多くの場合一流企業は定期採用中心で、転職で入る事は簡単ではありません。

大企業では、「定期採用」で人材募集することが普通です。ですから…

  • 一般的に大企業では、「定期採用」で人材募集することが普通なので、転職で入る事は中々難しいものです。そればかりか、都市近郊部~地方となるとその確率は少なくなります。例外として、製造業に関して言うと、都市部でない地方の工業団地で工場展開している事も少なくありません。そういった工場に的を絞れば、事業分野の拡大時等に途中採用する事がよくあります。そういったチャンスに転職するのもいいでしょう。地方の工場を転職に考えるなら、その地方の工業団地の会社を仕入れておきましょう。その会社のホームページをチェックし、求人がないかマメに確認すると良いでしょう。
  • 近いうちに転職活動を考えている人で次の仕事を始めるまでに期間がある場合は…

  • これから転職活動を考えている人で、次の仕事をする前に期間があるのなら、忘れずに失業手当をもらうことをおススメします。これは今働いている所属する会社が「雇用保険」を支払っていた場合は、誰でも失業手当を受け取れます。また、手続きについては「ハローワーク」で行う必要があります。しかし自己都合で仕事を辞めた方は3か月の待機期間があるのですが、働いている会社都合の退職、または残業時間次第ですぐにもらえる場合もあります。なお、もらえる失業手当の金額は辞めた月の近々の給料を基準にして割り出されるので勤めているる会社に「閑散期」「繁忙期」がある業種の場合は、理想的なのは「繁忙期」後に辞めるのが無難です。
  • 『今すぐ転職をしたい!』と思っていて、自身の意志が固いな…

  • 『転職をしたい!』という願望があって、自分の意志が固いならばすぐに上司に言うべきです。しかし、そのときに曖昧な表現をしていると、言いくるめられる確率が高くなるので気をつけましょう。実際、私も上司へ転職相談をしたのですが、退職を引き伸ばされてしまい、退職までに半年ちかく掛かりました。辞職したいことをはじめに、直属の上司へと相談したのが年度末で、いろいろあって数ヶ月働いて退職届けを出せたのは同年の11月です。予定としては、仕事の落ち着いた年度末いっぱいで辞めたかったです。大変驚きました。企業も、人事的な都合があるのかもしれませんが、社員のを希望を聞かないまま、会社ぐるみで私の都合を無視する形で引き伸ばされたのでその会社に対しての前の職場に対して困ってしまいました。
  • 再就職の時に行われる面接時の身なりは企業側からクールビズでもO・・

  • 再就職の時にする面接ではクールビズでも大丈夫ですよと言われることがあります。しかし、なかには、クールビズで赴くのは失礼なのでは?と考える人がいます。そういうことで悩みを抱えている方に伝えたいのは、会社側からクールビズで来るように言われた面接の場面では書かれている内容を素直に聞き入れるほうが大丈夫です。色々迷って、真夏であるのも関わらずしっかりとスーツを着ていくと不自然なイメージを持たれてしまいますから、会社側からクールビズで来てくださいと伝えられたらクールビズでも大丈夫というわけです。
  • 就職活動において、年収は非常に大切なポイントです。

  • 就職活動において、年収はとても重要な要素です。面接の時、大半の企業で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。ここで年収を現実にもらっている額よりも大きく申告し、多額の年収を確保しようと試みても、無駄でしょう。なぜなら、最終的には源泉徴収を提出しなければいけないので、もし一度は信じてもらえたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、結果的にウソがバレてしまうのです。トラブルの原因になることもあるため、現在の会社での年収を正確に相手に伝え、それに見合った希望年収額を設定するのが賢い選択となります。なお、現在の年収が300万円の方が転職後に500万円となる可能性はほとんど無い、と見ておくべきです。たとえば、今、430万円の年収であるのなら、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくのが正しいです。悪質とも思えるウソの申告は、転職活動を苦境に追いやるどころか、入社後のトラブルとなり、入社できたのをそのまますぐに退職しなくてはいけなくなる恐れもあるので、気をつけましょう。
  • 派遣先が決定しました。仕事開始の初日に派遣会社の営業の担当の方…

  • 派遣として働く会社が決定しました。最初の出勤日に派遣会社の営業の担当の人と就業先の近くのコンビニで待ち合わせたところ、担当者がなぜか約束の店の前にいないので店内にいるのかもしれないと思い店の中に入ってみると、彼は驚くことに雑誌のコーナーに座り込んでいかがわしいグラビアページを開いて閲覧しているのを発見しました。こんな人が自分を担当するなんてまっぴらごめんだと感じて、挨拶することもなくお店の中から出て直ちに派遣会社に辞退の連絡を入れました。
  • 転職を行う際、ウェブ上で就職を斡旋してくれる業者(エージェント・・

  • 転職において、ウェブ上で就職を斡旋してくれる業者(エージェント)を利用する方法もありますが、もしそこに登録し、運よく職を得ることができたとしても、失業保険の給付を受け取ることはできないので気を付けましょう。ハローワークを経ずに就業しても給付されないので注意する必要があります。これに対し、「ハローワーク」によって斡旋してもらい、就職できたときは、就業のための準備費用として「一時金」を支給してもらえることになります。インターネットで展開している就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。ただ彼らは,企業サイドから「紹介料」を受け取るだけで、失業保険の手続きは管轄外です。このことについて知っておかないと失業中にお金が手に入らなくなるので、就職エージェントの利用を検討される人は特に気をつけましょう。
  • 転職活動をする上での最後の難問として、「現在勤務している会社をいかにして辞めるか」ということがあげられます。

  • 転職活動における最後の壁として、現在の仕事を辞めることがあります。転職先の企業が決まっても、現在、所属している企業があなたを引き留めるというのも起こりがちなことです。そうなってしまった場合、負けることなく退職する、という強い信念を維持することが大切です。引き留められ、一時的に残ったとしても、一度辞めたいと思った会社は、近い内に辞めることになるでしょう。退職を効率的に行うには、会社の規定に目を通しておき、退職に必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を書いておきましょう。それから、決定権のある上司と談判し、「退職についての交渉は、すべてお断りします」と毅然とした態度で相手に伝えましょう。「円満退社」で現職を終えることも転職活動で大切なポイントとなります。
  • 看護師でありながらそれと違う職業に転職を決断するキッカケは…

  • 看護師でありながら違う職に転職する原因はその人それぞれです。それを見てみると看護師が他の職業への転職するには「職場環境の人間関係にウンザリしている」「結婚がきっかけで自分勝手にできなくなって出産加えて子育てさらに親の介護など、仕事環境のさまざまな変化など、これまでと同じようには働き方ができなくなった」「現在の給与とキャリアとのバランスに不満がある」というような問題が解消したいために転職されるのかもしれません。しかしながら、実際に転職される前に「どうして、転職しないとダメなのか?」と、今一度ゆっくりと現在の状況を客観的に見つめ直すこともしてみてください。「本当に転職を叶えたら、状況が上向くのか?」と再考してみて、決断すれば間違いが減らせます。
  • このあいだ転職をやっとしたばかりであるにも関わら…

  • 数ヶ月ほどまえに、転職したばかりであるにもかかわらず、入ってすぐに退職届を提出する人が結構多いものです。それは私の考えではリフレッシュな気持ちで素晴らしい職場で勤務を始めてみたものの、「自分の想像していたものと違っていた」「納得行かないのでウンザリしている」という感じで退職を決意することが多いようです。可能ならばこういった、転職先選びでしないためには、やはり、前もっての情報集めは徹底する、に尽きます。徹底して行うべきなのです。職場内の環境、職場独自のルール、給与体系、などいろいろ調べておくことで転職後に後悔するリスクは大きく減らせるはずです。
  • 求人関連の情報誌やサイトを見てみると、ほとんどの場合…

  • 求人関連の情報を見てみると、とうぜん普通の株式会社では月の収入がしっかりと記載されていますよね。しかしこの月収の部分を確認する時には、注意深く確認する事が大切です。数字だけを見て判断しないほうが良いです。何故かというと案件によっては、月収の額の内訳で「毎月30時間の残業」が条件になっているかもしれません。何があるかというと残業代を含めて金額を多く見せ、応募者を増やそうとすることも珍しくありません。そのほか、「歩合給」をつけると表記している案件にも注意が必要です。その歩合を過大に計算に織り込んでいる可能性が考えられたりします。だから、こういった「不誠実」極まりない案件は、「ブラック企業」な可能性も高いので、警戒しておきましょう。
  • 転職をするための活動を効率的にやっていくには、最…

  • 転職をする活動をしている最中は、最初に常に自分自身の心が落ち着いていることを大事にしたいものです。まだ会社を辞めないで転職をするための活動される場合は、たいしてそうでもありませんが、退職したら行う場合にはどうしても心が焦ってしまいます。そういった点を理解し、気持ちを抑えつつ、転職活動を続けていきましょう。今後、自分でやってみたい業務、理想とする職場のイメージをハッキリイメージしておきましょう。そのイメージを実際の職場とのそれらが矛盾していないか、徹底的に見極めることが重要なのです。多少面倒に感じるかもしれませんが、こうすることで満足いく転職が実現します。
  • 転職のための面接では、規模の小さい企業だったらおおよそは、その社内の「人事」担当が面接官ですが・・

  • 再就職の際に行われる面接というのは、小企業だったら大体が「人事」が面接官となりますが、それ以外のケースもあるはずです。実際に今後仕事をすることになる管理職、言い換えれば役職クラスである課長や部長が面接を担当する可能性もあります。とりわけ、営業系や事務系の場合は、資格による見極めが難しいですから、きちっと自分自身を売り込んでいくことがとても必要であり大事なことです。面接担当の人たちに「この人はしっかり主張するし、頼りになりそうだ」と思わせ、覚えていてもらうことが大切です。
  • 派遣の会社に入っています。サイトを見ていて何の気な…

  • 派遣会社に登録しています。インターネットサイト内で何の気なしに条件のよい仕事を発見し確認したところ「そのお仕事はもう他の方でお話が進んでいます」と言われて一瞬ウェブサイトから仕事情報が消えるのですが、翌日にそのページを見ると元に戻っています。それって結局私ではよくないのっていうことですよね。それならカドが立たないくらいで正直に言ってほしいのですが、なかなかそうはいかないでしょうか。そうでなければ客寄せのための偽のお仕事なのでしょうか?
  • 自分が勤め口を探していたころかなり多くの人材紹介会社に登録していました。

  • 私が求職中のころかなりいくつかの人材紹介会社に登録していたのですが、その際に特に思ったのは転職のアドバイザーのレベルに関しても驚くほど多種多様で大体は満足できない感じる方ばっかりでした。こっちは人生がの大事な事なのにもっと情熱をもってに向き合ってほしいという気持ちが膨れ上がりました。そんなことがあったこともあり自分がキャリアカウンセラーを目指すことになりました。キャリアカウンセラーの資格を取るためには費用も掛かりました。それに加えて勉強もかなりハードなわけですが、就職活動の際に頼みにされる存在になるために頑張っています。
  • 転職したいと考えている会社で見学しておけば、すごく参考になります。

  • 転職したいと考えている会社で見学などがあれば、すごく勉強になります。特に、「職人」がいる会社見学は、腕を見るのがワクワクします。しかしながら残念なことに「職人」がいる会社見学では例外なく見学者には、本当の姿を見せてはくれません。その傾向が強いのはずばり、ブルーワーカー(肉体労働)などのジャンルです。この業種では、独自の感覚を持つ人が多いので仕事を始めてみるまでは、本当の働き方が出ません。ですから、「見学現場=仕事現場」と決めつけないことがとても良いです。ましてや、会社見学の時に実際に仕事体験させてくれる会社は危険ですから正直言って、選択肢に入れるのはおすすめしません。雇用契約を結んでいない人間には、問題が発生したとしても、保障が一切ないため、仮に、勧められてもていねいに断るほうが良いでしょう。
  • 私たちの社会的環境において、これから一段と短絡的な労・・

  • この先、労働力という観点において徐々に短絡的な作業は機械で済まされるようになりその変化によって必要なマンパワーは減少させられてしまいます。なぜかというと簡単な仕事という観点では人間の手を借りるよりも機械のほうが圧倒的に分があるからです。例えば、数をカウントしたり、同じ動きをずっと反復したりすることは機械なら何も不自由もありません。もちろん人間とは違って泣き言は言わないし、疲れもしない、不正をすることもないし、早いし均一化できる強みもあります。さらに、給与が発生しません。というわけで、人間を使う意味が到底なさすぎます。機械に移行していくのも当然の結果といえます。