シフトの業務についてです。一定の曜日に仕事できる人を募集している求人・・

これはシフトの業務についてです。

これはシフトの仕事についての話です。毎週、一定の曜日に働ける人を募集する求人を頻繁に見ますが、休み方やシフトの提出方法については面接の際にチェックしておいたほうが良いです。私は過去、産休で休む人の穴埋めとして、正社員の仕事についたのですが、私のシフトがそこでは「土曜、日曜」固定のシフトで、新人の私以外、誰も現場にいない状態という職場でした。前にいた人が「土曜、日曜」にかならず出られる人だったので、私自身もそのように思われていたみたいです・・・。実際「土日」に冠婚葬祭が入った場合、シフトを変更してもらう必要があり、職場の先輩たちに私の代わりに出勤してもらえるように、と自分でお願いしなくてはいけませんでした。給料も立場も同等なのに土日を1人の人に任せるって・・・思い返すと「よく耐えたな」と。

がんばっている転職活動の際、「自分はこれまでこのような価値のあ・・

やっている転職する活動中に、「今まで、こういう価値のあるの仕事に尽力しました」「これまでにこういったスキルを身につけることができました」と過去の自分の経歴を強調してアピールする人はときどき見かけます。ところが、転職先となる再スタートを狙う環境下で「させてもらえるのならばこうありたい」「こういった業務内容なら積極的に貢献できるに違いない」と将来のプランを話して自分自身をアピールする方がはるかに効果的だったりします。この点をしっかり意識しておくと、転職活動が効率的なものとなります。

転職期間のあいだは、自分の好きなことに没頭することに加…

転職期間では、自分の好きなことに打ち込んだり、体力を損なわない生活をしておくと良いでしょう。仕事が決まり、仕事復帰した時に、趣味に興じていたおかげで知らないうちに集中力が高められます。また体力を補っている事で、その場の社員と比べると疲れにくい身体になっているということを自ずと認識することができます。ということで、退職して次の仕事を始めるまでは自分の趣味に力を入れることと、体力アップをしておくことをしておくのがおすすめです。転職後、その職場にて同様の趣味を持つ人とめぐりあうことができれば、仲良くなるキッカケになります。ですから、興味のあることに積極的にトライしてみるのも転職期間の自由な時間の使い方です。

長きにわたって接客関係でお勤めしてきましたが、加齢のせ…

ずっと接客業で勤め続けてきましたが、年をとったせいか立ち仕事は体力的にしんどいため、座って仕事を続けられるオフィスワークへ仕事を変えることを目標にして行動を起こしました。事務の経験がないとなるとなかなか難しくて、そこで接客業での経験を役立てることができる受付兼医療事務をしたいと資格も取り個人クリニックに転職しました。周りは超ベテランである先輩パートさんだらけで人間関係に関しても難しい。夜間のシフトばかり押し付けられて、接客業で働いていた頃より帰る時間も遅いわけですが、初めはキャリアを形成しておかなければいけないと観念して頑張ります。

新卒で入社した会社に別れを告げ、一歩踏み出して転職することにしました。

新卒として入った会社を辞めて、思い切って転職しました。はじめは毎日不安で悩みました。しかし、新卒で入った会社を数年で退職し、多くの人が転職を経験していることを転職活動中に理解し、いつの間にか不安が消えて、安心しました。なにより1度、転職をするとなんだか肩の荷が下りたような感覚になり、「自分のやりたいこと」を考えるのが喜びになっていきました。いまだに「仕事をコロコロ変えるなんてとんでもない」という意見も多々ありますが、それが全て正しいとは思いません。私の場合、転職を決断して後悔はありません。

古来より日本には”石の上にも3年”という諺がありますが、…

昔から日本には「石の上にも三年」という人生において役に立つ教えがあります。大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた、「終身雇用制度」は崩壊に向かっています。「転職」はとても身近なものになってきました。けれども、当たり前に転職が可能だと思い込み安易に考えるのは厳禁です。実際に再就職を検討する際は、適した時期というのも有るでしょう。まず、今現在の職場、や自分の置かれている立場などについて、不満を強く感じていることを10個前後、箇条書きにしてみましょう。そうしておくことで、再就職に役立ちます。そして、もし将来の進む道がなんとなく見えてきたのなら、迅速に、より良い仕事ができるようにがんばりましょう。

再就職をする際でほぼ尋ねられることが以前勤務していたところを退職・・

再就職で面接でほぼ確実に投げかけられる質問が辞めた原因のことですが、このような質問に答える時には話の中心を退職した会社にしない方がベストです。辞めるに至った経緯を的にしてしまうとほぼ確実にマイナス面を取り込んだ話題になってしまうので。このことを上手く話すには、どうして前の会社を退職したかという点をこの職場に絶対に入社したかった理由があるといった話の中身に進めるべきであり、自己アピールもかねて今、自分が面接に来ている会社に話の方向をもっていくべきなのです。そういった内容ならば、マイナス面を消し好印象の前職を辞めた理由に聞こえます。

今から転職活動しようと思うのなら、現状の業務での納得いかない部分、不満に思う部…

そのうちでも転職活動しようと思うのなら、現状の仕事・業務での納得いかない部分を明確にしておいた方が良いです。これは当然できていると思われますが、意外とそうでもないのです。もともと気に入らないことにガマンできないから転職したい、と考えるのは分かります。でも「現在ある仕事や業務の客観的に考えた問題なことを列挙する」ことを大半の人はやっていません。不満点を明確化し、解消されるならば、現状より悪化する事をあるでしょうがどこまで許せるかも考えましょう。この点を徹底しておくと転職選びでの失敗は大きく減らせます。そして、もしも転職した場合、「どういった事がマイナスになるだろうか」を明確化してみましょう。なぜなら、現状の問題が全て解消されるとは限りません。こうした整理をする事で、転職後の急激なモチベーションの低下は防ぎやすく、成功することが容易になるはずです。

クールビズスタイルで転職の面接にチャレンジする際には、…

クールビズ(軽装)で転職の面接にチャレンジする場合、ジャケットにおいてはやはり着なくても良いと間違いなく言えるのです。ですが、ネクタイはして面接を受けた方が好印象を与えてくれるのでお勧めです。タイなしで良いと考えている会社もあることはあると思いますが、ことネクタイだけはクールビズだろうと身だしなみとしてつけなければならないとする会社があります。ですので、クールビズ(軽装)の恰好でもネクタイに関しては着用いく方がベストだということは知っておいてください。

安定した人生を求めるべく正規の雇用社員として働きたいと思っている・・

安定的な暮らしを送ろうと正規の雇用社員として働こうと考えている人は相当数います。にもかかわらず、即戦力として働けるように努力しても、正社員として採用されることが現実化しない可能性もあります。契約社員の求人募集があっても、正規雇用の求人情報以外はそっちのけで応募しない人も少なくないでしょう。仮に、正規雇用での雇い入れが難しい場合は、準社員の募集も選択肢に入れておくほうが良いでしょう。契約社員や派遣社員の募集を掛けている企業でも、働き手の実力により、2,3年で非正規雇用から正規雇用へのキャリアアップができる可能性もあるからです。ですので採用面接時に、「正社員登用」の可能性をヒアリングするようにしておけば良いでしょう。

転職をしようとする際に用意する必要がある履歴書は、基本的には…

再就職する際に必ず用意する履歴書については、原則的にはパソコンを用いて作るのが一般的です。現代の日本では履歴書は手書きで用意するというのが一般常識だと思われることもありますが、それは新卒に関する就活やアルバイトの時に用意する履歴書であって、実際のところ、転職をする時においては履歴書は必ず手書きでないといけないとまで言い切ることはできません。手書きを高く買うところもあるようですが、そうではない企業がどんどん多くなってきているので、パソコンを用いて作ったものでもよろしい企業は多いのです。

派遣社員として勤務しています。

派遣で勤務しています。派遣法とかの関係で残念ですが長期間務めていた派遣先での勤務を終わらせなければなりません。派遣の仲間の中には、派遣先の企業から正社員のポストを獲得した人もいるのですがその理由としてははっきり言って仕事の腕とは関係なく派遣先上司の扱いが上手な人でそれが採用の決め手となった様子。業務上の能力よりおじさんを転がすスキルが重要なのかなーと抜擢されなかった他の派遣の仲間と愚痴を言ってます。

転職の面接を受けるため向かいました。

転職の採用面接に訪ねました。その日に限って会社の会議室がすべて他の客でつまっているということで外の会場で待ち合わせて採用面接をして、その場で解散ということになり、面接官も会社に帰らず自宅に直接帰るとのことでしたが、ところが自宅からの最寄駅が同じ。ですから電車内においても面接を行った人とずっと話をしながらいっしょに帰ることになり、その結果すっかりリラックスして面接しているよりも話が弾んで、それがプラスになったのか何の問題もなく採用を掴むことができました。

数年前の求人誌に募集条件の中に「性別」まで、当たり前のように書かれていました。

以前の求人誌に求める人材の「性別」まで明記されていました。しかしながら、「男女雇用機会均等法」が成立した影響もあり、採用する際、男女の差別があってはいけないとして、求人情報内に「性別」の表記ができなくなりました。しかしながら、募集を出す企業側としては、男女どちらでも良い、とは本音では思っていません。実際問題、実は男手を希望の案件に女性が応募してきたり、逆に女性を希望している案件なのに男性が来てしまい、といった問題は誰にでも起こる可能性があります。もしも、「女性が活躍できる職場です」と記載のある求人募集の場合は、雇用側が「女性」を必要としている、と読むのが無難です。

転職活動を行うとき、最初に、公式ホームページ、求人票、パンフレットなど・・

転職をするにあたっては予め、ネット上で求人サイトを閲覧したりして興味のある会社を調査するはずです。ところが、当該会社が情報を公開する際には、コンサルタントからアドバイスを受けている可能性が高いです。コンサルタントは、会社に不都合な情報を隠す能力に長けています。たとえ公開するとしても曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。そのような類の社員の声や社長のインタビューについては、そのままを信じるよりも、半信半疑で聞いていた方が間違いがありません。仮に美辞麗句を鵜呑みにしてしまった場合、「こんなはずじゃない!」と後々、後悔するおそれがあります。悪意ある会社は、素直な人間を取り込み、そのあとは、あれこれと理由をつけて会社を辞めれないように策を練ってきます。ブラック企業では、この手のことが少なくありません。

ある古物商の人員募集に応募したところ、書類選考に受かりました。2、3日…

とある古物商の求人に応募したところ、書類審査に合格しました。その後相手方から面接の日時を指定してもらいました。にもかかわらず、面接日当日、行ってみると、どうしたものか相手が、面接準備を一切していないとわかりました。しばらく待っていると、所長らしき人物が面接に応じてくれましたが、だらしのない態度で迎えられ、なんとか面接を終えました。ですが、予定日を過ぎているのに、採用結果もまったく告げられず、いてもたってもいられず、自ら問い合わせると、「郵送で本日送付してあります」と返答されました。心待ちにしていたのですが、しかし、これも未達なのでそこでもう一度問い合わせると、驚くことに、「残念ですが不採用とします」、とその直後、電話を切られました。あまりの対応に呆れて何も言えませんでしたが、正直なところ、採用されなくて良かったと感じています。

転職サイトは、大手が運営しているものであるほど掲載される案件も多いため・・

転職サイトは大規模なサイトの方が掲載される転職情報が多いため、2つか3つ、ともかくメンバー登録した上で、年収などの条件にあらかじめを入れておき、条件に合った案件が掲載されたら自動的に通知されるように設定しておくと情報を収集しやすくなります。しかし、初回だけは登録するのが多少大変なので、サイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」をきちんと準備しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると手間がかかりません。登録する初日は、少し時間がかかることから、案件の検索と応募も大変に感じるかもしれません。しかし、その後は、新着案件のみ確認するだけで大丈夫なので、最初の準備を怠らないことを心がけるのが得策です。