転職の際に必須となる採用面接に関して、勘違いしている人が多いので・・

転職を成功させるための採用面接でのやめておいたほうがよいの・・

  • 転職先での面接でよく思い違いがあるのですが採用を勝ち取りたいあまり露骨なまでの猫かぶりすることは、残念なことに不採用となる可能性が高いです。ですから、猫をかぶるよりも面接時は、「有給取得率」などの、普通は触れにくい内容を勇気を持って率直に聞いた方が間違いなくあなたのためになります。意外に思うかもしれませんが、「そんな無遠慮なそういった内容を無神経に尋ねることで最終的に悪い結果になるのではないか」と危惧する人もいるかもしれません。けれども、かえって悪い印象を持たれる場合が多いようです。これらの実は面接時に実際には、多くの人が気になっています。ですが、面接結果に影響するのを恐れ、普通は質問できません。なので、勇気を出して質問をすることで、「こいつは他と違う」ということで自己アピールになるのです。
  • 前は「転職サイト」よりもいつも「ハローワーク」に相談していました。

  • これまでの私は、求人情報は「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」で探していました。理由は、有名な「転職サイト」は、いつも都心部での求人情報がメインになっているためです。であったので、転職活動をする時は、「ハローワーク」しか利用していません。求人募集をする多少企業も、給料などの労働条件も若干見劣りはしますが、古くから地域密着型なため、安心できます。しかし、「ハローワークってなんだか古臭いイメージがある」とイメージしている人も多少いるかもしれません。ですが、求めていた労働環境の求人があるかもしれないので、そろそろ転職を本気で検討しているのなら、お近くのハローワークへ1度行ってみると意外な発見があるかもしれません。人気の転職サイトのように執拗なニュースレターが来ることもありません。
  • あなたがもしも、「転職サイト」で自身にぴったりの魅力的・・

  • あなたがもし転職サイトで自分の活躍の場が広がるストレスを感じずに働ける仕事情報をあれこれ見ているのなら、「転職エージェント」も併せて利用しておきましょう。どうしてかというと、必要情報を入力し、エージェントサービスの登録を済まて、そのサービス内で紹介してもらえる求人情報は、誰もが見られる公開求人と非公開求人とでは、どう比べても、比べ物にならないくらいとても良質といえます。さらに、あなたの条件にピッタリなものを調査しながら紹介してくれます。そういうわけで、これは結構ドストライクで求めていた職種の求人にめぐり逢えることが多々あります。もし仮に同じ求人に行きつくとしても、自身の力で最初から調べる労力を考えれば、何倍も効率がいいです。そのうえ試してみる価値は大いにあります。
  • 生まれて初めて失業保険の給付を受けるケースでは、ただ給付されるのを待っていればいいと思っている人…

  • はじめて「失業保険」をもらう場合、「自動的にもらえる社会保障」と考えている人がかなりいますが、それは正しくありません。実は、失業保険の給付を希望通りに求職活動を行う必要があり、その上、毎月1回、ハローワークに通わなくてはいけません。1ヶ月スパンで職員に就職活動の状況をきちんと説明してきちんと仕事を探していることを理解してもらえれば翌月、保険が下りる仕組みになっています。これに対し、真面目に就職活動をしていないという心証を与えたり、毎月の職員との面談欠席した場合は、当然問答無用で給付が見送られたり、ケースによってはその後の給付資格も消失するおそれがあるのでそうならないよう充分に気をつけてください。
  • 転職した場合には、大体の場合、それまでの会社の仕事…

  • 職を変えた場合には、だいたいの場合は前の会社の仕事は記憶は大方、美化されます。本当は現在の会社に合意できないから、それを払拭するためにやっと転職したはずにも関わらず、過去を思い返すとなぜかわからないけれど転職後の会社よりも「前の職場のほうが良かったかも」と思う機会が増えてきます。それというのも当然のことで、前職は日々の仕事に慣れ切っていて簡単にまいにちの業務をできていたのも一番の大きい理由ですが、でも、「やっぱり転職するんじゃなかった」と本気で悔やむほど、前の仕事のほうが環境がいい場合があります。
  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員になっても1年経った…

  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員になっても1年経ったら自身の好きなタイミングで辞められるワケではないと実際に転職活動したことで感じました。私は結婚して落ち着いたらすぐに子供が欲しかったので、子供ができる日が訪れるまでのあいだ、1年半~2年ほど今の会社で仕事をしたいと思い、就職しました。常勤ではなく派遣社員であったために、正規よりも収入は少なめでしたが、時間的な自由を優先するために、あえて選択しました。しかしながら、いざ入社してみたら、一緒に働いている人たちは大多数のスタッフが10年~15年くらい勤務しているというのです。結論として派遣といえども、期間が過ぎたらすぐ辞められる雰囲気ではないと気づき、ちょっと困っています。
  • 転職の際、正社員ではなく「派遣社員」として、転職を考えている・・

  • 転職を、正社員ではなく「派遣社員」として、転職を考えている人に覚えてほしい点があります。まずはじめに派遣業務については、「電話対応」「お茶出し」「データ入力」「その他雑用」などの仕事内容をぼんやりと考えた方が多々ありますよね。最初はかく言う私自身もそう勘違いしていました。今、勤めている企業に入社するまでは「派遣社員」の募集に応募した際に、「担当業務は電話対応になります」と面接で派遣会社から伝えてもらっていました。ですが、業務に掛かると、まさか「電話対応」だけでなく、辞めた正社員の穴埋め役を任されてしまいました。的確に動けるわけもなく、面接のときの説明とはかなり違っていたので日々非常に参っています。今はただ「契約期間が早く終わらないかな・・・」と願うばかりです。
  • 女性の転職に際して、セクハラが社会的に問題になる前と現在とで・・

  • 女性の再就職に際して、セクハラが社会的に問題になる前と今とで少なからず、状況が変わりつつあります。前までは、結婚観や出産予定に関して、普通に女性たちへ質問していたのですが、今現在の流れとしては、こういった内容は、「セクハラ」にあたるとして、聞かない企業が一般化しつつあります。そして、世間に名の知れた大企業の場合は、タブーとして露骨に避けるようになっています。とはいえ、会社側は、YES・NO、といった形ではなく、その人の考え「結婚後も働きたいのか」出産後の具体的な対応を把握しておきたいとは思っているはずです。自分の考えを伝えるためにも、志望動機や自己ピーアールと併せて伝えることで、企業側にもしっかり伝わり、また、モヤモヤも解消できると思います。ということで、聞かれていないことでも、あなたが先んじて気遣いながら話をしておくのが良いでしょう。
  • 未経験である業界などに転職をしようとするときには、前の仕・・

  • 全くの未経験の業種などに転職をしようとするときには、前の業界で養われた力や経験したことが生かせるといった内容のアピールがいるようになります。そのジャンルで働いたことがない人は経験していない分そのジャンルで経験してきた人たちよりも実際のところ、不利になりますけど、自分自身が保持している能力がその場でも十分に発揮できるということを話せれば、勝負になる場合も考えられます。ですから、未経験である業界に挑戦する際には、その業種と今まで自分が経験してきた職務との関係を必ず探し出してみましょう。
  • 新卒で採用された会社で感じの悪い上司の存在に神経を削られ…

  • 勤めていた会社で嫌な感じの上司の存在に困惑してしまい、とうとう耐えることができなくなって退職し、同じフィールドの別の企業に行くことにしました。その会社では気分よく働くことができてとても充実した日々が続きましたが、緩やかに業績が悪くなって、とうとう経営統合されることになりました。その統合した先の会社が驚くなかれ以前いた会社で、しかもすごく嫌いだった上司がもう一度私の上司となることになりました。こういう悪いめぐり合わせとは、ここまで縁があるとは。当たり前ですが再度の転職活動を開始するつもりです。
  • 人生で初めて転職をするのであれば、重要なのはなぜ今の仕事を辞めたい・・

  • 人生初の転職を行うにあたって、注意すべきことは「現在の仕事を変えたい理由」を明確にしておくことだと断言できます。その理由こそが根本問題なので、考えておくのが賢明でしょう。その後問題を解消できるであろう企業を選択するのです。社会に出てからの転職活動は、新卒時の就職活動とは違い、現在の仕事を継続しながら就職活動を続けていくことから、時間と体力が必要不可欠です。そのため理由が明確にならないまま転職活動を行った場合、目標の途中で息切れしてしまいます。どんなことがあっても転職したい、現状に変化を加えたいといった強固な意志がない場合は、転職活動の開始は辞めておくのが賢明です。
  • 転職をするときにかなり重要視されるのが「面接」になります。

  • 転職をするときに重要視されるのが間違いなく「面接」である。通常の面接では面接官が応募者に対し、転職をする理由や仕事の意気込みなどさまざまな内容を尋ねる形になります。そして必ず、面接を終えるあたりで今度は、面接係員が転職者である面接者にたいして疑問に感じていることを質問できるチャンスがあります。面接担当者から「弊社に関して何か疑問に感じることはありませんか?」と言ってくれるわけです。そういった質問をされたとき、面接者本人が緊張状態で、何も聞けないこともあるかもしれません。こういった場面に遭遇し、後で後悔しないためにも面接を受ける前に面接担当者からの質問に際し、聞きたいことを準備しておくのも良いでしょう。よく考えてみればいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、試してみてください。
  • もし転職することが、今働いている会社の同僚たちがあなたの退職を知・・

  • もしも転職することを、現在の会社の人たちがそのことを知ってしまうと、職場の状況が悪くなる可能性があります。働く環境次第では、問題はないこともありますが、やっかまれたり意地悪されることもあるかもしれません。また、意図的に残業を押し付けられたりすることもあるので、むやみに「転職します」と周囲に言うのは考えものです。上記のような状態を回避するため、現在の仕事場では、いたって真面目に仕事に取り組んでいましょう。注意をしておくことで、良い状態をギリギリまで残したまま、心置きなく仕事を辞めることが出来ます。また、何の問題もなく円満退職で終えられたなら、退職後であっても、何かあったとき、アドバイスをもらえるチャンスにも恵まれるでしょう。規模や業界に関係なく、どこの企業も人とのつながりが大事なので、仕事を辞める前のトラブルは控えましょう。
  • たいていの場合は大きな会社は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めます。ですから、…

  • 大企業の採用は、「定期採用」であることがほとんどです。ですから、転職希望者には向いていません。そのうえ、郊外~地方となると転職の見込みはたいへん厳しくなるでしょう。例外的に、製造業の企業においては、地方の工業団地などに製造の拠点としていることもとても多いです。また、そういう工場なら、事業分野の拡大にあわせて「中途採用」をしていることが多々あるので、そのタイミングを利用して転職を検討してみるのもいいでしょう。地方の工場での転職をされる場合は、転職を希望する会社についての予備知識を事前に知っておきましょう。ホームページを見て、求人の予定がないか、頻繁にチェックしてみてください。
  • 今から転職活動をしていく人で、次の仕事をはじめるまでにまだ期間がある場合…

  • 今年中に転職活動を考えている人で、次の仕事を始めるまでにまだ時間が掛かりそうならぜひ「失業手当」を受け取っておいた方が良いです。この手当ては勤めている会社でしっかり「雇用保険」を支払っていた場合は、申請をすれば誰でも失業手当を受け取ることができます。詳細の手続きについては、「ハローワーク」で行います。自己都合での退職なら、失業手当を受け取るまでの待機期間が3ヶ月となりますが、企業の都合の退職、または残業時間次第ですぐに受け取れることもあります。ちなみに、受け取れる「失業手当」の金額は、最後に受け取った月の近々の給料を基準に手当の額を割り出されるのでもし、「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の方は、理想なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当的にはお得です。
  • 『転職をしたい!』と考えていて、未来の進む道もハッキリしているのな・・

  • 『転職したい!』と思っていて、自身の意志が固いならば辞職したいという旨をすぐに上司に言うべきです。ただし、そのときに曖昧な表現をしていると、言いくるめられる確率が高くなるので気をつけましょう。また、実際に私自身も上司に転職の相談をしたところ、退職を引き伸ばされてしまい、退職までに半年ちかく掛かりました。辞めたい旨をはじめて直属の上司に相談をしたのが年度末でしたが、いろいろあって数ヶ月延びて辞められたのはその年の11月です。本来なら、区切りの良い年度末いっぱいで辞めたかったです。大変驚きました。やはり会社としても人事的な都合もあるとは思いますが、上司を含め組織として予定を引き伸ばしてきたので、非常に心の底から困ってしまいました。
  • 職を変える際の面接での身なりは企業側からクールビズでもOK・・

  • 転職の面接において会社側からクールビズで良いとと事前に連絡が来る場合もあります。しかし、クールビズの格好は社会人として常識に欠けるのでは?と感じてしまいます。そのような考えを懐に抱いている人たちにアドバイスしておきたいのは、会社側からクールビズOKだと言われた面接なら、言われた内容をそのまま行動に移したほうが大丈夫です。迷いすぎてしまい、暑い時期にクールビズでないのは相手に不自然なイメージを持たれてしまいます。ですから、クールビズでもOKと言われたらクールビズでも大丈夫というわけです。