新卒で採用された会社ですぐにきれる上司に嫌な目に合わされ…

就職した会社で嫌な感じの上司に心をすり減らし、我慢の限界を超えてその会社を辞・・

  • 就職した会社で意地の悪い上司に悩み、ついにはやっていくのは難しいと判断してその会社を退職し、同業である別の会社に働き先を変えました。その会社では居心地よく勤務することができとても充実した日々が続きましたが、ゆっくりと業績が落ち込んで、最後にはある会社に経営統合されることになったのです。その統合先の会社がなんと前働いていた会社で、おまけに転職のきっかけとなった上司が再び私の上司となることに。どれほど縁があるのでしょうか。もちろんもう一度転職活動を開始しています。

  • 人生で初めて転職をする際、注意しなければいけないの…

  • 人生初の転職を行う際、頭に入れておかなければいけないのはなぜ現在の仕事を辞めなければいけないのかを明確化しておくことだといえます。その理由こそが根本の問題であるので、まだの人は考えてみましょう。その後問題を改善できる会社を選んでいってください。転職活動は、在学中の就職活動とは大きく異なり、今の仕事を継続しながら就職活動していくので、時間の調整能力も、気力・体力も必要です。それがために理由が明確にならないまま転職をしようとしたら、途中で行き詰まってしまうことがあります。何がなんでも転職したい、現状に変化を加えたいという感じの強固な気持ちがない場合は、転職活動をスタートするのはあきらめましょう。

  • 転職活動では、かなり重要視されるのが「面接」になります。

  • 再就職では、比較的要となるのが「面接」です。一般的な面接では面接担当者が応募者に対し、転職の経緯や仕事の意気込みなどいろんな質問が飛んできますが、そして、一通りの質問が終わると、面接係員が転職者である面接者にたいして不安や疑問に思うことを質問できるチャンスがあります。例えば、「我が社について何か疑問点はありますか?」と聞いてくれるわけです。と聞かれたときに面接者本人が答えを用意しておらず、質問を遠慮してしまうかもしれませんね。後々後悔しないように予め面接担当者からの問いに際し、質問の内容をいくつか考えておくことをお勧めします。実際に働く前の段階で、しっかり考えておけばいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、やってみてください。

  • もし転職することを、現在の会社の人たちがあなたの退職を知…

  • もし転職前、今の会社の人たちがあなたの転職を知ってしまうと、職場の状況が悪くなる可能性があります。周りとの付き合い方によっては、これまで通りに行くこともありますが、意地悪、やっかみの対象になるおそれがあります。酷い場合には、意図的に超過勤務をさせられることもあるので、軽はずみに「転職します」と周囲に言うのは注意が必要です。そういったトラブルを回避するため、今現在の職場では、真面目に振る舞いましょう。そうすることで、良い状態を最後まで保ちつつ、心置きなく会社を去ることができます。また、何の問題もなく円満退職できれば、辞めた会社に相談できる機会も出来ます。規模などに関係なく、どのような会社であっても、人とのつながりはとても大事なので、転職前のトラブルは控えましょう。

  • 大企業では、「定期採用」で人材募集することが普通なので、…

  • たいてい一流企業は「定期採用」で人材を確保します。ですから、転職で入る事は中々難しいものです。おまけに、都会の外だとその見込みがきびしくなります。ですが「製造業」に関連する企業であれば、都市部でない地方の工業団地の近所に製造工場を構えていることがよくあります。そういう工場の場合、事業拡大に伴って人員募集をする事がよくあります。そのチャンスに転職を検討してみるのも有りです。そのためには、地方の工場を転職に考える場合、転職を希望する企業についての情報をチェックしておきましょう。ホームページを見て、求人予定の予定はあるか、忘れずにチェックしてみましょう。

  • 近いうちに転職活動を始める際に次の仕事を始めるまでにある程度時間があるのな・・

  • 年内中に転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでにある程度時間があるのなら、できれば「失業手当」をもらっておいた方がお得です。勤めている所属する会社が社員に「雇用保険」を払っているのなら、手続きをすれば必ず誰でも失業手当を受け取ることができます。また、手続きについては「ハローワーク」で行います。もしも自己都合で仕事を辞めた場合は、3か月の待機期間があるのですが、勤めている企業の都合の退職だったり、残業時間次第ですぐに貰える可能性もあります。このとき、失業手当の金額は最後に働いた月の近々の給料を基準にして計算するので企業に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の場合は、理想的なのは「繁忙期」のあとに辞めた方が良いでしょう。

  • 『なるべく早く転職をしたい!』という願望があって、自身の意志が強いのであれ…

  • 『転職をしたい!』と思っている人で自分の意志が本当に強いものであるなら、退職したいという旨を速やかに自分の上司に伝えましょう。相談という形で話せば上司に言いくるめられる確率が高くなるので気をつけましょう。そして、実際に私も、上司へ転職についての相談をしたのですが、手を変え人を変え、結局、およそ半年、予定が伸びてしまいました。辞めたい旨を当初、直属の上司へと相談したのが年度末で、結果的には数ヶ月延びて退職届けを出せたのは同年の11月です。本当は、区切りの良い年度末いっぱいで辞めたかったのに、色々と理由をつけられ、予定が狂ってしまいました。やはり企業サイドとしても、人事の都合があるのかもしれませんが、社員のを希望を聞かずに、上司を含め組織として予定を引き伸ばしてきたので、かなり心の底から失望しました。

  • 転職の時にする面接での身なりは企業側からクールビズでも大丈夫で・・

  • 再就職の面接での身なりは企業側からクールビズでもOKとと書いてあるケースもあるようですが、なかには、クールビズで面接に行くのは本当は良くないのでは?と疑ってしまうこともあります。そのような考えを懐に抱え込んでしまっている人たちに進言したいのは、クールビズOKだと言われた面接においては言われた内容をそのまま守った方が不安要素がないです。疑心暗鬼になり、夏の暑いときにしっかりとしたスーツを着用していくと相手に暑苦しいと思われますから、クールビズで来てくださいと記載されていたらクールビズのスタイルで行く方がいいですよ。

  • 就職活動において、年収はかなり重要なポイントです。

  • 就職活動において、年収はとても大切なポイントです。面接において、現職の年収と希望年収は必ず聞かれます。現実にもらっている年収よりも多めに申告し転職先で高額の年収を得ようと試みても、無駄でしょう。なぜかといえば、「源泉徴収票」が必要となり、たとえ一度は信じ込ませたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、最終的には後からバレてしまいます。トラブルの原因になることもあるため、現在の年収を正確に伝え、それに見合った希望年収を設定することです。なお、今の年収が400万円の人が、急に年収500万になるようなことは極めて小さいです。今、430万円の年収であるのなら、希望額は400~450万円と伝えておくべきです。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、入社後のトラブルとなって、一時的に転職先に合格をもらったとしても、退職に追いやられる事態になるかもしれません。

  • 派遣の仕事が決まりました。お仕事開始の初日に派遣会社の営業担当の人・・

  • 派遣で働く会社が決まりました。勤務1日目に営業の担当者と就業先の会社近くのコンビニで待ち合わせたところ、営業担当者がどういうわけかコンビニエンスストアの前にいないから中にいるのではないかと思いコンビニエンスストアの中に入ってみたところ、こともあろうに雑誌コーナーに座り込んでいかがわしいグラビアのページを開けて閲覧しているではないですか。こんな人が担当者だなんて我慢できないことだと思って、挨拶もせずコンビニの外へ出てすぐに派遣会社に辞退する旨の連絡を入れました。

  • 転職時、インターネット上で就職斡旋してくれる業者(エージェント…

  • 求職活動においおいて、インターネットでのエージェント要するに斡旋を行う会社が存在しますが、もしあなたがその種の業者に登録し、運よく仕事に就くことができた場合でも、失業保険の給付を受けることはできません。失業保険は、「ハローワーク」で正しく手続きしないことには給付してもらえないので注意すべきです。一方、「ハローワーク」を経由して斡旋してもらって就職したのなら、就職用の準備金として、一時金を得ることができます。ウェブ上で展開している就職斡旋業者(エージェント)は、公的の機関でありません。ただ斡旋を行ったことに対して企業から紹介料をもらうだけであり、失業保険の給付手続きは扱っていません。これを押さえていなければ、失業中にお金が入ってこなくなるので、就職エージェントを利用する際は、気をつけておきましょう。

  • 転職活動を行う上での最後の難関として、今勤めている企業からの退職があります。

  • 転職活動をする際の最後にクリアしなければいけない難問として、今勤務している会社の退職があげられます。転職先の会社がOKしたとしても、現在働いている企業があなたを放出したくないとして引き留めることも少なくありません。もしそうなってしまったら、「何が何でも退職する」という強い意志を貫くことが大事でしょう。たとえ引き留められて、一時的にとどまったとしても、一度辞めたい、と思った会社は長続きしないでしょう。退職をスムーズに行うためには、まず会社の規定をチェックしておき、退職までに必要となる日数を超過する年月以降で退職日を決め、退職届を記入しておきます。そのあとに、決定権を持つ上司と面と向かって話し合い、「退職に関しての交渉はご遠慮ください」とキッパリと伝えましょう。円満退社を目指すのも一つの転職活動です。

  • 看護師の転職に至る理由は、人それぞれです。

  • それと違う職に転職を決断する理由は、その人それぞれです。看護師が他の職業への転職するには「職場に相性の悪い上司や同僚がいて困っている」「結婚がきっかけでライフスタイルの変化によって出産そのうえに親の介護など、変化によって今までと同じような働けなくなってしまった」「現在の稼ぎに不満を感じている」というような悩みが解消したいために転職されるのかもしれません。不満があるほど、急いで行動を起こしたくなりますが、転職を決める前にどうして転職をしたいとと思うに至った理由を静かに客観視してみることも忘れずにやっておきましょう。「本当に転職する意味があるのか?」と再考し、決断すれば間違いが減らせます。

  • このあいだ転職をやっとしたばかりだというのに、何ヶ月もたっていないのに…

  • この前、転職したというのに、わずかしかたっていないのに退職届を提出する人がけっこうよく見受けられます。何故そうかと考えてみると私見ですが心機一転、職場を手に入れたはずなのに「自分の想像していた職場とおかしいと思うほど違っていた」「おかしな慣習があってウンザリしている」ということで去っていくことが多いといいます。可能ならこのような、転職における失敗を後悔しないためには、はやり転職先の情報収集を徹底するほかありません。手を抜くことなく行うべきなのです。職場内の環境、職場内のルール、通勤にかかる時間、などいろいろチェックしておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。

  • 求人広告には、大部分の場合は多くの企業では月の収入等が記載されています。

  • 求人についての情報では、とうぜん大部分の株式会社では月の収入等が記載されています。でもこの部分を確認する際は、深く確認する事が欠かせないです。その多い少ないだけでわかってしまわないようにしましょう。というのはもしかすると、月収の金額の中身が「毎月15時間の残業」が含まれているおそれもあります。残業代の金額を含めて魅力的な案件のように見せかけ、募集しているケースも考えられます。また、「歩合給」を付けますよ、という案件にも注意が必要です。歩合箇所を相当に盛って、月収を多めに見せている会社もあります。だから、そういった表記された数字どおりとなる見込みがない会社には注意が必要と言えるかも知れませんね。

  • 転職をする活動をしている最中は、なにはともあれ必ずあな・・

  • 転職のための活動を行う際は、最初に常に自身の内心が慌てないことを重要視したいものです。会社で働きながら転職をする活動をするのであれば、それほど気にする必要はありませんが、退職後にするのであれば、人というものは心のうちが焦りがちになってしまいます。なので、冷静に活動を続けましょう。今後、あなた自身でしてみたい仕事や、自分が働いてみたい職場のイメージを明確にしておき、候補の職場と比較してみて、それらが合致しているか否か、冷静になって確かめてみましょう。しっかり考えることで満足いく転職が実現します。

  • 転職のための採用面接では、中小企業であればその社内の「人事」担当者が面接官です・・

  • 再就職時の面接では、小規模業者であればほとんど、そこの会社の「人事」担当者が面接官となりますが、別のケースもあります。例を挙げるとしたら、これから一緒に仕事をする現場の担当者、要は管理職である課長や部長が担当することもあります。中でも営業系や事務系の場合は、資格を通じた具体的なイメージがないので、きちんと自分自身を売り込んでいくことが重要になります。担当者から「この男はしっかり自己主張するし、頼りになりそうだ」と思わせ、自分という人間を覚えていてもらうことが大事です。