とある古物商の会社で、書類審査を通過しました。2、3日・・

ある古物商の社員募集に応募したところ、書類選考をクリアしました。すぐに…

  • とある古物商のお店で、書類審査に合格しました。すぐに相手方から面接の日時を教えてもらいました。ところが、当日、指定場所まで行ってみると、どうしたものか相手が面接の用意を一切していないことに気づきました。ようやく、所長らしい人が面接担当をしてくれたのですが、驚くほどけだるい表情を見せ、何とか面接を終えました。ところが、予定日になっても結果連絡がまったく来ず、もう待ちきれなくなり、私のほうから問い合わせると、「結果は郵送で本日送付しました」と言われました。しばらく待っていましたが、届くことはありませんでした。そこで改めて連絡をした結果、意味が分からなかったのですが、「残念ですが不採用になりました」、と一方的に電話を切ってしまいました。呆れ果ててしまいましたが、ハッキリ言って、採用されなくてよかったです。

  • 「転職サイト」は、大手が運営しているものほど掲載量も多くなるの…

  • 転職サイトは有名なサイトの方が多くの案件が掲載されているため、2つか3つ、まずはメンバー登録しておき、勤務地・年収などにチェックマークを入れて、あとは条件に合った求人情報が掲載されたら自動的に通知されるように設定しておくと転職情報が集めやすくなります。しかしながら、初回に限っては登録するのに本当に手間がかかるので、サイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」を作成しておき、それらをテキストファイルに記録しておき、コピー・アンド・ペーストしながら登録すると便利です。登録を行う初回時、時間がやや掛かりますし、案件の検索や、その後の応募も大変に感じるかもしれません。が、次回以降は、は新着の求人情報のみチェックすれば大丈夫なので、後の応募を考えれば、最初の準備をきちんと行うことを心がけるのが賢明です。

  • 私は20代で転職を2度経験して、そして今、いくつか資格を取得するため・・

  • 20代前半に転職を2度経験して、いまは資格取得のため、派遣社員として企業で働いています。フルタイムでの勤務ではないため、どうしても手取りは安くなりました。ですがその分、前よりも心と時間に余裕ができました。もっと学生の頃に資格を取り、仕事できれば良かったのに、とは思います。実際、そういった人をみるとなんだか羨ましく思ってしまいます。これまで、自分と他人をどうしても比べてしまい、ガッカリすることもありました。現在は結婚し、がらりと生活環境もかなり変わり、前よりもその中で仕事や将来の夢も定まったので、自ずと生活が充実するようになりました。

  • 転職先を選ぶにあたって、むろんやりがいのある仕事か考えるとも大事だけど…

  • 転職先を探すにあたって、言うまでもなく仕事におけるやりがいアップも大事だけどさらに給料アップも大事なので「年収サイト」というところに登録してあらかじめ研究をしています。一緒の会社で同じ職種、経歴なのに人によって無視できないほどの幅がある場合も数多くあり、正直に言うと面接の時質問をしたことがあります。面接官もそのサイトを見たことがあるようで「ああ、高い年収で書かれているのは、書いた人物について誰だろうとそこそこ予想がついているのですが、おそらく良いように見せようとしてるんですよ。低い方の年収で心の準備をしておいてください」とのことでした。

  • 今では、株式・不動産投資などの不労所得、あるいは自営業・起業といった生き方も社会的に人気を集めています。

  • 今のご時世では、株式・不動産投資などといった不労所得で生計を立てたり、独立や起業で頑張っている人も増えています。そういった移り変わりもあり、「会社員は安定がない」といった今までの見解も変わりつつあります。高度経済成長の時代には、不安の残る株式投資、個人事業といった稼ぎ方よりも組織の一員として働くほうが安定性にすぐれていました。そのため人生のもっとも正しい道としてまたそれが至極当然のことのように、一般の人々に認識されていた。過去はありますが、現代は「成熟期」といった名称で言い表されています。将来的には、機械化、自動化が進んで社会においては人手が不要になると言われています。

  • 転職エージェントに登録した場合、電話やメールでの連絡が執拗に来ます。

  • 転職サイトで登録したあとに、電話やメール連絡が執拗に入ります。これについて初めて利用した人はかなりびっくりするケースがよくあります。「転職エージェント」は、利用者の転職をサポートすることが仕事だと考えられるので、とても積極的にアプローチしてきます。特に大手のエージェントは、転職を完了させると企業からお金を受け取るシステムのため、転職したい人の都合よりも企業の都合を優先的に考えることがよくあります。彼らは、契約数を増加させたいがために、内定が取れると間髪入れずに、入社を強引にすすめてくることが多いです。対抗策として自身の希望や意思を明確にしておき、妥協した形の転職とならないように注意しなければいけません。

  • 転職をする時にマークする求人というのは、目安として、アバウトに…

  • 仕事を探している際に注意を向ける募集事項の情報というのは、通常のものとして書いてある可能性も少なくはありません。なので、情報として載っていることを100%正確なことだとは安易に信頼しないほうがよろしいでしょう。その中でも特に生活に大きくかかわってくる給与に関しては社員を平均した値なのか?最低限なのか?最高額の給料なのか?といった見解ができる転職者は少なく、自分で勝手に決め込んでしまうと、後悔するかもしれないのです。そんな訳で、そうならないためにも、求人に掲載されている情報はおおまかなものだと思って、そういったようなとても大切な事は直接確認を取るのがベストでしょう。

  • 好き、を仕事にしたいと思っている人は気をつけた方が良いです。

  • 自分の趣味に通じることや好きな分野の仕事に就きたいという風に考えている人は要注意です。これは、私の体験に基づいたことなのですが、私は、食べることが趣味だったのですが、それが理由で、かつては、飲食店で働いていたことがあります。そのお店での業務内容は、そのレストランで任されていた仕事内容は、簡単な盛り付けやホール業務でした。この仕事内容については、嫌とかいったこともなく楽しんで働いていました。しかし、人間関係のいざこざで嫌になってしまったのです。そのことが原因で、仕事をやめましたが、その影響からか、好きだった食べること、そしてその店で扱っていた食べ物すら嫌いになってしまい、よく似た飲食店は現在も行くことができません。店のにおいを思い出すのも嫌です・・・。この仕事に就いたばかりの頃は、大好きだったものが苦手になるとは思ってませんでした。大好き、を仕事にしたいと夢見て、それを実現させることは素敵なことですが、ですが、あなたの「好き」の度合いはどの程度のものか、改めて尋ねる必要がありそうです。

  • 転職の時の面接で必要となるスーツのカラーにおいて…

  • 仕事の面接でいるスーツの色合いは、新卒の学生が就職活動の時に着用する色味がベストとされています。つまり、黒とか紺色といったようなダークな色になります。それは再就職のケースでも、ビジネススーツのカラーはこういったようなダークカラーが多数を占めていて、他のカラーを着ている転職者はあまり見ることはありません。それ以外の色と言うと、ごくたまにグレーを着ている人がいるくらいです。全体的には紺色や黒色とかのビジネススーツがほとんどなので、面接を行う人事から見ても黒や紺色であるほうが普通に見えてしまいますから、見た目の印象という観点では推奨したいわけです。

  • 仕事のせいで回復が難しいほど精神的なダメージがあ・・

  • 仕事のために回復が難しいほど心的に厳しくなって、職場を変えなくてはいけない状況にまで悪化したなら、会社(の関係者)と相談する以上に、自分の家族に相談したうえで、会社を辞めるか判断しておいた方が良いでしょう。働くのは当事者である自分です。が、しかし同時に家族の問題でもあります。毎月、どれだけ給料が良くてもメンタル面がダメージを負ってしまうまで働くことは、健全ではないはずです。今の時代は物質的な豊かさよりも、働きやすさを大事にしていく生き方も徐々に増えつつあります。ですから気に病むことなく、あなた自身の身内や、あなたの心も大切にしましょう。

  • 転職を予定しているのなら現在勤めている会社を辞める・・

  • 転職を行うにあたり、今働いている会社を辞める時に「失業保険」をもらうための手続きをしておく必要があるのですが、仮に自発的に退職届を提出して退社する、いわゆる「依願退職」の際には失業保険はすぐに受け取れません。手続きを終え、失業したことを認められてから3か月待たないと受け取れないのです。よく間違って退社日の翌日から3か月経過すればもらえると思い込んでいる人がいますが、この規則をわかっていない人が、ハローワークの職員の方が間違っていると主張してハローワークの職員と揉めているのを見たことがある。念のため、退職者の都合ではなくリストラなど会社都合で解雇されたケースでは、失業認定を受けてからすぐさま失業保険が給付になります。

  • 転職するときは、様々な方法で情報を得るのが通常だと思います…

  • 転職する場合、様々な手段で情報を収集するのが通常だと思いますが、転職についての口コミサイトは非常に役に立ちます。以前、会社の損失となりかねない口コミが掲載されたからという理由で、運営サイト側に損害賠償請求を起こし、話題になりました。辞めさせられた社員の報復によってその種の口コミが投稿されたと見るのが一般的ですが、裏を返せば、口コミの内容が嘘であれば、書かれた会社側が気にする必要もないはずです。ですが、真実はクロで「このままではマズイと考え、なんとか火消ししたい」としていると考えることも出来ます。口コミサイトも炎上が原因でアクセス数がアップしたり、サイトの存在感を示せるチャンスになるので黙認していますが、悪い口コミが多いということは、それだけ関わったらトラブルに遭遇する覚悟をする必要があると捉えておいて問題ないと思います。そもそも、良い会社にはトラブルなんて発生しません。

  • 今現在の自身の勤め先や業務内容について何かしらの不満に思うことがあるはずです。

  • 今の自分の仕事や業務に関して、不服に感じていることの中に、「自身の持っているスキルや能力を適正に評価されていない」あるいは、「年収はアップしないし、出世の見込みもない」といった内容が多いように見受けられます。とはいえ、気持ちは理解できます。しかし、そんな人の中には自分自身の手腕を実際よりも過大評価してはいないか、改めて確認することが不可欠です。仮に、自分を過剰評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分が活躍するための企業や職種がない」と転職するまでに長い時間がかかる可能性が高くなってしまいます。という事態を招く可能性も少なくありません。なので再就職で好結果を出すためには、自分のスキルや能力を多少厳しい目で自己分析してみてください。

  • 転職を視野に入れているなら様々な会社の採用情報の詳…

  • 転業を考えているなら、労を惜しまずにいろいろな企業の募集案内を調べたり比較したりしておくと転職先をかなり選びやすくなります。今の職場に何か不満や納得いかないことがある場合、本格的に転職活動を開始した時に、どこの企業もいいように見えてしまいます。そうなると、どこを選択したら良いのか判断が難しくなり、選択を間違えてしまうおそれがあります。そうすると、最終的にはあっという間に退職の道へまっしぐら、なんてことになるかもしれないので、見る力を養っておいたほうが良いのです。方法としては、会社の雇用に関わる情報だけ見るのではなく、その会社の「取引している会社」も気にしてみましょう。透明性を重んじる会社は取引先情報を公開していますし、逆にそうでない会社は、宣伝ばかりに力を入れる傾向があるので、確認しておいて損にはなりません。また、会社によっては、個人グループに入っている場合もあるので、グループ名で中身を調べておくのも良いでしょう。

  • 転職活動のさなか、良いと思う求人(業種)を見つけたとき・・

  • 将来転職活動をするのなら、良いと思う求人(または業種)を見つけたときに逐一、「〇〇業、ブラック」でネット検索しておきましょう。求人票や転職エージェントから入ってくる言葉からは、まずその業界のマイナスとなる面は、教えてもらえないのが普通です。もしも、ブラック企業体質な業種であれば、ネット検索を活用することで多くの事例に触れられるはずです。そういった手間を惜しんで入社すると、のちに後悔してしまうおそれがあります。そもそも求人が出ている理由が、「業務内容が厳しく、入っても続かない」という場合がかなり多くあります。目に留まった案件・業種については、きちんと調べ疑問点を払拭した上で、応募しましょう。

  • 転職エージェントは大手であるほど、たくさんの案件を取り扱ってい・・

  • 大きな転職エージェントほど、豊富な案件を扱っているというメリットがあるといえますが、それに比例するように、転職を希望するライバルも大勢いる可能性が高いです。あなたが、気になる企業を探し出しても、転職エージェントの担当者が見込みが少ないと判断すれば応募してくれない可能性もありますし、企業から見て自分よりも有能な人がいれば、そのライバルを優先して送り込む傾向があります。このように大手転職エージェントの運営元は、サイトに掲載していない案件をデータ宝庫として扱っており案外応募できないので、策略を変更してもっと規模が小さいエージェントに対し、応募したい会社や案件について相談し、応募できませんか?と尋ねてみると自分の利益を考えて働いてくれることもあるので、そのような風に活用してみるのも良いかもしれません。

  • 転職の面接などにおいて面接担当者が名刺を差し出してきたら、…

  • 再就職の時の面接などの際にもし名刺を手渡されたら、あなたも同じように名刺を相手に渡すべきかどうかとどちらが正解かわからない場合大体の場合は渡す必要のないもの、と知っておいてください。面接というのは仕事の内ではなくて、職を得るための就職活動の一部であるわけですから、ほとんどは名刺を交換する時とは異なります。重ねて、あなたは立場上会社の者としてではなく、あなた個人の問題でそこにいるわけです。したがって、もしも相手側から名刺を渡されても、あなたは受け取るだけで大丈夫で、相手にあげることはないと考えます。