昔の求人誌には、「性別」がハッキリと記載されていました。

今までは求人情報では、雇用側が求める人材の「性別」・・

昔の求人誌に雇用主の希望する「性別」が記載されているのが普通でした。けれど今現在では、1985年に男女雇用機会均等法が成立したことによって、雇用時、男女差別がないようにしないといけないルールが決まり、求人情報のなかに「性別」が記載されなくなりました。それでも、求人側は、本当のことを言えば、どちらが希望と言う想いがあるのです。実際問題、男手が必要なのに、女性が募集にやってきたり、対称的に、女性が必要なのに、男性が来てしまい、といったトラブルも無関係ではありません。たとえば、「女性が活躍している仕事場です」なんて書かれている求人募集の場合は、雇用主が「女性」を必要としている、と認識したほうが良いでしょう。

転職活動では、あらかじめ、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはネット上の求人情報を閲覧したりして…

転職を行うとき、前もって、求人票を見たり、ネット上の公式サイトを見たりして関心のある会社をチェックするとは思います。しかし、当該会社が情報を掲載する際には、コンサルタントから指導を受けていることが少なくありません。コンサルタントは、会社の利益にならない情報を隠す達人です。不都合な内容を公表する際も、遠回しな表現に徹します。そのような企業の「社長インタビュー」または「社員情報」といった情報は、そのままを信じるよりも、半信半疑でちょうど良いレベルと思っておきましょう。美辞麗句を信じて入社してしまった場合、「聞いていた話と違うじゃないか」とあとでガッカリすることになりかねません。悪意ある会社は、素直な人間を効率的に集めて、その後は、いろいろとイチャモンをつけて退社できないようにしようとします。このようなブラック企業には気を付けましょう。

とある古物商の求人にて、書類選考をパスしました。すぐに…

とある古物商の求人に応募し、書類選考に合格しました。すぐに先方から面接の日時を教えてもらいました。だが、面接日当日、指定場所へ行ってみると、行き違いがあったのか相手が面接の用意を全くしていないとわかりました。ようやく、責任者らしき人が面接中も半ば聞きというか、始終たいへんにけだるい表情を見せ、何とか面接が終わりました。でも、約束の日を過ぎても、採用結果は告げられず、気になったので、私から問い合わせてみたところ、「面接結果に関しては、郵送で本日送付しました」と告げられました。しばらく待っていましたが、私の手に届くことはありませんでした。そんなわけでふたたび、連絡をした結果、なんと、「残念ですが不採用です」、と有無を言わせずに電話を切られてしまいました。私はしばらく言葉も出ませんでしたが、素直に、採用されなくてよかったです。

転職サイトは知名度の高いサイトであるほど多数の案件が掲載されているため…

「転職サイト」は、大手が運営しているものほど掲載される案件がたくさんあるため、だいたい2~3社ほどメンバー登録しておき、希望する勤務地や収入について条件を設定しておき、加えて条件に合う案件が出てきたら自動的に通知されるように設定しておくと転職活動がスムーズに行えます。初めに限っては登録するのに非常に労力を要するので、サイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」を作成しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると便利です。初めの登録のときは時間が少し掛かりますし、案件の検索や応募だけでも意外と苦労しますが、次回以降は新規案件のみチェックするだけでよいので、次回以降応募するときのことを考えれば、初回の準備を怠らないことを心がけるのが得策です。

20代の時点で転職を2回し、現在は資格の勉強をしながら…

私は20代で転職を2回経験し、今現在は資格の勉強をしながら、派遣社員として働いています。フルタイムでの勤務ではないため、やはり手取りは以前よりも少ないです。しかし、心と時間に大きな余裕が生まれました。学生時代にいくつか資格を取得し、就職できたら良かったのに、と多少の後悔はあります。また、しっかりと資格を活かしている人と話すと羨ましいと思います。今まで私は、自分と他人を比べてしまい、ガッカリする日もありました。今では結婚してから、生活自体が大きく変わり、以前よりもその中で将来の目標も定まったのでまいにち充実しています。

転職なら、言うまでもなく仕事におけるやりがいのアップと共…

転職を行うにあたって、仕事におけるやりがいのアップと一緒にそれにとどまらず収入が増えることも大切なことなので「年収サイト」というところに登録していろいろと調べています。全く一緒の会社で加えて全く一緒の職種、経歴であるにも関わらずすごく人によって幅があることも多数あり、正直に言うと面接の際質問をしたことがあります。面接をした方もそのサイトを見ていたようで「高い収入で書いているのは、書いた人物について誰なのかある程度予想できるのですが、多分見栄をはってるんですよ。低い方の年収だと思ってください」とのことでした。

ここ最近は、株式・不動産投資をはじめとした不労所得、あるいは…

今では、株式・不動産投資の不労所得を得たり、独立・起業といった生き方も増えています。そのような世の中の変化もあるせいか、「起業はキケンだ」といった従来の考えも変わりつつあるようです。高度経済成長時代に関しては、将来的に不安定な株式投資や、個人事業で生きるよりも雇用されて働いているほうが安定していて、人生のもっとも正しい道としてまたそれが自然のことのように世の中に認知されてはいました。しかし、そういった成長期は過ぎ去り、今現在は「成熟期」などと言い表されています。機械化、自動化が進んで仕事で人が要らなくなる時代になっていく、とも言われます。

転職サイトに登録した場合、電話やメールでの連絡が何度も来ます。

「転職エージェント」は一度登録したあとに、電話やメールでしつこいくらい連絡が入ってきます。初めて利用された人は結構驚く場合が多々あります。転職エージェントは転職させることが役割だと考えられるので、本当に積極的に行動します。中でも特に大手エージェントは、転職を成就へと導くことで企業からお金が入る仕組みといえるので、転職活動をしている人の都合よりも企業の都合を優先させるケースが目立ちます。さらに、「転職エージェント」は、契約を急ぎたいあまり、内定が出たすぐ後に、「入社はどうでしょうか?」と説得の連絡をしてきます。対抗策として自身の気持ちや意思を明確にしておき、無理に転職しないように注意することが大事です。

転職を考えている時に気にかける募集事項は、基準的なものとして、アバウ…

再就職を考えている際にチェックすることになる求人情報に関しては、基準的なものとして載っている確率も少なくはありません。ですから、そこに書いてある内容は100%正しいことだとは信頼すのはやめておいたほうがいいと思います。そのなかでも生活に大きくかかわってくる給与の金額などにおいては、一般的なのか?最低金額であるのか?最高値なのか?というようなジャッジができない人はたくさんいて独断でわかったつもりでいると、後になって嫌な思いをする事もあるでしょう。そのため、そんな風にならないためにも、求人に掲載されている情報は基準だと思って、そういったとても重要な内容は会社に直に確認した方が妥当です。

自分自身の好きなジャンルの仕事に就きたいと思っている人は注意です。

自分の大好き、を仕事にしたいという風に考えている人は要注意です。これは、私の実体験なのですが、私自身、もともと食べることが好きでそれが高じて、かつては、レストランで勤務していたことがあります。そのお店での仕事内容は、そのレストランで担当していた業務は、盛り付けやホール業務です。この業務内容に関しては、不満もありませんでしたし楽しみながら仕事ができていました。ですが、人間関係のいざこざに悩まされました。ということが引き金となって退職することになったのですが、その影響からか、大好きだった食べること、そしてその店で提供していた食べ物すら苦手になり、よく似た飲食店はしばらく経った今も行けません。当時の店のにおいを思い出すだけで不快な記憶が蘇ります。仕事を始めた当初、好きだったことをキライになるなんて自分でもビックリです。自分自身の大好きなことを仕事にしたいと願い、実現させることは本当に素敵だとは思います。ですが、「好き」は、どのくらいすごいのか、真面目に自分自身と向き合う必要があります。

転職時の面接でいるビジネススーツの色においては、新卒の人たちが就職活動の・・

転職の面接で着るスーツの色に関しては、新卒の就活に着用するカラーが安全です。ということは、黒系や紺系のダークな感じの色になります。それが、転職の面接でも、スーツのカラーというのは黒系や紺系の落ち着いたカラーがほとんどで、他の色のスーツの人はほぼいません。あえて言うならば、たまにグレー系を着ている人がいるくらいで、大方は紺色や黒色のスーツを着用している方が大多数を占めているので、面接を行う人事から見ても黒や紺のスーツが違和感なく感じます。ですから、身だしなみ、という面においてはおすすめです。

職場環境のせいで回復が難しいほど精神的にとても苦しくなってしまい…

働くにあたって精神的にかなり厳しくなり、転職しなくてはいけない状況に至ったなら、そのときは、相談するのは職場の人にするよりも自分の家族と相談して、退職するかどうか判断した方が良いです。なぜそうしたほうが良いかというと、働くことは当事者であるあなたのためでもありますが、身内の問題ともいえます。毎月、どんなに報酬が良くてもメンタル面がボロボロになるほど無理して働くのは好ましい状況とはいえません。現在の社会では、物質的な豊かさよりも、働く本人が働きやすいことを重視する生き方も徐々に認められつつあります。ですから、あなたの身内や、あなたの心身をいたわりましょう。

転職の際に今働いている会社を退社する時に失業保険受け取るための手続きをしなければいけませんが…

転職のために現在勤めている会社を辞める時に失業保険についての手続きを行う必要がありますが、もし自分が望んで退職願を提出して退職する、いわゆる依頼退職においてはすぐさま失業保険が出るわけではなく手続きをしてから、失業したことを認められてから3ヶ月経ないと実際に受け取ることができないのです。よく間違って退社した日の次の日からちょうど3ヶ月で受け取れる、と誤解しないようにしましょう。この規則を勘違いして手続きにミスがあるはずだと言い張ってそれが原因でハローワークの職員さんと揉めているのを見たことがある。加えて、社員側の都合ではなくリストラなど会社側の都合による退職のときには、失業認定されてから即座に失業保険を受けとることができます。

転職するときは、様々な経路で情報を収集するのが通常だと思いますが、…

転職活動をするにあたっては、様々な手段で情報を収集するのが通常だと思いますが、転職に関する口コミサイトの利用を強くおすすめします。少し前に、会社に不都合な内容の口コミが掲載されたということで、サイト運営者に対して損害賠償請求をしたケースがありました。会社の都合で退社した元社員の報復としてそのような口コミが投稿されていたという見方が一般的ですが、別の見方をすれば、投稿の内容が嘘であれば、会社としては気にしなくていいようにも思えます。でも、現実は『クロ』で「このままではいけないと考え、一刻も早く火消ししたい」と考えているのかもしれません。口コミサイトも炎上によってアクセス数が増えたり、サイトを注目してもらえるチャンスがあるので黙認していますが、よくない口コミが多いというのは、その分トラブルに遭遇する可能性が高くなる、と判断して問題ないでしょう。というか、本当に善良な企業であればトラブルは起こりません。

今の自分の仕事や職場に関して、ほとんどの人は、少なからず何かしらの不満点を感じているでしょう。

今現在のあなたの職場や業務内容について何かしらの不満に思うことがあるはずです。「自身の持っているスキルや能力を正しく評価してくれない」だから、「賃金アップも、将来出世する見込みもない」といった内容が多いように見受けられます。ですが、気持ちは理解できます。しかし、そういった不満を持っている人の中には本人が自分自身の本来の能力を過剰評価してはいないか、改めて確認することが不可欠です。そんな人が転職しようとすると、「自分が活躍できる求人なんてない」と中々転職先が見つからないので生活費にしわ寄せが来るおそれもあります。という事態を招きかねません。ですから転職活動で良い成果をあげるためにも、自分の能力を客観的に見つめることが大切です。

転業を念頭に置いているなら労を惜しまずにいろいろな…

転身したいなら、労を惜しまずに多種多様な企業を日常的にチェックしておけば就職時の選択にかなり役立ちます。現在の仕事にやりがいを感じられないと思っているケースでは、転職活動する際に、どんな企業でもいいように見えます。そういった状況下では、どの企業を選択していいのか迷ってしまい、選択をしくじりかねません。ヘタをすると、早々に退職してしまうおそれもあるので、会社の良しあしを見極める目を養っておくのがベストです。方法としては、企業の雇用関連の情報に目を通すだけでなく、その企業の「取引先」も気にしてみましょう。良い会社は、取引している会社の情報を公開していますし、逆にそうでない企業は、宣伝ばかりに力を入れる傾向があるので、よく見ておきましょう。また、会社によっては、個人でのグループに入っている会社があるので、グループ名をチェックして、内容を確認してみてください。

転職活動中に、気になった求人(業界)を見付けるたびに…

転職活動しているとき、良いと思う求人(OR 職種)を見た際に忘れず「〇〇業、ブラック」とインターネットで検索しておきましょう。求人票や転職サイトの担当者からはまずその業界のマイナス部分について、教えてはもらえません。もしも、ブラック案件が蔓延している業種なら、簡易的なインターネット検索によっていとも簡単に本来の姿を理解できるでしょう。そのような現実を知らずに仕事を始めてしまうと、あとから入ったことを後悔してしまうおそれがあります。その求人が頻繁に出ている理由が「仕事がキツイから入っても続かない」といったケースも多いので、目に留まった業種について、しっかり調べた上で応募しましょう。