これまで20代前半までに転職を数回で、そして現在、資格をゲットする…

これまで20代前半に転職を数回経験して、いまは資格を取る目・・

  • これまで20代前半に転職を数回行い、そして今、資格の勉強をしながら、派遣社員として企業で働いています。フルタイムの勤務を選択しなかったので手取りが以前よりも少なくなりました。ですがその分、以前より心と時間に余裕が生まれ、満足しています。たまに、学生のときに資格を取得し、仕事を続けるという方は本当に稀です。やはり、資格を活かして働いている方と話すと無性に羨ましく思ってしまいます。以前の私は、自分と他人をどうしても比べてしまい、悩んでしまう日もありました。今では結婚を経験し、生活自体がかなり変わり、以前よりもその中で将来の目標も定まったので楽しい毎日を過ごしています。

  • 転職をするにあたって、もちろんやりがいを考慮することも大切だけ・・

  • 転職先を選ぶとき、もちろん仕事のやりがいアップも重要だけど加えて年収が増えることも大きなポイントになるから「年収比較サイト」に登録して今いろいろ研究をしています。同じ会社でしかも全く同一の職種、社歴なのに人によって広く違いがある場合も多数あり、正直なところ面接の時質問をしたことがあります。面接をした人も同じサイトを見ていたみたいで「高い収入で書いているのは、書いた方も誰だか予想できるのですが、多分格好をつけてるんですよ。低い方の収入で心の準備をしておいてください」とのことでした。

  • 今のご時世では、株式・不動産投資などといった不労所得、あるい…

  • 近年では、株・不動産投資などの不労所得で生活費を稼いだり、自営業・起業といった生き方も社会的に人気を集めています。そういった移り変わりに伴い、「会社員以外は不安定だしキケン」といった従来の考えも変わりつつあるようです。高度経済成長を遂げている最中には、どうなるかわからない個人事業で生きるよりも組織の一員のほうがはるかに安定性がありました。人生の正しい進路として、またそれが至極当然のことのように、世の中に認知されてはいました。しかし、そういった社会全体が安定成長する時代は終わり、今は、「成熟期」という風にも言われています。近い将来では、コンピューターの発達とともに、機械化や自動化が進み、仕事でも人を不要とする時代になっていく、と言われています。

  • 転職サイトは、一度登録したら、電話・メールでしつこいほど連絡が入ります。

  • 転職エージェントに登録すれば必ず、電話やメール連絡が呆れるくらい入ります。初めて利用された人は結構驚く場合が多々あります。「転職エージェント」は、会員の転職を促すことが仕事だとされるので、本当に積極的です。特に大手エージェントは、転職を成就へと導くことで企業から報酬が支払われるシステムのため、転職活動される人の都合よりも企業側を優先的に考えることが少なくありません。その上「転職エージェント」は、契約を急ぎたいあまり、内定が取れるとすぐに、入社を積極的にすすめてくることが珍しくありません。自分の気持ちや意思を明確にし、安易な妥協をしないように注意しておきましょう。

  • 職を変えようと考えている時にチェックすることになる仕事の情報というのは・・

  • 転職をする際にマークする仕事の情報というのは、参考程度に掲載されている、という可能性もあり得ます。なので、書いてある情報はすべて正確なことだとは信頼すのはやめておいたほうがいいと思います。とりわけ生活に大きくかかわってくる給料面においては、社員を平均した値なのか?それとも最低限の金額なのか?一番高い給料なのか?という判断ができない人はたくさんいて自分で適当に判断してしまうと、今後、悔しい思いをする確率もあり得ます。という事で、嫌な思いをすることになる前に、求人に掲載されている情報は一般的なものだと思って、そういったたいへん肝心な内容は直接連絡を取ってみた方が適切でしょう。

  • 自分自身の趣味に通じることや好きなことを仕事にしたい…

  • 趣味に通じることや好きなことを仕事にしたいと思っている方は気をつけた方が良いです。私が実際に体験したことなのですが、私は、もともと食べることが趣味でかつては、レストランで働いていた時期があります。その飲食店での業務は、そのレストランで私が担当していた業務は、盛り付け作業やホール業務でした。この業務内容については、嫌なこともありませんでしたし楽しんで仕事ができていました。しかし、人間関係にとても疲れてしまいました。ということが引き金になり、仕事をやめましたが、その影響からか、あんなに大好きだった食べること、そしてその飲食店で扱っていた食べ物すら嫌いになってしまい、その系列の店には今も行けません。当時の店の匂いを思い出すだけで自己嫌悪になります。この仕事に就いた当初、好きだった店が嫌いになってしまいました。自分の大好きな分野の仕事に就きたいと願い、実現できるのは悪いことではありません。ですが、「好き」は、どのくらいすごいのか、改めて自分と向き合ってから行動するべきです。

  • 転職の面接で着るビジネススーツの色については、新卒の人たちが就職活動の際に…

  • 転職の時の面接で着るスーツの色合いについては、新卒の就活に着る色合いが暗黙の了解となっています。ですので、黒や紺といったようなダークな色合い、ということになります。転職のケースにおいても、着ていくスーツの色味に関しては新卒の就活の時のような落ち着いたカラーが多数で、そうでないカラーを着ている転職者はほとんど見ることはありません。強いて言えば、グレーが少しいるほどで、全体から見ても紺や黒が圧倒的に多いので、面接担当者もそういった色であるほうが当たり前であるかのように感じます。ですから、身だしなみ、という観点においてはそのようにする方が好ましいわけです。

  • 働いていることで精神的に厳しくなって、転職せざるを得ない状況となったなら、…

  • 働く中で心的なダメージが増え、転職を考えざるを得ない状況に至ったなら、相談するのは職場の人でなく家族などの近しい存在の人と相談しながらその後の進退を判断した方が良いです。というのは、働くということは当事者であるあなたです。が、しかし家族の問題でもあります。どんなに高給をもらっていたとしても、精神的にボロボロになるほど無理しながら働くのは好ましい状態とは言えません。昨今は、経済的に豊かなことよりも、働く本人が働きやすいことを大事にする生き方も徐々に増えつつあります。ですから気に病むことなく、家族や、自身の心と体も大切にしましょう。

  • 転職を予定しているのなら現在勤めている会社を辞める時に…

  • 転職を予定しているのなら現在勤務している会社を退社する時に「失業保険」をもらうための手続きをしておく必要があるのですが、仮に自己都合で退職願を提出して会社を辞める、いわゆる自己都合退職においては即座に失業保険を受け取れるわけではなく手続きをした後で失業が認められてから3ヶ月経ないと実際に受け取ることができないのです。なので、会社を辞めた翌日からちょうど3ヶ月で受け取れるワケではありません。この規則について誤解している人が、ハローワーク側に落ち度があると思い込んでハローワークのスタッフともめ事を起こしているのを見たことがあります。ちなみに、自己都合ではなくリストラなど会社都合で解雇されたときには、失業認定されてからすぐさま失業保険をもらえます。

  • 転職活動を行う場合、様々な方法で情報を収集することが多いと思います・・

  • 転職活動をするにあたっては、様々な方法で情報を収集するのが通常だと思いますが、転職についての口コミサイトは本当におすすめです。少し前に、会社に不利益となる悪い口コミが掲載されたということで、損害賠償を、その掲載会社に請求したケースがありましたが、会社の都合で退社させられた元社員の腹いせによってそのような口コミが投稿されていたという見方が一般的ですが、違った視点から見ると、投稿の内容が真実でなければ、会社側が気にする必要すら無いともいえますよね。しかしながら、実際には『クロ』で「このままではマズイと思い、急いで炎上をしずめよう」と思っているかもしれません。口コミサイトも炎上が原因でアクセス数が増えたり、サイトが注目されるチャンスになるので黙認していますが、悪い内容の口コミがかなり多いということは、その分入社してからトラブルに遭遇する心配をしなければいけないと見て良いでしょう。そもそも、善良な会社だったらトラブルなんて発生しません。

  • 今現在の自分の職場・仕事内容についてほとんどの人は不満を感じていると思います。

  • 今現在の自分の職場や業務内容について何かしらの不満点があるはずです。「自身の持っている資格やスキルを正当に評価してもらえない」ゆえに、「報酬は上がらないし、昇格する可能性も見いだせない」といった不満を挙げる人がかなりいると思います。けれど、そんな風に感じている人の中には、本人が自分自身の才能を実際よりも過剰評価している場合が多いものです。万が一、過剰評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分が活躍するための企業や職種がない」と中々就職先が見つからない可能性が高くなってしまいます。ので生活自体に支障をきたすおそれがあります。ですから転職で良い成果をあげるためにも、自分のキャパシティを客観視することが大切です。

  • 転身を考えているなら、小まめに色々な企業の情報を定期的にチェックしておけば…

  • 転職しようと思っているなら多様な会社の募集案内を日常的にチェックすることが、再就職先の選択をするときに役立ちます。今現在の仕事に不満足だと、転職活動する際に、どこの会社も魅力的です。そんな状況になってしまうと、どの企業を選択したら良いのかわからなくなり、会社選びに失敗してしまいます。よって、最終的にはごく短期間で不満が募ってしまうこともあるので見る力を養っておいたほうが良いのです。方法としては、企業の雇用関連の情報に目を通すだけでなく、その転職したい会社の「取引先」にも目を向けてみましょう。良い企業は、取引している会社を公開していますし、そういった企業でない場合、広告宣伝ばかりしている傾向が強いので、求人チェック時に見ておきましょう。さらに、会社によっては、個人グループに入っているものもあるので、グループ名をチェックし、詳細に目を通してみてください。

  • 今後転職活動をするという時は、気になった求人(あるいは職種…

  • 将来転職活動をするのなら、気になる求人(業種)を見付けるたびに逐一、「〇〇業、ブラック、デメリット」でネットで検索を掛けてみましょう。求人票や担当してくれる転職エージェントから入ってくる言葉からは、まずその業界に関するマイナス部分について教えてはもらえません。もしも、やましい箇所がある場合は、インターネット検索によってカンタンに瞬時に多くの事例に触れられるはずです。そういった面を知らずに会社に入ると、あとになって後悔してしまうおそれがあります。その求人が出ていた理由が「仕事内容がキツイからスタッフの出入りが激しい」という場合が多くを占めるため、気になった業種について、注意したほうが賢明です。

  • 就職エージェントの大手に限って、たくさんの案件を取り扱っている…

  • 大きな転職エージェントほど、様々な案件を扱っているという強みがありますが、それと同時に転職を希望する競合者もたくさんいる可能性が高いです。それがためにあなたが気になる企業を探し出したとしても、そのエージェント担当者が「転職できる見込みがない」と判断すると応募してくれないこともよくありますし、企業から見てあなたよりも評価の高いライバルがいれば、その人を優先して売り込もうとするのです。このように大手エージェント運営元は、サイトに掲載されない案件をデータ宝庫として扱っており応募しがたいので、考えを変えて規模が大きくないエージェントに対し、気になる会社や案件を伝えておき、応募できませんか?と問い合わせてみると転職希望者のために仕事してくれることもあるので、そのような活用の仕方も良いでしょう。

  • 転職の面接などにおいて面接担当者に名刺を手渡された・・

  • 再就職の面接などの場面で担当者が名刺を差し出してきた場合、あなたも名刺を相手に渡すべきか?渡さないべきか?と対応の仕方に迷ったら、たいがいは渡さなくても良いと頭に入れておきましょう。転職のための面接というものは仕事ではなく、職を得るための採用活動の一部なので、ほとんどの場合は名刺をやりとりする時間とは異なります。そのうえ、会社の人として出向いているのではなく、あなたのことでそこにいるわけです。そういった訳で、相手から名刺を渡されたとしても、こちらは名刺をもらうだけで大丈夫で、担当者に相手の方に渡す責任は少しもないと言えます。

  • 失業保険の給付については、「就職活動」していることが必要なのです。

  • 失業保険の給付については、職を探していることを理解してもらわなければいけません。けれども、「ハードワークから解放されたし、しばらくは自由に過ごしたい」と考えるのが本音でしょう。そこで、真面目に就職活動しているように見せることができるので教えておきます。月一回のハローワークスタッフとの面談は避けようがありませんが、そこで、「求人票」を確認することを必ず行う必要があります。真摯に探すモチベーションがわかないときは、求人票を真剣に閲覧している芝居をして、ハローワークスタッフとの面談時、「労働条件のいい仕事ややっていけそうに思える仕事が今回はありませんでした」と話して、次に期待しましょう。

  • 転職活動と現在の仕事の同時進行を行っている人が多いです。

  • 転職活動を現職と同時に行う人は少なくありません。けれども、忙しく仕事をしながら求人情報を調べながら、その応募手続きをしたり、面接に臨むのは精神面も肉体面も負担がかかるといえるでしょう。転職活動中は、それを同僚や上司に隠す必要があります。軽い気持ちで応募する、という人がいますが、書類選考が通ってしまい、いざ面接というときに辞退すれば厄介な事態となるかもしれません。転職エージェントを使って応募していた場合は、エージェントに悪い印象を与えてしまいますし、他方自身で直接、応募した場合も応募した会社から電話やメールでの連絡がしつこく来ることになります。どちらにせよ自分自身の貴重な時間を空費するおそれもあるので、行くつもりのない企業は、最初から応募もしないのが無難です。転職活動は新卒の就活とは全く異なる、と理解しておくべきです。