転職活動をする際に特に注意すべき求人の募集内容は、そこまできつそうな仕事ではないのにも関わらず給料が高め…

就職のため職探しをする際に気を付けて欲しい求人内容は…

  • 就職のため職探しをするときに特に注意が必要な求人情報は、そんなにきつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料が高く、拘束される時間が長いものです。このような募集内容では、記載されている給料に『みなし残業代』が含まれていることがたいへん多いです。みなし残業代とは、『みなし』とも言い、30時間や45時間といった形で(時間は例えです)求人の内容に時間の併記がされています。毎月これだけの残業が発生する可能性があるので、最初から給料に残業代を組み込んでおく、といったシステムです。例えば求人に『みなし残業代45時間込』という記載は「書かれた時間分の残業代を入れた場合は、これだけの給料になります」という話になるわけです。ただし、悪質な求人には記載しておくべき『みなし』という言葉がないこともザラですので気をつけましょう。

  • 再就職する際に行われる面接のときにつける腕時計に関しては…

  • 転職する時に行われる面接でつける腕時計のことなのですが、目立つ腕時計の着用は避けたほうが好ましいです。この場合の目立つという意味は明らかに高価なものだったり、といったことだけではなく逆にチープな腕時計の印象を与えるとか、そういった真反対の目立つのだと覚えておいてください。再就職の面接の際に着用するべき腕時計についてもポジション的にはスーツやネクタイのとらえかたと同様に、面接するにふさわしい平凡なものをしたほうがベストです。しかしながら、歳に見合ったものであるということも条件の1つで、新卒の就活の頃に用意した腕時計よりはわずかであっても高級感のある腕時計にした方が好印象だと言えます。

  • これはシフト制の仕事についての話なのですが、毎週、一定の…

  • これはシフト制がある仕事についての話です。特定の曜日に入れる人を募集している求人を頻繁に目にしますが、もし、応募しようと思っているならシフトの提出方法、休み方については確認しておきましょう。私は過去、出産のため抜ける人の代わりにと正社員として仕事をすることになったのですが、私のシフトが「土曜、日曜」固定となるシフトで、新しく入った私以外だれも出てくれませんでした。産休に入った前任の方が「土曜、日曜」に必ず出られたので、私自身もそのような人と思われていたようです。なので「土日」に冠婚葬祭が入ると、シフトを変わってもらうときは、上の人に私の代わりに出勤してもらえるように、と私からお願いしなくてはいけませんでした。立場も給料もほぼ同じなのに土日を1人の人に任せるって・・・振り返ると「おかしな職場だった」としか言いようがありません。

  • 転職する活動をしているときに、「私は今まで、こういう内容の…

  • 今がんばっている転職する活動の際、「かつて、こういった内容の仕事をしてきました」「過去の仕事によって、手にした経験は、、、です」と過去の自分の成功体験やセールスポイントをよく伝わるようにアピールしようと考える人はしばしば目にします。しかし、転職先の新たな組織で「可能ならこういったことに挑戦したい」「私があげたような内容の事ならできれば貢献できるはず」と未来の姿を話してアピールを狙ったほうがよっぽど効果があります。この点をしっかり意識しておくと、転職活動が効率的なものとなります。

  • 転職期間中には、自分の好きなことに没頭することに加え、…

  • 転職期間では、趣味に時間を費やすほか、体力を低下させないようにしておくと良いと思います。採用が決まり、いざ仕事を始めた際に、趣味に夢中になっていたおかげで気付かない間に集中する力が高まります。また体力アップしていることで一緒に働く人たちと比べると疲れにくいということを自ずと認識することができます。ということで、退職してからの生活は、体力をアップさせる努力をしておくのがおすすめです。このあと、職場にて同じ趣味の人と知り合えたのなら、直ぐに親しくなることができるので、趣味をとことんまで極めることも転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。

  • 長年にわたり接客関係で勤め続けてきたのですが、加齢が原因か…

  • 長期間接客業で勤務していたのですが、加齢のせいか立ち仕事は体力的に耐えられないため、事務の仕事へ転職することを目標にして動きました。事務が未経験となるとなかなか難しくて、それなら接客の経験が役に立つ受付兼医療事務を目指そうと考え資格も獲得し個人の病院に転職しました。周りはベテランのパートさんばかりで人間関係においても難しい。夜のシフトばっかりさせられ、接客業で働いていた頃よりも帰る時間が遅くなったのですが、とりあえずはキャリアの形成時期と思って我慢します。

  • 新卒採用で入った会社に別れを告げて、一歩踏み出して転職を決意しました。

  • 新卒で入社した会社を去り、一歩踏み出して転職をしました。実際に行動する前は、かなり不安で悩みこんだりもしました。ですが、社会人となって数年あとに仕事を辞め、大半の人が転職を経験していることを転職活動を通して理解し、いつの間にか漠然とした不安が無くなりました。なにより転職を経験すると徐々に精神的にも余裕がでてきて、「本当に自分のしたいこと」を探すのが楽しくなっていきました。なかには「仕事をコロコロ変えるなんてとんでもない」というような意見も根強くありますが、それが必ず正しいのかなと感じました。私の転職活動は転職をやって良かったと思っています。

  • 昔から「石の上にも三年」という生きていくうえで格言となるべき言葉があります。

  • 昔から日本には「石の上にも三年」という教えがあります。昨今、「終身雇用制度」といわれる現代では定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」は決して珍しいものでもなく、身近な出来事となっています。が、「仕事を変えること」が珍しくなくなってきたとはいえ、やたらとそれを選択するのは考えものです。実際に転職しようと考えるなら、適した時期を捉える必要があります。必ずや現在の職場・仕事について全般的に、例えば仕事内容や待遇面について嫌な点を10個程度、探してみてください。そうしておくことで、再就職に良いヒントを与えてくれます。そして、未来の展望が拓けたのなら、決断を遅らせることなく、より良い仕事ができるように努めることも大切です。

  • 転職をする際に面接で高確率で尋ねられるのは会社を辞職した…

  • 転職をする際に面接でほぼ絶対に聞かれるのが職場を辞めた理由ですが、このような質問が出た時には話題を前職のことにしない方が良いです。辞めた理由が話の中心となって進んでいくと必ず悪い印象を与える要素を伴った話題になってしまうので。どのように面接を進めていけば良いかと言うと、前の会社を退職したのはぜひともこちらの会社に入りたかった理由があるという内容にするべきであり、自己アピールもかねて入社したい会社に話の内容を傾けていきましょう。そういった内容ならば、マイナス面を消し良い面を押し出した以前の会社を辞めた理由になります。

  • これから転職を希望しているのなら、現在の職場・業務での不満に思う部…

  • そろそろ転職活動しようと思うのなら、直近の職場や仕事での不満に思う部分を明確にしておく必要があります。当然と思われますが、意外とできてないです。そもそも不満なことがあるから転職しようと思われているはずです。が、「よく考えて現在ある人間関係などの客観的に考えた不満なことを書き出す」ことを多くの人はやっていません。不満点を明確化し、解消されるならば、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自身の問題を見える化しておくと、転職選びでの失敗は大きく減らせます。そして、仮に転職した場合、「今の仕事よりも不便になりそうなこと」を想像してみましょう。すべての問題が解決するとは限りません。ですが、メリット・デメリットの両方を前もって理解しておけば、転職後の急激なモチベーションの低下は高確率で防げますから、失敗しないのはできるでしょう。

  • クールビズ(軽装)スタイルで再就職の面接場に出向く場合…

  • クールビズ(軽装)の格好で転職の面接に行くときには、やっぱりジャケットは着ていかなくても安心であるとわかるのですが、ネクタイはして行った方が良い印象を与えます。ネクタイなしで良いと認めている会社も存在することはあるにはあると思います。ですが、ネクタイに関しては例えクールビズであろうと必ずすべきだと決めているところが一定数存在するわけです。それゆえに、クールビズ(軽装)と言われていたとしてもネクタイに関してはしていく方が悪い印象を与えないということは知っておいてそんはありません。

  • 安定的な生活を求めて正規の社員になりたいと思っている…

  • 安定した暮らしを手に入れるべく「正社員」になりたい人は結構多いと思います。でも、即戦力として働けるように資格を取得するなどしてかなり頑張っても、中々正社員として雇用されることが難しいこともあるでしょう。契約社員の求人募集がかなり目につくのに正社員の求人募集以外はスルーしてエントリーしない人も少なくないでしょう。万一あなたが転職希望先が正社員を必要としていないのなら、契約社員の募集も見てみましょう。企業のなかには、実力次第で、2,3年で契約社員から正社員へのキャリアアップできることもあるからです。ですから面接時にこうした可能性を訊いておくようにすれば将来設計が立ちやすいはずです。

  • 再就職する際に絶対に必要となってくる履歴書においては…

  • 転職をする場合書く必要がある履歴書などについては、基本的には自筆ではなく、パソコンで作るというのが通常です。今現在の日本では履歴書については手書きで書くというのが一般常識だと考えられていることもありますが、それは新卒の人たちの就活やアルバイトの際に準備する履歴書であって、実際のところ、転職の際は履歴書は必ずしも手書きでないといけないと言い切ることはできないのです。手書きをベストとする会社もありますけど、そうじゃないケースがどんどん多くなってきているので、パソコンを使って作ったものでも大丈夫なケースは多くあるのです。

  • 派遣で会社で働いています。派遣法とか労働契約法の関係…

  • 派遣として勤務しています。派遣法や労働契約法の関係で残念なことに長く働いた企業での勤務があと数週間で終わります。同じ派遣である人の中には、派遣で就業している会社で直接雇用の契約をつかみ取った人もいるのですがぶっちゃけ仕事がどうというのではなく派遣先の上司の扱い方が上手な方でそれが採用の決め手となった様子。業務処理能力より上司にゴマをする能力の方が大切なのかなーと別の派遣のメンバーと勤務先で不満をたれる日々です。

  • 転職時の面接に行きました。たまたまその会社の部屋が空いていないというこ…

  • 転職の採用面接にある会社に訪ねました。たまたま会社にある会議室が空いておらず社外の会場で面接担当者と待ち合わせて採用面接をして、その場所で解散をして、面接担当者も会社に寄ることなくそのまま帰宅するとのことでしたが、偶然にも自宅最寄駅が私と同じ。そのため電車内においても彼と一緒におしゃべりをしながら帰宅することとなり、結果として緊張がほぐれ面接よりお話が弾み、それが良かったからなのか幸運にも採用を掴むことができました。

  • 今までは求人情報に雇用側の希望する「性別」が当然のように記載されていました。

  • 数年前は求人誌には、雇用主が必要とする「性別」について、きちんと明記されていました。ところが最近では、男女雇用機会均等法が施行され、男女差別が雇用の際にあってはいけないとして、募集要項の中身に「性別」を明記できなくなりました。それでも、求人する会社側には性別に関係なく雇用するかといえば、そんなことはありません。実際に、男性が必要としている業種に、女性が募集にやってきたり、女性が必要なのに男性が来てしまったり、というようなトラブルに遭遇するケースもちらほら。仮に、「女性が活躍している職場です」と記載のある求人募集の場合は、雇い主再度が「女性」を必要としている、と読むのがトラブルを避けられます。

  • 転職活動をするいあたっては、始める前に、求人雑誌やウェブ上の求人情報を閲覧したり…

  • 転職活動をするいあたっては、前もって、求人雑誌やウェブ上の求人情報を見たりして転職したい会社を調べると思います。しかし、その会社が情報を公表するにあたっては、コンサルタントから指導を受けていることが多いです。コンサルタントは、会社にとって利益にならない情報を隠す能力に長けています。仮に公表したとしても遠回しな表現に徹します。そういった類の社長の方針や社員の感想に関しては、額面通りに捉えるのではなく、疑いながら読んだ方がいいでしょう。もしも額面通りに受け止めて会社に入ってしまった場合、「聞いていた話とまったく違う・・・」とあとになってから後悔しかねません。悪徳会社は、素直な人間を効率的に集めて、その後は文句をつけて、辞めさせないように画策しています。要するに「ブラック企業」の求人には注意、ということです。