求人に関係する情報をチェックする際、「事務系の仕事をしたい」という人ほど…

求人に関係する情報をチェックする場合、「事務系の仕事をしたい」と思う人ほど…

  • 求人サイトを見る場合、例えば、「デスクワークがしたい」と考えている人ほど製造業をチェックしていなかったりします。そのような人のほとんどは「製造業は、現場で製造する仕事だけしか求人募集してない」と勘違いしている可能性が高いです。事実、製造業の求人募集でも、製造マンだけでなく経理、総務などのスタッフ募集をはじめ、資材、購買、営業管理のような「オフィス系」に分類される部門も多数あるのです。でも、製造業の仕事場自体、オフィス街のような華やかな感じではないのでそれが嫌だと言う人もいるかもしれませんが、でも、自らのこだわりを捨てることによって素晴らしい人との出会いによって、将来をより良いものにしてくれる可能性もあるのです。
  • 最近、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」のほか・・

  • 最近、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、「ヘッドハンティング」の専門会社も増えています。特許を出願したことのある人は、彼ら(ヘッドハンティング会社)から電話が掛かってきやすいという話をご存知ですか?彼らは、特許申請を行った人だけでなく、「研究開発論文」を世に出した人、雑誌で紹介されている人など、何らかの業績を残したと思われる人に狙いを定めて、電話やメールで接触を図り、ヘッドハンティングのネタにしようと企んでいます。もしもあなたが、ヘッドハンティングと思えるようなことを言われたときには、心当たりがないか考えてみましょう。ここ最近は、ヘッドハンティング名目として、登録料を要求しようとする業者もありますが、その手の会社は言うまでもなく嘘なので、引っかからないように気を付けましょう。ヘッドハンティングは、企業が仲介業者に報酬を支払うので転職希望者がお金を払う必要などありません。
  • 転職活動中の企業の面接に関して、勘違いしている人が多いので・・

  • 転職活動中の会社での採用面接でのよく思い違いがあるのですが必要以上に猫かぶりは、それがそのまま採用を勝ち取れないこともあり得ます。そんな事態を避けるためには思い切って面接時は、「給与システム」など、多くの人がちょっと聞きにくいことも思い切って率直に尋ねておくと、結果的に自身のためにもなります。実際には「入社前の段階でそのような質問をすることで面接結果に採用されないのではないか」と気になるかもしれません。けれども、意外なことに、良い印象を持ってもらえることは少なくないようです。これらのお金・労働環境に関する内容は、仕事をするとなれば、多くの人が知りたい内容なはずです。ついつい面接応募者の多くは、なかなか聞きづらいのも事実です。なので、あえて尋ねておくことで「ほかの人とは違うな」ということで思わせることができます。
  • 今まで私は、「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」を使っていました。

  • これまで私は、求人情報は「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」に通っていました。理由は、大抵の転職サイトは、特性上、都心部を中心にした求人しか見当たらないからです。そのために、転職をする際は、「ハローワーク」に頼ってばかりでした。やっぱり、どうしても知名度は低くなってしまいますが、古くから地域密着という点では都心部以外での転職をするときには重宝します。また、「ハローワークってなんだか古臭いイメージがある」という先入観がある方も多くいるかもしれません。思いのほか、転職サイトには掲載されていない求人があるので、数年以内に退職後にすぐ転職活動したい方は、お近くのハローワークへ1度は行ってみるのも良いと思います。有名な転職サイトのように大量のニュースレターの心配もありません。
  • 現在の仕事に不満があり、転職サイトを利用して自身の可能性を広げてく・・

  • あなたが今、「転職サイト」を活用して自分が新たなチャレンジのできる将来性のある仕事情報を調べているのなら、転職エージェントを利用しない手はありません。登録は簡単です。エージェントサービスの登録のあとエージェントが紹介してくれる求人情報は、一般的に公開されていないからです。誰しもが見られる公開求人とは異なります。なにせ、どう比べても、比べ物にならないくらいたいへん良質といえます。さらに、あなたの希望にふさわしいものを調査しつつ、紹介してくれます。だから、良質な案件をあなたの希望する職種の求人をもらえたりします。仮に、同一の求人に出くわすとしても、あなたが自力で行き当たりばったりに調べていくことと比べれば、何倍も効率がいいです。そのうえたいへん使ってみる価値は大いにあるといえます。
  • 生涯初の失業保険をもらう際に、じっとしていれば受け取れると思っている・・

  • 生涯初の失業保険をもらう際に、ただ給付されるのを待っていればいいと思っている人が大半ですが、それは誤解です。実際は、きちんともらい続けるためには、求職活動を行わなければならず、さらには、月に一度はハローワークに行く必要があります。月ごとに職員に求職活動の状況を報告してきちんと仕事を探していると判断されれば次の月の給付を受けとることができるという仕組みです。因みに真面目に就職活動に取り組んでいないとみなされたり、毎月のスタッフとの面談に不参加なときは、当然問答無用で給付をストップされたり、以降の給与資格をなくしかねないので、それを防ぐために気をつけておきましょう。
  • 職を変えると、大体の場合、前職の多くの記憶は美化されます。

  • 転職した場合には、高い確率で前職の美化されるものです。本当は今の待遇にダメな点があるから、それを解消するためにせっかく再就職したはずなのに、過去を思い返すと不思議なことに転職後の会社よりも「前の職場のほうが心地良かった」と感じることは多いです。それというのも至極当然で、前職では日々の仕事の勝手がわかっているのできちんと与えられた仕事もあっさりとこなせていたからというのが理由にあると思います。実際は「やっぱり退職なんてしないほうが良かった」と本気で悔やむほど、過去のほうがやりがいも自分に合っていたケースも考えられます。
  • 派遣社員であっても、契約期間を迎えたら自身の好きなタイミングで辞められるワケではない…

  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員というものは、自身の好きなタイミングで辞められるワケではないと実際に転職したことで思い知らされました。結婚して落ち着いたらなるべく早く子供を授かりたかったので、妊娠するまでの期間のために1年半~2年ほど現在のそのまま仕事したかったので就職しました。その為、正社員より給料は少なかったですが、それでも派遣社員という道を選びました。しかしながら、入社後、一緒に働く人たちの多数のスタッフが10年~15年くらい勤務しているというのです。結論として派遣社員であっても契約が終わってもすぐ辞められる雰囲気ではないと気づき、ちょっと困っています。
  • 転職で、「派遣社員」として、転職を考えている人にチェックしてもらい…

  • 転職する場合、「派遣社員」を選択予定の方に覚えてほしいことがいくつかあります。まず派遣社員というと、「データ入力」「お茶出し」「その他雑用」といった業務内容をぼんやりと考える方がおそらく多いかと思います。最初は私自身もそのように思っていました。現在勤めている会社に入るまでは「派遣社員」の求人に応募したときに「業務は電話対応になります」と面接で派遣会社からも説明も受けてました。ですが、いざ業務に掛かると、なんと「電話対応」以外に、辞めた正社員の業務の穴埋めを頼まれました。とくに知識もないので毎回てんてこまいですし、はじめの説明と大きな食い違いがあるので毎日全くわからないような内容でしたので、とりあえず、「はやく契約期間が終わってほしい」と願うばかりです。
  • 女性の転職については、一昔前と現在とでは多少の変化があるようです。

  • 女性が転職するに当たって、セクハラが社会的に問題になる前と今とで少なからず、違いがあるようです。過去には面接のなかで会社側から、結婚観や結婚後の予定などのことに関して、ごく当たり前に質問されることは珍しくなかったのですが、最近では、こういった内容は、セクハラと捉えられるのを恐れて、聞かない会社が当たり前になりつつあります。そしてまた、とりわけ大企業ほど、NG質問として露骨に避けるようになっています。でも、面接する側ははい・いいえ、の2択でなく、その女性の人生観結婚後も働きたい、出産後の具体的な対応を漠然とは知っておきたいとは思うはずです。あなたの考えを知ってもらうためにも、志望した動機や自己ピーアールと一緒に話すことで面接官のモヤモヤも解消できると思います。そういうわけで、質問されていない部分も、あなた自身から企業にとっては必要な情報と捉え、答えてみることを考えてみてください。
  • 未経験の業種などに転職したいと思っている場合には、以前の会社で、自・・

  • 全く経験したことのない業界とかに転職を考えるときには、以前の仕事で、自分が身についた力や今まで経験したことを発揮できるといった内容の自己アピールがいるようになります。その分野で経験をしたことがないという人は経験のない分そのジャンルで経験してきた人たちよりも事実、不利になりますけど、自らの持っている力がそのジャンルでも発揮できるということを話すことができれば、勝負になる場合もあります。ですので、経験が全くない業界に挑むときには、その業種とこれまでに自分がしてきた仕事とのかかわりを必ず見つけ出しましょう。
  • 勤務していた会社で反りが合わない上司に悩み、その結…

  • 勤めていた会社で嫌な上司に悩みを抱えて、結局我慢することができなくなってその会社は辞め、同業者である別の企業へ転職しました。上との関係も良好で働くことができ本当に満足していましたが、月日の経過とともに会社の業績が悪化して、最後にはとある会社に経営統合されることになりました。ところがその経営統合した会社が驚くなかれ前勤務していた会社で、加えて大嫌いだった上司がまた私の上司になるそうです。こういう悪いめぐり合わせとは、どれだけご縁があるのでしょうか。もちろん再度の転職活動を開始しています。
  • 最初に転職を行うとき、心がけるべきことはなぜ今の仕事を去らなければいけないのか…

  • はじめて転職を行う場合、注意すべきことはなぜ今の仕事を去らなければいけないのかについてハッキリしておく必要があります。その理由こそが根本の問題になるので、必ずやっておくべきです。そして問題を改善できそうな会社を決めましょう。社会に出てからの転職活動は、学生時の就職活動とは性質が大きく異なり、現在の仕事と並行して就職活動を行っていくので、時間と体力を消耗します。ゆえに理由を明確にせず転職活動をすれば、途中で挫折してしまうおそれがあります。絶対に転職したい、現状に変化を加えたいという強い情熱がないのであれば、転職活動を開始するのはやめておくのが賢明です。
  • 再就職において、重要視されるのがまぎれもなく「面接」になります。

  • 転職時にかなり要となるのがまぎれもなく「面接」だと言えます。普通、面接の際は、面接担当者が応募者に対して転職事由や仕事の意気込みなどいくつかのことを尋ねられるとは思います。そして、面接が終盤を迎えるあたりで転職希望者から面接担当の人に逆質問というのがされるのが普通です。例えば、「何か弊社に関して疑問点はありませんか?」と聞いてくれるわけです。こういったときは、面接者本人が緊張しすぎて急なことなので戸惑う事もありまよすね。後で後悔しないためにも、前もって面接官からの問いに対し、(あなたからの質問を)準備しておきましょう。冷静になればしっかり考えておけばいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、試してみてください。
  • もし再就職の前に、今働いている会社の同僚たちがあなたの転職を知ると…

  • もしも再就職の前に、現在の職場の同僚たちがあなたの退職を知ると職場の空気がガラリと変わるかもしれません。周囲との付き合い方によっては、これまで通りに行くこともありますが、意地悪ややっかみのおそれもあります。そればかりでなく、残業時間を意図的に増やされてしまうことも考えられるので、軽率に「転職します」と周囲に言うのはあまり良いとは言えません。なので、上記のトラブルを回避するためにも、現在の仕事場では、いたって真面目に仕事をしておきましょう。注意をしておくことで、良い状態をギリギリまで残したまま、会社を辞めることが出来ます。そして、トラブルなく退職できれば、辞めた会社にあなたが何かあったとき、アドバイスをもらえるかもしれません。業種などに関係なく、どういった会社であっても、人とのつながりが重視されるので、仕事を辞める前のトラブルは、可能な限り回避しておきましょう。
  • 大半は大きな会社の採用は、「定期採用」であることがほとんどです。ですから、…

  • ほとんどの場合大きな会社は定期採用中心です。ですから、転職で入りたい人にはたいへん厳しい条件といえます。そればかりか、都会エリア外だと転職のチャンスがとてもきびしくなります。しかし「製造業」の場合であれば、地方の工業団地の近所に工場を置いているはずです。さらに、その地方工場では事業分野の拡大に伴って中途採用することも珍しいことではありません。そういったタイミングに転職を検討してもいいかもしれません。そのためには、地方の工場を転職に考える場合、転職を希望する企業の情報をまえもって仕入れておきましょう。公式サイトに訪問し、求人がないかちょこちょこチェックしておきましょう。
  • 近いうちに転職される人で次の仕事をする前に期間があるのな…

  • これから転職予定がある人で、次の仕事を始めるまでにまだ期間がある場合は、できれば「失業手当」を受け取っておきましょう。この手当ては会社側できちんと「雇用保険」を支払っているのなら、必ず誰でも失業手当を手にできます。そして手続きについては、「ハローワーク」で行います。もしも自己都合での退職なら、失業手当を受け取るまでに3ヶ月掛かりますが、勤めている会社都合の退職、残業時間の内容次第ですぐに貰える可能性もあります。なお、もらえる「失業手当」の額は、最後に受け取った月の給料を軸に失業手当の金額を計算するので現在の会社に「閑散期」「繁忙期」がある業種の場合は、「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当的にはお得です。