えません。上記のトラブルを回避するために、今現在の仕事場では、真面目を装いましょう。注意をしておくことで、良い関係を維持したまま、晴れやかに会社を退職することができます。さらには、円満退職になれば、退職後であっても、あなたが何かあったとき、アドバイスをもらえるような良好な関係性を持っておくことができます。業界に関係なく、どのような会社であっても、人とのつながりが大事なので、転職前のトラブルだけは、可能な限り起こさないようにしたいものです。

一流企業では、「定期採用」で人材募集することが普通です。ですから・・

大企業は「定期採用」で人材を確保するため、転職希望者には適していません。しかも都会以外だとその機会は低くなります。ですが「製造業」系の場合であれば、都市部でない地方の工業団地などを工場を構えていることが少なくありません。さらに、その地方工場では事業分野の拡大する際に途中採用することも珍しいことではありません。この機会に転職も悪くないと思います。地方の工場を転職に考える場合、希望する企業の情報をあらかじめ知っておきましょう。ホームページを見て、人員募集の有無など、定期的にチェックしてみましょう。

年内中に転職活動をしていく人で、次までの仕事にまだ期間がある方は…

近いうちに転職活動を考えている人で次までの仕事にまだ期間がある方は失業手当をもらうことをおススメします。勤めている会社がきちんと「雇用保険」を払ってくれている場合は、手続きをすれば必ず失業手当を誰でも受け取ることができます。また、手続きに関しては「ハローワーク」で行います。しかし自己都合で仕事を辞めた方は失業手当を受け取るまでの待機期間(3ヶ月)がありますが、勤めている会社都合での退職、あるいは残業時間次第ではただちに受け取れる可能性もあります。このときの、「失業手当」の金額については、最後の月の直近の給料を基準にして算出されるため、働いている会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種であれば、理想なのは「繁忙期」のあとに辞めた方が良いでしょう。

『今すぐ転職をしたい!』と思っていて、自身の意志が抑えられないくらい強いものであるなら、…

『今すぐ転職をしたい!』と思っている人のなかで、自身の意志が本当に強いものであるなら、辞めたいという旨を即、上司に伝えておきましょう。しかし、そのときに曖昧な表現をしていると、もしかすると高確率で言いくるめられるので要注意です。また、実際に私も上司へ転職の相談をしたのですが、退職するタイミングを伸ばされてしまい、結果的に、半年以上にわたり辞められませんでした。辞めたい旨を当初、直属の上司へと相談したのが年度末で、いろいろあって数ヶ月働くことになり、退職を受け入れられたのは同年11月です。本音を言うと、ちょうど年度末を退職のタイミングにしようと考えていたのに、思うようにはいきませんでした。やっぱり企業にも人事の采配が必要なのは分かりますが、スタッフの要望を聞かずに、上司をはじめ、組織としてこちらの希望を無視してきたのでほとほと職場に対して呆れてしまいました。

転職の面接において会社側からクールビズでも大丈夫です…

再就職の際の面接での身なりはクールビズで来てくださいとと記載されているケースもあるようです。しかし、クールビズで赴くのは良くない印象になるのでは?と感じてしまいます。クールビズに関する不安を心に抱いている人たちに申し上げたいのが、企業側からクールビズで良いとされた面接においては伝達事項を実行したほうが正しいです。迷うことによってしまい、明らかに暑い時期にしっかりとしたスーツを着用していくと相手に暑苦しいと思われます。ですから、クールビズでも大丈夫ですよと記載されていたらクールビズで構わないのです。

就職活動において、年収はかなり大事な要素です。

就職活動において、年収は非常に大事なポイントです。面接において、ほとんどすべての会社で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。このとき本当の年収を多く偽って、多額の年収を獲得しようとしても、無駄な努力でしょう。「源泉徴収票」が必要なため、一度は信じさせたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、必ず後からバレてしまいます。トラブルの原因になることもあるため、現在の年収をハッキリと伝え、それに見合った希望年収額を設定するのが正解です。なお、年収400万の人が転職後にいきなり500万円になる可能性はほとんど無い、と見ておくべきです。仮に、今、430万円の年収であるのなら、希望額は400~450万円と伝えておくとよいでしょう。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、入社後のトラブルとなり、入社できたのを退職に追い込まれる状況も考えられます。

派遣でのお仕事が決定しました。

派遣先が決定しました。勤務1日目に派遣会社の営業の担当の人と勤務先の近くのコンビニで合流することになっていたのですが、担当者がなぜか約束をしたお店の前にいないので店の中にいるのではないかと思いコンビニエンスストアの中に入ってみると、営業担当者はこともあろうに雑誌売り場の前でしゃがみ込んでいかがわしいグラビアページを開けて読んでいるところを発見!こんな担当の人の仕事なんて絶対嫌と判断し、その場で声をかけることなくコンビニから出て速攻派遣会社に辞退をする旨の連絡を入れました。

仕事を探すにあたっては、ネット上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェン・・

就職活動をするとき、ウェブを介して就職斡旋してくれる業者(エージェント)に頼る手もありますが、そういったところに登録し、幸運にも就職できた場合でも、失業保険を受け取ることはできないので気を付けましょう。失業保険は、「ハローワーク」で正しく手続きしないことには給付対象とならないのであとで後悔しないように気をつけておきましょう。なお、ハローワークを経て斡旋してもらい、就職できたときは、就業のための準備費用として「一時金」を支給してもらえることになります。インターネットで展開している就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。転職を斡旋し紹介料と言う形で企業から報酬をもらうだけであり、失業保険の手続きについては、ビジネスの対象外となります。これについて知らない場合は、失業中にお金を受け取れなくなるので、就職エージェントを利用する予定の方は注意しておきましょう。

転職活動を行う際の最後の難関として、「現職の退職」があげられるのではないでしょうか。

転職活動をする上での最後にクリアしなければいけない難問として、「現在勤めている企業をいかにして辞めるか」ということがあげられます。転職先から採用の内定をゲットしても、現在働いている企業があなたを慰留しようと説得してくる可能性もあります。そのような場合は、どうあっても退職する、という強い信念を持つことが大事です。もしも引き留められて、残ったとしても一度辞めたい、と思った会社は長続きしないでしょう。退職を成功させるには、まずは会社の規定に目を通し、退職の要件を満たす、日数を超過する年月以降の退職日設定に加え、退職届を用意します。そのあとで、決定権を持つ上司と直接、話し合い、この退職にはどんな交渉も受けませんと毅然とした態度でのぞみましょう。「円満退社」でこれまでのキャリアに別れを告げるのも転職活動において重要な要素になってきます。

看護師でありながら他の仕事に「転職しよう」と思う理由は…

看護師のそれ以外の職に転職を決断する原因は、その人によって違うはずです。ちょっとみると看護師の転職するには「職場の中に関わりたくない人がいる」「結婚することで一人とは変わって出産さらに子育て加えて家族の介護など、仕事環境の種々の変化など、働き方が厳しくなってしまった」「現在の収入面で不満を感じている」といったような理由が考えられますね。ですが、転職前に、「なぜ、転職しなくてはいけないのか?」と、改めてリラックスしながら現在の状況を客観的に見つめ直すことも大切です。「本当に転職を叶えたら、状況が上向くのか?」と再考したのち、決断しておくと間違いありません。

2ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりであるにもかかわらず・・

ほんの3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりというのに、数ヶ月しかたっていないのに退職を選択してしまう人がけっこう多いものです。何故かと考えてみると私の考えでは心機一転、新たな環境を見つけたというのに、「自分自身の思っていた職場環境と大きくかけ離れていた」「雰囲気が受け入れられなかった」という理由で退職を決意するみたいです。可能ならこのような、転職に関しての失敗を未然に防ぐためには、第一に、事前の情報収集をまじめにやっておかなくてはなりません。通勤にかかる時間、給与システム、などいろいろチェックしておくことで気になる点は職に就く前の段階でチェックしておきましょう。

求人関連の情報誌やサイトを見てみると、大部分の場合・・

求人関連の情報を見てみると、大部分の場合は普通の企業では月の収入がしっかりと記載されていますよね。でもこの月収の欄を確認する時には、深く確認する事が欠かせないです。その額の多い少ないだけ見て納得しないようにしましょう。実は場合によっては、月収の額の中に月15時間残業の場合が含まれているかもしれません。何が問題かというと残業代の金額を含めて計算することで好条件であるかのように見せ、人材を募集している場合もあります。それ以外にも、「歩合給」をつけると表記している案件にも注意が必要です。歩合をかなり盛って月収を多く見せている可能性も考えられたりします。だから、このような「不誠実」とも取れる詭弁を弄する案件にはスルーしておくのが無難といえます。