最近は、ブラック企業などと騒がれるようになり、労働条件関係の取り締まりが強化された…

現代では、「ブラック企業」に厳しい世間の目が向けられるようにな…

  • 現在、ブラック企業がメディアで注目されたりして、労働条件での取り締まりが強化されていったり、社名が公開されるなど、厳罰に処する傾向にありますが、まだまだ物足りない状況です。そこで、面接で見破る必要が生じます。ともかく、求人票等に書かれている労働条件をチェックし、それらの項目を順番に聞いてみることです。相手がブラック企業であれば、記載内容にウソがあったときは、返答が不自然になります。あるいは、その場で答えられなかったり逃げようとします。中でも給与や残業や休日に対しては、質問を続けていく中で、渋い表情を見せるケースが多くあります。それでも迫ると、ブラック企業によくある威圧的な態度や、ふてくされたかのような態度を見せるので、ブラック企業だということに気づきます。このような会社は、嘘をつく体質であると考えられるので、少しでもおかしいと感じたら、その会社は選択肢から除外しておきましょう。

  • 転職しようと考えた場合に、「Uターン」「Jターン」「Iターン」において…

  • もしもあなたが再就職を考える場合に「Uターン」「Jターン」「Iターン」など、都会から郊外・地方に移住したうえで再就職したい、と考える方も少なくありません。今では転職サイトを使えば、地方や郊外の求人も簡単に得られますが、しかしながら、地方での求人情報では、都市部ような選択肢がないので、その点がマイナスといえます。ですから、求人サイトだけを頼りにし過ぎてしまうのは考え物です。求人情報サイトだけでなく、「地方自治体・商工会議所」の情報サイトなどもマメにチェックしてみてください。「地方自治体・商工会議所」といった役所が開催する就業サポート系のイベントについてもアンテナを張っておきましょう。

  • 転職しようとしても全部がうまくいくというわけではありません。

  • 再就職を考える場合、全てが都合よく運ぶ確証はどこにもありません。もしも転職するのなら、なにはともあれあなたの年齢が若いうちに出来るだけ早く転職を試みるべきでしょう。普通は、30代前半までは有利な展開を期待できますが、残念なことに、30代後半~40代となってからの転職活動全般は、とても難しくなります。管理職など、重要な役職を担当している場合、転職したいと思い立っても、今の仕事を続けるということを選択肢から外さないほうが良いです。退職してから転職活動を行うのでなく、現在の会社には残ったまま慎重に探す方が後悔することもありません。

  • 再就職によって仕事先を一新するということは、自分自身に見合・・

  • 転職して勤め先を一新するということは、自分自身に見合う勤め先に転職したいものです。職場を変えれば自分の天職に有りつけるかもしれません。ただ、デメリットもあって、雇用側が必要とするスキルを持っていないと、願いを叶えられないでしょう。言い換えると、あなたの人材的な価値が上がるほど、「天職」に巡り会える可能性がある、ということです。今のご時世では、職業選択の自由が社会通念上として認知されているので、会社を変えても偏見を持たれるなどの危険も殆どありません。終身雇用制度がなくなりつつある今現在、「とにかく良い人材が欲しい」と願う企業もますます増えているので、このチャンスを活かしましょう。

  • 転職活動時には、履歴書と職務経歴書が欠かせません。

  • 転職活動を行う際には、履歴書と職務経歴書を用意することが必須だと考えられています。多数の会社は履歴書及び職務経歴書に記載されている内容を考慮して面接するかどうかを決めるため、どうあってもこの2枚はしっかりと作成しておきましょう。単に必要事項を埋めさえすればいいというわけではなく、記載内容を魅力的にすることも考えてみましょう。「職務経歴書」では、過去に経験してきた職務の詳細や、可能な限り自己アピールとなる内容を書きます。さらに、過去以外にも、現職で挙げた実績も価値があります。たとえば売上を従来比○パーセントアップ達成させた、などわかりやすく書くのが望ましいです。作成に行き詰まったら、「転職エージェント」に職務経歴書を見てもらい、より良い内容に改善していきましょう。自分のブランディングのために活用をはかることも有効な方法です。

  • 失業した際に給付される失業保険は、失業中でない人はもらえません…

  • 失業した際にもらえる失業保険は、失業しているあいだ、給付条件になりますが、給付期間が無限に続くわけではありません。離職時までに勤務していた期間に応じて変わり、90日だったり120日だったりするのですが、この現実を理解していない人がいます。期間の制限がないと勘違いして失業保険があるから働かなくてもいいと考えて仕事を探さない人もいますが、給付期限があと1ヶ月、という段階で気づいてから焦って職を探し始めても条件のよいところを探すのは難しいです。転職を希望する会社の面接担当もバカではないので、「いつに失業した?」「失業からどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたか?」位はそこそこわかるはずです。場合によっては、面接の際に失業中何をしていたのかことごとく聞かれます。うまく返答できなかったり、バレる嘘をついてしまって、採用は極めて難しくなります。

  • 最近の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出始めています。

  • 最近の転職における状況ですが、政治による変化が出始めています。今の安倍内閣によって、「アベノミクス」「三本の矢」など、新たに経済政策を打ち出し、経済政策ともに日銀の金融政策ともミックスされて、財界や企業間でも今までとは異なった変化が増加傾向にあります。そういった変化を受けたことで、一般の企業では今度は若者世代の人口減少、現役世代の大量退職によって生じる人手不足が社会では大きな問題となっています。ここ最近では、「外国人労働者」の数を今以上に高めていくつもりでいると現内閣は語っています。国内の転職問題についても幅が広がりそうです。こういった社会的変化のなかで国内の雇用状況や転職状況も大きな影響が出てくるのは確実です。

  • 最短で転職したい場合は希望している企業そのものより…

  • 転職とは、企業そのものよりも、正確には「担当面接官」との勝負といえます。希望する企業に採用されるために、先ずは緊張せずに焦る気持ちを捨て、平常心を意識しましょう。例えれば女性とお見合いをする気持ちで向かうと良いと思います。面接官は第一歩としてあなた自身の人間性や人柄を判定されるのでマイナスな印象につながる態度は気をつけてぜったいに控えましょう。なおかつ常識的な社会人らしく面接に適した服装で向かいましょう。ある意味のオーラを感じさせることが大事になります。面接官に健康的で魅力がある人物と認識されれば、良い転職先に巡り会える可能性も高くなります。

  • このように現代の企業の労働環境の激しい変化において、働きざかりの世代の…

  • 現在の企業の労働環境が目まぐるしく変わってきたことについて、全世代の中で34歳ぐらいまでの若年層が特に注意してみているようです。多分、自らのキャリアアップと転職とを視野にいれているのでしょう。こういった背景から就業者といった人たちの労働市場の「流動化」が著しくなっているため、一層、将来、若年層の転職への注目が高まっていくはずです。このような社会情勢の中、勤め先を変えることは自然なことになっていくでしょう。「終身雇用制度」が実在した時代には、「転職」というとそのことで評価が下がるとも言われて転職が思い通りにいかない人もたくさんありました。けれども、時代の流れとともに今の会社のみに執着する必要も段々と薄れてきています。

  • 転職するため職探しをする際に特に注意が必要な求人は…

  • 転職するため仕事探しをする場合に注意して欲しい求人情報は、そこまできつそうな仕事内容ではないのに給料がよく、拘束時間が長いものです。こういった募集内容の場合、給料に『みなし残業代』が含まれている場合が多いです。みなし残業代というのは、『みなし』とも言い、例えばですが、30時間、45時間といった感じで求人の記載内容に時間の併記がされています。毎月これくらいの残業が想定されるため、前もって給料に残業代を入れておくという仕組みです。(注意・違法ではありません)例えば求人に『みなし残業代25時間込』という表記は「記載時間分の残業代を入れれば、この給料がもらえます」という話になるわけです。が、悪質な求人には『みなし』という言葉自体が可能性もあるので注意をしておきましょう。

  • 転職する時に行われる面接で使う腕時計の事についてです…

  • 再就職する時に行われる面接で使う腕時計について申し上げますが、ビジネスの場らしからぬ目を惹くようなものは着用は避けたほうが安心です。目立つ腕時計と言うのは見るからに高価そうに見えたり、といったことだけではなく反対に、明らかに安物に見えるとか、そういう目立つという意味であって真反対で目を惹く、ということで理解しておきましょう。転職の面接のときの腕時計に関してもポジションとしてはスーツやネクタイと同様に、堅実なものを身に付けるほうが良い印象を与えます。けれども、自身の年齢に適しているということもとても重要で、新卒時に用意した腕時計よりはほんの少しでも高価なものにした方が転職の面接においてははっきりと断言できます。

  • これはシフト制の仕事についての話です。

  • 「シフト制」の勤務形態がある仕事についての話です。毎週、同じ曜日に働ける人を募集している求人をけっこう目にするのですが、もし、応募しようと考えているならシフトの出し方、休み方については面接の際に確認しておいた方が良いです。それはなぜかというと、過去に私は出産のため抜ける人の代わりにと正社員の仕事をはじめたのですが、私のシフトが「土日」固定のシフトだったのですが、新しく入った私以外、他の社員はだれも出てくれませんでした。前任の方が「土曜、日曜」に必ず出ることができたので、私自身も同じような人として扱われてしまいました。実際「土日」に冠婚葬祭の予定が入った場合、シフト変更を前もって伝える必要があり、上の人に「代わりに出ていただけませんか?」と私自身が連絡を入れなくてはいけませんでした。給料も立場もほぼ同じなのに土日は私だけなんて・・・。思い出す度、本当によく我慢してやってこれたと思います。

  • いい転職をしようと転職活動で「私は振り返るとこういった…

  • 今励んでいる転職活動の際、「私は今までずっとこういった職場の仕事に従事しました」「仕事の中でこのような経験に磨きを掛けました」と自分自身の実績を十分にアピールする人は頻繁に見かけます。ですが、転職希望する再スタートを図る場所で「近い将来こういったことをしたい」「これこれの内容の業務をするのなら貢献できるに違いない」と未来の姿を通して自己をアピールしていくほうが過去を語るよりも聞き手からの反応は良いものになります。この点を意識して、転職活動をがんばってみてください。

  • 転職期間中には、趣味に時間を費やすほか、体力を損なわない様にす…

  • 転職期間のあいだは、自分の趣味に時間を使ったり、体力を損なわない様にすると良いでしょう。転職先が決まり、仕事を始めた際に、趣味に興じていたおかげで知らないうちに集中する力が身に付きます。また体力を補っている事で、他の社員さんたちに比べると体力が持続するということを自覚します。なので、退職して転社先が決まるまでは自分の好きなことに力を入れることと、体力アップをしておくことをしておいて損はありません。将来、その職場で共通の趣味を持つ人と知り合えたなら、直ぐに親しくなることができるので、興味のあることに積極的にトライしてみるのも転職期間中の時間の有効活用となります。

  • ずっと接客関係で仕事を行ってきましたが、歳をとるに・・

  • 長いこと接客業で仕事を続けてきたのですが、年齢的に立ち仕事は体力的にしんどく、座り仕事である事務の仕事へ転職することを志して動き始めました。事務の経験がないとけっこう厳しくて、それなら接客経験も活かすことができる受付兼医療事務を目指そうと思い資格も合格して個人のクリニックに転職することができました。ベテランの先輩ばかりに囲まれてよい人間関係を気づくのが難しい。夜のシフトばかりさせられ、接客業時代よりも帰る時間が遅くなったのですが、最初の頃はキャリアの形成時と考えて我慢します。

  • 新卒採用で入った会社にお別れをして、悩んだ結果、転職しました。

  • 新卒採用で入社した会社に別れを告げ、悩んだ結果、転職しました。実際に行動する前は、しばらく転職できるか不安になりました。社会人となって数年してから仕事を辞めて、沢山の人が転職を経験していることを私自身が会社を辞めたことで痛感し、いつの間にか不安が消えて、安心しました。また1度、転職を経験したことによって徐々に肩の荷が下りたかのような気分になり、自分の好きな仕事を再確認できて楽しくなりました。なかには「辞めることが悪」というような転職を否定する意見もありますが、必ずしも正しいとは限らないと感じました。私のケースでは転職をやって良かったと思っています。

  • 昔から日本には「石の上にも三年」という人生において役に立つ教えがあります。

  • 昔から日本には「石の上にも三年」という諺もありますが、現在、「終身雇用制度」といわれる現代では「転職」を経験する人が増え、決して珍しいものでもなく、身近な出来事となっています。そうではあるものの、「転職」が当たり前になったからといっても、安易に職を変えようとするのはキケンです。実際に再就職しようと考えるなら、大切なのは適した時期といえます。初歩として、今現在の職場、具体的に、例えば仕事内容や待遇面について納得できていないと思うことを箇条書きにして多くて10項目、最低でも5項目は箇条書きしてみてください。こうすることによって、再就職に役立ちます。そして、未来の展望が拓けたのなら、できるだけ手早く、より良い仕事を手に入れるべく自分なりに努力してみてください。