新しい仕事に就きたいと考えているのなら、いきなり年収に関して高望みはしないほうが無難です。

転職の予定があるのなら、すぐに「年収」の高望みはしないほうが良いでしょう。

  • 新しい就業先ではすぐに「年間報酬」の高望みはしないほうが良いでしょう。特に、転職した年度は、ほとんど研修期間が含まれているというのがことが考えられます。自身の新たな仕事に就いたときは、苦労の末転職して前職での稼ぎと年収とあんまり同じ額で変わりませんでした。また、仕事内容は多忙を極め、とても責任も重大だったために、二年目を迎えるまでひどく厳しかったです。ではどうすればいいのでしょうか。それは、転職1年目は、勉強に充てる期間と捉えておき、出来る限り転職するよりも前から貯金しておくことに尽きると思います。
  • もしも転職をするなら前もって「資格」を取得しておいたほうが有利になります。

  • もしもあなたが転職される場合は、転職前に考えておいて損をしないのが資格の取得です。とくに、在職中に資格取得しておくと、転職活動の際でそれを生かせるので、新しい仕事を探すのも容易になります。であるため、資格取得は、在職中であり、かつ転職活動前の段階が一番良い時期といえます。もしもあなたが将来のために、このあとに役立つであろう資格を取得しておけば、今の会社を退職後も心残りもなく、前に進んでいけます。それに、資格によって転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、面接で面接官に即戦力になる人材だと印象付けることができ、これまでより待遇も良くなる可能性があります。
  • 転職する場合、相応の準備はしなければなりません。

  • 転職活動では、それなりの準備は必須です。とくに、目に見える「ファッション」は大事な部分だと感じてしまいます。ところが、最近の企業面接に関しては形式ばらない服装がOKな企業も多いので、スーツを着込んで面接に出向かなくても良い場合があります。とくに会社の創立して間もない会社などは、厳しい規則も作られてないことが多く、私服で面接をしたほうが、相手先に印象をあたえます。また、正装ではないので、フランクに会話がしやすいのもメリットといえます。そうして、私服ですと面接の際に、洋服について、盛り上がる可能性もあるので、もしかしたらポイントが残るでしょう。ということで、今後、転職にトライするなら「創業年数」を事前確認し、(ベンチャー系などの)面接時にはスーツは着ずに私服で勝負してみるのも悪くないかもしれません。
  • 知っている人による紹介で転職の先を見つけている最中の人もいるでしょう。

  • 人からの紹介によって転職の先を見つける人もいます。でも、転職の先の労働環境や労働時間などの大切な部分を友人からの口コミ情報をあまり信じすぎてしまうのは、後々面倒なことになることが多いです。そういうのはそういう口コミ情報というものはどうしても伝える側の主観が入ってしまうから客観性に乏しくなります。要するに紹介した人から見たら居心地の良い職場だとしても、あなた自身の主観で見た場合、イマイチな環境なのかもしれません。ですので職場環境をはじめ、気になる箇所は口コミのみで判断せずに、最後は自身の目で確かめておくことも大切です。
  • 転職を成功させたいのなら、最初から徹底した情報を集めることが不可欠です。

  • 後悔しない転職を目指すのなら、最初から行動をしなくてはいけません。それには近年は会社の名前も知らないような小規模な会社でも公式サイトに企業のことを書いている会社が多いから、インターネットを駆使して自分の知りたい情報を調べておくとそれとなんだろうと思う点などをチェックしておくと相手の会社を知るのが容易です。さらに公式サイトに加え、転職サイトなどを上手く利用することも意外な発見があるはずです。さらに、インターネット以外の方法として、何よりも転職の候補にしている企業を自ら判断してみるのも良いと思います。
  • これは友人の話です。新卒として死んでも入りたかった憧れていたA…

  • こうした話は知り合いの話です。始めに新卒の就職活動で入社第一志望であった憧れのA社の最終面接で不採用になって、ですから仕方なく他の会社に就業しました。そのあと1年経た頃に派遣の求人サイトでA社の紹介予定派遣の仕事を発見することができ、我慢できなくなってその時働いていた会社をすぐに辞め、A社での派遣勤務を開始、思い切った行動ですね。真面目に頑張ってその後幸運にもA社で正社員として働くことができ、今では仕事のやりがいを感じつつ楽しく仕事しています。
  • 転職サイトや転職エージェントなどを使って、転職活動を行うことは常識になりつつあります。

  • 転職エージェント、そして転職サイトを活用して、転職活動することは現在の常識かもしれません。転職の幅を広げたいのであれば、並行して転職フェアにも積極的に参加してみてはいかがでしょう?転職フェアは、多くの企業は一堂に会しており、参加したのなら気になっている企業に関する情報を直接得られますし、そして、そこで説明してくれるスタッフから、企業の雰囲気を肌で感じることができます。転職フェアに参加する場合には、1次面接を受けるつもりで企業の人に好印象を与えるように心がけましょう。幸運にもフェアを通して企業側の担当者に気に入られれば、後に面接等に進む時に非常に有利になると予想されます。
  • 先週転職の準備をしておこうと人材紹介会社に登録に出向きました。

  • 先日転職先を見つけるために人材バンクに登録に出向きました。そのとき私のカウンセリングのために出てきた担当の方がどうも仕事に慣れていない社員のようで、こちらが説明している話の50%も彼はわかっていないようでした。さらに悪いことに「キャリアデザインが物足りないですね」とか「もっと強みと弱みを知っておくことが大事です」等、何もかもわかっているかのように横柄に話すので大変嫌な気分になりました。カウンセラーはある程度社会人を経験している方にしてほしいものです。
  • 転職活動をスタートするときに、とにかく勤務している会社を辞めてか・・

  • 新しい仕事を探すのに、まずは今の会社を辞職した後で転職しようと考える方もいますが、それなら会社がいつボーナスを支給するかを事前に調べておくのが無難です。ボーナスのある会社はたくさん存在しますが、ボーナスが支給されるなら、ボーナスの支給の時期まで数か月しかないなら、ボーナスが支給されてから退職するという手もおすすめしたい手口です。ボーナスはってかなり大金なので、絶対もらったほうが良いと明らかなわけですから、会社を辞めようと思ったらボーナスの時期を確実に頭に入れておく方がスマートなやり方です。
  • 雇用中はなるべく内密に、(自身の例ですが)在職期間…

  • 在職中であるのなら、出来るだけ周りの人に悟られないよう、(私の経験談ですが)在職期間中に「転社するかも」という意思表示のみを早い段階で社内で仄めかしたことがあります。でも、その後に転職情報を必死にあれこれチェックしていったのですが、結局は就職先やタイミングさえも無計画なまま決まらないまま、ズルズルと時間を空費する結果に。挙句の果てには一方の社内では仕事の引き継ぎや手続き、退職の日程などが確定していき、さいごは「退職予定日に合わせてとりあえず就職(できる)先を決める」という、本末転倒な状況になってしまいました。ですが予定は噛み合うこともなく、失職期間を経験し、次の就業先を探すことになりました。
  • 転社を繰り返さないために、ひとつだけ対策が必要です。

  • 転社を度々しないための対策が一つだけあります。スキルを向上させることもそうですが、メンタルな部分を鍛えれば、転職を繰り返すことがなくなります。現在はネットもあるので、精神面を鍛えるための自己啓発系の情報はとてもたくさんあります。そんな、時に転職とは全然違う行動でも、精神面を強くすることができます。たとえば「海外旅行」です。海外に旅行に行くと日本では考えられないような習慣があったりと、目につくすべてが刺激となります。ですから、精神的な成長を遂げるにはピッタリの方法といえます。帰国すると、自分が小さな世界しか見ていないことに気づかされ、こんなにも世間は狭かったのだということをしみじみと感じることができます。この状態のまま面接に向かえば、これまでの面接とは違って自信満々に自己アピールができるはずです。ただ、退職して間もない頃は精神的に弱くなりがちなので、しっかり休みましょう。
  • 世の中は便利になったものでネット上では、要するに「転職サイト」と呼ばれるものが…

  • 近頃はPCは便利でネットの世界では、今では「転職に役に立つサイト」に類するものが数限りなくあります。そのいっぱいのサイトから自分の目的にあった転職先というのを見つけるためには、とりあえず情報を集めることが欠かせません。こんな「転職サイト」をうまく使いこなすことで、効率的に転職が実現します。転職情報が満載で、頻繁に情報更新され、客観的なデータも掲載される有益な「転職サイト」がある一方、それとは対称的なサイトもあるので、安易に信じるのは考えものです。まずは、信用に足るサイトかどうかを見極めることが大事ですからよそと比較しながらしっかり確かめてみてください。
  • 転職活動をしていれば、面接で絶対に聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

  • 転職活動をしていれば、面接のときに必ず尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。このうち志望動機については、隠さずに話してもOKですが、転職理由について率直に伝えるのは問題です。例をあげれば収入に対する不満、人間関係の問題など、採用担当者に悪い印象を持たれるものです。自分にとってマイナスになると予想されることを何も考えずに話す人は非常に少ないと思いますが、転職先企業はその点を重要視しているため、慎重にあなたへ「探り」を入れてきます。これに対して現職の不満を伝えないようにするには、現職の仕事内容以外を話しないのが基本です。そして、「入社したなら、〇〇をしたいです」、「5年先はこういったことをしているだろう」、「こういった目標をクリアできるのは、御社がベストです」といった形で、志望動機に話をすり替えるのが正解です。
  • もっと良い企業につきたいと転職活動をしている場合には…

  • 今と違った企業につきたいと転職活動をするときの場合は「1日でも早く、採用通知がほしい」と考えてしまうはずです。とはいえ内定通知ほしさのばかりに、自身の能力について、嘘の申告をしたり、反対に過小評価につながる言動は出来るだけしないようにしましょう。大事なのは焦る気持ちをぐっと抑えて、冷静かつ客観的にあなたに適した職場を探すことに意識を向けましょう。これまでのキャリアを活かせるように、自分のライフスタイルにも合った転職先を賢く選んでみてください。
  • 転職する際には面接が必須となります。

  • 転職する際には面接が必須となります。人事担当から「転職理由は?」という風に、ほぼ質問されます。そのとき、いくら正論だと思っても、過去の職場の「人間関係」「労働環境」が良くなかった返しは、できる限り口にするのは避けましょう。なぜなら、そのような不満を口にすると、採用される可能性を棒に振ってしまいます。ですから面接時は、「ポジティブ」な姿勢を見せつづけることが肝要で、あくまでも「新しい職場においては、自身の能力を十分に発揮し、会社にも充分に貢献していこうと思います。」のような未来形での話ぶりが担当者の心証はよくなります。
  • 再就職した会社でそれまでに培われてきた能力を活用できれば・・

  • 再就職した会社でそれまでに身に付けた資格やキャリアを活かせられれば、即戦力として仕事をすることができ仕事場での信頼を勝ち得ることができるはずです。同時に雇用した側としても即戦力となる人材は常に欲しがるので、雇用側が判断しても即戦力となる転職はそんなに難しいことではありません。それに加えて過去の仕事と近い仕事内容なら見通しは十分にあります。かと言って、ある程度の実力があるといっても大手の事務仕事や、公務員の募集などは、いつの時代も、かなりの難関を勝ち抜く必要があるので楽観視は禁物です。
  • 将来に目を向け、楽しみつつ、転職と向き合えば、精神的な負担も軽減されるので・・

  • 将来に目を向け、楽しみながら再就職に向けての転職活動と向き合うことで、メンタル面での重荷も少ないので、転職活動の間の堕落も回避できます。そのうえメンタル面が問題がなければ、あまり時間をかけることなく転職先も見つけられるはずです。お勧めなのは、ブランクを設けないで新しい職場に飛び込むことが大切です。現在の仕事をしながら、新たな仕事を探すのが理想です。そのうえ、休職期間をなくすことで、仕事を辞めた後も直ぐに働けます。そうしておけば、職歴にも空白期間がなく、履歴への影響も回避できます。つまり、再就職の際に不利になることがないということです。将来のことを考えながら、円滑に転職活動を進めてみましょう。